アメックスの家族カードは彼女でも持てる!続柄が親族でなくてもOK

長く付き合っている彼女や、同棲している彼女に、アメックスの家族カードを発行したいと考えている人もいるかもしれない。

一般的に家族カードは自分の奥さんや両親、子供など肉親に対しては問題なく作れるだろうが、まだ結婚していない彼女であっても発行することができるのだろうか。

この記事では、アメックスカードが結婚する前の彼女や内縁の妻に対して発行可能なのか、どんな条件を満たしていれば発行できるのかを詳しく解説していく。

彼女にクレジットカードを発行したいと考えている人は、ぜひ参考にしてほしい。

アメックスの家族カード:彼女

記事の内容

  • アメックスの家族カードは彼女にも発行できる?
  • 同性カップルでも家族カードが発行できる?
  • 2親等でもOK?
  • アメックスは続柄が親族でなくても持てる
  • プラチナの家族カードも発行できる
  • 恋人とクレジットカードを共有したい人にもおすすめ
  • アメックスの家族カードを彼女に発行するメリット5つ
    ①年会費が安い
    ②サービスや特典は本会員とほぼ同じ
    ③支払いを1箇所にまとめられる
    ④審査に通りやすい
    ⑤見た目では家族カードとわからない
  • アメックスの家族カードは彼女でも持てる
  • 総括

アメックスの家族カードは彼女にも発行できる?

家族カードのご案内 | アメリカン・エキスプレス社公式サイト

家族カードのご案内 | アメリカン・エキスプレス社公式サイト

クレジットカード全般に用意されている家族カードは、ほぼ同じサービスや特典が受けられるにも関わらず、年会費が安いというメリットがある。

クレジットカードを持つには安定した収入があり、審査に通過する必要がある。それに対して家族カードならば、収入がない専業主婦や学生などでも持つことが可能だ。

けれども、多くのクレジットカードは配偶者や両親、18歳以上の子供といった家族にしか家族カードを発行できない。

それに対してアメックスカードは、血が繋がっていない彼女に対しても家族カードを発行することができるのだ。

※ 家族カードのご入会資格は、原則、配偶者・ご両親・18歳以上のお子様です。
よくあるご質問 | アメリカン・エキスプレス社公式サイト

公式サイトを見ると「原則」と書かれているのがわかる。

あくまで「原則」のため、カード会員が家族と見なせば、たとえ戸籍上のつながりがなくても家族カードを発行することができる。

同性カップルでも家族カードが発行できる?

アメリカン・エキスプレス社はアメリカの企業のため、日本よりもパートナーの定義が広く取られている。

もし、戸籍上の相手だけに家族カードが発行できるとすれば、国際的には問題になりかねない。

そのため、カード会員が家族と考えている相手ならば家族カードが発行可能になっているのだ。

アメリカン・エキスプレス社が発行している以下のカードは、戸籍上以外の関係の人にも家族カードが発行できる。

  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード

それに対して、カード券面にアメリカン・エキスプレスのロゴが入っている楽天カードやセゾンカードでは、家族以外には発行できない。

そのため、もし同性カップルで家族カードを発行しようと考えているならば、アメリカン・エキスプレス社が出しているものを取得することをおすすめする。

2親等でもOK?

多くのクレジットカードで家族カードが発行できる対象は以下の通りになっている。

  • 会員と生計を同一にしている
  • 配偶者
  • 子供(高校生を除く18歳以上)

生計を同一にするとは、別に一緒に住んでいる必要はない。

たとえば、単身赴任で別居していたり、大学に通うために上京している場合であっても、生活費を支払っていれば生計を同一にすると見なされる。

また、18歳以上であったとしても、高校生には家族カードを発行することができない。

配偶者以外では、両親、または子供までが家族とされている。

そのため、本人から二世を隔てた関係にある二親等になると家族カードの対象外となってしまう。

たとえば、兄弟姉妹や祖父、祖母などは二親等に該当するため、通常は家族カードを発行することはできない。

2親等でもOK?

アメックスは続柄が親族でなくても持てる

アメックスカードは続柄が親族でなくても持つことができる。

そのため、以下のような関係であっても家族カードを持つことが可能だ。

  • 入籍していない事実婚の配偶者
  • まだ入籍する前の婚約者
  • 家計を管理してくれる恋人
  • 義理の両親
  • 祖父母

戸籍上の続柄は問題にならないため、カード会員が家族だと判断すれば、家族カードを発行することができる。

他のクレジットカードにはないアメックスならではの大きな特徴だ。

プラチナの家族カードも発行できる

アメックスプラチナは年会費が143,000円と高額だが、ACカード(プラスチック製のセカンドプラチナ)が無料、家族カードを4枚まで無料で発行することができる。

こうすることで、1枚当たりの年会費が28,600円となり、かなり手頃に感じることができるようになる。

アメックスプラチナの家族カードでも、空港ラウンジやプライオリティパスが使え、旅行保険も付帯されるので、安心感はしっかりある。

恋人とクレジットカードを共有したい人にもおすすめ

同棲しているカップルだと、共通の財布を作って生活費の支払いを行っている人も多いだろう。

こんなときに共有のクレジットカードがあると、カード決済の履歴が残るため、管理が楽になる。

アメックスのクレジットカードならば、毎月の支払い明細が自動で記録され、後から簡単にチェックできるため、いちいち家計簿をつける手間も省ける。

また、光熱費・食費などの生活費をすべてカード払いにすることで、ポイントを貯めやすくなるメリットもある。

生活費決済用口座を設定して、お互いに毎月一定金額を入れるようにすればスムーズに管理することが可能だ。

通常の家族カードは親族にしか作ることができない。

それに対してアメックスは生計を同一にする彼女・彼氏に対しても家族カードが作れるため、同棲している関係であっても家族カードを持つことができる。

お金のやり取りを管理するのは、なかなか面倒だ。

家族カードを作ることで、こういった面倒な処理から解放されることができる。

アメックスの家族カードを彼女に発行するメリット5つ

家族カードにはさまざまなメリットがあるため、彼女に発行することができればとても便利だ。

アメックスの家族カードを発行するメリットには、以下のようなものがある。

  1. 本カードよりも年会費が安い
  2. サービスや特典はほぼ同じ
  3. 代金の支払いをまとめることができる
  4. 審査に通りやすい
  5. 見た目では家族カードとわからない

①年会費が安い

家族カードの大きなメリットは本カードよりも年会費が安いことだ。

たとえば、アメックスグリーンだと本カードの年会費が13,200円なのに対し、家族カードは6,600円で持つことができる。

アメックスゴールドだと本カードが31,900円に対して、家族カードは13,200円と半額以下である。

さらにアメックスゴールドは家族カード1枚ならば、年会費が無料という、かなり大きなメリットがある。

クレジットカードでの支払いがそれなりに多い場合は、アメックスゴールドを選んだほうが、結果的にお得になる場合が多い。

年会費が安い

②サービスや特典は本会員とほぼ同じ

たとえ年会費が安くても、サービスの内容が縮小されてしまっては、意味がなくなってしまう。

アメックスの場合、家族カードは本会員とほぼ同じサービス・特典を受けることができる。

海外旅行サービスやショッピング保険、電話サポートなどは、すべて本カードと同じように受けることが可能だ。

アメックスの場合、空港ラウンジで同伴者1名が無料になる特典がある。

家族カードを持っていると、そちらでも1名が無料になるため、4人家族ならば、本カードと家族カード1枚で、全員が無料でラウンジを使えるようになる。

ただし、もちろんすべての特典が使えるわけではない。

たとえば、アメックスゴールドに付帯している対象レストランのコース料理が1名分無料になる招待日和などは、家族カードでは使用することができない。

また、海外旅行保険の補償金額が本カードよりも低く設定されているため、頻繁に海外に行く場合は、家族カードではなく、本カードを所持していたほうが安心だろう。

③支払いを1箇所にまとめられる

家族カードの利用代金は、本カード会員名義の口座からまとめて支払うことになる。

そのため、わざわざ家族カード用の口座を持つ必要がない。

家計の管理が楽になる上、ポイントを本カードにまとめることができるというメリットがある。

アメックスの場合、有料プログラムに登録していると、ポイントの交換レートが上がる。

家族カードの場合、支払いが1箇所になるため、そこだけが有料プログラムに加入していれば、使用しているクレジットカードすべての交換レートが上がるのだ。

ちなみに、家族カードと本カードの支払いは、別々の口座から行うことはできない。

あくまでも生計を同一にしている人が家族カードの対象になっているため、別々の口座から支払いたい場合は、別で本カードを申し込まなければならない。

支払いを1箇所にまとめられる

④審査に通りやすい

クレジットカードを持つ際は、審査にパスする必要がある。

審査をパスするためには、一定金額以上の安定した収入を得ていなければならない。

そのため、専業主婦や学生、フリーターだと取ることが難しいのだ。

家族カードの場合、本カードの会員がすでに審査を通過しているため、家族カードはほぼ確実に審査に通ることができる。

収入がなくてもクレジットカードを持つことができるのも、家族カードの大きなメリットだ。

家族カードの場合、クレジットカードの利用限度額は本カード会員と分け合うことになる。

カードそれぞれに利用限度額が設定されるわけではないので気をつけよう。

⑤見た目では家族カードとわからない

家族カードといっても、刻印される名前は使用者のものだけなので、外見からは家族カードかどうかはわからない。

家族カードの印などもないため、見た目はごく普通のアメックスカードである。

そのため、たとえお店で使っても本カード会員の名前がバレるような恐れもない。もちろんそれが家族カードだということも知りようがない。

アメックスゴールドは、クレジットカードの中でもステータスが高いため、持っているだけで周りに自慢することも可能だ。

総括:アメックスの家族カードは彼女でも持てる

最後に今回の記事についてまとめる。

アメックスの家族カードは彼女でも持てる!

家族カードは家族以外でも発行可能

同性カップルでも家族カードが持てる

続柄が親族でなくても家族カードが発行できる

グリーン・ゴールド・プラチナで家族カードが発行可能

家族カードのメリット5つ

  • 本カードよりも年会費が安い
  • サービスや特典は本カードとほぼ変わらない
  • 代金の支払いを1つにまとめることができる
  • 収入がなくても審査に通りやすい
  • 見た目は家族カードとわからない

アメックスの家族カードは、たとえ血が繋がっていない関係でも発行することができる。多くのクレジットカードは戸籍上のつながりがないと家族カードが発行できないのだが、アメックスは結婚する前の彼女にも発行が可能だ。

家族カードを持つことでメリットも多いため、せっかくアメックスの会員になったならば、有効に活用していきたい。

スポンサーリンク

© 2021 One Million Labo