大学生の出会いのきっかけ:付き合うまでの流れと恋愛あるある

大学生の出会いのきっかけ

大学生になると、ゼミやサークル活動、アルバイト、飲み会や合コンと、異性との出会いのチャンスが多くなってくる。しかし、そうは言うものの、なかなか良い出会いに恵まれていないという人も多いのではないだろうか。

出会いのきっかけは、意外なところにもある。なかなか出会いのきっかけがないと感じている人は、この記事を参考にして、ぜひ良い出会いを見つけて欲しい。

記事の内容

  • 大学生の出会いのきっかけをランキング形式で紹介
    1位 マッチングサイト
    2位 サークル
    3位 アルバイト先
    4位 合コン
    5位 ゼミ
  • 大学生が付き合うまでの流れはどんな感じ?
  • 大学生の出会いのきっかけがない人の特徴とあるある
    ①いつも受け身でいる
    ②理想が高すぎる
    ③同性の友達とばかりいる
  • 理系の大学生は出会いが少ない?
  • 大学生の恋愛あるある
  • 大学生の出会いのきっかけは様々ある
  • 総括

執筆:GOKU
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

大学生の出会いのきっかけをランキング形式で紹介

実際に恋人を作った大学生は、どんなところで出会いを見つけているのだろうか。

さまざまな声を参考にして、出会いのきっかけのランキングを作成してみた。

1位 マッチングサイト

マッチングサイト

大学生の出会いのきっかけとして、もっとも多かったのはマッチングサイト・マッチングアプリだった。MMD研究所のリサーチ結果によると、マッチングサービス・アプリの認知度は年々増えてきている。

MMD研究所のリサーチ結果

マッチングサイトでは、お互いに出会いを前提にしているため、恋人を作るにはとても効率が良い。また、普段の生活ではなかなか出会えないような異性と出会うきっかけにもなる。

マッチングサイトと聞くと、利用するのに不安がある人も多いかもしれない。しかし、有料マッチングサイトだと、身分証の提出が必要であるため、かなり信頼性は高い。

さらに運営側が24時間365日体制でサポートしているため、何かトラブルがあったときでもすぐに対応してもらえる。

ハッピーメール

参照:ハッピーメール

趣味や休みの日の過ごし方、好きな食べ物など、さまざまな情報を入力できるため、相手がどんな人かもイメージしやすいだろう。恋人以外にも遊び友達、趣味友達など、さまざまな目的に合わせて相手を見つけることができる。

また、マッチングサイトの大きなメリットは出会いのきっかけがとても増えるということだ。実際に会って合コンをするとなると、場所やメンバーを揃える必要があり、1回あたりの予算もそれなりにかかる。

けれども、マッチングサイトの場合、時間を問わずに出会いのきっかけを作ることができ、恋人候補も何万人もいることになる。コストの面から考えても、合コンを何度も開催するより、マッチングサイトを利用した方が経済的だ。

初めて使う場合は、多少なりとも抵抗があるかもしれないが、確実に出会いのチャンスが増えるため、ぜひ活用してみて欲しい。

2位 サークル

サークル

大学生の出会いの場として、サークルは外せないだろう。

サークルには同じ趣味を持った人同士が集まるため、会話も盛り上がりやすいし、恋愛関係にも発展しやすい。季節に応じていろいろなイベントも用意されているため、自然と距離を縮めることができる。

サークルによっては別の学校との交流もあるため、他の学校の生徒との出会いも増える。

出会いを増やすためにサークルに入る場合、チェックしておきたいのが男女比のバランスだ。男女比のバランスが多いと、異性と接する機会が減ってしまう。せっかく入ったのに、同性ばかりだと、新しい出会いはほとんど望めない。

また、サークルをきっかけにして付き合った場合、2人の噂が広まってしまったり、別れた後に気まずくなってしまうという注意点もある。学内に気に入ったサークルがない場合、インカレサークルに入ってみるのも1つの手段だ。

インカレサークルとは、「インターカレッジサークル」の略で、他の大学のメンバーと共に活動するサークルのことだ。

たとえば、女子大のサークルだとメンバーが女子だけになってしまう。その反対にメンバーが男子ばかりのサークルもあるだろう。そこで、こういったサークルが一緒になって活動することで、男女間の交流を増やしてくれるのだ。

インカレサークルには、運動系、文化系、イベント系と、さまざまなジャンルがあるため、きっと好みにあったサークルが見つかるはずだ。

ガクサー

学生団体やサークルを調べることができるサイト「ガクサー」を使えば、全国にあるさまざまなインカレサークルを調べることができる。

3位 アルバイト先

アルバイト先も、大学生の出会いのきっかけが多い。仕事を通じて自然にコミュニケーションを取ることができるし、仕事を教えたり、フォローしたりすることで信頼関係が築かれることも多い。

出会いのきっかけを増やしたいならば、居酒屋やカフェ、塾講師といった男女比のバランスがいいところを選ぼう。また、こうしたバイト先はコミュニケーションも取りやすいため、相手との距離も縮まりやすい。

ただし、アルバイトをきっかけに付き合いだした場合、別れた後の人間関係が大変になってしまう恐れもある。そういった心配をしなくて済むのが、土日や1日だけで終わる派遣のアルバイトだ。

派遣のアルバイトだと、その日が終わってしまえば、もう会うこともなくなってしまうため、後々の人間関係を心配する必要もない。もし、気になった人がいれば、必ず連絡先を聞いておくようにしよう。

4位 合コン

合コン

大学生に限らず、出会いの場として定番なのが、やはり合コンだ。合コン自体が出会いを目的として設定されているため、お互いの気が合えば恋愛関係にも発展しやすい。また、普段の生活では出会えないような人と出会うチャンスでもある。

サークルやアルバイトと違い、もし付き合って別れてしまっても、後々の人間関係に響かないのもメリットの1つだ。

ただし、毎回それなりのお金がかかるし、1度に会える人数は数人のため、コスパは決してよくない。また、初めての人と話すのが苦手な人や、人見知りな人にもハードルが高い。

5位 ゼミ

大学でのゼミも出会いのきっかけになりやすい。

ゼミは少人数で行われることが多いため、自然と顔見知りになり、距離も縮まりやすい。また、ゼミの内容によっては、フィールドワークに行ったり、同じ課題を解いたりと、一緒にいる時間も多い。

ゼミが終わってから一緒に食事に行けば、さらに2人の距離を縮めることができるだろう。できるだけ自然に出会いたい、軽い感じの出会いは嫌だという人にも、ゼミはおすすめだ。

大学生が付き合うまでの流れはどんな感じ?

大学生が付き合うまでの流れはどんな感じ?

大学生が実際に出会ってから付き合うまでの感じは、以下のような流れが定番だ。

  1. 頻繁に連絡を取るようになる
  2. デートに何度か行く
  3. 告白

実際に何度かデートしてみて、相手の反応がよかったら告白して付き合うというのが定番の流れだ。付き合うまでのデートの回数は、3~5回ということが多いようだ。

とりあえずは最初は電話番号やLINEなどの連絡先を聞くところから始めよう。

大学生の出会いのきっかけがない人の特徴とあるある

大学生には、ゼミやサークル、アルバイトなど、さまざまな出会いのきっかけがある。

しかし、なかなか自分には出会いがないと感じている人も多いかもしれない。そういった人は、以下のような項目に当てはまっていないか確認してみて欲しい。

大学生の出会いのきっかけがない人の特徴

①いつも受け身でいる

出会いのきっかけを見つけるためには、自分から積極的に行動することが大切だ。「人見知りだから」「話しかけるのが苦手だから」といって、いつも待ってばかりだと、なかなか新しい出会いを掴むことはできない。

大学の学部や専攻によっては、同級生が同性ばかりということも多いだろう。そういった環境で、普通に学校に通っているだけではなかなか異性との出会いを見つけることは難しい。

新しい出会いが見つかるかどうかは自分から行動するかどうかにかかっている。些細なことでもいいから、自分から話しかけるなどして、積極的に異性とふれあう機会を増やしていこう。

②理想が高すぎる

自分の理想にあった人に会いたいと思うのは自然のことだが、あまりにも理想が高いと、出会いのチャンスを逃がしてしまうことになる。

たとえば、イケメンで、高学歴で、高収入で、優しくて、あなたのことだけを愛してくれる人がいれば、理想通りかもしれないが、そういった人には、そうそう出会えるものではない。

理想を求めることは悪いことではないが、知らず知らずのうちに出会いを遠ざけてしまうかもしれないことは理解しておこう。

③同性の友達とばかりいる

いつも同性の友達とばかり過ごしていることはないだろうか。

確かに気の合う友達と一緒にいるのは楽しいことだが、いつも一緒にいると異性との出会いは確実に少なくなってしまう。毎日同じ人と過ごしていると、新しい出会いもないだろう。

たまには新しいところに行ってみたり、遊んだことがない人と遊んでみたり、異性と接する機会を持つことが大切だ。

理系の大学生は出会いが少ない?

理系の大学生は特に出会いが少ないと言われている。そもそも理系の単科大学は、ほとんどが男子学生のため、日常生活では、なかなか異性と出会う機会がない。

いつも同性ばかりと一緒にいるため、おしゃれをしようとするモチベーションもなくなってきて、身だしなみが疎かになってしまうことも多い。そうすると、ますます異性との出会いが遠のいてしまう。

また、女子大生の中には理系の学生に対して「オタク」「つまらない」「ダサい」といったネガティブなイメージを持っている人も多い。

出会いのきっかけが欲しいと考えている理系の学生は、まずは身だしなみに気を配ろう。いきなりおしゃれするのはハードルが高いという場合には、最低でも清潔感があるような格好を心がけよう。

普段の生活で、なかなか異性と出会うきっかけがない場合は、サークルやインカレサークルに参加するなどして、自分から行動することが大切だ。

大学生の恋愛あるある

実際に大学で付き合っている人なら共感しそうな恋愛あるあるを紹介する。

  1. お家デートが多い
  2. サークルの中でくっついたり離れたり
  3. 彼氏・彼女ができるとつきあいが悪くなる

大学生は時間に余裕があるが、お金があまりないことが多い。そのため、デートの場所が自宅ばかりになりやすい。さらに、それが発展して、半同棲のようになってしまうことも多い。

また、サークル内で付き合ったり、別れたり、また付き合ったりということも多い。サークル内での恋愛は自由度が高いため、元カレや元カノがいることで人間関係が複雑になってしまうこともある。

他にも大学生になって初めて異性と付き合ったため、それだけにのめり込んでしまい、友達づきあいが疎かになってしまう人もいる。

総括:大学生の出会いのきっかけは様々ある

記事のポイントをまとめておこう。

大学生の出会いのきっかけランキング

  1. マッチングサイト
  2. サークル
  3. アルバイト
  4. 合コン
  5. ゼミ

実際につきあうまでの流れ

出会いがない大学生とは?

  • 自分から積極的に行動しない
  • 相手に求める理想が高い
  • 同性の友達といつも一緒にいる

理系の大学生の出会いについて

大学生の恋愛あるあるとは?

大学生には、さまざまな出会いのきっかけがあるが、自分から行動に移さないと、それを十分に活かせないことが多い。意識して生活すれば日常生活の中にも出会いのきっかけは必ず見つけることができる。

いつも受け身で出会いを待っているのではなく、自分から積極的に働きかけて、出会いを上手く掴んでいこう。

こう思ったことはありませんか?

  • なぜ私には彼氏・彼女ができないのだろう
  • なぜ私は結婚できないのだろう
  • なぜ私には出会いがないのだろう
  • なぜこんなに寂しいのだろう

この記事を読んでいる人の中には、今まさにこうした壁にぶち当たっているという方もいるかもしれません。

残念ながらこの問題は「あなたが行動を起こさない限り」永遠に改善されることはなく、どれだけ待っていても現状が変わることはありません。つまり、一生このまま寂しい時間が続くということです。

活字にするとあっさりしていて伝わり辛いかもしれませんが、この状況って本当に辛いことですよね。特に、自分なりに努力してきた人なら「そんなことはわかってる!」と怒れてしまったかもしれません。

でも大丈夫です。あなたが「自分なりに」ではなく「本気で行動できたなら」あっという間にこの問題は解決するし、ここで紹介している3つの出会いサイトいずれかを「本気で活用すれば良いだけ」だからです。このアクションだけで大きく人生が好転するかもしれません。

私も以前は、結婚どころか彼女さえ十数年間いないといった寂しい人生を歩んでいました。あまりの寂しさからか、壁の絵に話しかけている自分に違和感さえ抱かない悲惨なところまでいっていました。しかし、それも今では改善されていて妻と子供2人・4人家族の幸せな家庭をもつことができています。そう、とても幸せな気持ちです。

もちろん、私だけでなくこの記事で紹介している出会いサイトを活用した多くの人たちが幸せな人生を再スタートさせています。

  • これまでの人生ではじめて彼氏・彼女ができた!
  • 結婚を前提にお付き合いをはじめ、その後結婚できた!
  • ひとりぼっちで孤独な人生から解放された!

ときどき感謝のメールをいただくほど、こうした人たちで溢れています。私は「とにかく本気でアクションを起こしてほしい」だけであり、これが人生を変えるキッカケになり得るということなのです。

もし、あなたが今すぐ「あなただけのパートナーに出逢いたい」「幸せな人生をつかみたい」、そう考えているのであれば、これから紹介する3つの出会いサイトいずれかを活用するようにしてください。

このサイトについて

▼当サイト【出会いのススメ】は、月間5万人以上のユーザーに支持されています

出会いのススメ利用者数

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

利用時の注意点として、必ず「自身の目的に合ったマッチングサイト」を利用するようにしましょう。マッチングサイトの運営方針によって登録ユーザーの数や質、特徴などは大きく異なるからです。

真剣な出会いを求めているのに、そうではないユーザーばかりが集まっている出会いサイトに登録してしまえば、当然ながら願いは叶いません。そのため、必ず「自分と似た気持ちをもったユーザーが登録している出会いサイト」を活用するようにしてください。

このことから、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。

まず、“華の会メール”は真剣な出会いを求めている30~85歳までの男女におすすめです。「実際に出会えた」「無料で使いやすい」といった良い意見が多く、出会ってみたらサクラだったというような悪い評判は見当たりません。年齢や目的さえマッチすれば本当に出会える可能性が高い、最もお勧めできる優良サイトだと言えます。

また、“ナレソメ予備校”は成婚率が驚異の71.4%の結婚相談所であることから本気の婚活をしたい男女に向いています。通常の結婚相談所としても登録者数は70,000人以上と多く、入会前に結婚偏差値診断、個別相談を無料で受けられる強力なサービスがあります。その上、出会えなければ全額返金制度もあることが相当な強みです。

“ハッピーメール”はド定番の若者向け王道マッチングサイトなので比較的若い男女の利用が良いでしょう。もちろん、若い層と出会いたい人にも向いています。会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多くかなり有名ですが、純粋な登録者だけでなく「遊びたい男女」も登録しているので、ここは理解しつつ上手に活用したほうが良いです。

①華の会メール

真剣な出会いにオススメ!30~85歳までがメイン

華の会メールは、30代以上の中高年をターゲットにした出会い系サイトであり「30~50代の利用者が多い」といった特徴があります。実際のところ、会員の年齢層は35歳以上が85%を占めており、そのなかでも30~50代の利用者は70%にのぼります。

全体の割合を見てみると、男性ユーザーが7割に対し、女性が3割と男女比率にはかなり差があります。男性会員にとってはやや不利かもしれませんが、女性にとっては出会いのチャンスが多いと言えるでしょう。

華の会メールの公式サイトを見ると「現在のログイン数」を確認できます。どの曜日や時間帯が出会いやすいかログインするたびにチェックすると、出会う確率もグッと上がるはずです。

特徴として、利用目的が幅広い点が挙げられます。「メル友」「共通の趣味友」「恋人」「結婚相手」など、様々な目的で利用可能です。「真剣なユーザーが多い」という特徴もあるので、メル友からじっくりやりとりして、相手と相性が合えばいずれ実際に会うこともできるでしょう。

また、華の会メールでは「実際に出会えた」「無料で使いやすい」といった良い意見が多く、出会ってみたらサクラだったというような悪い評判は見当たりません。年齢や目的さえマッチすれば本当に出会える可能性が高いということです。

華の会メールはもともと30~85歳の人向けの出会い系サイトで、実際の利用者も30~50代が7割を占めています。出会い系サイトの中でもこのような中高年向けのサイトは少なく、該当する年齢の人にとっては貴重な選択肢の1つになるでしょう。

特に、華の会メールは独身のみならず、離婚歴がある人や既婚者も利用できるため、中高年の利用者が多いのかもしれません。

もし「既婚者とのやりとりや会うのには抵抗がある」という場合は、プロフィールや掲示板検索の時に婚姻歴を絞ることができます。再婚希望や離婚後に新しいパートナーが欲しいという人にも華の会メールはおすすめです。

「とにかく真剣に出会いたい人」は、華の会を絶対に利用するようにしましょう。

会員数 非公開
主な年齢層 30代〜50代
主な利用目的 恋愛・婚活
利用料金 女性:無料
男性:ポイント制
オプション 1pt=10円
※女性へのメール送信10pt
運営会社 インターワークス株式会社
【華の会】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

華の会 公式サイトへ

 

②ナレソメ予備校

本気の婚活!成婚率が驚異の71.4%の結婚相談所

ナレソメ予備校は、結婚相談所の重要な指標となる入会者の成婚率が業界トップレベルの71.4%で、恋愛や結婚の知識を豊富に持つプロフェッショナル集団が、結婚の悩みを徹底的にサポートしてくれます。

他にも結婚相談所はたくさんありますが、ただ単に異性と出会えるサービスではなく、成婚に向けて婚活のプロフェッショナル(塾長)から、婚活ノウハウやアドバイスを伝授してもらえることから予備校と名前が付けられています。

通常の結婚相談所としても登録者数は70,000人以上と多く、さらにナレソメ予備校は出会えなければ全額返金制度もあるのです(活動開始から3ヶ月を経過し、申し込みを合計100人以上に申し込みしていることが条件)

また、マッチング前だけでなくマッチング後にも丁寧なフィードバッグを行ってくれるため、同じ失敗を繰り返す心配がなくスピーディーに成果へとつながりやすいことや、入会前に結婚偏差値診断、個別相談を無料で受けられる強みがあります。

結婚偏差値診断について深掘りすると、「現時点で結婚できる可能性はどれくらいあるか」「どんな相手と結婚すべきか」などを判断してもらえます。

自分のことを客観的に見たり異性からどのように見えているか判断したりすることは難しいですが、結婚偏差値診断を受ければプロフィールや希望する条件などから適切に現状把握することができます。これにより「高望みしすぎている」「自分を低く見積もりすぎている」など、自分では気づかなかった意外な可能性に気づけるかもしれません。

さらに、ただ結果を提示するだけでなく自己分析もサポートしてくれるため、自分に足りていない部分や、どこを伸ばしていけば良いなどを把握でき、今後の婚活がよりスムーズになります。プロから客観的なアドバイスを受けられるのは非常に貴重な経験になるでしょう。

さまざまな結婚相談所がある中「どのサービスを選べばいいかわからない」という人は、事前の結婚偏差値診断と個別面談でナレソメ予備校の実績やサポート体制を見極めるもとも可能です。

そして個別カウンセリングでは、恋愛や婚活の知識を持ったプロが悩みの相談に乗ってくれます。結婚や将来に対して抱いている漠然とした不安を解消できるだけでなく、自分の気持ちを明確にし、婚活に向けてどのような準備を進めればいいかがわかります。

課題がはっきりすれば、結婚相談所を利用すべきなのか、ナレソメ予備校が課題解決に適しているのかを見極めやすくなるはずです。

なお、結婚偏差値診断や個別カウンセリングはすべてZOOMによるオンライン形式で行うことができ、その上3か月経過しても出会いがなかった場合は初期費用と月額費用を全額返金してもらえるのでリスクはかなり低いです。

【ナレソメ予備校】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ナレソメ予備校の公式サイトへ

 

③ハッピーメール

ド定番の若者向け:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、利用ユーザーの年齢層は比較的若い傾向にあります。

ユーザ数 2500万人以上(男女比 6:4)
入会金 無料
利用費用 女性:無料 男性:小額のポイント料金のみ
利用年齢層 年代を問わず利用者が多い
知名度 品川・新宿・渋谷などの中心街で大々的に宣伝
【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

行動を起こせば人生が変わります。

利用目的 華の会 ナレソメ予備校 ハッピーメール
◆ 彼氏・彼女が欲しい ×
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
×
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている ×
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある ×
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確) ×
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい ×
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい ×
◆ 欲望を満たしたい人 ×

© 2021 出会いのススメ