大学で出会いがない!女子大は特に顕著:打開策を提示します

出会い ない 大学

大学に入ったら、勉強も恋愛も両方頑張りたい!そんな気持ちで大学に入学してきた人もいるだろう。だが、実際には大学に入学しても出会いがない!と感じている人が多い。

この記事では、どうして大学生は出会いがないと感じてしまうのかについて解説しつつ、異性と出会うためにはどうすればよいのかを具体的に解説する。ぜひ、この記事を参考にして恋人を作ろう。

記事の内容

  • なぜ、大学では出会いがないと感じているのか?
  • 女子大学には出会いがない
  • コロナの影響もある
  • 出会いがない大学生の投稿はYAHOO!知恵袋にも多い
  • 出会いがない大学生では、どうやって探せば良いか
  • バイト
  • サークル
  • 友達の紹介
  • マッチングアプリ
  • 出会いがない大学生に人気のアプリとは?
  • 大学で出会いがない問題について
  • 総括

執筆:GR
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

なぜ、大学では出会いがないと感じているのか?

まず、大学生はなぜ出会いがないと感じているのかについて解説する。出会いがないと感じるのには、様々な理由があるのだ。その理由を知ったうえで、どのように行動すればよいのかを考える必要がある。

女子大学には出会いがない

大学生のなかでも最も出会いがないと感じているのが、女子大学に入学している女子大生だ。女子大学というように、男子学生がいない環境のため、どうしても出会いがないと感じてしまうことが多い。

株式会社KIRINZ「女子大に通う女子大生」に関するアンケート調査

株式会社KIRINZ「女子大に通う女子大生」に関するアンケート調査

この資料は、女子大に通う女性大生を対象に行われたアンケート調査の結果である。彼氏がいるかという質問に対して、彼氏がいると回答したのは、30.9%で、彼氏がいない人はなんと69.1%となっている。

株式会社KIRINZ「女子大に通う女子大生」に関するアンケート調査

同上:株式会社KIRINZ・「女子大に通う女子大生」に関するアンケート調査

この資料は、さきほど紹介した女子大に通っていて、彼氏がいると回答した人に、その彼氏とどこで出会ったかを聞いたものである。上位に入ったのは、「バイト」「中学や高校の同級生」「知人からの紹介」となっている。

つまり、大学内で彼氏を作ったのではなく、大学以外の場所で彼氏を作っている人がほとんどであることがわかるだろう。このような結果から考えると、女子大学には出会いがないといえる。

コロナの影響もある

女子大の場合には、男子学生が少ないため出会いがないというのもわかるが、女子大以外なら出会いはあるのではないか?そう考える人も多いはずだ。しかし、コロナの影響によって、大学で講義を受けるのではなく、オンライン授業が定着しているため、大学内での出会いが少なくなっているのだ。

大学といえば、今まではキャンパスに通うのが一般的であったが、オンライン授業によって、キャンパスに通うことなく、自宅で学習するという日々が続く学生も多い。

コロナの影響によってオンライン授業が定着して、異性と出会うことができていないため、出会いがないと感じている学生も多いのだ。また、コロナが終息したとしても、しばらくは対面の授業とオンライン授業の併用なども検討されている。

コロナの影響による大学の授業についてはこちらの動画もチェックしておこう!

出会いがない大学生の投稿はYAHOO!知恵袋にも多い

出会いがない大学生の投稿は、YAHOO!知恵袋にも多い。例えば以下のようなものが投稿されている。

Q:大学生女。出会いがない。どこに出会いがあるのですか?全然見つかりません。やっぱりネットですか?

▼ベストアンサー

サークルかバイトがな。学部学科、クラスとかだと課題消化とかが先に来てあんまり男女の出会いって感じにならない。なってもよほど気が合うかカースト高め同士とか。サークルでもカーストあるけど、勉強や課題とは別の気の抜けた場だから暇つぶしに恋愛〜ってノリがある。

男女比がなるべく近いのが前提。軽いノリのサークルだと遊びだけ、とかくっついたり離れたりが激しい。ちょっとお硬めの、飲み会もたまにやるけど目的意識前提です!みたいな研究会とかなら割と真面目な恋愛が生まれる。飲み会やるにもそういうメンバーでの方が楽しい。

私が属していたのは後者で、平常時20人くらいの団体でしたが知っているメンツから後々結婚までしたカップル4組います。サークル活動での働きでお互い認め合う事が多く真面目な付き合いだったのだろうし、周りも見守ってるから後々別れたカップルでも変な付き合いとかはあまりなかった。

当の私はそのサークルでの恋愛はなくて、チェーンのカフェバイトで知り合った学生同士で付き合いました。店の雰囲気にもよるんでしょうけど、飲み屋やピザ屋とかの時給高いバイトだとフリーターや自由業の年上、店舗に押し込められて鬱屈してる社員が女子学生バイト狙うって血みどろの関係をよく耳にしてました。

学生バイトが多くて、就活とともに華やかに卒業〜っていうカフェ系のバイトだとさわやかな恋愛がよく聞こえてきます。

ネットは学生あたりの年代だとヤリモクがめちゃくちゃ多い。顔知らないで知り合うってリスクは結構あるよ。変な人に遭遇する確率も高いのでもし質問者さんが恋愛経験少なくて、ちゃんとした相手と付き合いたいなら友達探しのラインで使うのが良さそう。

YAHOO! 知恵袋より

出会いがないと感じている大学生は、同じように出会いがないと感じている大学生がYAHOO!知恵袋にたくさん投稿しているので、そちらのベストアンサーなどを参考にしてみるのもよいだろう。

出会いがない大学生では、どうやって探せば良いか

出会いがない大学生は、どうやって出会いを探せばよいのかについて解説する。大学生には様々な出会いがあるので、自分に合ったもので出会いを求めてみるとよいだろう。1つだけではなく、複数の方法を試してみるのもオススメだ。

バイト

出会いがないと感じている大学生にオススメしたいのが、バイトだ。バイトがきっかけで恋人ができたという人も多い。

タウンワーク【バイト恋愛セキララ調査】出会いの多い職種、効果アリのアプローチ法とは!?

タウンワーク【バイト恋愛セキララ調査】出会いの多い職種、効果アリのアプローチ法とは!?

まずは、こちらの資料をみてほしい。この資料は、アルバイト経験のある20代の男女500人にアンケートした結果である。バイト先で彼氏・彼女ができたという質問に対して、65.2%の人がバイト先で恋人ができたと回答している。大学生がバイトをすれば、恋人ができる可能性は十分にあるといえるだろう。

ただしバイトは、どのようなものでもやればよいというものではない。3つのポイントを押さえてバイトを選ぼう。

  • 同年代が多いバイトを選ぶ
  • 男女比率が同じくらいのバイトを選ぶ
  • 接客業のように、バイト同士で話す機会が多いものを選ぶ

バイトを選ぶ際には、この3つのポイントを意識しておきたい。まず、1つ目のポイントは、同年代が多いバイトを選ぶということだ。恋愛対象になる年齢は人それぞれ違うが、大学生が恋愛対象としてみるのは、同じくらいの年齢の人となるだろう。

年上の人しかいない、年齢層が高いようなバイト先では、出会いを期待することはできない。

それから、男女比率も重要になってくる。いくら同年代が多いといっても、男性だけ、女性だけのように比率が大きく偏っていては、競争率が高く恋愛に発展するのは非常に難しくなってしまう。もちろんぴったり同じである必要はないが、だいたい同じくらいのバイト先を選ぶのがよいだろう。

その他では、接客業のように、バイト同士で会話をする機会が多いものなどがオススメだ。異性と仲良くなるためには、やはり頻繁に会話をすることが大切だ。

例えば、あなたは1度も話したことのない異性と付き合うだろうか?おそらく付き合うことはないだろう。恋愛に発展するには、会話が大切になる。飲食店などのようなバイトでは、仕事上での会話、助け合いなどが重要になるので、バイト同士で話す機会は多くなるだろう。そのようなバイトを選ぶのもよいだろう。

具体的にどのようなバイトを選べばよいのかわからないという人は、こちらの動画を参考にしてみよう!

サークル

大学生の出会いで多いのが、サークルだ。サークルに入ることで、同学年の男子学生はもちろん、先輩や後輩などとも知り合うことができる。恋人を作るチャンスがあるといえる。サークルで出会いを求めている大学生がやってしまいがちなのが、次のようなことである。

  • イケメンや美人がいるかどうかでサークルを決める
  • 男女比率をみてサークルを決める
  • サークルの規模をみて決めてしまう

出会いを求めてサークルに入ろうとするとやってしまいがちだ。たしかにどれもとても重要な要素のように見えるがそれだけで、サークルを決めてしまうのはよい選択とはいえない。サークルを決める際には、次のポイントも意識してほしい。

  1. 自分が興味のあるジャンルのサークルであるかどうか
  2. サークルの入会金はどのくらいか
  3. サークルの活動頻度について

この3つのポイントは、サークルを選ぶために非常に重要なポイントとなる。

出会いを求めてサークルに入るといっても、自分がまったく興味のないジャンルのサークルに入ってしまったらつまらないし、苦痛なだけである。自分が興味のあるサークルであれば、仮に恋人ができなかったとしてもサークル活動を楽しむことができる。

また、同じサークル内で恋人ができれば、共通の趣味が持てるというメリットもあるだろう。このような理由から、サークルは自分の興味のあるものを選ぶようにしよう。

それから、忘れてはいけないのがサークルの入会金である。入会金などが必要ない場合もあるが、例えば、スポーツ系のサークルであれば、グランドやコートを借りるための費用、合宿をするための費用として支払うケースも多い。

また、楽器を借りる、備品の購入などの費用として徴収されるケースもある。サークル活動の内容にもよるが、費用がかかることが多いということを忘れてはならない。出会いを求めているのであれば、なおさらどのくらいの費用がかかるのかを事前に確認しておこう。

費用が高いとサークルを続けるのが困難になってしまい、出会いどころではなくなってしまう。

そして、サークルの活動頻度にも注意をしておきたい。サークルは、それぞれ本気度が違う。週3日以上活動を行っているところもあれば、週1日など活動頻度はバラバラだ。大学生活は、サークル以外にもやらなければならないことはある。

頻繁にサークル活動をしなければならないとなると、他に割く時間が少なくなってしまう。緩すぎず、厳しすぎない適度な頻度のサークル活動がよいだろう。

友達の紹介

出会いがない大学生は、友達に紹介してもらうのもよいだろう。大学生で恋人がいる人のなかには、友達の紹介で知り合って付き合ったという人も多い。

友達の紹介で注意しておきたいのは、どの友達に紹介してもらうのかということだ。

出会いがない大学生は、友達なら誰でもいいから紹介してもらおうと考えることだろう。しかし、それはやめた方がよい。

友達の紹介

友達に紹介してもらうのなら、信頼できる、できるだけ長い付き合いの友達に紹介してもらおう。もちろん、これには理由がある。

付き合いの浅い友達、それほど仲のよくない友達に紹介をしてもらうと、あなたの好みではない人を紹介される可能性がある。これは、実際に多いのだが、友達の紹介だと、自分の気の合わない人でも断りづらいということがあるのだ。

あなたのことをよく知っている信頼できる友達であれば、あなたの性格や好きなタイプなどがわかるので、できるだけ合いそうな人を紹介してくれる可能性が高い。もちろん必ずしもそうであるとは限らないが、よい結果になりやすいだろう。あなたの最も信頼できる友達に紹介してもらおう。

マッチングアプリ

出会いがない大学生にオススメなのが、マッチングアプリだ。マッチングアプリを利用するメリットはたくさんある。例えば、以下のようなメリットがある。

  • 現実よりも多くの異性と出会うことができる
  • 大学生の利用者も多い
  • 気軽に始めることができるし、自宅でも恋人探しができる
  • 趣味の合う人や近所の人などを探すことができる
  • 女性は無料で使えるものもあるし、男性でも月々4,000~5,000円と低コスト
  • 自分の好きな時間に恋人探しをすることができる
  • 恋人を探す目的で登録している人が多いので、相手をみつけやすい。
  • 自分と合わなそうな人には、簡単にお断りできる。アプリによってはブロックもできる。

マッチングアプリは、このように多くのメリットがある。現実で出会いがない大学生でも、同年代や同じ趣味を持っている人、近所の人や地元が同じ人など、共通点のある異性を簡単に探すことができる。現実で出会いを探すよりも多くの異性と出会えるというのが最大の魅力といえるだろう。

それから、合コンなどのようにわざわざどこかに出掛けて異性と会う必要もない。ネット環境とスマホやパソコンがあれば、自宅で自分の好きな時間に異性を探すことができる。異性とのやりとりは、1人の人に絞る必要はなくアプリ内で同時に複数の人とやりとりをして、最も自分と合いそうな人を選ぶことができる。

そして、オススメする最大の理由は、自分と気の合わない人とマッチングしても簡単に断ることができるということだ。友達の紹介などで出会った場合、友達が紹介してくれたということで、自分と合わない人でも、断りづらいという問題がある。実際、断れなくてそのまま付き合ってしまったという例もあるだろう。

マッチングアプリ内でのやりとりであれば、アプリによってだが嫌な相手をブロックすることができる。簡単に自分の意思で断ることができるので、いやいや付き合うということもない。自分に合いそうな人をみつけられるのだ。

出会いがない大学生に人気のアプリとは?

出会いがない大学生には、マッチングアプリがオススメと紹介したが、マッチングアプリには様々なものがある。マッチングアプリのなかでも大学生に人気のアプリを紹介しよう。

株式会社ネオマーケティング:「マッチングアプリに関する調査」

株式会社ネオマーケティング「マッチングアプリに関する調査」

この資料は、20~39歳の未婚の男女を対象に「マッチングアプリ」に関する調査を行ったものである。そのなかで、利用しているアプリについて尋ねたものだ。20代男性で最も利用者が多いのは、「ペアーズ 37.5%」である。また、20代女性でも最も利用者が多いのは、「ペアーズ 32.8%」となっている。

このような理由から、大学生に最も人気のあるマッチングアプリは、「ペアーズ」であるということがいえるだろう。ペアーズ以外のアプリでは、「タップル誕生」「Omiai」「with(ウィズ)」「ゼクシィ縁結び」などの利用が20代には多いことがわかる。

初めてマッチングアプリを利用するという大学生は、このような人気のアプリのなかから選んで利用してみるとよいだろう。利用者が多いものであれば、口コミなどから自分にあったものであるかどうかも判断することができる。出会いがないと感じているのなら、ぜひ登録してみるとよいだろう。

マッチングアプリの評価については、こちらの動画もわかりやすいので、ぜひ視聴してほしい。

総括:大学で出会いがない問題について

記事のポイントをまとめておこう。

大学で出会いがない人ついて

  • 女子大やコロナの影響などで出会いがないと感じている大学生は多い
  • 大学生の約7割は恋人がいない

出会いがない大学生が異性と出会うには

  • バイト
  • サークル
  • 友達の紹介
  • マッチングアプリ

大学に入れば、出会いがあると思っていた人でも実際には出会いがなかったという人は多い。実際、大学生で恋人がいる人はそれほど多くない。そんな、出会いがないと感じる大学生が異性と出会うためには、バイト、サークル、友達の紹介、マッチングアプリの利用などの方法がある。

初めて、マッチングアプリを利用するのなら、人気のある、ペアーズがよいだろう。

出会いがないと嘆いているだけでは現実は変わらない。出会いがないのなら、異性と出会える方法を利用して出会えばよいのだ。自分に合った方法で、出会いを積極的に求めてみよう。

そうすることで、あなたにも恋人ができる可能性は十分にあるのだ。待っているだけでは、恋人はできない。恋人を作るためには、あなたの行動が重要である。

こう思ったことはありませんか?

  • なぜ私には彼氏・彼女ができないのだろう
  • なぜ私は結婚できないのだろう
  • なぜ私には出会いがないのだろう
  • なぜこんなに寂しいのだろう

この記事を読んでいる人の中には、今まさにこうした壁にぶち当たっているという方もいるかもしれません。

残念ながらこの問題は「あなたが行動を起こさない限り」永遠に改善されることはなく、どれだけ待っていても現状が変わることはありません。つまり、一生このまま寂しい時間が続くということです。

活字にするとあっさりしていて伝わり辛いかもしれませんが、この状況って本当に辛いことですよね。特に、自分なりに努力してきた人なら「そんなことはわかってる!」と怒れてしまったかもしれません。

でも大丈夫です。あなたが「自分なりに」ではなく「本気で行動できたなら」あっという間にこの問題は解決するし、ここで紹介している3つの出会いサイトいずれかを「本気で活用すれば良いだけ」だからです。このアクションだけで大きく人生が好転するかもしれません。

私も以前は、結婚どころか彼女さえ十数年間いないといった寂しい人生を歩んでいました。あまりの寂しさからか、壁の絵に話しかけている自分に違和感さえ抱かない悲惨なところまでいっていました。しかし、それも今では改善されていて妻と子供2人・4人家族の幸せな家庭をもつことができています。そう、とても幸せな気持ちです。

もちろん、私だけでなくこの記事で紹介している出会いサイトを活用した多くの人たちが幸せな人生を再スタートさせています。

  • これまでの人生ではじめて彼氏・彼女ができた!
  • 結婚を前提にお付き合いをはじめ、その後結婚できた!
  • ひとりぼっちで孤独な人生から解放された!

ときどき感謝のメールをいただくほど、こうした人たちで溢れています。私は「とにかく本気でアクションを起こしてほしい」だけであり、これが人生を変えるキッカケになり得るということなのです。

もし、あなたが今すぐ「あなただけのパートナーに出逢いたい」「幸せな人生をつかみたい」、そう考えているのであれば、これから紹介する3つの出会いサイトいずれかを活用するようにしてください。

このサイトについて

▼当サイト【出会いのススメ】は、月間5万人以上のユーザーに支持されています

出会いのススメ利用者数

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

利用時の注意点として、必ず「自身の目的に合ったマッチングサイト」を利用するようにしましょう。マッチングサイトの運営方針によって登録ユーザーの数や質、特徴などは大きく異なるからです。

真剣な出会いを求めているのに、そうではないユーザーばかりが集まっている出会いサイトに登録してしまえば、当然ながら願いは叶いません。そのため、必ず「自分と似た気持ちをもったユーザーが登録している出会いサイト」を活用するようにしてください。

このことから、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。

まず、“華の会メール”は真剣な出会いを求めている30~85歳までの男女におすすめです。「実際に出会えた」「無料で使いやすい」といった良い意見が多く、出会ってみたらサクラだったというような悪い評判は見当たりません。年齢や目的さえマッチすれば本当に出会える可能性が高い、最もお勧めできる優良サイトだと言えます。

また、“ナレソメ予備校”は成婚率が驚異の71.4%の結婚相談所であることから本気の婚活をしたい男女に向いています。通常の結婚相談所としても登録者数は70,000人以上と多く、入会前に結婚偏差値診断、個別相談を無料で受けられる強力なサービスがあります。その上、出会えなければ全額返金制度もあることが相当な強みです。

“ハッピーメール”はド定番の若者向け王道マッチングサイトなので比較的若い男女の利用が良いでしょう。もちろん、若い層と出会いたい人にも向いています。会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多くかなり有名ですが、純粋な登録者だけでなく「遊びたい男女」も登録しているので、ここは理解しつつ上手に活用したほうが良いです。

①華の会メール

真剣な出会いにオススメ!30~85歳までがメイン

華の会メールは、30代以上の中高年をターゲットにした出会い系サイトであり「30~50代の利用者が多い」といった特徴があります。実際のところ、会員の年齢層は35歳以上が85%を占めており、そのなかでも30~50代の利用者は70%にのぼります。

全体の割合を見てみると、男性ユーザーが7割に対し、女性が3割と男女比率にはかなり差があります。男性会員にとってはやや不利かもしれませんが、女性にとっては出会いのチャンスが多いと言えるでしょう。

華の会メールの公式サイトを見ると「現在のログイン数」を確認できます。どの曜日や時間帯が出会いやすいかログインするたびにチェックすると、出会う確率もグッと上がるはずです。

特徴として、利用目的が幅広い点が挙げられます。「メル友」「共通の趣味友」「恋人」「結婚相手」など、様々な目的で利用可能です。「真剣なユーザーが多い」という特徴もあるので、メル友からじっくりやりとりして、相手と相性が合えばいずれ実際に会うこともできるでしょう。

また、華の会メールでは「実際に出会えた」「無料で使いやすい」といった良い意見が多く、出会ってみたらサクラだったというような悪い評判は見当たりません。年齢や目的さえマッチすれば本当に出会える可能性が高いということです。

華の会メールはもともと30~85歳の人向けの出会い系サイトで、実際の利用者も30~50代が7割を占めています。出会い系サイトの中でもこのような中高年向けのサイトは少なく、該当する年齢の人にとっては貴重な選択肢の1つになるでしょう。

特に、華の会メールは独身のみならず、離婚歴がある人や既婚者も利用できるため、中高年の利用者が多いのかもしれません。

もし「既婚者とのやりとりや会うのには抵抗がある」という場合は、プロフィールや掲示板検索の時に婚姻歴を絞ることができます。再婚希望や離婚後に新しいパートナーが欲しいという人にも華の会メールはおすすめです。

「とにかく真剣に出会いたい人」は、華の会を絶対に利用するようにしましょう。

会員数 非公開
主な年齢層 30代〜50代
主な利用目的 恋愛・婚活
利用料金 女性:無料
男性:ポイント制
オプション 1pt=10円
※女性へのメール送信10pt
運営会社 インターワークス株式会社
【華の会】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

華の会 公式サイトへ

 

②ナレソメ予備校

本気の婚活!成婚率が驚異の71.4%の結婚相談所

ナレソメ予備校は、結婚相談所の重要な指標となる入会者の成婚率が業界トップレベルの71.4%で、恋愛や結婚の知識を豊富に持つプロフェッショナル集団が、結婚の悩みを徹底的にサポートしてくれます。

他にも結婚相談所はたくさんありますが、ただ単に異性と出会えるサービスではなく、成婚に向けて婚活のプロフェッショナル(塾長)から、婚活ノウハウやアドバイスを伝授してもらえることから予備校と名前が付けられています。

通常の結婚相談所としても登録者数は70,000人以上と多く、さらにナレソメ予備校は出会えなければ全額返金制度もあるのです(活動開始から3ヶ月を経過し、申し込みを合計100人以上に申し込みしていることが条件)

また、マッチング前だけでなくマッチング後にも丁寧なフィードバッグを行ってくれるため、同じ失敗を繰り返す心配がなくスピーディーに成果へとつながりやすいことや、入会前に結婚偏差値診断、個別相談を無料で受けられる強みがあります。

結婚偏差値診断について深掘りすると、「現時点で結婚できる可能性はどれくらいあるか」「どんな相手と結婚すべきか」などを判断してもらえます。

自分のことを客観的に見たり異性からどのように見えているか判断したりすることは難しいですが、結婚偏差値診断を受ければプロフィールや希望する条件などから適切に現状把握することができます。これにより「高望みしすぎている」「自分を低く見積もりすぎている」など、自分では気づかなかった意外な可能性に気づけるかもしれません。

さらに、ただ結果を提示するだけでなく自己分析もサポートしてくれるため、自分に足りていない部分や、どこを伸ばしていけば良いなどを把握でき、今後の婚活がよりスムーズになります。プロから客観的なアドバイスを受けられるのは非常に貴重な経験になるでしょう。

さまざまな結婚相談所がある中「どのサービスを選べばいいかわからない」という人は、事前の結婚偏差値診断と個別面談でナレソメ予備校の実績やサポート体制を見極めるもとも可能です。

そして個別カウンセリングでは、恋愛や婚活の知識を持ったプロが悩みの相談に乗ってくれます。結婚や将来に対して抱いている漠然とした不安を解消できるだけでなく、自分の気持ちを明確にし、婚活に向けてどのような準備を進めればいいかがわかります。

課題がはっきりすれば、結婚相談所を利用すべきなのか、ナレソメ予備校が課題解決に適しているのかを見極めやすくなるはずです。

なお、結婚偏差値診断や個別カウンセリングはすべてZOOMによるオンライン形式で行うことができ、その上3か月経過しても出会いがなかった場合は初期費用と月額費用を全額返金してもらえるのでリスクはかなり低いです。

【ナレソメ予備校】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ナレソメ予備校の公式サイトへ

 

③ハッピーメール

ド定番の若者向け:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、利用ユーザーの年齢層は比較的若い傾向にあります。

ユーザ数 2500万人以上(男女比 6:4)
入会金 無料
利用費用 女性:無料 男性:小額のポイント料金のみ
利用年齢層 年代を問わず利用者が多い
知名度 品川・新宿・渋谷などの中心街で大々的に宣伝
【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

行動を起こせば人生が変わります。

利用目的 華の会 ナレソメ予備校 ハッピーメール
◆ 彼氏・彼女が欲しい ×
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
×
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている ×
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある ×
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確) ×
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい ×
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい ×
◆ 欲望を満たしたい人 ×

© 2021 出会いのススメ