独身の寂しい男【40~50代】行く末とやるべきこと

「独身の男」といっても年齢によって受ける印象は変わってくるもので、20代の男性であれば「まだまだ焦る年齢じゃない」と思われます。

これが30代ともなると「そろそろ真剣に考えたら」と変わっていき、その先ともなると周囲の人たちも察するのか、あまり結婚の話はしないようになります。

独身 寂しい 男

結婚の話がタブー視される40代以降の独身男性には、その後どのような人生が待っているのでしょうか。人間誰しも辛い現実からは目をそらしがちになりますが、そこを直視しないと取り返しのつかない不幸が待ち受けているのです。

特に中高年の独身男性が避けられない「寂しい」という現象と、そのまま独身でい続けたときの大変なリスクについて解説していきます。

記事の内容

  • 40代以降の独身で寂しい男の現実
  • 40~50代、独身男性の割合について
    内閣府男女共同参画局
  • 独身男の寂しさとは
  • さらに寂しさが増す50代独身
  • 一人暮らしは寂しい時間が多い
  • 友達とも疎遠になってしまう独身中年男
  • 独身で寂しい男の行く末を考える
  • 重大なリスクについて
    厚生労働省「人口動態調査」
  • 異常な孤独
  • 待ち受ける末路とは?
    国立社会保障・人口問題研究所
    日本少額短期保険協会「第6回孤独死現状レポート」
  • 寂しい40代独身男ができること
  • 50代では何ができるのか
  • 独身男は寂しいのは当然と理解しよう
  • 総括

執筆:KOJI
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

40代以降の独身で寂しい男の現実

昔と比べると40代や50代で独身の男性は「異常」とまでは見なされなくなってきました。

しかしこれはあくまで「昔に比べれば」という注釈付きの評価であって、「普通の人」と言えるような存在ではないことは事実です。

そんな独身で寂しい男はどの程度存在し、普段はどのような暮らしをしているのでしょうか。また彼らが感じる「寂しさ」や「孤独」の根源的な理由についても解説します。

40代以降の独身で寂しい男の現実

40~50代、独身男性の割合について

自分自身が40代以降の独身男でもない限り、中高年男性の独身男性の割合など気にすることもないでしょうが、たとえ自分とは無縁に思えても社会保障や税金の面で間接的に影響を受ける可能性があります。

独身者といっても2種類が存在しており、一つはそれまで一度も結婚したことのないいわゆる「未婚者」で、もう一つは結婚の経験はあるものの離婚や死別で独身の人です。近年問題になりつつあるのは前者のほうで、一度も結婚したことのない人の割合(生涯未婚率)が急激に上昇しているのです。

2015年の国勢調査による統計では50歳時点の独身男性は30.2%となっており、1980年の5.83%から大幅に増加していることが分かります。3人に1人以上が「中年独身男性」となる日もそう遠いことではありません。

内閣府男女共同参画局

引用:内閣府男女共同参画局

独身男の寂しさとは

恐らく30歳になったころ、まだ同世代は独身者のほうが多かったはずです。

2015年の国勢調査に基づくデータによると、30歳時点で結婚している男性は約4人に1人なので、それほど焦りを感じるような状況ではありません。

独身男の寂しさとは

ところがその後の10年間で独身男の仲間は減り続け、40歳を迎える時には3人に2人は結婚しているのです。20代後半から30代にかけては男性にとって結婚のピークと言えます。

その期間に将来のことを深く考えず、婚活などもせずに過ごして40歳を迎えると急に気が付くのです。

「もしかして一生独身ですごすかも」と。結婚した友達とは生活リズムも価値観もズレがあるため、お互い独身だったころのような付き合いは出来ませんし、そもそも独身仲間も少なくなっています。

しかも40代になってから婚活を焦っても、若いころのように選択肢が多いわけでもなく、孤独感と寂しさを自覚する年代なのです。ちょうど親も高齢世代となり、介護など親に関する悩みが出始めるのもこの頃です。

一般的には仕事も脂の乗っている年代で、それに親の世話などが加われば、プライベートの余裕はなくなってしまい、自分以外の時間だけで時が流れていきます。40代の寂しさとは「共感してくれる仲間(配偶者)の欠如」と「それを解決する余裕がない」ことが一番の原因です。

さらに寂しさが増す50代独身

40代が過ぎ50代を迎えても独身でいると、それまで感じ続けていた寂しさに加え、自身の衰えによる老後の心配も考えなければならなくなります。やがて親が亡くなってしまうと、本当の「孤独」に悩まされます。

40代より寂しさが増してしまう原因はいくつかありますが、一番大きな理由は高齢化とともに自分自身の気力が衰えていき、寂しく孤独な状況を変える行動を起こしづらくなってしまうことです。

仕事をしていても「定年後」のことが現実的な問題となり、健康面でも不安を感じ始めるのが50代の特徴と言えます。つまり50代の寂しさとは「人生の終着点を心配しながら、それを変えることを諦め始める」ことが大きな原因です。

一人暮らしは寂しい時間が多い

寂しさや孤独を感じるのに一番の環境は「一人ぼっち」なことは容易に想像がつきます。

誰も話し相手のいない状況は若くても寂しいと感じますが、中高年になるとより一層寂しさを感じるようになります。

一人暮らしは寂しい時間が多い

16世紀から17世紀にかけて活躍したイギリスの哲学者・神学者・政治学者のフランシス・ベーコンが、「若い時は、一日は短く一年は長い。歳をとると1年は短く1日は長い」と言いました。

これは言いかえれば「熱中した時間や幸せな時間は短く感じるが、退屈で不幸な時間は長く感じる」ということです。この言葉が言い表すのは、まさに一人暮らしの独身男性が無為に過ごす「一人ぼっちの時間」そのものです。

人間という生き物は、孤独を感じながら時間だけが有り余るような状況に置かれると、考えなくても良いようなことを考え、一人で悩み、そして決して幸せな未来を想像できなくなるものなのです。

友達とも疎遠になってしまう独身中年男

先ほども解説したとおり、40代以降になると独身男性が少数派となり、かつての友達たちは結婚生活へ入っていることが多くなります。結婚した友達の輪に入ったとき「話題が合わない」と感じる瞬間があるはずです。

それは当り前のことで、既婚者と独身では生活環境も異なりますし、何より背負っている責任感が違います。

よく既婚者から「独身は気楽で良いよね」とか「お金が自由に使えて良いよね」など、一見羨ましがられているような錯覚を覚える瞬間がありますが、そんな事を言っている既婚者は本音半分ながら、残りの半分は「いつまでこんなこと続けるつもりなのか」という哀れにも似た本音を感じてしまうことになります。

そんなことを繰り返していくうちに、結婚してしまったかつての友達とは距離ができ始め、いつしか連絡も取らなくなってしまうという方が、中高年の独身男ではよく見られます。

独身で寂しい男の行く末を考える

平均寿命の差を見ても分かるように、男性より女性のほうが長生きです。しかし近年の統計や研究では単なる寿命の差以上に、独身男性にとっては過酷な報告がされているのです。

生物学的な問題なのかもしれませんが、独身男性が避けて通れないであろう重大なリスクを含め、独身中高年男性の行く末と、それへの備えも考えてみましょう。

独身で寂しい男の行く末を考える

重大なリスクについて

男性より女性の方が平均寿命は長いことは良く知られた統計上の事実です。2020年のデータでは女性87.74歳、男性81.64歳となっており、実に6年以上の違いがあります。

これはあくまで全員の平均値なので、誰もがこの年齢まで生きられる保証はないのですが、この平均寿命を深掘りすると独身男性にとっては目をそむけたくなるような事実が分かりました。

男性を「結婚したことがない男性」「結婚していたが離婚した男性」「配偶者のいる男性」「死別して一人の男性」の4つのグループに分け、それぞれの平均寿命(死亡中央値)を比べた結果が以下のとおりです。

厚生労働省「人口動態調査」

出典:厚生労働省「人口動態調査」

なんと結婚したことがない「未婚男性」の平均寿命は67.7歳で、男性全体の平均より10歳以上短命だという結果となっています。分かりやすく表にまとめました。

  有配偶者 未婚 死別 離婚 不詳 全体
平均死亡年齢 78.3歳 67.7歳 88.7歳 73.8歳 75.0歳 81.3歳

未婚男性が短命だということの原因は一つには「生活リズムの乱れと不摂生」と言われており、独身男性の死因の上位が「糖尿病」「高血圧性疾患」「心疾患」など、主に生活習慣に起因する病気であることからも明らかです。

もう一つ考えられるのが孤独などによる精神的な疾患です。あまり明るいデータではありませんが、配偶者がいる男性と比べ「未婚」「死別」「離婚」の男性の自殺率はかなり高くなっています。

これも独身男性の寂しさや孤独に一因があると思われます

異常な孤独

「孤独とは心の空腹」といわれることがあり、人や社会とのつながりを欲している状態と言えます。生理的な空腹であれば何かを食べることで解決するのですが、心の空腹は簡単に満たすことは出来ません。

40代の独身男性は心の空腹を満たすことが出来ない、つまり孤独を解決しづらい状況になりやすい年代です。かつての友人たちは結婚して家庭優先の生活になり、会社でも後輩や部下の方が多くなって、気が付くと自分と気軽に付き合ってくれる人がほとんどいません。

寂しさや孤独を解決するためには人とのコミュニケーションが大事になりますが、これが出来づらく一人で抱えこむことが、40代独身男性が異常な孤独を感じるようになる一番の原因です。

待ち受ける末路とは?

2015年の国勢調査の結果、50歳で一度も結婚したことのない未婚男性が23.4%いることが分りました。これを「生涯未婚率」と言うのですが、つまり50歳までに結婚していなければ、その後結婚する(できる)可能性が極めて低いということです。

国立社会保障・人口問題研究所

国立社会保障・人口問題研究所

そんな独身男性が結婚しないまま老後を迎えると、いろいろなリスクにさらされることになります。健康リスクは先ほど解説したとおりですが、長く老後を過ごしていると病院や介護施設へ入ることも十分考えられ、その時独身男性が避けて通れないのが「保証人不在」という問題です。

建前はともかく、現実的には保証人がいないと病院や施設へ入れないことが多く、また元気でいた場合の賃貸住宅入居にも保証人の問題は必ずついて回ります。

さらに恐ろしい現実として「孤独死」のリスクも考えなければなりません。日本少額短期保険協会が2021年7月に公表した「第6回孤独死現状レポート」によると、孤独死に占める男性の割合は非常に高く、全体の83.1%で女性の約5倍となっています。

この結果から男性は女性と比べ「社会的な孤立」に陥りやすく、孤独な生活者が多いことが分かります。

参照:日本少額短期保険協会「第6回孤独死現状レポート」

寂しい40代独身男ができること

40代独身男性は寂しく孤独であることは分かりましたが、そのまま何もしないと深みにはまるばかりです。

では独身の40代男は何をすれば良いのでしょうか。

独身のリスクを回避するのならパートナー探しが(成功すればですが)一番効果的と言えます。これは相手があっての話なので、必ず成功するという保証はありません。

寂しい40代独身男ができること

しかしその気があるのなら少しでも早いほうが成功の可能性は上がります。それ以外では食生活など生活習慣の見直しも若いほど有効ですし、寂しいという精神的な部分に関しては「趣味を探す」「サークル活動に参加する」など、没頭出来たり人と会えたりすることを積極的に考えましょう。

50代では何ができるのか

40代と比べ体力的にも落ちてきた50代独身男性は出来ることも少なくなってしまいます。婚活などのハードルも高くなり気力も衰えていくなど、油断しているとついつい「諦め」という文字が脳裏をよぎる年代かもしれません。

しかし老後が近いからこそ「寂しい独身男」のままではいけないのです。パートナーや友達を探すことも焦りからくるオーラを封印し、スマートに行動しなければ変な目で見られるのが「50代独身男性」だと肝に銘じましょう。

総括:独身男は寂しいのは当然と理解しよう

記事のポイントをまとめます。

40代以降の寂しい独身男性ついて

  • 40代50代の独身男性の割合
  • 独身男の感じる寂しさとは
  • 孤独になりやすい独身一人暮らし
  • どうして友達と疎遠になるのか

行く末とやるべきこと

  • 独身男性の重大なリスク
  • 40代から急に増してくる孤独感
  • 独身でい続けると訪れる末路
  • 40代50代でもやれることはあります

政府の予想では今後も独身男性は増え続け、大きな社会問題になる可能性があります。ここまで解説してきたとおり、独身でも若ければ進む道の選択肢も多く、孤独や寂しさはそれほど気にならないものです。

ところが40代以降になると周囲の環境は変わっていき、それと同時進行で寂しさを強く感じるようになっていきます。そんな事実に気が付いたら流れに身を委ねるようなことはせず、行動して変えていくことを強く意識しましょう。そうした努力はけっして無駄になりません。

こう思ったことはありませんか?

  • なぜ私には彼氏・彼女ができないのだろう
  • なぜ私は結婚できないのだろう
  • なぜ私には出会いがないのだろう
  • なぜこんなに寂しいのだろう

この記事を読んでいる人の中には、今まさにこうした壁にぶち当たっているという方もいるかもしれません。

残念ながらこの問題は「あなたが行動を起こさない限り」永遠に改善されることはなく、どれだけ待っていても現状が変わることはありません。つまり、一生このまま寂しい時間が続くということです。

活字にするとあっさりしていて伝わり辛いかもしれませんが、この状況って本当に辛いことですよね。特に、自分なりに努力してきた人なら「そんなことはわかってる!」と怒れてしまったかもしれません。

でも大丈夫です。あなたが「自分なりに」ではなく「本気で行動できたなら」あっという間にこの問題は解決するし、ここで紹介している3つの出会いサイトいずれかを「本気で活用すれば良いだけ」だからです。このアクションだけで大きく人生が好転するかもしれません。

私も以前は、結婚どころか彼女さえ十数年間いないといった寂しい人生を歩んでいました。あまりの寂しさからか、壁の絵に話しかけている自分に違和感さえ抱かない悲惨なところまでいっていました。しかし、それも今では改善されていて妻と子供2人・4人家族の幸せな家庭をもつことができています。そう、とても幸せな気持ちです。

もちろん、私だけでなくこの記事で紹介している出会いサイトを活用した多くの人たちが幸せな人生を再スタートさせています。

  • これまでの人生ではじめて彼氏・彼女ができた!
  • 結婚を前提にお付き合いをはじめ、その後結婚できた!
  • ひとりぼっちで孤独な人生から解放された!

ときどき感謝のメールをいただくほど、こうした人たちで溢れています。私は「とにかく本気でアクションを起こしてほしい」だけであり、これが人生を変えるキッカケになり得るということなのです。

もし、あなたが今すぐ「あなただけのパートナーに出逢いたい」「幸せな人生をつかみたい」、そう考えているのであれば、これから紹介する3つの出会いサイトいずれかを活用するようにしてください。

このサイトについて

▼当サイト【出会いのススメ】は、月間5万人以上のユーザーに支持されています

出会いのススメ利用者数

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

利用時の注意点として、必ず「自身の目的に合ったマッチングサイト」を利用するようにしましょう。マッチングサイトの運営方針によって登録ユーザーの数や質、特徴などは大きく異なるからです。

真剣な出会いを求めているのに、そうではないユーザーばかりが集まっている出会いサイトに登録してしまえば、当然ながら願いは叶いません。そのため、必ず「自分と似た気持ちをもったユーザーが登録している出会いサイト」を活用するようにしてください。

このことから、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。

まず、“華の会メール”は真剣な出会いを求めている30~85歳までの男女におすすめです。「実際に出会えた」「無料で使いやすい」といった良い意見が多く、出会ってみたらサクラだったというような悪い評判は見当たりません。年齢や目的さえマッチすれば本当に出会える可能性が高い、最もお勧めできる優良サイトだと言えます。

また、“ナレソメ予備校”は成婚率が驚異の71.4%の結婚相談所であることから本気の婚活をしたい男女に向いています。通常の結婚相談所としても登録者数は70,000人以上と多く、入会前に結婚偏差値診断、個別相談を無料で受けられる強力なサービスがあります。その上、出会えなければ全額返金制度もあることが相当な強みです。

“ハッピーメール”はド定番の若者向け王道マッチングサイトなので比較的若い男女の利用が良いでしょう。もちろん、若い層と出会いたい人にも向いています。会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多くかなり有名ですが、純粋な登録者だけでなく「遊びたい男女」も登録しているので、ここは理解しつつ上手に活用したほうが良いです。

①華の会メール

真剣な出会いにオススメ!30~85歳までがメイン

華の会メールは、30代以上の中高年をターゲットにした出会い系サイトであり「30~50代の利用者が多い」といった特徴があります。実際のところ、会員の年齢層は35歳以上が85%を占めており、そのなかでも30~50代の利用者は70%にのぼります。

全体の割合を見てみると、男性ユーザーが7割に対し、女性が3割と男女比率にはかなり差があります。男性会員にとってはやや不利かもしれませんが、女性にとっては出会いのチャンスが多いと言えるでしょう。

華の会メールの公式サイトを見ると「現在のログイン数」を確認できます。どの曜日や時間帯が出会いやすいかログインするたびにチェックすると、出会う確率もグッと上がるはずです。

特徴として、利用目的が幅広い点が挙げられます。「メル友」「共通の趣味友」「恋人」「結婚相手」など、様々な目的で利用可能です。「真剣なユーザーが多い」という特徴もあるので、メル友からじっくりやりとりして、相手と相性が合えばいずれ実際に会うこともできるでしょう。

また、華の会メールでは「実際に出会えた」「無料で使いやすい」といった良い意見が多く、出会ってみたらサクラだったというような悪い評判は見当たりません。年齢や目的さえマッチすれば本当に出会える可能性が高いということです。

華の会メールはもともと30~85歳の人向けの出会い系サイトで、実際の利用者も30~50代が7割を占めています。出会い系サイトの中でもこのような中高年向けのサイトは少なく、該当する年齢の人にとっては貴重な選択肢の1つになるでしょう。

特に、華の会メールは独身のみならず、離婚歴がある人や既婚者も利用できるため、中高年の利用者が多いのかもしれません。

もし「既婚者とのやりとりや会うのには抵抗がある」という場合は、プロフィールや掲示板検索の時に婚姻歴を絞ることができます。再婚希望や離婚後に新しいパートナーが欲しいという人にも華の会メールはおすすめです。

「とにかく真剣に出会いたい人」は、華の会を絶対に利用するようにしましょう。

会員数 非公開
主な年齢層 30代〜50代
主な利用目的 恋愛・婚活
利用料金 女性:無料
男性:ポイント制
オプション 1pt=10円
※女性へのメール送信10pt
運営会社 インターワークス株式会社
【華の会】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

華の会 公式サイトへ

 

②ナレソメ予備校

本気の婚活!成婚率が驚異の71.4%の結婚相談所

ナレソメ予備校は、結婚相談所の重要な指標となる入会者の成婚率が業界トップレベルの71.4%で、恋愛や結婚の知識を豊富に持つプロフェッショナル集団が、結婚の悩みを徹底的にサポートしてくれます。

他にも結婚相談所はたくさんありますが、ただ単に異性と出会えるサービスではなく、成婚に向けて婚活のプロフェッショナル(塾長)から、婚活ノウハウやアドバイスを伝授してもらえることから予備校と名前が付けられています。

通常の結婚相談所としても登録者数は70,000人以上と多く、さらにナレソメ予備校は出会えなければ全額返金制度もあるのです(活動開始から3ヶ月を経過し、申し込みを合計100人以上に申し込みしていることが条件)

また、マッチング前だけでなくマッチング後にも丁寧なフィードバッグを行ってくれるため、同じ失敗を繰り返す心配がなくスピーディーに成果へとつながりやすいことや、入会前に結婚偏差値診断、個別相談を無料で受けられる強みがあります。

結婚偏差値診断について深掘りすると、「現時点で結婚できる可能性はどれくらいあるか」「どんな相手と結婚すべきか」などを判断してもらえます。

自分のことを客観的に見たり異性からどのように見えているか判断したりすることは難しいですが、結婚偏差値診断を受ければプロフィールや希望する条件などから適切に現状把握することができます。これにより「高望みしすぎている」「自分を低く見積もりすぎている」など、自分では気づかなかった意外な可能性に気づけるかもしれません。

さらに、ただ結果を提示するだけでなく自己分析もサポートしてくれるため、自分に足りていない部分や、どこを伸ばしていけば良いなどを把握でき、今後の婚活がよりスムーズになります。プロから客観的なアドバイスを受けられるのは非常に貴重な経験になるでしょう。

さまざまな結婚相談所がある中「どのサービスを選べばいいかわからない」という人は、事前の結婚偏差値診断と個別面談でナレソメ予備校の実績やサポート体制を見極めるもとも可能です。

そして個別カウンセリングでは、恋愛や婚活の知識を持ったプロが悩みの相談に乗ってくれます。結婚や将来に対して抱いている漠然とした不安を解消できるだけでなく、自分の気持ちを明確にし、婚活に向けてどのような準備を進めればいいかがわかります。

課題がはっきりすれば、結婚相談所を利用すべきなのか、ナレソメ予備校が課題解決に適しているのかを見極めやすくなるはずです。

なお、結婚偏差値診断や個別カウンセリングはすべてZOOMによるオンライン形式で行うことができ、その上3か月経過しても出会いがなかった場合は初期費用と月額費用を全額返金してもらえるのでリスクはかなり低いです。

【ナレソメ予備校】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ナレソメ予備校の公式サイトへ

 

③ハッピーメール

ド定番の若者向け:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、利用ユーザーの年齢層は比較的若い傾向にあります。

ユーザ数 2500万人以上(男女比 6:4)
入会金 無料
利用費用 女性:無料 男性:小額のポイント料金のみ
利用年齢層 年代を問わず利用者が多い
知名度 品川・新宿・渋谷などの中心街で大々的に宣伝
【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

行動を起こせば人生が変わります。

利用目的 華の会 ナレソメ予備校 ハッピーメール
◆ 彼氏・彼女が欲しい ×
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
×
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている ×
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある ×
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確) ×
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい ×
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい ×
◆ 欲望を満たしたい人 ×

© 2021 出会いのススメ