シングルマザーの老後は寂しい:行動を起こせば幸せな未来が訪れる

シングルマザーの老後は寂しい

シングルマザーになって大変な経験もしながら、子ども達をしっかりと育てて子ども達が独立してくれると大きな充実感があるし、とても大きな喜びを感じることだろう。しかし、子どもが独立することで、さらなる問題が起こる。それは、シングルマザーの老後のことだ。

シングルマザーの老後は寂しいと感じている人が多い。この記事では、シングルマザーの老後がどうして寂しいと感じやすいのか、その原因を解説するとともに、シングルマザーが老後を寂しいと感じなくて済むための解決法について紹介する。

記事の内容

  • シングルマザーの老後は寂しい
  • シングルマザーはどれくらいいる?
    厚生労働省:平成30年度母子家庭の母及び父子家庭の父の自立支援施策の実施状況
  • 子どもの自立について
  • 経済的に苦しい
    厚生労働省:平成28年度 全国ひとり親世帯等調査の結果
  • パートナー、友達がいない
  • シングルマザーの老後は寂しい!解消方法とは
  • 厚生労働省の電話相談
  • 知り合いを増やす努力
  • 趣味に時間を使う
    株式会社大和ネクスト銀行:シニアライフに対する意識や実態
  • 再婚相手を探す
  • シングルマザーの老後は寂しいが、解消方法はある
  • 総括

執筆:GR
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

シングルマザーの老後は寂しい理由

シングルマザーの老後は寂しいと感じている人が多い。シングルマザーの多くが老後の生活を寂しいと感じてしまう原因について解説する。

シングルマザーはどれくらいいる?

シングルマザーの老後が寂しい原因について解説する前に、日本にシングルマザーの人がどのくらいいるのかについて紹介する。

厚生労働省:平成30年度母子家庭の母及び父子家庭の父の自立支援施策の実施状況

厚生労働省:平成30年度母子家庭の母及び父子家庭の父の自立支援施策の実施状況

この資料は、厚生労働省の資料である。日本の母子世帯、父子世帯の世帯数を調査したものである。平成27年の調査では、母子世帯の世帯数は、754,724世帯である。平成2年の調査では、約55万世帯であったが、平成27年には約75万世帯となっており、20万世帯も増えていることがわかる。

現在の日本では、シングルマザーは珍しいものではないということがわかるだろう。

子どもの自立について

シングルマザーの老後が寂しいと言われるのは、子どもが自立してしまうからというのが最大の理由だろう。これまで、生活の目標であった、子どもの自立という目標が達成されたため、目標がなくなってしまうことで寂しさを感じる人がいる。

そして、子どもの自立によって、一人暮らしをしなければならなくなるというのも寂しいと感じる大きな理由といえるだろう。一般的な家庭であれば、子どもが自立しても夫婦で自由に生活をすることができる。そのため、子どもが自立しても夫婦だけで過ごすという楽しみもあるだろう。

だが、シングルマザーの場合には、そういった楽しみがない。パートナーがいれば一緒に楽しむことができるがいなければ、一人で楽しむということになる。寂しいと強く感じてしまうことだろう。

経済的に苦しい

シングルマザーが寂しいと感じるのは、子どもが自立して一人で生活することになるからというだけではない。経済的な理由で、寂しい、苦しいと感じる人もいる。

厚生労働省:平成28年度 全国ひとり親世帯等調査の結果

厚生労働省:平成28年度 全国ひとり親世帯等調査の結果

この資料は、厚生労働省の資料であるが、母子世帯の母の就業状況を表したものである。平成28年のデータでみると、就業しているシングルマザーは全体の81.8%で、正規の職員・従業員である人は、44.2%。パート・アルバイト等の人は、43.8%となっている。

わずかに、正規の職員・従業員の割合が高いが、全体の4割以上は非正規雇用という状況で、コロナ禍など社会情勢によっては、解雇などもある非常に弱い立場となっている人が多いのが現状だ。

厚生労働省:平成28年度 全国ひとり親世帯等調査の結果

同上:厚生労働省・平成28年度 全国ひとり親世帯等調査の結果

この資料にも注目して欲しい。母子家庭の現在就労している母の地位別年間就労収入を表したものである。平成28年のデータに注目して欲しい。正規の職員・従業員であれば、305万円となっているが、パート・アルバイト等の場合は133万円である。

133万円というのは、1ヶ月あたりでは、約11万円となる。1ヶ月あたり11万円で生活するのは、とても苦しいものだ。子育てが終わっても、経済的な困窮によって、老後が寂しいと感じる人が多い。

経済的な困窮によって、生活保護の申請を検討する人もいる。しかし、現実には子どものことを考えて躊躇してしまう人もいるのだ。

なぜ、子どものことを考えて躊躇するのかということだが、自分の息子や娘が結婚をする時に、相手、あるいは相手の家族に対して生活保護を受けているということが知られると、子どもの立場が悪くなるので、知られたくない、申請したくないと考えている人もいるのである。

シングルマザーの貧困については、こちらの動画も参考になるだろう。

パートナー、友達がいない

シングルマザーが老後に寂しいと感じるのは、精神的な支えとなるパートナーや気の許せる友達がいないというのも大きな原因だ。シングルマザーになるとどうしても、子育てが中心となり、自分のパートナー作りや友達との関係というのは後回しになってしまいがちだ。

子どもが小さいうちは、子どもがいるということで寂しさは紛れるが、子どもが大きくなって、独立した後に、自分にパートナーがいないこと、気の許せる友達がいないことに気づき寂しさを感じる人が少なくない。

何か問題が起きた場合や、困ったことがあっても、パートナーや友達がいないために相談することができずに寂しい思いをしているという人がいるのだ。

シングルマザーの老後は寂しい!解消方法とは

シングルマザーの老後は寂しいと感じている人が多い。その寂しさを解消するためには、どのような解消方法があるのだろうか?寂しさの解消方法について紹介する。

厚生労働省の電話相談

シングルマザーの老後が寂しいと感じている人にオススメしたいのが、「電話相談」である。

電話相談とは、文字通りの意味で今、あなたが抱えている寂しさ、不安な点について相談するということだ。

寂しさを誰かに相談したところで解説するのか?と感じる人もいるだろう。たしかに、電話をしただけですぐに解決できるものではないのかもしれない。

厚生労働省の電話相談

しかし、誰かに相談することで、今よりも気持ちが楽になる、寂しさが紛れるということもある。厚生労働省のホームページにも電話相談先が記載されている。

厚生労働省 電話相談」友達がいない、パートナーがいないなど周りに相談できる人がいない場合には、相談してみるとよいだろう。電話相談をするだけでもかなり心が救われるはずだ。

知り合いを増やす努力

シングルマザーの老後で寂しいと感じる大きな原因は、友達やパートナーなど知り合いが少ない、いないということである。知り合いが増えれば、寂しさも解消できるだろう。知り合いを作る方法には、様々な方法がある。

  • 馴染みの店、よく行く店を作る
  • 習い事などを始める
  • 近所付き合い、地域のイベントなどに参加する
  • SNSなどを活用する

馴染みの店や、よく行く店を作るというのは、とても重要になるだろう。そういった店を作れば、店員や常連客に知り合いが増える。店員や常連客との会話が多くなれば、寂しさを紛らわすことができる。

近くにお店がないという場合には、習い事を始めてみるのもオススメだ。習い事を通じて同じ年代の人と知り合うことができれば、習い事に通うのが楽しくなるだろう。

近所付き合いや地域のイベント、ボランティア活動などに参加してみるのも知り合いを増やすチャンスだ。特に、近所付き合いは大切である。

シングルマザーで、一人で生きるのであれば、困った時に頼りにできるのは、自分の子ども以外ではやはり近所の人、地域の人ということになる。近所付き合いは煩わしいと感じる人も多いが、大切にしておこう。

地域のイベントやボランティア活動も同様だ。イベントやボランティア活動に参加することで、顔と名前を覚えてもらえば知り合いが増える。また、同じ境遇の人に出会えることもあるだろう。

ここまでは、リアルでの知り合いを増やす方法について紹介してきた。しかし、友達や知り合いが少ない、いないという人の多くは、人付き合いが苦手な人であろう。

そこで、インターネット上での知り合いを増やすというのも有効な手段となる。インターネットの普及によって、リアル以外でも知り合いを増やすことは簡単にできる。それは、SNSを活用するという方法だ。

インターネット上であれば、直接会わなくても知り合いになることができる。TwitterやYouTube、あるいはブログなどを通じて多くの知り合いを増やすことができるだろう。

ブログでシングルマザーの日常生活などの情報を発信する人やYouTubeで動画投稿をしている人もいる。知り合いを増やす手段として、SNSを活用してみよう。

シングルマザーとして辛い経験をしてきたのであれば、それをあえて公表することで、気持ちが楽になることや、励ましてくれる人ができる可能性もある。特に、YouTubeなどはオススメだ。こちらの動画も参考にしてみよう。

趣味に時間を使う

シングルマザーは今まで、子育てが中心で自分の時間がなかった人が多いだろう。子どもが独立して子育ての必要がなくなれば、自分の時間が多く確保できる。その時間を趣味に使ってみよう。

ただ、趣味に時間を使うといっても、今まで子育てばかりで何をするべきかわからないという人も多いだろう。

株式会社大和ネクスト銀行:シニアライフに対する意識や実態

株式会社大和ネクスト銀行:シニアライフに対する意識や実態

この資料は、シニア(60歳~79歳)が楽しんだことについて聞いたものである。コロナ前とコロナ後で数値が大きく変動しているものもあるが、シニア世代がどのようなことをして楽しんでいるのかがわかる。

上位に入っているものでは、旅行、嗜好品、読書、ドラマ鑑賞、ウォーキング・ランニング・マラソン、家庭菜園・ガーデニングなどが上位に入っている。

何をするべきか迷っている人は、多くの人がやっていることからやってみるのがオススメだ。人によって趣味にかけられるお金、時間は異なるし、自分の興味のあるもの、予算などにあわせて選ぶのが最適といえる。

再婚相手を探す

シングルマザーで子どもが自立するまでは、子どものことを考えて再婚に慎重になっていた人も多いだろう。自分だけでなく、子どものことも心から愛してくれる人を探すというのは、簡単なことではないはずだ。

シングルマザーのなかには、恋愛をしたいという気持ちがあってもその気持ちをセーブしていた人もいるだろう。しかし、子どもが独立すれば、子どものことを考えるというのは必要なくなる。自分の幸せを優先して考えることもできるはずだ。

再婚相手を探す方法としては、様々な方法があるが、そのなかでもオススメなのが、マッチングサイトである。マッチングサイトを使った出会いと聞くと、20代や30代が中心で、50代、60代などには関係がないものと決めつけてしまいがちだ。

たしかに、マッチングサイトによっては、20代、30代が中心であるが、50代、60代が多く登録しているサイトもある。

シングルマザーにオススメなのが、marrish(マリッシュ)だ。シンママ、シンパパの登録者が多いのはもちろん、50代、60代の会員もいるため、再婚相手をみつけるには最適なマッチングサイトということがいえる。

1度結婚に失敗しているからと恋愛に消極的になる必要はない。同じような人はたくさんいるし、同じような境遇の人に出会うことで、再婚に対して前向きな気持ちになることができるだろう。

マッチングサイトは、女性であれば無料で使える物が多いので、利用してみることをオススメする。他にも、良いマッチングサイトはある。こちらの動画も参考にしてみよう。

総括:シングルマザーの老後は寂しいが、解消方法はある

記事のポイントをまとめておこう。

シングルマザーの老後は寂しいことについて

  • 老後の生活が寂しいのは子どもが自立してしまうため
  • 経済的、友達やパートナーがいないため寂しいと感じる人が多い

老後の寂しさを解消する方法

  • 電話相談
  • 知り合いを増やす
  • 趣味に時間を使う
  • 再婚相手を探す

シングルマザーの老後は寂しいと感じる人が多い。寂しいと感じる理由は、子どもが自立して一人になってしまうこと、経済的な理由、パートナーや友達がいないなどの理由が挙げられる。

寂しさを解消するためにできることは、電話相談、知り合いを増やす、趣味に時間を使う、再婚相手を探すなどの方法だ。寂しいと感じているのであれば、現状を変えるために行動をするということが大切だ。

今の時代、目的の出会いを果たすためにはマッチングサイトを活用するのが一般的です。

かつては「怖い」「信用できない」など不信感が漂っていたものの、現在では多くの企業が参入するクリーンな世界に様変わりしています。その上、流行り病の影響で男女問わず出会いに困る人が多くなり、需要は拡大の一途を辿るようになりました。

幸か不幸か、外見や中身を含め、非常に高スペックな男女が当たり前のごとく活用するようになったわけです。

また、ひと言で「出会いたい」といっても目的は様々です。

  • 彼氏・彼女が欲しい
  • 出会い方がわからない社会人や学生
  • 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
  • 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
  • バツイチやシングルマザーなど事情がある
  • ○○職の人と付き合いたい、お金持ちと結婚したい(目的が明確)
  • 欲望を満たしたい人

こうした様々な思いを抱きつつ、マッチングサイトを利用します。

この中には、必ず自身と同じ「境遇」「思いの人」が存在するため、結果としてマッチングサイトを利用した方が、よりよい出会いを実現できます。ひとりで悩み続け、何の行動も起こさなければ状況は変わらないため、こうしたツールの活用が必須となるのです。

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

このときの注意点として、必ず複数のマッチングサイト(最低2社)は利用するようにしましょう。マッチングサイトによって登録ユーザーの数や質は大きく異なりますし、目的の人が「A社にはいなかったがB社にはいた」ということもあります。機会損失を防ぎつつ、効率的に望みを叶えるためには、複数のマッチングサイトへの登録が必要です。

そうしたうえで、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。そこで、ランキング形式でお勧め順に比較することにしました。

まず、ペアーズ(Pairs)は1年の間に300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイトです。その結果、新興ではあるもののあっという間に1000万人以上の利用者を獲得してしまいました。ユーザー間でのやりとりも非常に活発であり、たった3年で20万人以上のカップルを輩出する一押しのサービスです。

また、ハッピーメールは会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多い企業です。純粋な登録者が大半を占めており、社風としても「真面目な出会い」をテーマとしているためチェックは厳しいです。そのため、悪質ユーザーはすぐに締め出されるという安全性の高さも魅力のひとつです。

PCMAXは「真面目な出会い」「大人の出会い」両方に対応している珍しいマッチングサイトです。比較的「大人色」が強いため、「刺激がほしい」「欲望を満たしたい」といった変化球的な意図がある人に向いています。それにも関わらず、医療情報管理協会・JAPHICの認証をもっている優良企業となります。

① Pairs(ペアーズ)

1年間で300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイト

最も人気、かつ勢いのある優れたマッチングサイトがPairs(ペアーズ)です。先述の通り、1年の間に300万人ずつ会員数は増えており、すでに20万人以上のカップルを世に輩出している実力派サービスです。ほぼすべての用途を満たすことができるオールマイティーなマッチングサイトだと言えるでしょう。

例えば、「彼氏・彼女がほしい」「孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい」「バツイチやシングルマザーなど事情がある」などを含め、出会いに関することであればすべてを満たしてくれるポテンシャルを秘めています。

ただ、出会いはみずものであり、いつ理想の相手が表れるかはわかりません。利用し始めた瞬間かもしれないし、ある程度の時間が必要になることもあります。しかしながら、最もアクティブ性の高いPairs(ペアーズ)を利用すれば、少なくとも全く出会えないという事態だけは避けられるはずです。

「ここで無理ならどこで出会えるのか」というほどアクティブ性は高いため、何らかの理由で出会いや救いを求めている人は必ず利用するようにしてください。

【ペアーズ】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

Pairs(ペアーズ)の公式サイトへ

 

② ハッピーメール

ド定番:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。こうしたことから、Pairs(ペアーズ)と共にお勧めできるマッチングサイトであることは確かです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、Pairs(ペアーズ)ほどのアクティブ性があるかと言えば判断が難しいところです。そのため、利用する際はPairsとの併用が効率を高める可能性がありおすすめです。

【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

ハッピーメールの登録方法:使い方の教科書

 

③ PCMAX

《真面目な出会い・大人の関係》両方に対応したマッチングサイト

真面目で純粋なマッチングだけでなく、「大人の出会いの場」を提供してくれる企業がPCMAXです。明確な目的があったり日常に刺激を求めていたりする場合、登録必須のマッチングサイトです。

「大人の出会いの場」と聞くと、多くの人は安全性や危険性を意識します。ただ、PCMAXに関しては❝特定非営利活動法人日本個人・医療情報管理協会のJAPHIC認証❞を取得しているため、少なくとも周りを見渡して視界に入る企業たちよりも安全であることは確かです。

それでは、純粋な出会いのみ求めている人は登録する必要がないのかというと、そうではありません。PCMAXにも1500万人以上の利用者が存在し、大半は一般的な出会いを求めています。そのため、PCMAXも並行して活用すると、より確実な出会いを実現できます。

特に、「真剣交際」「刺激」の2つを得たい場合、ハッピーメールと並行してPCMAXを利用しましょう。

真面目な出会いだけに限らず、PCMAXには刺激を求めるユーザーが一定数存在します。ひとつの選択肢に捉われず、様々な角度から自身の目的を果たせないか検討する必要があります。

【PCMAX】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

PCMAXの公式サイトへ

PCMAXの登録方法:使い方の教科書

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

利用目的 ペアーズ ハッピーメール PCMAX
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人 ×

 

© 2021 出会いのススメ