フリーナンスで出前館はOK!無料のあんしん補償が任意保険&証書に!

コロナ禍において注目度がアップした業界の一つが「フードデリバリーサービス」ですが、実際に配達を行うのは宅配ポータルサイトから業務を受託した個人であることがほとんどです。

つまりフリーランス(個人事業主)という存在で、ある意味不安定な立場に置かれています。

ここにきて国内最大級のフードデリバリーポータルサイト「出前館」も、Uber Eats(ウーバーイーツ)型の委託配送に力を入れ始めたことで、思わぬ注目を集めているのが「フリーナンス」という、フリーランスをサポートしてくれるサービスです。

フリーナンス 出前館

例えば、出前館で働くにはフリーナンスで無料のあんしん補償に入ればOKです。任意保険(第三者に対する補償)として扱われ、特定のページをスクショすれば保険証書代わりになるためです。

これらについて詳しく解説しつつ、出前館の配送委託でフリーナンスが注目された理由や具体的なサービス、利用方法などについて言及します。

記事の内容

  • フリーナンスと出前館配達員とのつながり
  • 出前館の登録で必要な任意保険
  • フリーナンスの無料保険でOK
  • そもそもフリーナンスとは?
  • 登録方法と審査時間
  • 任意保険証書を出してくれる?
  • 出前館での登録方法
  • 出前館だけではもったいない!フリーナンスの活用
  • フリーランスの現状とあるべき未来
  • なぜ あんしん補償は無料なのか
  • もしもの時の【あんしん補償プラス】
  • 怪しい。という勘ぐり
  • 与信スコアとは?上げる方法も
  • バーチャルオフィスサービス
  • 保証会社の確認中は即日払いが保留
  • 口コミや評判は良好
  • フリーナンスは出前館の配達を含め、フリーランスの強い味方
  • 総括

フリーナンスと出前館配達員とのつながり

出前館の委託配達員は、フードデリバリーサービスの中でも報酬が高いといわれています。しかし業務を開始するためには出前館と「出前館配達員契約」を締結しなければなりません。

そして契約をするための条件の中に「任意保険を契約していること」というものがあります。

普通に暮らしていると分からないことですが、任意保険といっても個人的なものと業務に関するものでは違いがあることを理解しなければなりません。

まずは出前館で求めている任意保険の意味と、どうしてフリーナンスの注目が高まったのかを説明していきます。

フリーナンスと出前館配達員

出前館の登録で必要な任意保険

出前館の業務委託契約で前提条件になる任意保険ですが、なぜ自分で加入しなければならないのでしょうか。この点については、出前館とUber Eatsを比較すると分かります。

両社ともに配達員を対象とした保険制度があるのですが、大きく違う点は配達中に他人に与えてしまった損害への対応です。Uber Eatsの保険(保険加入の資格者は全配達パートナー)は、対人・対物補償制度があり1事故に対して1億円まで補償されます。

具体的には、配達中に人とぶつかりケガを負わせたときや、車や家に損害を与えてしまったケースです。

出前館の登録で必要な任意保険

しかし出前館の補償範囲は、配達員に対する死亡見舞金などだけで、第三者に対する補償はありません。つまりこの部分を配達員自ら保険に加入することでカバーするのです。

どの保険に加入するかは配達員の任意ですが、とにかく加入しなければ配達員として登録できません。一つの目安として出前館は「対人賠償無制限」「対物賠償1千万円以上」「業務中に適用されるタイプ」を推奨しています。

フリーナンスの無料保険でOK

出前館で委託配達員として業務をするにあたり、保険の必要性については分かりました。そこで注目を集めたのがフリーナンスの「あんしん補償」という無料の保険サービスです。

これはフリーナンスに登録し、「フリーナンス口座」をオンラインで開設することで適用されます。ただ注意が必要なのは、この条件を満たした翌月の15日からの適用となることです。補償金額は5千万円までとなっているので、出前館の推奨する補償内容には届きませんが、何より無料ということは嬉しいポイントです。

出前館への登録時にも、フリーナンスのあんしん補償は使えるという報告が上がっているので、利用しない手はないでしょう。実際に配達中の事故をケアしようと思ったら、追加の保険も考えなければいけませんが、フリーナンスのあんしん補償は絶対にオススメの無料保険です。

>>フリーナンスのあんしん補償詳細を見てみる

 

そもそもフリーナンスとは?

フリーナンスは、GMOグループの「GMOクリエイターズネットワーク株式会社」が運営するサービスです。「フリーランスが輝く未来のため、仕事に専念し心配を減らす」ために立ち上げられ、収納代行用口座が事業のメインとなっています。

なぜ収納代行用口座にニーズがあるのかは、フリーランス(副業者を含む)のなかに一定数「ネット上の取引で本名を知られたくない」という人がいるからです。これはお互い様なのですが、ネットで相手の顔が見えない取引には一定のリスクが伴います。

事業の柱は「即日払い」というサービスで、フリーランスの方が発注者に発行する請求書を買い取ってもらい、支払日より前に現金化できます。この際に買い取り手数料として3%~10%の費用がかかります。

公式サイトによるとサービスの拡充は続いており、今後は様々な有償サービスも増えていくようです。

>>フリーナンスの即日払いの仕組みを見てみる

フリーナンス

登録方法と審査時間

フリーナンスの登録方法

  1. フリーナンス公式サイトで新規登録へ進む
  2. メールアドレスを入力
  3. 電話番号による認証
  4. 認証コードを入力
  5. 個人情報の入力で完了

新規登録

メールアドレスを入力

電話番号による認証

認証コードを入力

設定完了画面

事前に準備するもの

個人情報の入力

パスワードや携帯番号を設定してから個人情報を登録するのですが、フリーナンスは法人での登録も可能です。個人情報の登録が終わったらメイン口座を登録します。メイン口座にはフリーナンス口座から収入が振り込まれます。

フリーナンス口座とは発注元からの振込先に使えるGMOあおぞら銀行のバーチャル口座(振込専用口座)で、名義に屋号やニックネームを使えるところがポイントになります。つまりフリーナンス口座を間に挟むことで、本名を知られず取引することが可能になるのです。

次に公的な身分証明書を登録しますが、一つ注意点がります。iPhoneで登録を行う場合safari以外のブラウザでは、この段階で先に進めなくなってしまいます。

最後に自分の顔写真を撮影し申し込みは完了ですが、そこから審査に入ります。審査は10分から3時間ほどで終わります。この審査はフリーナンス口座開設のためのものなので、先ほど紹介した請求書買い取りサービス(ファクタリング)の利用には、別の審査が必要となります。

任意保険証書を出してくれる?

委託配達員として出前館へ登録するための書類で「任意保険証書」があります。ところがフリーナンスのあんしん補償では、加入証明書や保険証券を発行していません。ではどう対処すれば良いのでしょうか。

フリーナンスには「プロフィール機能」というものがあり、これを利用することで任意保険証書に代わるものを提出できます。

プロフィール機能は、加入者がフリーナンスの審査に通ったことを証明するもので、反社チェック・本人確認済みであることを取引先に示せる機能です。あんしん補償に加入していると「あんしん補償適用中」と表示されるので、このページをスクショしておきましょう。

出前館での登録方法

出前館の配達員登録には、配達手段によって必要な書類が変わってきます。すべてに共通しているのは、「本人確認書類(運絵展免許証やパスポート)」「任意保険証書」、そして報酬支払先となる「銀行口座情報」です。

配達に車やバイクを使う場合は、これに加え「運転免許証」「自賠責保険証明書」「事業用ナンバーの画像、もしくは自動車運送事業許可」が必要になります。この事業用ナンバーという点が面倒ですが、早ければ数日で登録ができます。ただしナンバープレートの色がバイクの場合は緑、軽自動車の場合は黒になります。

現在出前館の配達員登録はウェブで完結し、必要事項を入力し書類をアップロードすることで登録が完了します。審査の結果問題なければ3日以内に「審査完了のご案内」というメールが届くので、メールに記載されているURLから研修動画を視聴し、最後に「事前研修コース確認テスト」を受け、32問中29問正解で合格となります。

合格後は1~5日で「アプリ用IDのご案内」というメールが届くので、出前館Driverアプリをダウンロードしてログインすれば、稼働が可能になります。

フリーナンスは出前館の活用だけではもったいない!

出前館の配達員をするのに役に立つことは分かったフリーナンスですが、別に出前館のためにあるサービスではありません。確かに出前館の配達員もフリーランスの一形態です。

しかしフリーランスといわれる形態は幅広く、法規的な問題も抱えながら裾野は広がり続けています。

ここからは、フリーランスに関する様々な問題を考えながら、ぜひフリーナンスを利用すべき理由について説明していきます。

フリーナンスは出前館の活用だけではもったいない!

フリーランスの現状とあるべき未来

フリーランスと聞くと、自由気ままに好きな時だけ働くようなイメージがありますが、実際はそんなにお気楽なものではありません。一般的には一人の肉体あるいはスキルを活かして収入をあげるもので、一部のトップフリーランスを除いて不安定な立場に置かれています。

しかし起業するときなど、コンサルに頼るほどの予算がないなどの理由で「特定部門だけ軌道に乗るまで優秀なフリーランスを頼る」などのニーズは、確実に増えるものと考えられます。

そう考えた場合、今後も支援分野を拡充していくフリーナンスのようなサービスは、大きな支えとなってくれます。

なぜ あんしん補償は無料なのか

フリーナンスのあんしん補償は、もっとも基本的なサービスという位置付けですが、なぜ無料で提供しているのでしょうか。

先ほどフリーナンスの事業内容を紹介しましたが、ファクタリングサービスが事業の柱であり、これらの収益があるからあんしん補償を無償で提供できるのです。

この点については公式サイトでも言及されていて、今後は一定回数以上の振込料の有償化や、ワンランク上の有料サービスの展開で、基本的サービスの無償化を維持する考えのようです。

またサービスの理念が「フリーランスの安心」である以上は、ある日突然フリーランスを裏切るような方向転換はないでしょう。

あんしん補償は無料

もしもの時の【あんしん補償プラス】

フリーナンスには、無償のあんしん補償とは別に有料プランの「あんしん補償プラス」という保険サービスがあります。

あんしん補償は個人事業遂行上起きる「業務遂行上の事故」「成果物による事故」などのほかに、情報漏洩や著作権侵害による損害などもカバーする損害賠償保険です。

いっぽう「あんしん補償プラス」のほうは、フリーランス(事業者)がケガや病気で働けなくなったとき、最長1年間所得補償を受けられる保険です。

自分一人の能力だけで稼ぐフリーランスにとって、ケガや病気は大きなリスクとなります。

年齢や職種、希望の補償額で保険料は変わってきますが、それほど高い金額ではありません。安心のための必要経費と考えれば安いものといえます。

>>フリーナンスのあんしん補償プラス詳細を見てみる

あんしん補償プラス

怪しい。という勘ぐり

一部では「フリーナンスは怪しい」という文字を見かけますが、まったく根も葉もない話です。古くから「ただより高い物はない」という言葉があり、あんしん補償が無料であることからこじつけられた話でしょう。

むしろ公式サイトで「こっちの儲けで基本サービスを無料にしています」と言い切っていることから、逆に優良で信用できるサービスです。

与信スコアとは?上げる方法も

フリーナンス口座を開設すると、フリーナンス内の評価に使われる与信スコアが管理されるようになります。与信スコアは1000点満点で、通常であればフリーナンスへ登録を済ませると320点からスタートします。

現在与信スコアは、即日払いの手数料率の変動要素として使われており、与信スコアが高くなるほど手数料が下がる仕組みです。今後は他のサービスにも与信スコアを利用する予定になっているようですが、詳細は発表されていません。

与信スコアをあげる方法はいくつか知られています。一番基本的なものは、フリーナンスの収納代行サービスや即日払いを利用して、クライアントからフリーナンス口座に入金されれば、与信スコアがアップします。

またフリーナンスには与信タスクというものがあり、これをクリアしていくことでも与信スコアは上がります。具体的には、フリーナンスをSNS、freee、Misoca、Moneytreeなどと連携したり、確定申告書など収入証明書類を提出したりする内容になっています。

バーチャルオフィスサービス

バーチャルオフィスとは、仕事用の「住所」を借りるサービスで、実際に場所を借りるレンタルオフィスなどとは違うものです。このサービスを利用することで、さらにプライバシーの保護が充実します。

オプションで郵便物の転送サービスや電話番号の提供・電話応対や転送といった、事務的サービスのオプションも利用可能となります。

月額770円(税込)からのライトプランのほか、法人の本店所在地登記にも使える2,420円からのスタンダードプランがあります。

>>フリーナンスのバーチャルオフィスを見てみる

バーチャルオフィスサービス

保証会社の確認中は即日払いが保留

フリーナンスの主力サービスの即日払いですが、必ず実行されるわけではありません。そもそも請求先が法人以外だと使えないうえ、申し込みからフリーナンスと保証会社の審査が始まります。

相手に送った請求書だけあれば良いわけではなく、審査の途中でエビデンス(証拠)を求められることもあります。

具体的には注文書や発注書、あるいは条件を取り決める過程のやり取りなど、取引内容や業種によって変わってきます。

この間は即日払いも実行されないので、こちらサイドでも「この取引先、大丈夫かな?」と懸念するような債権は、即日払いの利用を控えたほうが良いかもしれません。

口コミや評判は良好

フリーナンスのサービスは、今のところ弱い立場に置かれがちなフリーランスにとって、強い味方のような存在です。では実際にフリーナンスを利用している人たちの口コミや評価はどうなのでしょうか。少し調べてみました。

フリーナンスは、無料でもかなりのサービスを享受できるところが高評価のようです。やはり登録だけでもするべきでしょう。なおフリーランス専業だけではなく、副業などの人も加入できる点も魅力的です。

総括:フリーナンスは出前館の配達を含め、フリーランスの強い味方

記事のポイントをまとめよう。

フリーナンスと出前館について

出前館の配達で注目度の高まったフリーナンス

  • 自分で賠償保険に入らなければならない出前館 
  • あんしん補償で出前館の登録は大丈夫 
  • フリーナンスは金融がメイン業務 
  • フリーナンスは入っておくべきサービス 
  • 提出書類はプロフィール機能のスクショでOK 

全フリーランスのためのフリーナンス

  • 今後も確実に需要が高まるフリーナンス 
  • あんしん補償は本業の儲けでサービスしています 
  • 休業補償を受けられるあんしん補償プラス 
  • 与信スコアは積極的に上げていこう 
  • 口コミや評判に見るフリーナンスの高い評価 

2018年に日本で初めてのフリーランス特化型金融支援サービスとして供用を開始した「フリーナンス」は、無償で提供されるあんしん補償や、フリーランスの資金繰りを支える即日払いなどで、非常に高い評価を受けています。

出前館の配達員登録に関連して改めて注目が高まったことは、全てのフリーランスにとってプラスに働くものと考えられます。どこまでサービスを使うか人によるでしょうが、登録しておいて絶対に損のないサービスだと断言できます。

>>フリーナンスに無料登録で最高5,000万円の損害賠償が付く!

 

スポンサーリンク

© 2021 One Million Labo