どうしてもお金が必要だ!年齢や状況別に解決策を紹介&借りれない人

「予想外の出費でお金が足りない」「どうしてもお金が必要」など、お金に関する悩みを抱えている人も多いだろう。

また、自分の置かれている状況下で、どのようにお金を工面するべきかわからない人もいると思う。

ただ、現代でお金を用意する方法や解決策はいくらでもあるので安心してほしい。

ここで、どうしてもお金が必要な人に年齢や状況別に解決策を紹介しつつ、「借りれない人」の対処法などについても言及していこう。

国の支援制度や借り入れができない原因についても紹介しているので、お金の工面で悩んでいる人は参考にしてほしい。

どうしてもお金が必要

記事の内容

  • どうしてもお金が必要なときの解決策
  • 二十歳未満の19歳や未成年は親に相談してみる
    理由や言い訳は何と言えばいい?
  • 高校生は家にある不用品を売る
  • 大学生や専門学生=即日払いのバイトや仕事で稼ぐ
  • 無職の人は生活福祉資金貸付制度を利用する
  • 任意整理中・債務整理中の人=解決策3つ
  • 1.専門家に相談する
    2.国の制度や相談窓口を利用する
    3.生活保護申請をする
  • 今すぐ現金が必要な場合の対処法
  • 1.持っているものを売る
    2.親族・友人から借りる
    3.クレジットカードに付帯するキャッシング
    4.カードローン
  • ブラックリスト入りの人=解決策2つ
  • 1.公的支援制度を利用する
    2.任意整理・債務整理・自己破産を検討する
  • 弁護士法人イストワール法律事務所
    イーライフ司法書士法人
  • どうしてもお金が必要なときは借り入れを検討
  • 1.プロミス:最短30分で融資可能
    2.アイフル:最大30日間利息0円
    3.モビット:即日融資も可能
  • ヤミ金から借り入れするのはNG!
  • 審査が通らない・借りれないときの原因
    ブラックリスト入りしている
    現在の借金額が総裁規制を上回っている
    多重債務者である
    収入が不安定
    虚偽の情報が入力されている
    職場への在籍確認ができなかった
    過去6か月以内にいくつかの会社へ申し込みしている
  • プライムウォレットの検討
  • どうしてもお金が必要なときについて総括

どうしてもお金が必要なときの解決策

どうしても今すぐにお金が必要なときの解決策は、今置かれている状況によって変わってくる。

お金が必要なときにどうすべきか、年齢や状況別に解決策を紹介していこう。

二十歳未満の19歳や未成年は親に相談してみる

二十歳未満の19歳や未成年は、まず親に相談することが1番の解決策だ。

民法改正で18歳や19歳でも親権者の同意なしでカードローンに申し込めるようになったが、ほとんどの会社は20歳以上を申し込みの条件にしている。

アルバイトでもカードローンは申し込めるが、未成年はなるべくキャッシングするのは避けた方がいいだろう。

アルバイトをしながら学業を両立するのは難しいからだ。

また、未成年者は成人と知識や判断能力が不足しているため、借金に歯止めが効かなくなる可能性がある。

そのため、未成年者はカードローンに手を出す前にまずは親に相談すべきだ。

理由や言い訳は何と言えばいい?

親に相談すると言っても、なんと言えば親が快くお金を貸してくれるか悩む人も多いだろう。

未成年者が親にするおすすめの理由や言い訳を紹介する。ぜひ参考にしてほしい。

使える理由や言い訳 承諾される理由
運転免許を取りたい 18歳以上から車の免許を取るのが可能になる。ただし、20万円~30万円ほどまとまった金額が必要。
アルバイトでしか収入がない学生にまとまったお金を用意することは難しいので、承諾されやすい。
運転免許は将来的に使う可能性があるため、快く貸してくれる可能性がある。
資格を取りたい 自身のスキルアップにつながることなので、有意義な使い方だと判断されて承諾されやすい。
卒業旅行に行きたい 学生生活最後の思い出なため、承諾されやすい。
予備校に通いたい  自身のスキルアップにつながることなので、有意義な使い方だと判断されて承諾されやすい。
水道光熱費が払えなくなった 1人暮らしをしている未成年者に使える言い訳。水道や電気、ガスなどが使えなくなると、ライフラインが絶たれることになるため、仕方なく貸してもらえる可能性が高い。
参考書が必要になった 自身のスキルアップにつながることなので、有意義な使い方だと判断されて承諾されやすい。
財布を落としてしまった やむを得ない状況だから貸してもらえやすい。

運転免許取得や資格取得など自分を成長させるための理由や、財布を落としてしまった、水道光熱費が払えないなどの仕方がない理由であれば、快く承諾してくれる可能性が高いだろう。

逆に、ギャンブル代やデート代など無駄づかいを理由にすると貸してもらえない可能性が高くなるため注意が必要だ。

親にお金を借りるときは、返済の意思をはっきり示そう。

「いつか返す」ではなく、「毎月〇円ずつ返済する」「〇月〇日までに返済する」など具体的に話すことで、「返済する気がある」ということを証明できる。

借用書を書いておくと、信用度も上がるだろう。

高校生は家にある不用品を売る

高校生はアルバイトでも稼げるが、アルバイトを禁止している学校もあるだろう。

アルバイトができない高校生は、家にある不用品を売ってお金にするのがおすすめだ。

  • 古いゲーム機・ゲームソフト
  • 小説や漫画・雑誌
  • 洋服・バッグ・アクセサリー
  • プラモデル
  • フィギュア

上記のように、家の中に使っていない、いらないものはないだろうか?

現代では、メルカリやヤフオクなどのフリマサイトで簡単に不用品を売ることができる。

家の中を整理するついでに、不用品を売ってお金を稼いでみてはどうだろうか。

部屋もきれいになる上でお金も稼げるのは一石二鳥といえるだろう。

なお、高い売却益を狙いたい場合は、バイセルなどにお願いしてみると良いだろう。

>>不用品を高価買取:バイセル公式サイトへ

 

大学生や専門学生=即日払いのバイトや仕事で稼ぐ

大学生や専門学生は即日払いのアルバイトを探そう。

おすすめは日雇いバイトだ。

バイトの種類 仕事内容 もらえる日給
引っ越しバイト 荷物の運搬や荷物の梱包など 時給1,000円~1,200円
試験監督 資格試験や模試試験の監督や試験を行う準備など 日給8,000円~
倉庫内作業員 ピッキングや仕分けなど 日給8,000円~
イベントスタッフ 各種イベントの運営サポート・警備など 日給8,000円~
※時給の場合もあり
配送助手 トラックからの荷物の積み下ろしやナビの指示など 日給8,000円~

日雇いバイトは最低で1日からの勤務なため、「職場の雰囲気が最悪」「自分に合わない」などといったことが起きてもすぐに辞められるのがメリットだ。

ただ、即日払いと日払いは異なるものなので就業前に会社に確認しておく必要がある。

働いたその日にもらえるのではなく、働いた日の翌日以降の支払われる方法を日払いという。

即日払いは、働いたその日に支払われる方法だ。

間違えると緊急でお金が必要な時に困ってしまうため、すぐに手元にお金が必要な人は「即日払い」に対応している日雇いバイトに応募しよう。

無職の人は生活福祉資金貸付制度を利用する

何かしらの理由で失業してしまった人は、国から借金をすることができる。

それが「生活福祉資金貸付制度」だ。

失業してしまったせいで給与がなくなってしまい、生活するのに困っている人のための救済制度である。

保証人を立てれば、無利子で借りられるのだ。

「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉および社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

本貸付制度は、都道府県社会福祉協議会を実施主体として、県内の市区町村社会福祉協議会が窓口となって実施しています。低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯等世帯単位に、それぞれの世帯の状況と必要に合わせた資金、たとえば、就職に必要な知識・技術等の習得や高校、大学等への就学、介護サービスを受けるための費用等の貸付けを行います。

全国社会福祉協議会ホームページより引用

審査が厳しいので、今後も仕事をする気がない無職の人は通らない可能性が高いので注意してほしい。

任意整理中・債務整理中の人=解決策3つ

任意整理中や債務整理中の人は、「どうしてもお金が必要だから」といってカードローンに申し込まない方がいい。

なぜなら、リスクが高いからだ。

任意整理中・債務整理中に新たにキャッシングしてしまうと、具体的な借金額が算出できなくなり、専門家から手続きを断られてしまう可能性がある。

専門家から断られてしまうと、任意整理・債務整理にかかった手続き費用のみ取られてしまう。

つまり借金額が増えるだけでなく、依頼費用までかさんでしまうのだ。

借金額や依頼費用がかさんでしまうと、いよいよ首がまわらなくなってしまうだろう。

自分の首を絞めないためにも、任意整理中や債務整理中に借金をしないことをおすすめする。

借金以外で、任意整理中債務整理中にお金が必要になったときにやるべきことを3つ紹介しよう。

1.専門家に相談する

任意整理・債務整理を依頼した専門家に「どうしてもお金が必要になった」という旨とその理由を話してみよう。

依頼費用の支払いを延長してくれたり、減額に応じてくれたりする場合がある。

依頼費用がどうしても払えない、1円でも払う余裕がないという人は法テラスの民事法律不要制度を利用するといい。

毎月の手取り収入や資産が基準値以下であれば、任意整理や債務整理にかかる費用を立て替えてもらえる。

任意整理中・債務整理中の人

民事法律扶助業務とは、経済的に余裕のない方などが法的トラブルにあったときに、無料で法律相談を行い(「法律相談援助」)、必要な場合、弁護士・司法書士の費用等の立替え(「代理援助」、「書類作成援助」)を行う業務です。

日本司法支援センター法テラスより引用

しかし、審査に1週間~2週間ほどかかってしまうのがデメリットだ。

また、一定以上の手取り収入や資産がある場合は審査落ちしてしまうため注意する必要がある。

2.国の制度や相談窓口を利用する

どうしても借金が必要な場合は、社会福祉協議会に相談しよう。

日本には、生活困窮者を助ける「生活困窮者自立制度」という制度が用意されている。

文字通り、生活していけなくなるほどお金がない人たちのための制度だ。

連携して、住所を失いそうな人や失ってしまった人の住居を整えるための「住居確保給付金」や生活していくうえでの不安や悩みを解決するための「自立支援相談事業」などもある。

「働きたくても働けない」「住む場所がない」など、生活に困っている方の相談について、相談窓口では一人ひとりの状況に合わせた支援プランを作成し、専門の支援員が相談者に寄り添いながら、他の専門機関と連携して、解決に向けた支援を行っています。

困窮者支援情報共有サイトより引用

生活していく上で借金しないといけない状況に立たされている場合は、ぜひ1度社会福祉協議会に相談することをおすすめする。

3.生活保護申請をする

傷病で仕事ができない場合や働いても生活していく十分なお金を用意するのが難しい場合は、生活保護を検討するのも1つの手段だ。

ただし、生活保護申請をするには以下の条件を満たしている必要がある。

  • 世帯収入が13万円以下(世帯数によって異なる)
  • 世帯年収が156万円以下(世帯数によって異なる)
  • 国や市の支援制度を利用してもお金が足りない
  • 病気やケガ、後遺症などで働くことができない

上記の4つの中で1番重要視されるのは、世帯収入だ。

世帯収入が最低生活費で、身内からの支援も期待できないと判断された場合、申請が通る可能性が高いだろう。

生活保護申請が通ると、1世帯に最低生活費と同じ額が支給される。

最低生活費は基本的に単身者で10万円~15万円ほど、夫婦2人世帯で15万円~18万円ほど、母子家庭は母子加算で18万円ほど、子ども4人以上の世帯は30万円ほどだ。

資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長する制度です。(支給される保護費は、地域や世帯の状況によって異なります。)

厚生労働省より引用

ただし、最低生活費は病気や障がいの度合い、住んでいる地域などによって異なってくる。

気になる場合は事前に市役所の生活福祉課で確認しておこう。

今すぐ現金が必要な場合の対処法

「明日葬式に行く必要がある」「支払いの期限が間近」などで、緊急に現金を調達しなければならないときはどうしたらいいだろうか。

緊急度が高い場合の現金調達方法としては以下の4つが挙げられる。

①持っているものを売る

これはどんな年代の人にも有効な方法だ。

思い立ったらすぐに実行できるし、現金化までの時間もかからない。

ただし、できるだけ高く売ろうとすると手間と時間がかかる場合がある。

リサイクルショップの出張買取を利用すれば、自宅にいながらにしていろいろなものを売ることができる。

ただし、ブランド品などでない限り、高値買取は期待できない。

フリマアプリを利用すれば、もっと高値で売れる可能性もあるが、その分手間と時間がかかる。

②親族・友人から借りる

知り合いからお金が借りるのも緊急性が高い場合に有効だ。

正式な借り入れと違い、面倒な書類手続きなどもないため、すぐにお金を入手できる。

場合によっては利子を免除してもらえるなどの好条件でお金を借りられる可能性がある。

もちろんお金を貸してくれるような間柄の人がいなければ、この方法は成立しない。

また確実に返せるあてがないのならば、返せない場合に関係性にヒビが入る可能性もある。

すでにそうした過去があるならば、お金が借りられる可能性はまずないだろう。

③クレジットカードに付帯するキャッシング

クレジットカードにはキャッシング機能がついているものもある。

これならば改めて契約する必要なしで、コンビニのATMなどから簡単に借り入れできる。

何かを売ったりする必要もなく、お金を借りることで信用を失うようなこともない。

キャッシングを利用するには、事前の申込が必要な場合がある。

借りようと思ったときに、すぐに使えないこともあるため気をつけよう。

またカードローンと比べると金利が高い場合がほとんどで、借り入れ過納金額も少なめだ。

キャッシングをするとショッピング利用枠にも影響が出るため、キャッシングした分、ショッピングに使える金額が減っていくことになる。

④カードローン

すぐにまとまった金額を用意したい場合はカードローンがおすすめだ。

カードローンとは現金の借り入れに特化したキャッシング専用サービスで、すぐに現金が入手できる。

クレジットカードに付帯しているキャッシングに比べると金利が低い傾向にあり、借り入れ可能な金額も大きくなる。

申込をしたその日や翌営業日には融資が受けられるため、なるべく早く現金を手に入れたいときにも有効だ。

ただしカード作成時に審査があるため、誰でも確実に使える方法ではない。

ブラックリスト入りの人=解決策2つ

借金やカードローン、携帯電話の未納や滞納を続けていると信用情報に傷がつき、ブラックリスト入りしてしまうのだが、そうなると記録が抹消されるまで約5年、最長で10年もかかる。

そのため、ブラックリスト入りしてしまったらどこからも借り入れができなくなるだろう。

ブラックリストに入ってしまった人がお金を手元に用意する方法は2つだ。

1.公的支援制度を利用する

ブラックリスト入りしてしまい、身内や友人からの支援も期待できない場合は公的支援制度を利用しよう。

公的支援制度には、生活福祉金貸付制度や緊急小口資金などがある。

保証人を立てれば無利子、保証人が立てられなくても利子は1.5%と低金利だ。

しかし、失業中や低所得者といった条件を満たさないと審査は通らない。

生活福祉金貸付制度や緊急小口資金を利用したい場合は、自分が住んでいる地域の社会福祉協議会に問い合わせよう。

2.任意整理・債務整理・自己破産を検討する

ブラックリスト入りしていて、借金も残っている場合、任意整理や債務整理、自己破産を検討してみよう。

任意整理や債務整理は、借入会社との和解が成立すれば借金の額を減額できる場合がある。

借金の額を減額できなくても、利子を払わなくてよくなったり、支払期限を延長したりすることができる可能性があるため、借金で首が回らない人にはおすすめだ。

自己破産は、裁判所で免責が認められた場合に借金の返済義務がなくなる方法だ、

借金を返済する必要がなくなるため、返済にあてるお金を生活費にまわすことができる。

任意整理や債務整理、自己破産をしたからといってブラックリストから記録が削除されるわけではないが、生活を立てなおす最終手段として検討してみてはどうだろうか。

以下に、最も信頼できる債務整理のプロを2社記載しておくので、その時が来たらどちらかに依頼するようにしてほしい。(このページはブックマークしておこう)

なお、2社ともに特徴や得意とする分野、実力などはほぼ同じであり、違いは弁護士法人か司法書士法人かだけだ。

そのため、どちらを選択するかはあなた自身が気軽に決めてくて良い。

ここでご紹介する2社なら、いずれも素晴らしい対応をしてくれるはずだ。

  • 全国対応にて一人ひとり、しっかり時間をかけた無料相談を行ってくれる
  • 闇金対応に経験豊富なスタッフが、迅速かつ妥協なき徹底交渉を行ってくれる
  • 他事務所では対応が難しい、悪質な闇金に対しても対応可能
  • 闇金をはじめとする債権債務問題に強い法律事務所
  • 全国の18歳以上の老若男女に対応可能
  • 闇金に申し込み、利用してしまっている人
  • グレーなファクタリング等を利用してしまった事業主
  • 個人間融資やひととき融資、先振りや街金、後払いやツケ払いなどに対応可能

1.弁護士法人イストワール法律事務所

>>イストワール法律事務所はこちら

2.イーライフ司法書士法人

>>イーライフ司法書士法人はこちら

この2社どちらかが、あなたの本当の人生を取り戻してくれるかもしれない。

いざとなったら、足踏みせずとにかく問い合わせてみるべきだ。

どうしてもお金が必要なときは借り入れを検討

無職の人や、ブラックリスト入りしていない人は消費者金融で借り入れができる可能性が高い。

ここで、キャッシングにおすすめな消費者金融を紹介しておこう。

1.プロミス

最短30分で融資可能

プロミスは最高額500万円まで借り入れ可能な消費者金融だ。

事前審査は約15秒で完了し、最短30秒で融資が可能ではじめて借り入れした日の翌日から30日間は無利息といったメリットがある。

パートやアルバイトなどでも月々に安定した収入さえあれば申し込みできるし、保証人や担保も不要だ。

土日に借り入れすることも可能なため、即日融資を希望する人におすすめできる。

プロミス

金利 4.5〜17.8%
審査時間 最短30分
無利息期間 最大30日間
担保、保証人 不要
カードレス
郵送物なし
限度額 1〜500万円
融資時間 最短30分
申込受付時間 24時間対応
申込対象年齢 18歳以上69歳以下*
Web完結
バレない

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。

プロミスのキャッシングはこちら

 

2.アイフル

最大30日間利息0円

アイフルは審査の結果が25分ほどで出る。融資までの時間も即日と、なにもかもスピーディなのが魅力だ。

初回のみ30日間利息がかからないため、30日以内に返済すれば借りた額だけ返せばいい。

また、アイフルは自宅や勤務先へ在籍確認を行わない。

さらに契約時にカードレスを選ぶと、自宅にアイフルの郵送物が届くことがないため家族バレする心配もないだろう。

家族や職場の人にバレずに借り入れをしたい人には最適な金融会社だ。

アイフル

金利 3.0~18.0%
審査時間 最短25分
無利息期間 最大30日間
担保、保証人 不要
カードレス
郵送物なし
限度額 1~800万円
融資時間 最短25分
申込受付時間 24時間対応
申込対象年齢 満20〜69歳以下
Web完結
バレない

※審査通過後は近くのコンビニATMやアプリを利用すると最短10秒で借り入れ可能

アイフルのキャッシングはこちら

 

3.モビット

即日融資も可能

モビットは簡易審査は最短で10秒、審査は最短30分で完了する消費者金融だ。

周囲の人に借り入れしていることがバレたくない人は、WEBで申し込みを済ませるといい。

WEB完結を利用することで、自宅に郵送物が届いたり、会社に在籍確認をされたりすることが避けられる。

また、三井住友銀行のATMを利用すれば、借入時や返済時に手数料がかからないのも魅力だ。

さらに契約時にTカード+を申し込むと、返済するたびにポイントが貯まっていく。

返済しながらポイントが貯まるのは、他の消費者金融で借り入れするよりお得と言えるだろう。

モビット

金利 3.0~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
無利息期間 適用なし
担保、保証人 不要
カードレス
郵送物なし
限度額 1~800万円
融資時間 最短60分*
申込受付時間 24時間対応
申込対象年齢 満20〜69歳以下
Web完結
バレない

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

モビットのキャッシングはこちら

 

ヤミ金から借り入れするのはNG!

「ブラックでも貸付しています」「審査なし」「他店で断られた人大歓迎」など甘いうたい文句にしている金融会社はヤミ金の可能性が高い。

ヤミ金は、すぐに返済できそうな小額から貸付を行っており、「少額なら返済できそうだ」と消費者に思わせる。

しかし、ヤミ金は少額な貸付金額に高額な利子をつけ、返済できない状況まで追い込む。

また、利息が高いだけではない。

返済期限は7日~10日と短く、返済する金額が用意できない期間で返済を求めてくるのが特徴だ。

返済できずにいると、脅迫めいた取り立てや自宅訪問、勤務先や家族への連続通話などを行う。

利息だけを取って、全額返済させないのがヤミ金のやり方だ。

甘い言葉には裏があるので、騙されないように注意しよう。

審査が通らない・借りれないときの原因

「審査が通らず、借り入れができなかった」「なぜ審査落ちしたかわからない」といった疑問や悩みを抱えるひとのために考えられる原因を紹介する。

これから紹介する原因に自分が当てはまっていないか確認してみよう。

ブラックリスト入りしている

過去に消費者金融で借り入れしたときに返済が遅れたり、滞納したままになっていないだろうか?

また、携帯代が未納だったり滞納状態だったりするのもブラックリスト入りする要因になる。

ブラックリストに1度でも記録されてしまうと、どこの金融会社でも借り入れは不可能だ。

自分がブラックリストに記録されているかどうかは、信用情報開示制度を利用して確認しよう。

信用情報開示制度を利用すると、クレジットカードや携帯電話などの支払い状況や、契約内容が確認できる。

現在の借金額が総裁規制を上回っている

総裁規制とは、年収の3分の1以上の金額を貸し付けないようにする消費者を守るための制度だ。

消費者たちが過度な借金をしないように借り入れできる額は年収の3分の1までと決められている。

例えば年収400万円の人が1度に借り入れできる金額は133万円までだ。

過去に借り入れした金額の合計額が、年収の3分の1を越えていないだろうか?

現在、自分が借り入れしている借金の合計額をもう一度確かめてみよう。

多重債務者である

多重債務者とは、消費者金融やクレジットカード会社、ローン会社など複数の会社から借り入れをしている消費者のことを指す。

消費者金融の審査では、他社からの借り入れがないかを確認する。

4社以上から借り入れをしている場合、審査に落ちる可能性が高い。

収入が不安定

収入が不安定だったり、年収に見合っていない額を借り入れようとしたりすると審査に落ちる場合がある。

借り入れをしたい場合は、自分の年収に見合った借り入れ額を希望しよう。

虚偽の情報が入力されている

申し込み内容に虚偽の情報を記入していないだろうか?

年収や勤務年数などを多く盛ってもかならずバレるのでやめておこう。

また、申し込み内容に不備があっても審査に落ちてしまう。

申し込みをするときは、申し込み情報に間違いがないかしっかり確認してから提出しよう。

職場への在籍確認ができなかった

消費者金融によっては、在籍してる職場へ在籍確認をするところもある。

在籍確認をした際に、あなたがその職場にいることが証明されないと借り入れできない場合がある。

職場の人にバレたくない場合は、在籍確認を行わない消費者金融に申し込もう。

過去6か月以内にいくつかの会社へ申し込みしている

いろいろな消費者金融に何度も申し込みをしていないだろうか?

いくつもの消費者金融に申し込みをすると「申し込みブラック」に記録されてしまう可能性がある。

なぜなら、いくつもの会社に申し込みをするということは、お金に困っている、商品の不正利用をたくらんでいる、多重債務者といった印象を消費者金融側が抱くからだ。

申込者に少しでも悪い印象を抱くと、消費者金融は貸し付けを渋る傾向がある。

同時にいくつもの金融会社に申し込みをするのはやめておいた方が無難だ。

プライムウォレットの検討

消費者金融でお金が借りられない人は、プライムウォレットを検討してみても良いだろう。

プライムウォレットとは、クレジットカードのショッピング枠を現金化してくれるサービスだ。

キャッシング枠がいっぱいでもショッピング枠さえ残っていれば申し込み後10分ほどで振り込んでくれることもある。

プライムウォレットの口コミや基本情報

まさに、今すぐに現金が必要なときに役立つサービスだと言えるだろう。

ちなみに、プライムウォレットを利用しても自宅などに荷物は郵送されないため、家族や同居人に現金化がバレる心配はない。

WEB申し込みなら24時間対応しているので、休日に関係なく利用できるところも嬉しいポイントだ。

プライムウォレット利用時

  • 来店・審査=必要なし
  • 収入証明書=必要なし
  • 在籍確認=必要なし
  • お金の使い道=自由
  • 24時間=即日振込可能
  • 15時以降=即日振込可能
  • カード事故なし=過去0件
  • ショッピング枠に利用可能額があればいつでも利用できる
    ※キャッシング枠が限度額いっぱいでもショッピング枠の残高があればOK
  • プライムウォレットへの支払いが発生することはない
    ※支払いは、ECサイトで買い物をした時と同じで、毎月のカード支払日に合算されて請求される
  • 未成年は利用できないので注意
サービス名 プライムウォレット
最大換金率 98%
限度額 最低5万円~最高300万円
振込スピード 最短10分
WEB申し込み 24時間対応可能
土日祝の入金 可能
対応可能なクレジットカード ・VISA(ビザ)
・MasterCard(マスターカード)
・American Express(アメックス)
・JCB
・ダイナーズクラブ
使用できない決済方法 ・メルペイ
・バンドルカード
・ペイディ
・au ペイ
・Kyash
・atone
・ウルトラペイ
・B/43
・ナッジ
・バンキットカード
窓口 ▶▶

 

どうしてもお金が必要なときについて総括

記事のポイントをまとめよう。

どうしてもお金が必要なときについて

  • 二十歳未満の19歳、未成年などは親に相談
  • 高校生は不用品を売ってお金を工面する
  • 大学生や専門学生は日雇いのバイトを探す
  • 無職でお金が必要な場合は「生活福祉資金貸付制度」を利用する
  • 任意整理中・債務整理中でお金が必要になったら解決策は3つ

「どうしてもお金が必要な旨やその理由」を任意整理や債務整理を依頼した専門家に相談する

生活に困窮しているのなら社会福祉協議会に相談する

生きるためのお金が必要なら生活保護を検討する

緊急でお金が必要な場合の調達方法

  • 持っているものを売る
  • 親族・友人から借りる
  • クレジットカードに付帯するキャッシングを使う
  • カードローンを利用する

どうしてもお金が必要な場合は消費者金融会社から借り入れする

借り入れができない場合は原因を考える

  • 過去に支払い滞納や未納でブラックリスト入りしていないか
  • 借金額の合計が総裁規制越えしていないか
  • 多重債務者ではないか
  • 収入が不安定な状態ではないか
  • 申し込みに虚偽の情報を記載していないか
  • 職場の在籍確認が必要な金融会社に申し込んでいないか
  • いろいろな消費者金融に一気に申し込みをしていないか

審査が通らない人はプライムウォレットがおすすめ

どうしてもお金が必要になったとき、状況や年齢、職業などによって解決策は変わってくるので自分に合った最適な方法を選択しよう。

低収入や借金などが原因で生活が苦しい場合は、低所得者を助ける制度がある。

どうしようもなくなったときは、ためらわず専門家や社会福祉協議会に相談しよう。

この記事を参考にして自分に最適な解決策を見つけてほしい。

 

スポンサーリンク

© 2021 One Million Labo