東進 苑田講師の全貌:講座や名言、経歴や学歴・評判など

東進ハイスクール・東進衛星予備校は対面授業ではなく、独自の映像を使って授業をするビデオ講座を取り入れている。

全国どこに住んでいても人気講師の講座を受けられるので、地方に住んでいる学生たちからも「ありがたい」という意見が多く、人気の予備校である。

その東進ハイスクールで物理を教えている講師のなかでも、特に人気が高いのが【苑田尚之】である。彼の授業は難関大学を目指す受験生が多くとっている講座のひとつだ。

志望校合格ために、この苑田講師のハイレベル物理を受講したいと考える学生は多いが「あまりにもレベルが高すぎてついていける気がしない」「難しすぎて途中で脱落しそう」といった不安の声を耳にする。

そこで今回は、実際に苑田講師の講座を受けた人の意見も踏まえて、苑田講師の評判やどんな授業をするのかについて解説していこう。

東進 苑田

記事の内容

  • 東進の物理講師「苑田尚之」とはどんな人物?
  • 苑田の読み方は【そのだ】
  • 苑田講師の学歴
    【東京大学】学部別難易度について
  • 苑田講師の経歴
  • 年齢は?
  • 気になる年収
  • 東進 苑田講師の評判
    良い口コミ
    良くない口コミ
  • 講義中の名言
  • 苑田講師が書いた本は発売されているのか
  • 東進 苑田講師の物理講座をとるべき学生とは
  • ハイレベル物理がおすすめな人
  • 物理講座の最高峰!大学の物理とは
  • 東進の苑田講師の授業は大変人気がある
  • 総括

東進の物理講師「苑田尚之」とはどんな人物?

東進ハイスクールの物理講師【苑田尚之】とはどのような人物なのだろうか。個性的な講師が集まっている東進ハイスクールだが、そんな中でも他に負けない程インパクトがある人物が、物理の苑田尚之講師だ。

サングラスにヒゲ、1つにまとめたポニーテールという一度見たら忘れられないほどインパクトの強い外見である。この風貌のため、難関大学合格を目指している受験生から絶大な人気を誇る予備校の講師だとは誰が想像できるだろうか。

しかし、ひとたび授業になれば、生徒のことを第一に考えて熱血指導をする、物理の名物講師なのだ。

苑田の読み方は【そのだ】

苗字の【苑田】の読み方が難しくて分からないという人もいるだろう。苑田講師の場合は【そのだ】と読むのだが、地域によっては【えんだ】と呼ぶ場所もあるらしい。

日本には約1,200人ほどの【苑田・そのだ】さんが暮らしているのだが、割と珍しい苗字であるため「初対面ではきちんと名前を読んでもらえない」と悩んだ人がきっといるはずだ。

苑田講師の学歴

苑田講師の学歴を紹介しよう。

苑田講師は長崎県出身で、長崎西高校を卒業後に東京大学理学部物理学科へ入学する。そしてよく取り上げられるのが、そんな難関大学の難関学部を首席で卒業したという経歴である。

東大に入るだけでも凄いことだが、その上東京大学理学部を首席で卒業したという輝かしい過去があるのだ。

そのため、受講生からは【神】【天才】などと呼ばれており、物理界のカリスマ講師という別名を持っている。

苑田講師の学歴

【東京大学】学部別難易度について

大学偏差値研究所

出典:大学偏差値研究所

このランキングは2021~2022年の東京大学・学部別偏差値を表したものである。医学部や法学部が上位を占めているが、苑田講師が卒業した「理学部」も堂々の4位に入っているのがお分かりいただけるだろう。偏差値も、74という高い数値である。

苑田講師の経歴

大学を卒業してから2005年には城南予備校で講師を務めていた。その後、東進ハイスクールでの物理科講師を務め、現在は河合塾でも物理科講師を掛け持ちで行っている。今はメインで講師をしているのが河合塾であるため、どうしても苑田講師の講座をとりたい場合は、東進・河合塾に問い合わせをして苑田講師の授業が受けられるのかを確認するのがいいだろう。

予備校で働き始めた当初は2~3年ほどの腰かけぐらいのつもりで考えていたそうで、すぐに辞めるだろうと思っていた。しかし働き始めると予備校講師のやり甲斐や楽しさに目覚め【予備校講師が天職】だと悟り、現在に至っているそうだ。

一見怖そうな外見だが、生徒が分からない箇所について質問をすると、根気よく丁寧に付き合ってくれるという話もある。また、生徒の人生相談にも親身になってあげている姿が目撃されているのだ。

ただ、あまりにも初歩的で簡単な質問をしに行くと「自分で考えろ」と言われてしまうので気をつけよう。また、同僚の講師からも「話しやすい」と評判である。

年齢は?

大学受験・予備校の東進

出典:大学受験・予備校の東進

動画や画像では年齢が分かりずらい苑田講師。「いくつなの?」「年齢は?」という疑問の声がよくあるのだが、東進の公式サイトにも年齢不詳となっているため、正確な年齢は不明。

ただネット上でも「年齢の割にはオシャレ」「年齢の割には…」という言葉を見かけるので、ある程度の年齢はいっているということだろうか。

気になる年収

東進は大手の予備校であり、それもCMがバンバン放送されているような有名予備校である。そんな予備校で講座を受け持つ講師陣の年収は誰もが気になるところだろう。東進のような有名な予備校であれば、人気の講師は年収3,000万円以上ともいわれている。

はっきりした金額は本人にしか分からないが、苑田講師の愛車は高級車・ランボルギーニであり、服はヴェルサーチを愛用しているとの話から推測しても、かなりの収入があるのだろう。生徒からの絶大な人気を誇る苑田講師だけに、3,000万円以上の年収である可能性は少なくはないと考えられる。

東進のような大手の予備校講師はスポーツ選手のように「年間契約」を結ぶのだが、実力・人気が伴えばこのような高収入も夢ではないのだ。

東進 苑田講師の評判

それでは苑田講師の物理講座に対する評判をみていこう。

講師と生徒といっても、お互いに1人の人間なので当然「相性」というものある。あくまでも「一意見」として受け止めよう。

それでは苑田講師の良い口コミ・良くない口コミを紹介しよう。

東進 苑田講師の評判

良い口コミ

◆東進の物理の講座の中ではピカイチです。いわゆる最難関国公立を目指す受験生は受講すべき授業です。(ハイレベル物理(力学・電磁気学・熱力学・波動),物理攻略(原子・原子核))

◆少し難しめですが理解し出すと、すごさが分かります。物理学の基礎を丁寧に教えてくださるので大学以降の勉強にも確実に役立ちます。(ハイレベル物理 電磁気学)

◆苑田先生はCMでもインパクトのある東進のグラサンおじさんです。非常に良い教え方をする先生です。きちんと微積を使った物理をやります。実際には大学1年で習うようなことも多いですが、知っておいて損はないことなので頑張って勉強しましょう。私は苑田・体系物理・難系のおかげで京大物理95点(自己採)とれました !(ハイレベル物理)

予備校比較.comより引用

このように、講座内容は確かに難しくハイレベルな授業だという意見が多い。しかし言い換えれば、難関大学合格を目指す学生にとっては心強い授業をしてもらえるということだ。

良くない口コミ

◆数式を用いて物理現象を理解していくのは、取っ付きにくいが、一度理解すれば、どんな問題にも対応できる。ただ、現役生が一年で授業の全てを理解するのは、ほぼ不可能(ハイレベル物理)

◆この講座もまた難しい。理解するのにとても時間がかかる。周りでもこの講座をとった人は多くいるが、好みは分かれ、半々といったところだと思う。もちろん本気で理解すれば、かなりの力が付くのは分かるのだが、物理の得意不得意にもよるのだろうが、ほかの科目とのバランスから考えて、物理が得意かつ好きな人には進めることができるかもしれない。(ハイレベル物理力学)

◆板書がとにかく多い。2時間から3時間は1コマにかかる。分かりやすいが、理解するのには時間かかる。(早慶大対策物理 )

予備校比較.comより引用

良くない意見としては「あまりにも講座内容が難しく、ついていけなかった」というものがやはり目立った。物理が元々好きな人や得意な人にはいいのだろうが、物理の基礎をマスターしていない場合は、ハイレベル過ぎて授業についていくのが難しいようだ。

講義中の名言

東進ハイスクールの講師の中で、一番知名度が高いのは「いつやるの?今でしょ」でおなじみの林修(はやしおさむ)さんだが、この「今でしょ」のように苑田講師にも名言が数々あるので、その一部をご紹介しよう。

苑田講師の名言

定義がちょっとでも曖昧になってくると、途中で間違ってくる

数式は言葉です、計算じゃない

自然科学ってモデルなんです、あくまでも

物理の定義というものが、いかに大切なのかという苑田講師らしい名言である。数学的には数式はあくまでも計算をする「手段」であるが、物理学的には数式という「言葉」を使って物理現象を表現し、結果を導き出すことへ繋がるという考えなのだ。

物理を突き詰め、究めたからこそ言える言葉である。

苑田講師が書いた本は発売されているのか

有名な講師になると、参考書を書いたり監修したりすることも多いが、苑田講師は本の執筆をしているのだろうか。それほどハイレベルな講座を開く講師の本を手に入れたいと思う学生も多いが、実は苑田講師は本の出版はしていない。

その理由として「面倒くさいから」と取材で答えたそうだ。さすが苑田講師といえる考え方・発言である。

東進 苑田講師の物理講座をとるべき学生とは

Yahoo知恵袋やネット上には苑田講師の授業にはついていけないという口コミもよく寄せられているが、一体どの程度の難しさなのだろうか。一部では現役東大医学部の学生でも「難しすぎる」と答えている。

自分のレベルや志望校によっては、苑田講師のハイレベル物理はついていくことができずに脱落してしまう可能性がある。東進には苑田講師の講座ではないが、物理初学者が受講しやすい基礎コースもある。

自分が目指すところをしっかりと見極めて、レベルに合った講座を決めよう。

東進 苑田講師の物理講座

ハイレベル物理がおすすめな人

苑田講師のハイレベル物理がおすすめの人はこちらである。

難関大学(東大・京大)、難関私立大学(早稲田・慶応・上智)以上を目指す人

理学部・工学部を目指す人

物理が好き・物理を極めたい人

東大や京大、難関私立大学を受験する学生や理学部・工学部への入学を希望する場合は、苑田講師のハイレベル物理の受講がおすすめだ。

ただ、ハイレベル物理は物理だけではなく数Ⅲまで出来ることが前提である。元々高校の物理では、数Ⅲで習う「微分積分学」のような高度なものは使わないように文部科学省のカリキュラムに組まれている。しかし苑田講師のハイレベル物理ではその微分積分も授業に出てくるのだ。

「なんでカリキュラムに組まれていないことをするのか!」という声も聞こえてきそうだが、これには苑田講師なりのきちんとした理由がある。

物理と数学というのは、切っても切り離せないほど関わりが深いものであり、それぞれの内容を理解してこそ物理学の理解につながるという考えがあるからだ。数式に当てはめて単に計算するのではなく、物理の本質を理解した上で問題を解いていかなければ意味がないという苑田講師の信念による学習スタイルの表れなのだ。

物理講座の最高峰!大学の物理とは

東進には物理講座の最高峰といわれる講座が存在する。それが「大学の物理」である。

講座内容は名前のとおり大学で習う物理学の範囲であり、言ってしまえば大学受験を控えた学生には必要がない。しかし物理好きの学生や受験までに時間を持て余しているという優秀な学生は大学入学後すぐに習う内容のため、間違いなく楽に授業についていける実力がつくのだ。

「我こそは!」という苑田講師信者や物理学の道を究めたいという学生は受けてみる価値はあるが、高校の物理で合格ラインをとることに必死な学生は確実についていけないので、背伸びをしないことが大切である。

総括:東進の苑田講師の授業は大変人気がある

今回の記事のポイントをまとめておこう。

東進ハイスクールの人気物理講師は「苑田 尚之(そのだなおゆき)」

東京大学理学部物理学科を首席で卒業

年齢は不詳。年収は3,000万円以上との情報も

苑田講師の物理講座に対する良い評価

  • 難しいが最難関大学の入試に十分役に立つレベルの内容
  • 大学入学後の物理の授業にも役に立つ
  • 講座を受けて試験で高得点がとれた

苑田講師の物理講座に対する良くない評価

  • 内容が難しすぎてついていけない
  • 一度では理解することは不可能
  • 物理が苦手な人は理解できない

苑田講師の名言

  • 数式は言葉です、計算じゃない
  • 定義がちょっとでも曖昧になってくると、途中で間違ってくる
  • 自然科学ってモデルなんです、あくまでも

苑田講師のハイレベル物理がおすすめな人とは

  • 最難関大学、難関私立大学以上を目指す人
  • 理学部、工学部を目指す人
  • 物理が好き/物理を究めたい人

苑田講師の「大学の物理」は大学で習う内容

苑田尚之講師は、東進の物理講師の中でも圧倒的な人気を誇るカリスマ講師だ。東京大学理学部を首席で卒業したという華やかな経歴もさることながら「物理への情熱」「物理の本質を理解する」という強い思いは誰にも負けないだろう。

ただ、他の物理の講座よりも高度な内容となっているため、脱落者も多く「ついていけない」「こんなことを勉強しても意味がない」と感じる生徒がいるのは事実だ。しかしそれは自分に合った難易度で授業を受けられていないためである。

最高難度の大学や難関私立大学が志望校である学生にとって、苑田講師の講座は非常に心強い。ぜひ志望校合格を目指して頑張ってもらいたい。

 

スポンサーリンク

© 2021 One Million Labo