ヘアバースサプリメントの口コミを抜け毛、髪質、初期脱毛視点で分析

ヘアバースは「髪のボリュームがなくなってきた」「テッペンの分け目に不安がある」といった悩みがある女性に愛用されているサプリメントだ。

自身も薄毛に悩んできた薄毛育毛治療専門医が開発したということで話題になっている。

開発者の元神医師は数多くのメディアに出演しており、ヘアバースは雑誌やテレビなどでも紹介されている。

ただ、口コミを見てみると「怪しい」「効果なし」といった声を見かけることもあるため、「実際のところはどうなの?」と気になる人もいるだろう。

結論から言うと、ヘアバースサプリメントの口コミは「非常に」良いし、低評価はほとんど見当たらない事実がある。

この理由について、抜け毛・髪質・初期脱毛という3つの視点から利用者の声を確認しつつ分析していこう。

ヘアバース 口コミ

記事の内容

  • ヘアバースの口コミ・基本情報
  • サプリメントの主成分&成分量
  • ヘアバースサプリは細い髪にも効果あり
  • 副作用の心配はない
  • 正しい飲み方は1日に4錠
  • 妊娠中や授乳中でも飲める?
  • 男性にも効果は期待できる
  • 大豆イソフラボンは初期脱毛に吉
  • 公式サイトで買うのがおすすめ
  • お試し定期便の解約について
  • 偽物に注意
  • 口コミ
    ①抜け毛が減った!
    ②髪が太くなった!
    ③効果を実感した!
  • 怪しいという声はあるか?
  • 口コミから見るヘアバースとパントガールの違い
  • ①薬品かどうか
    ②副作用の有無
    ③価格
  • ヘアバースの口コミは総じて良い
  • 総括

ヘアバースの口コミ・基本情報

ヘアバースサプリメントは薄毛に悩んでいる女性のために開発された育毛サプリメントだ。

開発者の元神賢太医師は自らも30歳代半ばから薄毛に悩んでいた。そこでさまざまな育毛治療を自ら実践して、その臨床経験からヘアーバース注射治療を開発している。

薄毛を自ら克服した専門医として、多くのテレビや雑誌に出演し、医学的に薄毛について解説した『専門医が徹底解説!女性の薄毛解消読本』はAmazonなどで支持を獲得している。

医師が開発したサプリメントとして数多くの人から支持され、購入した人の9割以上がリピート購入しているそうだ。

サプリメントの主成分&成分量

ヘアバースサプリには以下のような主成分が配合されている。

ビタミンB1 細胞の代謝や活動のためのエネルギー生産に必要。
パントテン酸カルシウム(ビタミンB5) ビタミンB群の一種で、皮膚の細胞成長や代謝に不可欠な成分。
ケラチン フサフサの元になる分け目やテッペンには欠かせないたんぱく質。
L-シスチン ケラチンと同様にフサフサを育む元になるアミノ酸。
乾燥酵母 さまざまな種類のアミノ酸とビタミンが含まれており、多くのミネラルが含まれている成分。
葉酸(ビタミンM) 細胞分裂に欠かせないビタミン。
大豆イソフラボン 髪の持続的な成長のために重要な女性ホルモンのエストロゲンと似た分子構造の成分。
亜鉛 細胞の新陳代謝にかかわる酵素を構成する重要な成分。

ヘアバースサプリは日本で唯一のCYPサプリだ。

CYPサプリとは「CYPコンビタミンプレックス経口サプリメント」の略称で、髪のボリュームアップにつながる成分である「L-シスチン」「ビタミンB群」「乾燥酵母」「パントテン酸」が配合された複合サプリメントを指す。

多数の論文がCYPサプリの3~6ヶ月の使用で「太く丈夫になる」「スカスカ感がなくなる」といった科学的な効果に関する有用性を証明している。

ヘアバースサプリは細い髪にも効果あり

髪の毛をボリュームアップするには以下の3点が大切となる。

  • 抜け毛を減らす
  • 髪の毛が生える
  • 今生えている毛を太くする

ヘアバースサプリには「落ちる数が気にならない」「ボリュームアップ」「太く丈夫に」と書かれており、上記の条件を満たしている。

「細く弱々しい感じがスクスク健康に」とも書かれているため、細い髪に対しても十分な効果が期待できる。

ヘアバースサプリは細い髪にも効果あり

副作用の心配はほとんどない

上記の成分を始め、ヘアバースサプリメントは薬品ではなく、経口補助食品のため、副作用が心配されるような成分は配合されていない。

ただし、すべての人に影響がないとは言い切れないため、事前にかかりつけ医などに相談しておくと良いだろう。

ヘアーバースサプリは安全性にもこだわり、すべての成分を日本で製造している。長年クリニックグループと取引実績がある国内の医薬品メーカーが製造しているため、徹底した品質管理の下で製造されている。

ただし、成分として大豆イソフラボンが配合されているため、大豆アレルギーの人は事前に医師や薬剤師などに相談したほうがいいだろう。

正しい飲み方は1日に4錠

ヘアバースサプリメントの目安は1日に4錠となっている。

1つのパッケージに120錠入っているため、約1ヶ月分ということになる。

飲む際は水またはぬるま湯で、噛まずに飲むようにしよう。

ついつい身近にあるお茶やコーヒーなどで飲んでしまいがちだが、成分の吸収を阻害してしまう恐れがあるため、おすすめしない。

たとえばお茶に含まれているカテキンは鉄分の吸収を妨げてしまう。

せっかくの効果をしっかり発揮するためには水で飲むことが大切だ。

妊娠中や授乳中でも飲める?

ヘアバースサプリメントは性別・年齢問わず、誰でも飲めるように製造されている。

妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されるため、薄毛や抜け毛の心配はない。ただ、産後は女性ホルモンが減少してしまうため、薄毛や抜け毛になる女性も少なくない。

そんなときにヘアバースを飲めば抜け毛・薄毛予防に役立てることができるはずだ。

妊娠中・授乳中に問題があるような成分は使われていないため、安心して飲むことができる。

ただし、デリケートな時期であるため、心配な人はかかりつけの医師や薬剤師などに相談してみよう。

妊娠中や授乳中でも飲める?

男性にも効果は期待できる

ヘアバースは男性でも問題なく飲むことができる。

ヘアバースに配合されている成分は男性が飲んでもしっかり効果が期待できるはずだ。

たとえば、ヘアバースに含まれている大豆イソフラボンは髪の持続的な成長のために重要な成分だ。IGF-1という細胞成長因子の分泌を促してくれるため、育毛の効果が期待できる。

その他にも大豆イソフラボンに含まれているゲニステインは加齢による薄毛の原因とされている活性酵素に対して、抗酸化作用が期待できる。

厚生労働省の報告によると大豆イソフラボンの推奨摂取量は1日に75mgだが、日本人は平均してわずか30mgしか摂っていない。

食事からは摂りづらい成分だからこそ、こうしたサプリメントで補う必要がある。

大豆イソフラボンは初期脱毛に吉

ヘアバースに含まれている大豆イソフラボンは、脱毛シグナルを発信するDHT(ジヒドロテストステロン)を抑え、毛髪トラブルを予防する効果が期待できる。

大豆イソフラボンを食材から摂取する場合には、豆乳がおすすめだ。

豆乳ならばコップ1杯で50mgほどの大豆イソフラボンを摂ることができる。さらに豆乳に含まれている大豆たんぱく質、大豆サポニンといった成分は薄毛予防への効果も期待できる。

1日にコップ1杯程度が目安だが、摂りすぎると肥満につながったり、お腹が緩くなったりといった症状が出る場合もある。

くれぐれも飲み過ぎには気をつけよう。

公式サイトで買うのがおすすめ

公式サイトで買うのがおすすめ

ヘアバースは公式サイトのお得なお試し定期便を利用して購入するのが1番お得だ。

定期便だと通常価格8,640円(税込)のところ、初回が66%オフの2,980円(税込)で購入できる。

2回目以降も20%オフの6,912円(税込)で買えるため、単品で買うよりもずっとお得だ。

(送料は発送毎に全国一律700円(税込)/沖縄県・離島にお住まいの方は送料700円の他に、中継手数料800円(税込))

ヘアバース公式サイトへ

 

お試し定期便の解約について

定期便は通常価格よりもずっとお得にヘアバースを買うことができるが、最低3回の継続が条件となっている。

そのため、初回だけでの解約はできない。

4回目以降になって初めて休止・解約ができるようになる。

3回までの総額は18,904円(税込・送料込)~になるため、しっかり覚えておこう。

定期便を休止・解約する場合は次回お届け予定日の14日前までにメールで連絡しよう。

偽物に注意

人気商品は偽物や類似品が出回りやすくなる。

そのため、ヘアバースは必ず公式サイトから買うことをおすすめする。

メルカリなどのフリマアプリやヤフオクなどで安く買おうとすると、偽物を掴まされてしまう可能性がある。

また、たとえ本物でも使用期限が間近だったり、開封済みだったりする可能性があるため、公式サイトから新品を買うようにしよう。

口コミ① 抜け毛が減った!

ヘアバースを使って抜け毛が減ったという口コミがある。抜け毛が気になる女性はぜひチェックしてほしい。

②髪が太くなった!

ヘアバースを飲み始めてから髪が太くなり、コシが出てきたという口コミもあった。

③効果を実感した!

ヘアバースだけでなく、他の育毛剤との併用で効果があったという口コミもある。

怪しいという声はあるか?

ヘアバースについての口コミをチェックしたが、怪しいという口コミは見つからなかった。

効果を実感している人が多数いて、ヘアバースの人気の理由がわかった気がする。

中には効果がないという口コミもあったが、サプリメントのため、100%どんな人にも効果があるわけではないことは知っておいてほしい。

継続して摂取すれば多くの人が効果を実感できるはずだ。

ヘアバースの口コミから見るパントガールとの違い

パントガールはヘアバースと同じように薄毛に悩む女性から支持されている薬品だ。

どちらも人気の商品であるが、どのような点に違いがあるのだろうか。

主な違いは以下の3点である。

口コミから見るヘアバースとパントガールの違い

①薬品かどうか

ヘアバースがサプリメントであるのに対してパントガールは薬品である。

そのため、入手するためには医師の処方箋が必要となる。

海外から個人輸入することも可能だが、その場合は自己責任での服用となる。

ヘアバースはサプリメントのため、医師の処方箋は不要だ。

ネットで簡単に注文できるため、ヘアバースのほうが入手しやすい。

②副作用の有無

ヘアバースはサプリメントのため、副作用の心配はほとんどない。性別・年齢問わず、飲むことが可能だ。

パントガールは薬品のため、人によっては副作用が出る場合がある。

また、パントガールは女性用として開発されているため、男性が飲むことは想定されていない。

女性型脱毛症(FAGA)に特化して製造されているため、男性は飲まないようにしよう。

③価格

サプリメントを飲む上で価格は外せないポイントだ。

サプリメントは継続して飲むことで効果を発揮してくれるため、長く続けられないと効果が現れないことも多い。

そのため、あまりに値段が高いと、効果が出る前にやめてしまう可能性も高い。

ヘアバースとパントガールの値段を比較すると、以下のようになる。

  1個目 2回目以降 2個合計
パントガール 5,500円(税込) 8,800円(税込) 23,100円(税込)
ヘアバース 2,980円(税込) 6,912円(税込) 16,804円(税込)※

※別途、送料は発送毎に全国一律700円(税込)/沖縄県・離島にお住まいの方は送料700円の他に、中継手数料800円(税込)

 

ヘアバースの公式サイトにはお得な定期便が用意されている。それを利用することで通常価格よりもお得に買うことができる。

ヘアバースとパントガールの価格を比較してみると3個で7,000円近い差があることがわかった。

ほぼ同じ成分でこれだけ値段が違うのならばヘアバースを買ったほうがお得だろう。

総括:ヘアバースの口コミは総じて良い

記事のポイントをまとめよう。

ヘアバースの口コミについて

ヘアバースは薄毛に悩む女性に支持されているサプリメント

  • 専門医が開発
  • 日本で唯一のCYPサプリ

副作用の心配はほとんどない

1日4錠飲むのが目安

妊娠中や授乳中でも飲むことができる

男性にも効果が期待できる

ヘアバースの成分:大豆イソフラボンの効果

公式サイトの定期便がもっともお得

定期便の解約は3回の受け取りが必要

メルカリなどの偽物に注意

ヘアバースの口コミまとめ

  • 抜け毛が減った
  • 髪が太くなった
  • 分け目が目立たなくなった

ヘアバースとパントガールの3つの違い

  • パントガールは薬品である
  • パントガールには副作用の恐れがある
  • 値段はヘアバースのほうが安い

ヘアバースは薄毛に悩む女性に愛用されているサプリメントだ。抜け毛を防ぎ、髪の毛を太くしてくれるため、分け目やテッペンが目立たなくなる効果が期待できる。

口コミを見ても効果を実感している声が多数あった。

専門医が自らの体験を元にして開発しているだけあり、非常に信頼性が高い。

薄毛や抜け毛で悩んでいる場合には一度試してみる価値が十分にあるはずだ。

>>初回66%OFF!ヘアバース公式サイトへ

 

スポンサーリンク

© 2021 One Million Labo