映画:レ・ミゼラブルのあらすじと原作・ミュージカル・小説の違い

「レ・ミゼラブル」はフランスの小説家・ヴィクトル・ユーゴーによって執筆された大河小説だ。

1本のパンを盗んだことをきっかけに、19年間も監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯を描いた作品となっている。

世界的な名作のひとつでドラマ、ミュージカル、映画、マンガといったさまざまな形式で人々から愛されているのだ。

そこで、映画:レ・ミゼラブルのあらすじを紹介しつつ、作品情報と共に原作やミュージカル、舞台や小説との違いなどについて解説していこう。

レ・ミゼラブルのあらすじ

記事に内容

  • 映画:レ・ミゼラブルのあらすじ
  • レ・ミゼラブルは何語?英語なの?
  • 短く簡単な要約
  • ネタバレありの見どころ
  • 出演者・登場人物
  • 最後の結末はどうなる?
  • 監督
  • 脚本・演出
  • 原作との違い
  • 映画「レ・ミゼラブル」を見るならU-NEXT
  • ネット上の評判・口コミ
  • 映画以外の レ・ミゼラブルのあらすじ
  • ミュージカル
  • 国内舞台の全国公演キャスト
  • まんが版「LES MISERABLES」全8巻
  • さらに詳しく書かれた完全版について
  • 小説の特徴
  • 舞台を変えたドラマ版について
  • レ・ミゼラブルのあらすじで興味を持ったら本編を!
  • 総括

映画:レ・ミゼラブルのあらすじ

映画「レ・ミゼラブル」は同名のミュージカルを映画化した作品だ。

物語は1815年から1833年の18年間のフランスを舞台に、当時の社会情勢や人々の暮らしなどがとても細かく描かれている。

たった1本のパンを盗んだために19年間も監獄で生活することになったジャン・ヴァルジャンが主人公だ。

レ・ミゼラブルのあらすじ

レ・ミゼラブルは何語?英語なの?

「レ・ミゼラブル」は英語ではなくフランス語である。

原題Les Misérablesは「悲惨な人々」「哀れな人々」を意味する。日本語訳されたときは「あゝ無情」と訳されている。

短く簡単な要約

舞台は19世紀のフランス。

1本のパンを盗んだ罪で19年間投獄されたジャン・ヴァルジャンは仮釈放された。仮釈放中は毎月出頭しなければならず、身分証には危険人物と記されているため、職に就くこともできない。

ジャン・ヴァルジャンはお金がなくて餓死寸前だったが、教会の司教に救われる。司教は食事を与えてくれ、休む場所も提供してくれた。

短く簡単な要約

しかしジャン・ヴァルジャンは恩を仇で返すかのように銀食器を盗んで逃げてしまう。

それからジャン・ヴァルジャンは警察に捕まる。しかし司教は「銀食器は盗まれたのではなく、私が彼にあげたものだ」と語り、ジャン・ヴァルジャンは心を打たれる。

ジャン・ヴァルジャンは身分証を破り捨てて、名をマドレーヌと改めて第二の人生を歩むことになる。

やがてジャン・ヴァルジャンは工場の経営者と市長を兼任するようになる。

見違えるように立派になったヴァルジャンだったが、確執がある警察官・ジャベールに正体を見抜かれてしまい、逃亡することになる。

その頃に自分のせいで職を失って娼婦となってしまったファンティーヌと出会い、彼女の娘のコゼットを託される。

ヴァルジャンはコゼットを守り抜くことを誓うが、ジャベールの追跡と市民革命の激化に翻弄されていく。

ネタバレありの見どころ

映画「レ・ミゼラブル」のキャッチコピーは「愛とは、生きる力」となっている。

これはコゼットを思うジャン・ヴァルジャンの心境によく表れている。ファンティーヌからコゼットを託されたときに彼の人生の目的がコゼットを愛し、守り続けることになった。

そして自分と同じようにコゼットを愛するマリウスを見つけ、自分の役割は終わったとこの世から去ってしまう。

元々は罪人であったジャン・ヴァルジャンだが、コゼットへの愛を注ぎ続けることで天国へと旅だったのではないだろうか。

出演者・登場人物

「レ・ミゼラブル」に登場する主な人物について紹介していこう。

ジャン・バルジャン/ヒュー・ジャックマン

空腹で弱っている妹の子供のために1本のパンを盗み、19年間も投獄されることになる男性。

仮釈放中に司教の優しさに触れて、真っ当な人間として生まれ変わることを誓う。

ファンティーヌ/アン・ハサウェイ

工場で働きながら娘のコゼットを1人で育てている女性。娘がいることを内緒にしていたが、工場にバレてしまいクビになる。

娘を養うために自らの髪、歯、体までを売るようになる。肺病にかかってしまったことから娘のコゼットをジャン・ヴァルジャンに託す。

コゼット/アマンダ・サイフリッド

ファンティーヌの娘。ある日の夜中、真っ暗な森でジャン・ヴァルジャンと出会い、引き取られることになる。

その後、修道院で育ち、街で見かけたマリウスに一目惚れしてお互いに恋に落ちる。

ジャベール/ラッセル・クロウ

社会秩序を乱すものが許せない厳格な人物。ジャン・ヴァルジャンが服役していた徒刑場で看守をしており、その後警官になる。

罪人に対しては事情に関わらず悪と決めつけるため、正体を見抜いたジャン・ヴァルジャンのことを追跡し始める。

マリウス・ポンメルシー/エディ・レッドメイン

裕福な家庭に育ちながら反政府組織に所属している学生。街中でジャン・ヴァルジャンと歩いているコゼットを見かけ、一目惚れする。

コゼットと革命のどちらを優先するかで迷うものの、最終的には革命に参加することになる。

最後の結末はどうなる?

ジャン・ヴァルジャンが収監されていた囚人だと気づいたジャベールは執拗に彼のことを追い詰めていた。しかし、自分が革命軍に捕まったとき、ジャン・ヴァルジャンが助けてくれる。

ジャン・ヴァルジャンの崇高な精神に打ちのめされたジャベールは生きる意味を失い、自ら命を絶ってしまう。

その後、ジャン・ヴァルジャンはマリウスに自分の過去を明かすと、コゼットには秘密にしておいてほしいと頼まれる。

それからマリウスとコゼットの結婚が決まる。

ジャン・ヴァルジャンが修道院にいることを知った彼らは急いでそこに向かった。そこには衰弱しきったジャン・ヴァルジャンがいた。ジャンは2人に別れを告げ、自分の過去について書いた手紙をコゼットに渡す。

そうしてジャンは亡くなってしまうのだった。

監督

2012年に公開された映画「レ・ミゼラブル」の監督は、ラジ・リが務めている。

マリ共和国出身で、映画監督・脚本家・俳優である。監督してフィクションだけではなく、ドキュメンタリーも手がけている。

監督

脚本・演出

「レ・ミゼラブル」の脚本はウィリアム・ニコルソン、アラン・ブーブリル、クロード=ミシェル・シェーンベルク、ハーバート・クレッツマーが担当している。

原作との違い

小説の「レ・ミゼラブル」はかなりの長編のため、映画では多くの部分がなくなっている。

中でも大きな違いは物語の始まりである。

原作では序盤はミリエル司教について描かれており、主人公のジャン・ヴァルジャンはしばらく登場しない。

ミリエル司教はジャン・ヴァルジャンを救った人物だが、彼がどのような人物だったかが100ページ以上に渡ってつづられる。

また物語終盤でジャン・ヴァルジャンは突然去っていき、ひとりで死のうとする。彼がなぜこのような行動を取ったのかは映画では描かれていない。

映画では描ききれなかった部分が多数あるため、より詳しく知りたい人はぜひ原作を読んでほしい。

映画「レ・ミゼラブル」を見るならU-NEXT

U-NEXTは230,000本以上の動画が見放題の配信サービスだ。

映画・ドラマ・アニメといった動画はもちろん、マンガ・ラノベ・書籍・雑誌なども読むことができる。

U-NEXTには31日間の無料トライアルが用意されているため、それを利用すれば「レ・ミゼラブル」を無料で見ることが可能だ。

さらに無料登録するだけで有料コンテンツに使えるポイントがもらえるため、まだ登録していない人はぜひ登録してみよう。

U-NEXT

U-NEXT:31日間無料トライアルの登録方法

U-NEXT無料トライアルは、公式サイトの申し込みページから行います。

iPhoneでの登録は必ずブラウザ(Safari / chrome)から行ってください。

U-NEXTのiOSアプリでも、Apple IDでの決済登録ができますが、通常料金より割高になります。

通常料金は2,189円なのに対して、Apple ID決済の場合、2,400円。およそ1.2倍、無駄に料金がかかってしまうのです。

トップページの「まずは31日間 無料トライアル」をタップする

ユーザー情報を入力する

ユーザー情報

氏名
生年月日
性別
メールアドレス
パスワード
電話番号

全て入力し終えたら、次の画面に進みます。

決済方法を指定

次に、有料課金後の決済方法を指定します。

決済方法の入力項目の下部に、ユーザー情報の確認が表示されます。

入力内容を確認の上、「送信」をタップ
これで手続きは完了です。

登録したメールアドレスに、「登録完了メール」が届きます。

 

U-NEXTの無料トライアル申し込みページへ

 

ネット上の評判・口コミ

映画以外の レ・ミゼラブルのあらすじ

映画以外の「レ・ミゼラブル」について紹介する。

ミュージカル

「レ・ミゼラブル」のミュージカルは1980年にパリで上演されたミュージカルを改訂する形で1985年10月28日にロンドンで初演された。

その後、世界各地で上演されている。

  • 1980 パリ
  • 1985 ウエストエンド
  • 1987 ブロードウェイ
  • 1987 東京
  • 1995 10周年記念コンサート
  • 2000 ブエノスアイレス
  • 2002 メキシコシティ
  • 2006 ブロードウェイ再演
  • 2009 25周年UKツアー
  • 2010 25周年記念コンサート
  • 2010 スペイン
  • 2010 USツアー
  • 2012 韓国
  • 2013 トロント
  • 2013 スペイン
  • 2013 プエルトリコ
  • 2014 ブロードウェイ再演

日本や欧米では「レミゼ」と省略して呼ばれることがある。

国内舞台の全国公演キャスト

全国公演では同じ役に対して複数のキャストがつく。

ジャン・バルジャン

  • 福井晶一
  • 吉原光夫
  • 佐藤隆紀

ジャベール

  • 川口竜也
  • 上原理生
  • 伊礼彼方

ファンティーヌ

  • 知念里奈
  • 濱田めぐみ
  • 二宮愛
  • 和音美桜

コゼット

  • 熊谷彩春
  • 加藤梨里香
  • 敷村珠夕

まんが版「LES MISERABLES」全8巻

日本国内では「レ・ミゼラブル」がマンガ化されている。

新井隆広(あらいたかひろ)が描いており、2013年ゲッサン10月号から連載開始している。

全8巻ですでに完結しているため、どういった物語か知りたい人のぴったりだ。

なお、マンガ版を読むなら「まんが王国」がおすすめである。

「まんが王国」は電子コミックの配信サービスでありポイント還元率が高いため、普通にコミックを購入するよりもお得に買うことができる。

さらに3,000作品以上が無料お試しできるため、ポイントを使わずともたくさんのマンガが読めるのだ。

他にも定額読み放題サービスがあるため、好きなだけマンガを読むことが可能だ。

「LES MISERABLES」の無料試し読みもできるため、気になった人はぜひ登録してみてほしい。

>>LES MISERABLES をまんが王国で試し読み!

まんが版「LES MISERABLES」全8巻

さらに詳しく書かれた完全版について

 

小説の「レ・ミゼラブル」完全版は2,300ページを越える大ボリュームとなっている。

映画では描ききれなかった部分もしっかり描かれているため、さらに詳しく知りたい人におすすめだ。

小説の「レ・ミゼラブル」完全版

小説の特徴

「レ・ミゼラブル」の小説は何人かの訳者によって書かれている。それぞれ特徴が異なるため、これから読もうと思っている人向けに解説していく。

豊島与志雄・訳(岩波文庫版)

岩波文庫版は全4冊となっている。

名訳として読み継がれているが、最初に刊行されたのが大正のため、さすがに古さを感じてしまう。

また岩波文庫には他にはない特徴として、挿絵がすべて収録されている。ミュージカルのポスターなどに使われる挿絵などもすべて収録されているため、挿絵に興味がある場合はこちらがおすすめだ

佐藤朔・訳(新潮文庫版)

新潮文庫版は全5冊となっている。

かなり昔から読まれ続けているスタンダードともいえる訳だ。ただし岩波文庫よりは新しいものの、50年以上に刊行されたもののため古さは感じる。

豊島与志雄・訳(平凡社ライブラリ)

平凡社ライブラリは全5巻となっている。

さすがに最新訳というだけあり、文体が読みやすく、注釈も適切に挿入されている。

永山 篤一・訳(角川文庫)

角川文庫版は上下2冊と量的には少ない。

とにかくストーリーを一通り知っておきたい人にはこちらの角川文庫版をおすすめする。

舞台を変えたドラマ版について

フジテレビ開局60周年特別企画としてドラマ版「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」が放送された。

舞台は平成の日本になっており、大幅なアレンジが加えられている。

ディーン・フジオカと井浦新が主演を務め、山本美月、吉沢亮、村上虹郎などが出演している。

ドラマの感想

総括:レ・ミゼラブルのあらすじで興味を持ったら本編を!

記事のポイントをまとめよう。

レ・ミゼラブルのあらすじや作品情報

レ・ミゼラブルの原作はヴィクトル・ユーゴーの小説

  • タイトルはフランス語
  • 19世紀のフランスが舞台
  • 主人公はジャン・ヴァルジャン

見どころは「愛とは、生きる力」が表現されている生き様

登場人物の紹介

  • ジャン・バルジャン
  • ファンティーヌ
  • コゼット
  • ジャベール
  • マリウス・ポンメルシー

監督はラジ・リ

脚本はウィリアム・ニコルソンら4人

原作ではミリエル司教がしっかり描かれている

映画を観るならU-NEXTで

ネット上の口コミ

ミュージカルは世界各地で公演

国内舞台の全国公演について

マンガ「LES MISERABLES」について

マンガ読むなら「まんが王国」がおすすめ

小説版のそれぞれの特徴

日本を舞台にしたドラマについて

「レ・ミゼラブル」は1862年にフランスの小説家・ヴィクトル・ユーゴーによって書かれた大河小説だ。

1本のパンを盗んだだけで19年間も監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯が描かれている。

世界中で愛され続けている作品で日本国内でも小説、アニメ、ドラマ、ミュージカルなどなど、さまざまな形で多くの人の心に影響を与え続けている。

「レ・ミゼラブル」の映画を観る際は、U-NEXTを利用するのがおすすめだ。前述の通り、31日間の無料トライアルが用意されているため、その期間を利用すればタダで「レ・ミゼラブル」を見ることができる。

興味がある人はぜひ登録してみてほしい。

>>レ・ミゼラブルを観るなら<U-NEXT>

 

スポンサーリンク

© 2021 One Million Labo