岡潤一郎騎手の落馬事故:競馬界を風のように駆け抜けた男の軌跡

「武豊のライバルとなりえた騎手」といわれた騎手が岡潤一郎だ。

現在50代から60代の競馬ファンにとっては懐かしい名前かもしれない。岡潤一郎は将来を期待されながら、落馬によって命を落とした騎手だ。

岡潤一郎騎手の落馬事故の詳細やプロフィール、騎手としての成績などを紹介しよう。

正確には岡潤一郎は元騎手だが、ここでは当時の活躍に敬意を表して岡潤一郎騎手とする。

岡潤一郎

記事の内容

  • 岡潤一郎のプロフィール
  • 岡潤一郎の落馬事故とは
  • 岡潤一郎の落馬事故の詳細
  • 岡潤一郎の容態は?
  • 岡潤一郎はオギジーニアスに騎乗する予定ではなかった
  • 岡潤一郎の形見は後輩へ受け継がれる
  • 岡潤一郎の葬儀について
  • 岡潤一郎の騎手としての成績
  • 岡潤一郎は武豊のライバルとなりえた騎手
  • 岡潤一郎のお墓はどこ?
  • 岡潤一郎の嫁は?
  • 岡潤一郎の同期の騎手
  • 総括

岡潤一郎のプロフィール

  • 名前:岡潤一郎(おかじゅんいちろう)
  • 生年月日:1968年12月7日
  • 没年月日:1993年2月16日(享年24歳)
  • 出身地:北海道様似郡様似町
  • 血液型:B型

岡潤一郎騎手は北海道浦河高等学校を中途退学し、競馬学校に入学する。明るく親しみやすい人柄で、誰にでも好かれる好青年だった。愛称のジュンペーと呼ばれ親しまれていた。

1988年に滋賀県にある、栗東トレーニングセンターの安藤正敏厩舎所属の騎手としてデビューを果たす。同じ年に「JRA最多勝利新人騎手賞」を受賞するなど、活躍を期待された。

1993年1月30日の京都競馬第7レース4歳新馬戦で、騎乗馬のオギジーニアスが故障を発生し、乗っていた岡潤一郎騎手は落馬してしまう。救急搬送されるも同年2月16日に死去した。

ファンや競馬関係者は、才能溢れる若き騎手の早すぎる死を悼んだ。わずか5年ほどの騎手人生だった。

岡潤一郎のプロフィール

岡潤一郎の落馬事故とは

レース中の落馬事故で、24歳という若さで死去してしまった岡潤一郎騎手。騎手という仕事柄、危険とは隣り合わせだ。

だからといって、まさか未来を約束されたような騎手がこんなに早く逝ってしまうとは誰が思っただろうか・・・

岡潤一郎騎手の落馬事故はどんな事故だったのか調べてみた。

岡潤一郎の落馬事故

落馬事故の詳細

岡潤一郎騎手の落馬事故が起こったのは1993年1月30日だ。京都競馬場で行われた第7レース4歳新馬戦でその悲劇は起こってしまったのだ。

岡潤一郎騎手が騎乗したのは、将来を期待されたオギジーニアス。実際にオギジーニアスは単勝2.7倍で一番人気だった。

その事故は突然起こった・・・オギジーニアスは左後ろ足を骨折し、左後方に大きくバランスを崩し転倒した。そのせいで岡潤一郎騎手は、馬場中央に投げ出されるような落ち方をしてしまった。

何度か落馬シーンを見たことがある競馬ファンにとっても、予想もしないような落ち方だったという。

落馬した岡潤一郎騎手は転がり、ヘルメットがずれてしまった。そして不運にもヘルメットがずれた頭部を、後続のシリウスギンガの脚が直撃したのだった。

当初はシリウスギンガに踏まれたといわれていたが馬は人を踏まないことから、蹴るような形で蹄が当たってしまったと思われる。まさに不運に不分が重なった事故だったといえるだろう。

岡潤一郎の落馬事故の詳細

岡潤一郎の容態は?

岡潤一郎騎手は救急搬送されたが、外傷性クモ膜下出血、頭蓋骨骨折、脳挫傷、脳内出血により意識不明の重体となった。懸命な治療を受けるも、肺炎を併発し1993年2月16日死去した。

岡潤一郎騎手の落馬事故後、京都競馬場は騒然となったが、当初は「落馬はよくあること」と命にかかわるような怪我ではないと楽観的に考えていたファンもいたようだ。

岡潤一郎騎手の重体のニュースが流れると、ファンの間には衝撃が走った。スポーツ新聞では毎日のように一進一退を繰り返す岡潤一郎騎手の病状を知らせる記事が踊った。

当時、岡潤一郎騎手のファンは、その記事を祈るような気持ちで読んだという。しかし、ファンの祈りが届くことはなかったのである。

岡潤一郎の容態

岡潤一郎が騎乗していたオギジーニアスのその後

岡潤一郎が騎乗していたオギジーニアス

岡潤一郎騎手が落馬事故の際に騎乗していたオギジーニアスは、レース後に左後ろ足骨折により予後不良と診断された。

予後不良とは競走馬がレースや調教中に故障を発生させた際、回復が極めて困難であると診断された場合に、薬物を用いた殺処分が打倒だと判断されることをいう。予後不良と診断されるケースは主に脚の故障が多い。

予後不良と診断されたオギジーニアスは、事故当日の1月30日に岡潤一郎よりも早く安楽死という形で天国へ旅立っていった。

この落馬事故で将来有望だった騎手と競走馬を同時に失ったことになる。なんともやるせない事故だった。

本当はオギジーニアスに騎乗する予定ではなかった?

岡潤一郎騎手が騎乗しレース中に予後不良を発生したオギジーニアスには、別の騎手が騎乗する予定だったのだ。岡潤一郎騎手はオギジーニアスに騎乗する予定ではなく、急遽決まった騎乗だった。

本来オギジーニアスに騎乗する予定だったのは、藤田伸二騎手だった。だが急に自厩舎の都合で、府中競馬場で自厩舎の馬に騎乗することになり、オギジーニアスに騎乗できなかった。

オギジーニアスは期待された馬だったので、このとき藤田伸二騎手は、「(オギジーニアスに騎乗できなくて)1勝を逃した」と思ったそうだ。

府中競馬場で岡潤一郎騎手の事故を見ていた藤田伸二騎手は「驚いた」と後に語っている。

岡潤一郎はオギジーニアスに騎乗する予定ではなかった

岡潤一郎の形見は後輩へ受け継がれる

岡潤一郎騎手が愛用していた形見のムチは、所属していた安藤正敏厩舎に残された。岡潤一郎騎手の死後、安藤正敏厩舎に所属した川島信二騎手に託されたのだ。

川島信二騎手は、安藤正敏氏に岡潤一郎騎手の形見のムチを託された際に「岡潤一郎のような騎手になれ」といわれたそうだ。

川島信二騎手は岡潤一郎の形見のムチを使って、見事初優勝を遂げた。偶然かもしれないが、なんだか不思議なパワーを感じてしまう。

現在も岡潤一郎騎手の形見のムチは、お守りとして大事にしているのだとか。

岡潤一郎の形見は後輩へ受け継がれる

岡潤一郎の葬儀について

岡潤一郎騎手の葬儀は、京都競馬場でJRA社葬として行われた。

JRA関係者だけでなく一般のファンにも開放され、多くのファンが岡潤一郎さんとの最後の別れに訪れた。

JRA社葬だけでなく地元でも葬儀が行われたかどうかを調べてみたが、詳しいことは分からなかった。

岡潤一郎騎手が多くの人に惜しまれながら亡くなったことは確かだろう。

岡潤一郎の葬儀

岡潤一郎の騎手としての成績

岡潤一郎の騎手としての通算成績は2177戦225勝だった。

年平均約45勝という成績からしても、「期待の新人騎手」といわれていたことだけはある。

初騎乗こそ7着で終わったが、同じ年の1988年3月20日に行われた、阪神12Rではトーヨーシンゲキに騎乗し初勝利を収めている。

また、同年に「JRA最多勝利新人騎手賞」を受賞した。

岡潤一郎の騎手としての成績

重賞

年月日

大会名

騎乗した馬

G1

1991年11月10日

エリザベス女王杯

リンデンリリー

G2

1990年5月6日

NHK杯

ユートジョージ

G2

1990年11月10日

デイリー杯3歳ステークス

ノーザンドライバー

G2

1991年10月20日

関西テレビ放送賞ローズステークス

エインデンリリー

G3

1991年3月3日

ペガサスステークス

ノーザンドライバー

岡潤一郎は武豊のライバルとなりえた騎手

競馬ファンであれば「岡潤一郎が生きていればな・・・」と考えたことが、一度くらいはあるのではないだろうか。岡潤一郎騎手は「武豊のライバルになる騎手」といわれていたのだ。

岡潤一郎騎手は武豊さんより1年遅れの1988年に騎手としてデビューした。その年に44勝をあげ、JRA最多勝利新人騎手賞を受賞したのだ。

1991年にはエリザベス女王杯で、初のG1制覇も成し遂げた。まさに絵に描いたような順風満帆な騎手人生で、これからもっと活躍していくだろう騎手だった。

ファンにとっても競馬関係者にとっても、岡潤一郎騎手の事故はとてつもない衝撃だったのだ。

岡潤一郎は武豊のライバル

岡潤一郎のお墓はどこ?

岡潤一郎騎手のお墓は、彼の出身地である北海道様似郡様似町にある。襟裳岬から程近い場所にある太平洋に面した静かな町が似郡様似町だ。

小高い丘の海が見渡せる墓地に岡潤一郎騎手のお墓はある。岡潤一郎騎手が亡くなってからすでに今年で28年になるが、今でもファンが墓参りに訪れるそうだ。

似郡様似町の市役所に問い合わせれば、岡潤一郎騎手のお墓の場所を教えてくれるというのだから驚きだ。それだけ岡潤一郎騎手が、地元の人にもファンにも愛された証拠だろう。

武豊騎手も年に1回か2回は似郡様似町まで、岡潤一郎騎手のお墓参りに出向いているとブログで綴っている。

武豊のほうが騎手としては1年先輩だが、岡潤一郎騎手と武豊騎手は同学年である。同じ学年で1年違いとなれば、親交もあったのだろう。少なくとも亡くなってからも墓参りを続けるくらいの関係だったということだ。

よき友よきライバルだったのだろうと想像してしまう。

岡潤一郎のお墓

岡潤一郎の嫁は?

岡潤一郎騎手は24歳という若さで亡くなっており、結婚したという情報もないことから嫁はいないと思われる。では、岡潤一郎と検索すると「嫁」と出てくるのはなぜだろうか。

岡潤一郎騎手が亡くなった翌年の1994年に、競馬学校同期生の菊沢隆徳さんが結婚式を挙げた。その招待客の中には、岡潤一郎騎手の席が設けられていたのだ。

このエピソードから岡潤一郎騎手が結婚していると誤解され、「岡潤一郎 嫁」と検索する人が一定数いたのではないかと考えられる。また、単純に岡潤一郎騎手が結婚しているかどうか気になった人が検索した結果かもしれない。

岡潤一郎の嫁

岡潤一郎の同期の騎手

岡潤一郎騎手は競馬学校4期生だ。

同期には、内田浩一さん、菊澤隆徳さん、岸滋彦さん、千田輝彦さん、藤原英幸さん、町田義一さん、横田雅博さんである。

現在は内田浩一さん、岸滋彦さん、町田義一さんは調教助手、菊澤隆徳さん、千田輝彦さんは調教師をしており、藤原英幸さん、横田雅博さんは引退している。

岡潤一郎騎手と同期の騎手で現在も騎手として活躍している人はいない。そう考えると、武豊騎手のすごさが分かるというものだ。

そして、その武豊騎手とライバルたりえると称された岡潤一郎騎手のすごさも分かっていただけるだろう。

岡潤一郎の同期

総括:岡潤一郎を忘れない

24歳という若さで落馬により亡くなった岡潤一郎騎手。騎手としてレースをする以上、落馬はある程度覚悟の上だろう。だとしても、岡潤一郎という騎手が生きていたら・・・と思わずにはいられない。

武豊騎手とライバルとして勝負を繰り広げる岡潤一郎騎手を見たかったというファンは今でも多い。

岡潤一郎騎手が亡くなってから今年で28年。これからは岡潤一郎騎手を知らない競馬ファンが増えていくだろう。けれど、かつて競馬界を風のように駆け抜けていった岡潤一郎という騎手がいたことを忘れたくない。

最後に、岡潤一郎騎手のご冥福を心からお祈りする。

 

スポンサーリンク

© 2021 One Million Labo