坂本有香の書:脱退理由=リトグリ=イジメという図式?yukaDD

坂本有香

坂本有香さんの名前が出るとき、どうしてもLittle Glee Monster(リトグリ)にいたYUKAさんとしての扱いが多くなる。確かに坂本有香さんはLittle Glee Monster(リトグリ)の結成時のメンバーであり、YouTubeに動画があがっていたりするが、まだメジャーデビュー前の話である。

Little Glee Monster(リトグリ)が大々的にメジャーデビューをしたのが2014年10月。その1年前には坂本有香さんは活動を休止し脱退している。それでもLittle Glee Monster(リトグリ)にいた坂本有香さんという扱いになるのは、それだけLittle Glee Monster(リトグリ)がデビュー前から注目されていた存在だからだろう。

歌のうまさでは飛びぬけていた7人である。

その歌姫・坂本有香さんは紆余曲折を経て『yukaDD(;´∀`)』(坂本有香)として今注目を浴びている。

記事の内容

  • 坂本有香は今『yukaDD(;´∀`)』として活動中
  • 『ドールズフロントライン』TVアニメ・オープニングテーマ
  • 坂本有香から『yukaDD(;´∀`)(ユカディーディー)』へ
  • 『yukaDD(;´∀`)』ついにメジャーデビュー
  • 『Superhero』にTWICEのモモが参戦!
  • 坂本有香・yukaDD(;´∀`)のインスタ
  • 坂本有香・yukaDD(;´∀`)のツイッター
  • 坂本有香とLittle Glee Monster(リトグリ)
  • Little Glee Monster(リトグリ)とは
  • リトグリを脱退した理由
  • リトグリ=いじめという図式
  • 坂本有香の歌うまの証明
  • 仕分けとは?
  • カラオケバトル挑戦
  • 坂本有香~yukaDD(;´∀`)までの変遷
  • 坂本有香の歌のうまさはピカイチ!
  • 総括

坂本有香は今『yukaDD(;´∀`)』として活動中

2012年、Little Glee Monster(リトグリ)のメンバーとなり芸能活動をスタートさせた坂本有香さんだが、そのLittle Glee Monster(リトグリ)を脱退してからはソロやユニットを組んで活動を重ねているだけの日々が続いていた。

歌がうまいだけでは売れない。売れるきっかけがつかめない。Little Glee Monster(リトグリ)はメジャーデビューしどんどん有名になっていく。

そんな中、yukaDD(;´∀`)としてメジャーデビューした1stシングル『Carry On』は東映系映画『シグナル100』の主題歌に起用され、『Superhero』のミュージックビデオにはTWICEのモモさんが参加して話題となった。そしてついに……。

『yukaDD(;´∀`)』=ユカディーディーと読む。

坂本有香は今『yukaDD(;´∀`)』として活動中

『ドールズフロントライン』TVアニメ・オープニングテーマ

戦略RPG『ドルフロ』として大人気の育成&戦略型スマートフォン用ゲームアプリ『ドールズフロントライン』が2022年に全世界に向けて同時放送/配信されることが決定した。そのオープニングテーマを任されたのが坂本有香ことyukaDD(;´∀`)だ。

この曲には今までの坂本有香・YUKA・YU☆KA・DIVABLEすべての想いが詰まっている。

Opening Theme Song『BAD CANDY』yukaDD(;´∀`)(坂本有香)

坂本有香から『yukaDD(;´∀`)(ユカディーディー)』へ

◆プロフィール

  • 名前:坂本有香
  • 生年月日:1999年4月20日
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 血液型:B型
  • 身長:154cm
  • 学歴:大阪スクールオブミュージック高等専修学校卒業

坂本有香から『yukaDD(;´∀`)(ユカディーディー)』へ

『yukaDD(;´∀`)』のDDにもちゃんと意味がある。坂本有香さんが生まれた4月の誕生石『ダイヤモンド』の『D』、歌姫を意味する『ディーヴァ』の『D』、そしてちょっとくだけて坂本有香さんが大好きな牛丼や親子丼など『丼ぶり物』の『D』が『DD』の由来となっている。

坂本有香さんはLittle Glee Monster(リトグリ)を脱退した後、ユニットやソロアーティストの活動をしながら大阪スクールオブミュージック高等専修学校に入学。音楽漬けの学校生活を送っていた。

そんな中、音楽プロデューサー・Jin Nakamuraさんが主催したアーティストオーディションに挑戦し、その時の驚異的なパフォーマンスが認められ見事合格を勝ち取っている。その2週間後にはLAでの初レコーディングへとコマを進め、帰国後はまたレッスン漬けの日々に戻っている。

2017年(18歳)「yukaDD(;´∀`)」としてデビュー配信シングル『HIGH SCHOOL FUNK!!!』をリリース。2018年『HOW DO I LIVE』、2019年『FIGHT FOR YOU』と続けて配信している。

『yukaDD(;´∀`)』ついにメジャーデビュー

『yukaDD(;´∀`)』ついにメジャーデビュー

2020年1月、正式なメジャーデビュー曲として『Carry On』をリリースし令和のディーヴァ・シンデレラが誕生する。

2021.03.17 『Carry On』を含む念願の1stCDアルバム発売

これまでの配信楽曲やYouTubeでのライブ映像とは別で正式にCDが発売され、初めて形になっての『yukaDD(;´∀`)』メジャーデビューアルバムになる。

『Superhero』にTWICEのモモが参戦!

TWICEのモモさんは坂本有香さんの大阪のダンススクール(『STEPOUTダンススタジオ』)時代の大先輩で、坂本有香さんの熱烈なオファーで協力してくれることになった。TWICEのモモさんがTWICE以外のミュージックビデオに1人で出演するのは初めてでかなり緊張したようだ。

撮影は韓国と日本のリモートで行われ、1人での撮影にナーバスになっていたモモさんにTWICEのナヨンが駆けつけその場の緊張を和ませていたというエピソードがある。同じダンススクールで学んでいたという強力な繋がりが坂本有香さんにとって大きなポイントになっている。運も坂本有香さんの背中を大きく押してくれたようだ。

まだ正式メジャーデビューまもない『yukaDD(;´∀`)』(坂本有香)のミュージックビデオにTWICEのメンバーであるモモさんが出演してくれるという大きな話題も、数年後にはあの『yukaDD(;´∀`)』(坂本有香)のミュージックビデオにはTWICEのモモさんも出演していた、となるのだろうか。

坂本有香・yukaDD(;´∀`)のインスタ

坂本有香・yukaDD(;´∀`)のインスタ

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yukaDD(;´∀`)(@yukadd_official)がシェアした投稿

ハンパなく歌のうまい坂本有香さんだが、実はかなりの絵心をもっているようだ。何気ないスナック菓子の画像かと思っていたらこのなかに1つだけ坂本有香さんが描いたスナック菓子のイラストがあった。そういわれてみればたしかに、とは思うがやっぱりなかなか区別はつかない。上手すぎる。

坂本有香・yukaDD(;´∀`)のツイッター

坂本有香・yukaDD(;´∀`)のツイッター

やっぱり歌うま!しっかりと自分の歌にしているところがスゴイ。

原点は演歌『島津亜矢』

実は、坂本有香さんの祖父が大の演歌好きでまだ小さい頃によく演歌の歌番組を祖父と一緒に観ていたという。そして堂々と歌う島津亜矢さんの姿がとにかくかっこよく「演歌歌手になりたい」と思い歌を始めたのが今の『yukaDD(;´∀`)』(坂本有香)の原点になっている。

幼少期より数々の大会でグランプリを受賞し『天才少女』と呼ばれ、藤山一郎氏には『日本の演歌の財産』とまで言われていた島津亜矢さん。ここ数年は演歌の枠を越えさまざまなジャンルの曲を歌いこなし『歌怪獣』の異名もある。そんなパワフルな島津亜矢さんと歌番組で共演する姿が観られる日も近いかもしれない。

坂本有香とLittle Glee Monster(リトグリ)

坂本有香さんはYUKAとしてLittle Glee Monster(リトグリ)の結成時のメンバーであることは周知のことだが、どうして脱退したのかは噂でしかわかっていない。

今のLittle Glee Monster(リトグリ)の活躍をみても、結成当初どれだけ注目を浴びて期待されていたグループなのかがわかる。そのグループをデビュー前に脱退しているのである。スカウトされたからではなく、自身で勝ち取った場所なのに。

Little Glee Monster(リトグリ)とは

Little Glee Monster(リトグリ)は世界に通用する女性ボーカリストとして「研ぎ澄ました歌声で人々の心に爪痕を残す」というテーマに基づき結成されたグループである。そのためメンバー全員の歌唱力は保証されている。

結成されたのが2012年7月。結成時のメンバーは、

  • 芹那
  • 麻珠
  • MAYU
  • かれん
  • LINA
  • アサヒ
  • YUKA

2013年5月オーディションによってmanakaが選出。

7人でスタートしたLittle Glee Monster(リトグリ)だが、7月にLINAが脱退し6人になる。翌8月、5月に選出されていたmanakaが加入しまた7人体制となったLittle Glee Monster(リトグリ)。ところが10月以降活動に参加しなくなったYUKAがそのまま自然脱退となり6人になった。

2014年3月ミニアルバム『Little Glee Monster』をHMV・Loppi限定でリリースした後、8月にメジャーデビューすることを発表し、10月29日にシングル『放課後ハイファイブ』で正式デビューしている。

リトグリを脱退した理由

坂本有香さんの名前が出るとどうしてもLittle Glee Monster(リトグリ)にいた坂本有香さんとしての扱いが多く、どうして脱退したのかまで注目されてしまうのだが、その一番の理由はLittle Glee Monster(リトグリ)というグループの個性の強さではないだろうか。

Little Glee Monster(リトグリ)脱退の理由については他のメンバーもそうだがイジメが原因とよくいわれている。坂本有香さんの場合はイジメられていたのではなくイジメていた側だという尾ひれのついた噂がある。ただ、あくまでも噂であり誰かの証言があったわけではない。

リトグリ=いじめという図式

【2013年7月にLINA(吉村リナ)が脱退】

吉村リナさんは脱退後、摂食障害・鬱を発症していて、Little Glee Monster(リトグリ)でイジメにあっていたからでは、という憶測も飛んでいた。

吉村リナさんは城田優さんの妹で、Little Glee Monster(リトグリ)ではセンター的な立ち位置で歌っていた。イジメにあって脱退というのは想像できてしまう条件は整っているようだ。

【2013年10月YUKA(坂本有香)脱退】

YUKA(坂本有香)さんの場合、10月からLittle Glee Monster(リトグリ)の活動に参加しなくなりそのまま自然脱退という形になった。

脱退理由が伝えらえれることもなく、YUKA(坂本有香)さん本人からもコメントがない『自然脱退』という不自然な脱退だったため、イジメそれも他のメンバーをイジメる側だったため強制脱退させられた、という噂がたっていた。

ただ、意見の食い違い、真剣さゆえのまっすぐな言葉の強さが相手にはきつく感じられたのではないかということも否めない。まだ相手を思いやれるような年齢ではなかったのかもしれない。そしてLINAさんが脱退した原因の1つにYUKA(坂本有香)さんがあってそこに責任を感じての脱退したのではないかという声もあった。

【2017年6月麻珠(荒井麻珠)脱退】

麻珠(荒井麻珠)さんは4月にグループ活動無期限休止を発表し6月に脱退している。自分のペースで音楽の勉強をしたいからという脱退理由が発表され、現在はソロボーカリスト・荒井麻珠として活動している。ここではイジメという言葉は出ていない。

Little Glee Monster(リトグリ)とはとにかく歌がうまい女性ボーカルが集まったグループという印象が強い。歌で勝負する姿勢が強いから歌っていても常に個性のぶつかりあうグループというイメージを持たれてしまうのかもしれない。ちょっと他の女性グループとは違うものを感じている。

多人数で歌うグループの中にはいろいろな個性があり、みんながみんな仲良しというわけにはいかないだろう。ただ見た目は仲良しグループである。人数の少ないLittle Glee Monster(リトグリ)はというと少ないから仲良し、という雰囲気はあまり感じられない。ベタベタしていないからだろうか。

それぞれの歌のうまさは芸能界でも上位に位置付けされているからこそ、それぞれの個性がぶつかりあうこともあるのではないだろうか。

ただ、LINA(吉村リナ)さんとYUKA(坂本有香)さんに関しては、Little Glee Monster(リトグリ)のメンバーだったとはいえまだメジャーデビューする前での脱退なので、本人たちもLittle Glee Monster(リトグリ)のメンバーたちもあまり脱退ということを前面に出してほしくはないだろう。

坂本有香の歌うまの証明

歌手が出演する普通の歌番組は以前ほどの人気もなくその数も少ない。そんな中で歌手も含め一般人が参加して歌うまの競争する番組が不定期にゴールデンタイムで放送されていて視聴率をあげている。

そんな有名な歌のバトル番組に坂本有香さんも出演している。坂本有香=歌うまという図式の証明であり坂本有香さんの歌うま度をアピールしている。

その番組の審査方法は人間が点数をつけるものより、カラオケマシンが点数をつけるものが主流となっている。人間がつける点数はどうしても気持ちが偏ったりしがちで、しかも全出場者の歌声を聴いてからつけるものではないので、前の歌い手によって後者の点数にブレが出やすく正当な評価とは言い切れない。

逆にカラオケマシンは音程のズレは100%正確に判定される。あとのプラス部分は抑揚やしゃくり、こぶしなどのプラス点があるがマシンによってその基準は違っているだろう。それでもプラス点で優勢に立つことが重要なポイントだ。

仕分けとは?

「仕分け」とは『関ジャニ仕分け∞歌うまキッズ』のことである。関ジャニメンバーが歌うまキッズの出場者の中から勝てそうな1人をチョイスしてどちらが勝つかを対戦ささえて競う番組である。坂本有香さんの他に現役Little Glee Monster(リトグリ)のメンバー芹那(長谷川芹那)さん、アサヒ(小林あさひ)さんも出場している。芹那さんは初代チャンピオンでもある。

カラオケバトル挑戦

『カラオケバトル』という番組はおもに一般人が歌うまを競う番組である。たくさんの応募者の中から選ばれた数人が出場できる。優勝を重ね『四天王』と呼ばれる称号を手にするためカラオケで練習を重ねて挑戦してくる。出場者の中にはプロになった人もいる。

THEカラオケバトル動画BEST

初出場で決勝進出を果たした坂本有香さんだが、惜しくも四天王・鈴木杏奈さんに敗れてしまった。ここは歌のうまさというよりカラオケマシンの得点の上げ方を熟知している四天王の勝ちということだろうか。

この『カラオケバトル』で番組最多の10冠を達成している絶対女王『城南海』さんは、カラオケマシンのプラス点となるこぶしを駆使した勝者である。沖縄民謡独特のこぶし「グイン」を入れて歌うとプラス点が非常に高くなる傾向にある。城南海さんは「グイン」を自然と入れて歌っているとは思うのだが、聴きなれない人にとっては使い過ぎている感がありちょっと違和感を感じていた人も少なくはないだろう。

坂本有香~yukaDD(;´∀`)までの変遷

歌のうまさでは定評のある坂本有香さんのLittle Glee Monster(リトグリ)在籍時代のYUKAさんから現在の『yukaDD(;´∀`)』(坂本有香)までを歌声の変遷とともにを追ってみた。

【年代不明】Little Glee Monster(リトグリ)デビュー前

【2013.06.22】『Season of Love』Little Glee Monster

【2013.06.25】『Oh Happy Day』Little Glee Monster

【2015.08.29】『Born This Way (Lady Gaga)』YU☆KA(坂本有香)

【2016.02.18】『I belive』YU☆KA(坂本有香)

【2016.02.28】『WINDING ROAD』YU☆KA・SUZUKA

【2016.03.19】『栄光の架橋』DIVABLE

【2016.04.22『未来へ』YU☆KA(坂本有香)

【2016.07.15】『アメイジング・グレイス』YU☆KA(坂本有香)

【2020.01.10】  1st Digital Single『Carry On』yukaDD(;´∀`)(坂本有香)

【2020.11.25】『Superhero-Japanese Short Ver.』yukaDD(;´∀`)(坂本有香)

【2020.12.11】『Superhero』Music Video yukaDD(;´∀`)(坂本有香)

【2021.01.29】『#goals』Teaser Movie yukaDD(;´∀`)(坂本有香)

【2021.03.05】『21x21』Music Video yukaDD(;´∀`)(坂本有香)

総括:坂本有香の歌のうまさはピカイチ!

記事のポイントをまとめよう

Little Glee Monster(リトグリ)のメンバーだった坂本有香の今

  • YU☆KA、DIVABLE、SUZUKAとのユニットからyukaDD(;´∀`)としてデビュー
  • 人気ゲームアプリ『ドールズフロントライン』のアニメ版のオープニング曲を担当
  • TWICEのモモ出演のミュージックビデオ『Superhero』が人気

Little Glee Monster(リトグリ)を脱退した理由

  • イジメる側で強制脱退させられたというのは本当か

歌うまの証明

  • 『関ジャニ仕分け∞歌うまキッズ』に出演
  • 『カラオケバトル』で四天王と対戦
  • 坂本有香の音楽の変遷をYouTubeで観る

芸能界には噂がつきもの。それに振り回されず自分を信じて歌い続けている坂本有香さんがやっと目指していたデビューを果たし、夢に向かっての第一歩を踏み出した。

その歌声を信じ突き進んでもらいたい。

 

スポンサーリンク

© 2021 One Million Labo