松崎淳美の現在は60歳の還暦で印税生活?:トムキャット

1980年代に爆発的にヒットした「ふられ気分でRock'n' Roll」という曲を覚えているだろうか。

大きな黒いサングラス姿の女性ボーカルがハスキーボイスで視覚的にも記憶に残っているファンも多いのでは?

今回は、トムキャット(TOM★CAT)のボーカル松崎淳美にスポットライトを当てて、気になる情報を調査してみた。

基本的なプロフィールから現在の暮らしについてまで、ぜひ最後までお付き合い願いたい。

できれば、TOM★CATの代表曲「ふられ気分でRock'n Roll」をBGMに流しながらお楽しみいただければ何よりだ。

松崎淳美

記事の内容

  • 松崎淳美のプロフィール:トムキャット(TOM★CAT)
  • TOM★CATのボーカル・キーボードとしての松崎淳美
  • 所属バンドである「TOM★CAT」の実績とは
  • TOM★CATの松崎淳美は身長150cmだった!?
  • 松崎淳美の現在:職業や結婚など
  • 松崎淳美のブログやインスタは存在するのか
  • 松崎淳美のライブ映像
  • 松崎淳美の最新画像

松崎淳美のプロフィール:トムキャット(TOM★CAT)

まずは松崎淳美の基本的なプロフィールからTOM★CATでの実績を紹介する。

基本的なプロフィール

松崎淳美。本名松崎淳美(まつざき あつみ)は1961年11月12日生まれの日本人女性である。

千葉県の出身で、千葉県立八千代高等学校を卒業している。その後、東京造形大学に進学している。

千葉県立八千代高等学校時代は体操部に所属していた。

職業はアーティスト、作詞家、作曲家、家具職人などである。

作曲家としては、久松史奈や森川美穂に曲を提供した実績がある。

松崎淳美のプロフィール

TOM★CATのボーカル・キーボードとしての松崎淳美

松崎淳美といえばTOM★CATでの活動が真っ先に思い浮かぶのではないだろうか。TOM★CATでは芸名TOMとしてボーカル・キーボードとして参画していた。そう、TOM★CATというバンド名は彼女の芸名が由来とされている。

松崎淳美といえばもう1つ代名詞がある。それは彼女の顔半分を覆うほど大きなサングラスである。当時の時代背景から考察するに、松崎淳美のサングラスはトレンドが理由だと考えられる。というのも、1980年代には大きなサングラスが流行しており、クールでファッショナブルなイメージがあったのである。

よく、シャイで人見知りを理由に大きなサングラスをしていた、という説が浮上するが、本人はとても人懐っこい性格をしており、人前に出ることを嫌うタイプではない。

このサングラススタイル=TOM★CATと記憶している当時のファンも多く、今もテレビで大きなサングラスをした芸人がいると「TOM★CATかよ!」と突っ込まれるお決まりのくだりが存在している。

所属バンドである「TOM★CAT」の実績とは

前述の通り、松崎淳美といえばTOM★CATだ。

TOM★CAT(トム・キャット)は、1984年に結成された日本のバンドグループである。

パートはボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードで構成されていた。

実は、オリジナルの結成は1978年に東京造形大学で結成されたバンド「FUNKY NOISE」(1978-1981)がTOM★CATである。

メジャーデビューは1984年11月と記録されており、デビューしたレーベル現在のポニーキャニオンでもある「キャニオン・レコード」だった。

TOM★CATがメジャーアーティストとして活動したのは、1984年から1987年である。

このわずか3年間で複数の名曲を残して表舞台から姿を消した。

TOM★CATは特に人気が高い作品を2曲リリースしている。

1曲目は彼らのデビュー曲でもある「ふられ気分でRock'n' Roll」だ。

なんと、第15回世界歌謡祭グランプリ受賞曲なのである。

ふられ気分でRock'n' Roll

また、1985年のオリコン年間ヒットチャートではなんと18位にランクインした。

この曲は1984年に発売したが、翌年に渡るほどのロングヒットを記録した。

実はこの曲の作詞作曲をTOM(松崎淳美)が担当したのだが、覚えているファンは意外と少ない。

2曲目は「TOUGH BOY」である。

テレビアニメ北斗の拳の2番目のオープニングテーマ曲に採用されている。

TOUGH BOY

「TOM★CAT」の実績

まだ「アニソン」というワードが市民権を得ていなかった当時、アニメの知名度もあって圧倒的な人気を誇った。当時の少年や男性は北斗の拳を見ていない人はいないのではないかと言われるほど愛していた。

ロックでアップテンポの曲調が印象的で、21世紀になった現在でも十分に通用するメロディーラインだと評価するファンも多い。この曲は「ふられ気分でRock'n' Roll」と並んでTOM★CATの代表曲として今もカラオケで歌われている。

TOM★CATはその後、1987年にメジャーレーベルから離脱。

解散はしていないが、目立った活動はほとんど記録されていない。

TOM★CATの松崎淳美は身長150cmだった!?

メディアに登場する松崎淳美は堂々とした風貌で、大柄に見えてもおかしくない。

だが、実は意外と小柄で、身長は150cmしかないとされている。

テレビを見て松崎淳美を知った一部の人からは、性別がわからないという声もあった。

少年のような透き通った声と、太くハスキーな歌声、比較的短いヘアスタイル、そして何よりも顔の半分を覆うほど大きなサングラスを着用していたからである。

結論としては、松崎淳美は間違いなく女性である。

全盛期のバンドメンバーと立って並ぶシーンがあり、かなり小柄であることがはっきりと映し出された。

今思うと、あんなに小柄な女性から、パラフルでハスキーな歌声が発せられていたのだから驚きである。

松崎淳美は身長150cm

松崎淳美の現在:職業や結婚など

過去のインタビューを調べたところ、松崎淳美は現在はフルタイムの勤務はしていないようだ。

TOM★CATが事務所を去った後は、東京都に本社を構える溶接工場「株式会社丸鐵工房」に勤務していたことが本人登場のテレビ番組で判明している。

鉄で家具を作ってみたいと思ったことから、一時的に溶接を学ぼうと思ったのがきっかけとのこと。

だが一時的に勤務するつもりがハマってしまい、気付けば何年も溶接工場で勤務していたようだ。

独自の感性をもつ彼女にとって、音楽も鉄加工もおなじ「制作活動」というくくりなのかもしれない。

また、松崎淳美は溶接工場に勤務する傍ら、音楽活動も続けていたようだ。

例えば、2000年代にはライブハウス国分寺Morganaで共同ライブを開催している。

なお、このライブハウスは2021年7月現在、パンデミックの影響で閉鎖の危機に陥っており、クラウドファンディングに挑戦中である。

松崎淳美が帰る場所がこのままだとなくなってしまう。

この記事を読んだファンには、ぜひとも支援をお願いしたい。

さて、音楽活動といっても、本人がフロントに立って観客を魅了する形式ばかりではない。

松崎淳美が、多くのアーティストに楽曲を提供していたのをご存じだろうか。

有名なアーティストだと、久松史奈や森川美穂が歌う曲を提供したという実績を持っている。

松崎淳美は自身の歌った楽曲に加えて自身が提供した楽曲の印税収入の権利を有しているようだ。

例えばラジオやテレビなどで、彼女の曲がワンフレーズでも使用されれば彼女に印税が支払われる。

この印税収入が年に2回入ってくるようで、溶接工場での勤務は趣味の一環と本人は語っている。

具体的な印税収入は公表されているわけではない。だが、朝から夜まで働かなくても生活できるくらいの印税は入ってくるようだ。

往年のファンはホッとする瞬間である。松崎淳美は現在、印税が入る悠々自適な生活を送っているので安心していただきたい。

松崎淳美の現在:職業や結婚など

結婚はしているか?

彼女も2021年で60歳、還暦である。

そんな松崎淳美が結婚しているのか気になるのは筆者だけではないはずだ。

松崎淳美の結婚相手について調査してみたところ、残念ではあるが確実な情報は得られなかった。

有名人を調べてプライベートな情報が出てこない場合、主に2つの可能性が挙げられる。

1つは本当に何もないパターンだ。

結婚はしておらず、現在も独身というケースである。

火のない所に煙は立たぬ。というように、本当に何もないパターンだ。

2つ目は、結婚相手が一般人だった場合である。

一般人で一般企業に勤務している場合、有名人との結婚によって生活が一変することを望まない人もいる。

そのような場合は、結婚について極力公表せず、もし情報が出回っても結婚から数年後になる可能性がある。

松崎淳美の場合は、おそらく前者の、本当に独身ではないか、という見解が有力だ。

一方で、まだまだアクティブに見えるため、今後結婚相手が見つかる可能性は十分にある。

松崎淳美のブログやインスタは存在するのか

最近は有名人がインターネット上で活動するケースが増えている。

松崎淳美がインターネットで活動しているか気になる人も多いのではないだろうか。

結論から記載すると、2021年現在、実名や芸名でのインターネット上での活動実績は確認できなかった。

では、過去にブログやSNSアカウントは存在したのだろうか。

この疑問の答えを見つめるべく、過去のWebサイトを調べてみた。

調べてみたところ、2010年ごろまでWebサイトを運営していたことが発覚した。

Webサイトには、彼女のブログやライブ情報が掲載されており、ファンにとってはたまらない情報だったに違いない。

また、溶接業で培った技術を生かしてタックルボックスを制作した事例が紹介されていた。

Webサイトのソースコードによると、2002年から運営を開始しており、2010年ごろに閉鎖したようだ。

既に閉鎖済みではあるがURLは次の通りである

http://homepage.mac.com/tom22cq/Menu4.html

またいつかWebサイトを再開する可能性があるため、随時確認したい。

松崎淳美のブログやインスタ

彼女のWebサイトを調べていて印象的な点が2つある。

1つ目は、改めてクリエイティブな才能を持った人物だと見受けられた点である。

というのも、Webサイトの最下部にMacで制作されたことが表記されていたためだ。

ご存じの通り、Macを開発したのはアップルコンピュータ(通称Apple)というアメリカのメーカーである。

Appleは2007のiPhone発売をきっかけに爆発的に有名になったのだが、それまでは一部のクリエイティブな人間のみが愛用するデバイスという位置付けだった。

そんな中、2002年からMacのコンピュータを操ってWebサイトを運営していたのだから、松崎淳美は最先端のクリエイティブな技術の持ち主だったことがわかる。

2つ目の印象的な点は、同じく技術的な面でのことだ。

2002年といえば、デジタルカメラが今よりもはるかに高価だった時代である。

そのころからカメラで身の回りのものや自身が制作した作品を撮影して、インターネットにアップロードしていたのだ。

パソコンに精通していないとデジカメからパソコンに写真を転送する作業は難しい。

その難しい処理をこなしていたかと思うと、パソコンへの理解が他の人よりも早かったことが想像できる。

やはり優れた能力を持っていた人物である。加えて、2000年代からパソコンの最前線にいたというのだから、インターネット時代を予知していたのかもしれない。

現在は既に閉鎖されたWebサイトではあるが、現在はインスタグラムやTwitterなど、発信ツールは無数に存在している。

今後、松崎淳美が我々に向けて情報発信してくれることを期待しよう。

松崎淳美のライブ映像

リアルタイムでTOM★CATとともに全盛期を過ごした人にとってはTOM★CATのライブ映像はとてもエモーショナルなものだ。

人の記憶というのは、嗅覚や聴覚と関連付けられているという研究もあるくらい五感とのつながりがある。

TOM★CATのライブ映像を視聴することができれば、あの頃の熱い気持ちがよみがえってきそうだ。

現在、TOM★CATのライブ映像はインターネット上にわずかながら公開されている。

松崎淳美のライブ映像

ただし、ご存じの通り、Youtubeやその他動画シェアサービスではいつビデオが削除されてもおかしくない。ビデオの所有者が削除したり、Youtube運営担当が削除したり、理由は様々ではあるが、昨日まで視聴できたビデオが今日は削除されてしまって二度と視聴できない。そんな状況を筆者は何度も経験してきたからである。

上記の理由から、ぜひ今のうちにYoutube上の動画を楽しんでいただきたい。

ダウンロードはできない仕様になってはいるが、くれぐれもダウンロードはしないようにご留意願いたい。これは違法につながるためである。

上記のインターネット上のビデオ以外に、市販品の有無も調査してみた。

結論から申し上げると、残念ながら2021年時点ではDVDやブルーレイディスクで購入できる商品は存在していなかった。

TOM★CATの映像をすぐに楽しむには、テレビの定期的な歴代ヒットパレードかインターネット動画を視聴するしかないようだ。

インターネットが普及するまでは、自分が見たい映像を自分から選ぶことは困難だった。そう考えると、インターネットに昔のライブ映像が公開されていることに感謝したい。

松崎淳美の最新画像

2021年の松崎淳美の最新画像は発見できなかった。

インターネットにある松崎淳美の最近の画像は過去に放映されたテレビの特集や雑誌の特集に限定されている。

あまり公の場に登場しない人物だからであろう。1980年代から変わらずに人懐っこい表情をしているのが印象的だった。

松崎淳美の最新画像

松崎淳美の最新画像

松崎淳美の最新画像

総括:松崎淳美について

以上、TOM★CATの松崎淳美に関する情報を調査してご紹介した。

テレビで見なくなってからすでに30年以上経過しているが、今でもカラオケでは必ず歌う人がいるほど人気のある女性だ。

インターネット上では彼女の代表曲をカバーする者も多数登場している。

日本だけではなく、海外のファンが彼女の曲をカバーすることもあるようだ。

そんな松崎淳美本人は、現在自分が手掛けた曲の印税を得ながら自由な生活を送っていることが分かった。

また、メディアによる特集によると、今後も楽松崎淳美は作詞作曲を続けていきたいという意欲を見せていた。

まだまだ元気に音楽活動をしているようで、ファンにとってはうれしい限りである。

以上の踏まえると、近い将来、松崎淳美をテレビでまたみられるようになる日がくるかもしれない。

今後も松崎淳美さんの活動に注目していきたい。

 

まだ観てないの!?無料のマーケメディアデイズ!

スポンサーリンク

© 2021 One Million Labo