日航機墜落事故生存者はなぜ助かった?嫌がらせやタブー少年の真相

1985年8月12日、18時00分に羽田空港を出発し18時56分に伊丹空港へ到着する予定だった日本航空123便は目的地に着くことなく、結果として520人の死亡を招く史上最大規模の航空事故を引き起こしました。

著名人も多く犠牲になったことから大きな衝撃を与えた墜落事故ですが、大惨事のなか4人の生存者がいたことは不幸中の幸いと言えます。

この記事では日航機墜落事故で4人がなぜ助かったかを軸に、日航機墜落事故について解説します。

日航機墜落事故生存者 なぜ助かった

記事の内容

  • 日航機墜落事故生存者はなぜ助かったか?
  • 日本航空123便の出発と直後のトラブル
  • 機長とクルーの必死の操縦がすごい
  • 御巣鷹山へ日本航空123便墜落
  • 墜落直後の動きと救助活動開始まで
  • 御巣鷹山での救助活動と生存者
  • 日航機墜落事故生存者はなぜ助かった?様々な噂話
  • 生存者は他にもいた?消えた男の子の噂
  • 生存者が殺されたという話
  • 嫌がらせと好奇の目
  • キャンセル待ちで乗った人と乗れなかった人
  • 日本航空123便に乗るはずだった人
  • 日航機墜落事故生存者はなぜ助かったか=奇跡的な偶然
  • 総括

日航機墜落事故生存者はなぜ助かったか?

日航機墜落事故と言えば、1985年8月12日のこの事故を指す言葉になっており、死者数520人というのは未だに単独機の航空事故として世界最多です。

タイミングが悪いことに、お盆入り前日ということと夕方のラッシュ時が重なったことから、乗客数が非常に多かったことも被害が大きくなった原因となりました。

まずはあの日、日本航空123便に何があったのかと、難航を極めた墜落後の救助活動について、時系列に従って見ていくことにします。

日航機墜落事故生存者はなぜ助かったか?

日本航空123便の出発と直後のトラブル

1985年8月12日18時12分、伊丹行の日本航空123便が乗客509名、乗員15名を乗せ羽田空港を離陸しました。この機体は事故当日も千歳や福岡と羽田を往復しており、伊丹へ向かうフライトがこの日5回目のフライトでした。

離陸から約12分後の18時24分35秒ころ爆発音が確認され、わずかの時間で機体を操縦するための油圧システムの作動油が全て喪失する事態となったのです。

事故調査報告書によればこの墜落事故の約7年前にこの機体が起こした「尻もち事故」の修理の際、ボーイング社が不完全な修理を行ったため「後部圧力隔壁が損壊し、引き続いて尾部胴体・垂直尾翼・操縦系統の損壊が生じ、飛行性の低下と主操縦機能の喪失をきたしたため」の重大トラブルでした。

日本航空123便の出発と直後のトラブル

機長とクルーの必死の操縦がすごい

トラブル発生から3分ほどの間に油圧全喪失状態で全操縦舵故障という異常事態の中、高濱雅己機長・佐々木祐副操縦士・福田博航空機関士の3名は必死に機体のコントロールを試みます。

しかしこれが分かったのはボイスレコーダーの音声が公開されたことによるもので、残念ながら亡くなった高濱雅己機長の家族には事故後しばらくは、事故犠牲者の遺族から非難の声が浴びせられ続けました。

激しいダッチロールと上下動を繰り返しながら飛行を続けた日本航空123便ですが、18時46分ころにはコントロールできないまま山岳地帯へ迷走していき、ボイスレコーダーには機長の「これはだめかも分からんね」という発言が残されています。

御巣鷹山へ日本航空123便墜落

18時56分26秒、日本航空123便は期待が傾いたまま右主翼の先端が高天原山の尾根に墜落しました(報道による御巣鷹山への墜落というのは誤報。現在は御巣鷹山の尾根と改称)。

右主翼が稜線に引っかかる形で機体は前のめりに裏返しになりながら衝突し、衝撃で分離した機体後部以外は原型を留めないほど破壊されました。

奇跡的だったのは、分離ししまった機体客室後部が斜面とほぼ平行に着地し、尾根の斜面を滑りながら時間をかけて停止し火災も発生しなかったことです。これによって機体客室後部からだけ生存者が発見される結果となりました。

御巣鷹山へ日本航空123便墜落

墜落直後の動きと救助活動開始まで

結果から話すと墜落した日本航空123便の捜索は難航し、救助活動が開始されたのは墜落から14時間以上たった翌8月13日9時ころです。

機体に異常が発生したすぐあとに緊急事態を表す「スコーク7700」という信号を航空自衛隊は受信しており、すぐさま情報収集を開始しました。そして18時56分ころレーダーサイトから機影が消えたことから墜落したものと判断し、19時01分茨城県のある百里基地からF-4戦闘機2機を発信させています。

19時15分ころたまたま付近を飛行していた米軍機が現場付近の火災を発見し、これが最初の現場確認と言われています。19時21分には百里基地を発信した航空自衛隊のF-4も現場の火災を発見し、それぞれ通報しましたが残念ながら正確な墜落地点とは誤差数キロという精度でした。

また20時21分に墜落地点の黒煙を確認してから「長野県に墜落した」など情報が錯綜し、また当時のヘリ装備では夜間の捜索が困難を極めたのです。

現場へ最初に降り立ったのは8時30分ころの機動隊員2名で、9時ころから陸路の陸上自衛隊第13普通科連隊と第一空挺団員が現場に到着し、本格的な救助活動が始まりました。

御巣鷹山での救助活動と生存者

自衛隊に続いて地元の消防団なども続々と現場に入り、消防団員によって最初の生存者が発見されたのが10時30分ころで、34歳女性と8歳の女子小学生の母子、12歳の女子中学生、非番の客室乗務員の26歳女性の4人が救助されました。

現場からの報告では「この4人以外は即死あるいは即死に近い状態だった」とありますが、生存者の証言によれば、少なくとも墜落直後は周囲にいたようで、救助活動がもっと早くに開始されていればさらに多くの人命を救えた可能性もあります。

結果的に生存者4人は墜落時の衝撃が少なかった機体客室後部の乗客のみで、墜落時に分離してしまいなおかつ尾根の角度に限りなく近く着地したという、神様のいたずらともいえる偶然の産物だったのです。

日航機墜落事故生存者はなぜ助かった?様々な噂話

空前の犠牲者を出してしまった日航機墜落事故ですが、この事故では墜落原因や生存者に関する様々な噂やデマが飛び交い、生存者が好奇の目にさらされるなど問題点も教訓として残っています。

また偶然日航機123便に搭乗しまった人や、逆に登場する予定だったのに乗らずに済んだ人など、運命を感じさせる事例も多かった事故です。

ここからは日航機墜落事故にまつわる噂など、関連することを追っていきます。

日航機墜落事故生存者はなぜ助かった?様々な噂話

タブー?少年の写真と消えた男の子

ここに救出活動中をとらえた一枚の写真があり、これがいろいろな憶測と噂を呼んでいます。ご覧のように、自衛隊員が小さな少年を救助している写真です。

写真を見ると応急処置をしたような様子もあり、当時現場からの生放送でフジテレビの山口真記者が「今12、3歳の少年が救出され自衛隊員に担がれ尾根に向かいました。まもなく自衛隊のヘリコプターで救出されるものと思われます」と放送していました。

しかし、なぜかその後の生存発表には「女性4人だけ」となっていたのです。これには多くの人が違和感を覚え、「タブーとされる少年がいる」と様々な噂が流れてしまいました。

今も尚、この少年についての真相は明らかになっていませんが、残念ながら亡くなってしまった可能性が高いように感じます。

生存者は他にもいた?消えた男の子の噂

生存者が殺されたという話

まったく証拠がない話ですが、一部では「生存者は自衛隊に殺された」という噂があります。もっともらしく語られていて、墜落の原因を作ったのは自衛隊の標的機が日本航空123便に衝突したせいで、それを世間に知られないために生存者を殺したと言うのです。

またこの話には別の噂もあって、隠蔽のため救助活動を送らせたかった自衛隊は、命令を無視して救助に向かおうとした自衛隊員を射殺したというものもあります。

にわかには信じがたい話ですが、あくまで噂レベルの話です。

嫌がらせと好奇の目

日航機墜落事故から奇跡的に生還した4人のその後ですが、平穏には暮らすことが出来なかったようです。

嫌がらせの電話がかかってきたり、心無いマスコミによる取材だったり、日航機墜落事故からしばらくはかなり精神的に追い詰められるような状態だったと伝わります。

また機長などクルーの遺族にも嫌がらせや、まるで人殺しの家族に対するような罵詈雑言が浴びせられましたが、ボイスレコーダーの内容が公開され、必死に墜落を回避しようとしていたことが理解されると、事故の遺族からも感謝の言葉が掛けられるようになったと言います。

キャンセル待ちで乗った人と乗れなかった人

日航機墜落事故はお盆に差し掛かる8月12日の夕方の便だったので、他の航空機を含めてほとんどが満席の状態でした。そのため不幸にして事故に巻き込まれたケースも多く、普段は全日空しか使っていなかった歌手の坂本九さんが仕方なく日本航空123便に搭乗したのは有名な話です。

また日本航空123便は当日僅かながら空席もあり、キャンセル待ちで乗った人もいれば、ぎりぎり乗れなかった人もいて、その差が生死の境になってしまうとはその瞬間には分からなかったことです。

釣りライター大西満さんの体験談によると、大西さんの2人前までの人でキャンセル待ちの搭乗が終わってしまい、前の男性から「残念やなあ」と話したそうですが、結果的にその二人は命拾いしたわけです。

日本航空123便に乗るはずだった人

日航機墜落事故では乗るはずだったのに色々な理由から登場せず難を逃れた人の話も多く聞かれます。

有名なところではタレントの明石家さんまさんがいます。東京でのテレビ収録が早く終わったので一便早い全日空便に振り替えました。しかし日航機墜落事故がショックだった彼は以後の東京大阪間の移動は新幹線を使うようになり、この経験から座右の銘は「生きているだけで丸儲け」になりました。

総括:日航機墜落事故生存者はなぜ助かったか=奇跡的な偶然

記事のポイントをまとめます。

日航機墜落事故生存者はなぜ助かったかについて

日本航空123便のフライトの様子と墜落まで

  • 墜落原因の直接の原因はボーイング社の修理ミス
  • 最後まで必死に機体を操作しようとし続けた機長
  • 墜落の様子と、あまりにも遅れてしまった救助活動
  • 墜落から15時間以上経過して救助されたのは女性4人だけ

日航機墜落事故にまつわる噂やその他の話

  • なんとも不思議な消えた男の子
  • 自衛隊陰謀説はかなり疑わしい都市伝説です
  • 当時からいる心無い人々に失望
  • 紙一重で助かった人と巻き込まれてしまった人

よく航空機事故は自動車事故より遭遇する可能性が低いと言われますが、ひとたび起こってしまえば日航機墜落事故のような大惨事になってしまいます。

最終報告ではボーイング社の修理ミスという、避けられたはずの人為的な原因が事故の引き金になりました。一方で524人のうち生還できた4人が助かった理由は、人為的とは対照的な偶然の積み重ねによる結果です。これは偶然乗らなかったり、乗れなかったりした人も同様です。

痛ましく悲惨な結果でしたが、人知を超えた不思議な力も感じてしまう日航機墜落事故です。

心に響く書籍

次の4冊の本は、心が揺さぶられるので是非とも読んでみてほしいです。

U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアルでもらえる600円分のポイントを利用すれば、ほぼ負担はないと思います。

また、見放題カテゴリーにある、もの凄い数の映画やドラマ、アニメなどを31日間無料視聴することもできます。

日航機墜落 ―123便、捜索の真相

御巣鷹山と生きる―日航機墜落事故遺族の25年―

悲しみを抱きしめて 御巣鷹・日航機墜落事故の30年

尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故

600円分のポイントを使い書籍が読める

U-NEXTの無料トライアルはこちら

※「見放題動画」を31日間無料視聴することもできます

 

 

スポンサーリンク

© 2021 One Million Labo