オンデマンド再生とは【映像・音楽・ゲームに分けて完全解説】

皆さんは「オンデマンド再生」をご存知だろうか。テレビやCMなどで、耳にしたことがある人も少なくないだろう。

しかし、耳にしたことはあるが、実際に何か?と聞かれると言葉に詰まってしまうのではないだろうか。

私も「オンデマンド再生」という言葉自体は知っているが、実際に説明するとなるとよくわからない。

今回は、私のように「オンデマンド再生」自体は聞いたことがあるが、内容に関してはよく分からない・・・・という人のために、「オンデマンド再生」についてその種類などを調査してみた。

オンデマンド再生とは

記事の内容

  • オンデマンド再生とは
  • オンデマンド再生の種類
    映像・音楽・ゲーム
  • 映像オンデマンドサービス3選
    ① Netflix
    ② Hulu
    ③ U-NEXT
  • 各映像オンデマンドサービスの違い
  • 音楽オンデマンドサービス4選
    ① amazonミュージック
    ② Spotify
    ③ AWA
    ④ うたパス
  • 各音楽オンデマンドサービスの違い
  • ゲームオンデマンドサービス3選
    ① PlayStation Now
    ② Project xCloud
    ③ GeForce NOW
  • 各ゲームオンデマンドサービスの違い
  • 総括

オンデマンド再生とは

オンデマンド、オンディマンド(On-Demand)とは、英語で「要求(Demand)に応じて」という意味である。注文対応のこと。

引用:フリー百科事典ウィキペディア

オンデマンド再生のオンデマンドは英語から来ている。要求に応じて再生、つまり自分が必要な時に必要なものを再生できるということだ。

オンデマンド再生の他にもライブ再生などがあるが、ライブ再生の場合は、ダウンロードせずその場で再生されるものになるので、当然巻き戻したり一時停止したりということができない。

だが、オンデマンド再生の場合は、音楽や映像をダウンロードしながら、再生するので巻き戻しや一時停止も自由にできるのが特徴だ。

オンデマンド再生とは

オンデマンド再生の種類

大変便利なオンデマンド再生だが、どのようなコンテンツが利用できるのだろうか?

オンデマンド再生を利用しているコンテンツを調査した。

オンデマンド再生の種類

映像

映像のオンデマンド再生は、「ビデオ・オン・デマンド」と呼ばれ、視聴者が観たい時に様々な映像コンテンツを視聴することができる。映像コンテンツは様々で、既に放送済みのものもあれば、各サービス会社オリジナルで制作しているものもある。

ユーザーは月額課金や年間課金、それぞれの映像ごとの課金などでサービスを利用し、課金方法は各サービスによって様々だ。代表的なサービスとして、Netflixや、Amazon Prime video、Hulu、U-NEXTなどが挙げられる。

音楽

音楽のオンデマンド再生では、利用者が聴きたい音楽を選んで自由に聴くことができる。もちろん、音楽再生の一時停止なども自由にできる。無料で利用できるサービスも多いが、その場合はシャッフル再生となり、自由に聴きたい音楽を選択したりということができない場合が多いようだ。

代表的なサービスとして、SpotifyやAmazon ミュージック、awaなどが挙げられる。

ゲーム

ゲームのオンデマンドサービスは、「ゲーム・オン・デマンド」と呼ばれ、最近では「クラウドゲーミング」とも呼ばれている。

クラウドコンピューティングを利用しており、高負荷の処理をサーバー側で行う。そのため、高性能のPCなどでしかできなかったゲームが、スマートフォンやタブレット端末などでも利用できる。

代表的なサービスとして、PlayStation Nowなどが挙げられる。

オンデマンド再生とは:利用できるサービス

では、実際にオンデマンドを利用したいとなった場合、どのようなサービスがあるのだろうか。

今回は映像、音楽、ゲーム、それぞれ特に人気のあるサービスに絞ってご紹介しよう。

オンデマンドが利用できるサービス

映像オンデマンドサービス3選

映像オンデマンドサービスは国内外から、たくさんのサービスが提供されている。

今回はその中から、人気の3つのサービスをピックアップした。

① Netflix

Netflix

Netflix

Netflixはアメリカ合衆国に本社を置く、世界的に有名な映像配信サービスの会社だ。日本を含め、世界190ヵ国以上でサービスを展開している。Netflixでは、通常の映画作品に加え、オリジナルの作品も多数配信している。

なお、オリジナル作品だからと言って、侮ってはいけない。毎年、Netflixオリジナル作品がアカデミー賞に多数ノミネートしているのだ。

料金は月額制で、ベーシックプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランの3種類があり、各プランの料金は以下の通りだ。

プラン名 料金 画質 同時視聴可能台数
ベーシック 990円 標準画質(SD) 1台
スタンダード 1,490円 高画質(HD) 2台
プレミアム 1,980円 超高画質(4k) 4台

プレミアムであれば、複数台で同時に視聴ができるので、家族で加入してシェアしてもいいだろう。定額制で見放題なので、忙しくてレンタルショップに行く暇がない人にも嬉しいサービスだ。

② Hulu

Hulu

Hulu

HuluもNetflix同様アメリカ発祥のサービスだ。しかし、日本では2014年にHJホールディングス株式会社に日本での事業が継承された為、現在では日本とアメリカのサービス内容は異なっている。

日本テレビ主導による、オリジナル番組や地上波連続ドラマのスピンオフ作品なども観ることができる。

プランは1つのみで、料金は税込月額1,026円(iTunesからの申し込みは1,050円)となっている。同時視聴はできないものの、一つのアカウントで台数制限なしで複数のデバイスが利用できる。

その他、個別課金となるが、Huluストアから、最新作のレンタルなどもできる。また、対象作品であればダウンロードしてから、インターネット接続なしでの視聴も可能だ。

③ U-NEXT

U-NEXT

U-NEXT

U-NEXTは、日本の株式会社U-NEXTが提供する映像配信サービスだ。特にアニメや、韓国ドラマが充実しており、日本ではNetflixやAmazonプライムに続き3位のシェアを誇っている。

月額制で、長期利用者向けのプランがあり、料金プランは以下の通りだ。

プラン名 料金 特徴
月額プラン 2,189円 ・見放題作品の視聴可能
・雑誌読み放題サービスの利用可能
・1200ポイント付与
月額プラン1490 1,639円 ・見放題作品の視聴可能
・雑誌読み放題サービスの利用可能
・1年以内での解約すると違約金5,000円発生

月額プラン加入で、対象の映像作品と、対象の雑誌が見放題、読み放題となる。また、別途1200ポイントが付与されるので、見放題対象外の作品もそのポイントで視聴することができる。

月額プラン1490では、ポイント付与はないので、見放題、読み放題の対象作品の視聴しかできない。ただ、その代わりに月額料を抑えて利用ができる。

1年以内で解約してしまうと、違約金が発生するので、長期で利用を考えている人向けのプランと言えるだろう。

各映像オンデマンドサービスの違い

上記で挙げた映像サービスの違いを表で比較してみた。

サービス名 料金 特徴 同時可能視聴
Netflix (ベーシック) ・国内外の豊富な作品数 不可
月額990円 ・豊富なNetflixオリジナル作品
Hulu 月額1,026円 ・豊富な人気ドラマのスピンオフ作品 不可
U-NEXT (月額プラン) ・映像作品の他雑誌も読み放題 最大4台
2,189円 ・ポイント付与

※上記は一番ベーシックなプランでの比較

 

表を見ると、月額料に関してはNetflixが一番安い。

ひとりで利用するのなら、料金的にはNetflixが一番お得ということになる。

家族など複数(4人以上)で利用したい場合は、プレミアム(1,980円)への加入が必要だ。

HuluもNetflixと金額的にはそう変わらない。

Huluは日本で放送されているドラマや、そのスピンオフ作品が豊富なので、そのような作品が好きな方はHuluを選ぶといいだろう。

U-NEXTは、子アカウントを作成することで、親アカウントを含めた最大4台での同時視聴が可能だ。

2,189円で、雑誌読み放題やポイント付与もあるので、家族で加入する場合にはとても便利なサービスだろう。

音楽オンデマンドサービス4選

音楽オンデマンドサービスは、どこでも気軽に音楽を聴けることで非常に人気が高い。

今回はその中から4つのサービスをピックアップした。

① amazonミュージック

amazonミュージック

Amazon Music

AmazonミュージックはAmazonが運営する音楽配信プラットフォーム及びオンラインミュージックストアだ。

料金プランは4種類あり、その中でも利用に応じてプランが分かれている。

また、アマゾンプライム会員の場合は、特典として追加料金なしで200万曲のダウンロードができる。

料金プランは以下の通りだ。

プラン名 プランの種類 料金 特徴
Amazon Music Prime 1 月額0円 ・Amazon prime会員の特典
・利用料無料
・200万曲の音楽
Amazon Music Unlimited 4 月額980円~ ・7,000万曲の音楽
・利用に応じた豊富なプラン
Amazon Music HD 2 月額1,980円~ ・7,000万以上の高画質の音楽
・数百万のウルトラ高画質の音楽
Amazon Music Free 1 0円 ・何千万ものラジオ
・人気のプレイリスト

Amazon Musicでは、数は限られるが無料のプランもあるので、試しに使ってみて有料会員になるかを決められる。

また、現在既にプライム会員であれば、追加料金なしで200万もの音楽が再生可能だ。

② Spotify

Spotify

Spotify

Spotifyは、スウェーデンのスポティファイ・テクノロジーによって運営されている。

世界中に会員がおり、世界最大級の音楽配信サービスとなっている。

Spotifyには利用者の状況に応じて、4種類のプランがあり、料金プランは以下の通りだ。

プラン名 料金 特徴
Standard 月額980円 ・1アカウント取得可能
Duo 月額1,280円 ・2アカウント取得可能
・2人で楽しめるプレイリスト作成
ファミリー 月額1,580円 ・6アカウント取得可能
・家族で楽しめるプレイリスト作成
・露骨な表現の音楽をブロック
学割 月額480円 ・認定された学校の学生向け
Free 0円 ・Spotifyのおススメ音楽視聴可能
・音楽コレクション作成

Spotifyは無料でも利用できる。

しかし、無料の場合は音楽再生の途中で、広告が定期的に再生される。

再生途中で邪魔されたくない場合は、有料プランへ加入した方がいいだろう。

有料プランもカップル向けや、ファミリー向けなど豊富だ。

学割も利用できるので、条件を満たしていれば安く利用できる。

③ AWA

AWA

AWA 

AWAはサイバーエージェントと、エーベックス・デジタルの共同出資で設立されたAWA株式会社が運営する音楽配信サービスだ。

世界中のレーベルと提供を行っており、日本の代表的なアーティストから、若手のアーティストまで様々なアーティストの楽曲が配信されている。

料金プランは主に利用に応じた2種類となっており、次の通りだ。

プラン名 料金 特徴
Standard(一般) 月額980円/年間9,800円 ・広告なし
・歌詞表示
・プレイリスト作成
Standard(学生) 月額480円 ・中学生以下対象
・Standard(一般)と同サービス
Free 0円 ・広告なし
・ハイライト再生
・月20時間まで再生可能
・歌詞表示

Standardプランであれば、年間プランを選択することで、2か月分お得となる。

長期契約を考えている場合は、年間プランを選択するといいだろう。

Standardプランには学生プランもあるので、中学生以下であれば料金がかなりお得だ。

Freeプランの場合は、ハイライト再生のみで月20時間と制限がかかる。

Freeプランから始めてみて、気に入ったら有料登録するといいだろう。

④ うたパス

うたパス

auうたパス

うたパスは携帯含む移動体通信業で有名なブランドauが提供している音楽配信サービスだ。

アプリ内では、様々なアーティストとリアルタイムでチャットができるイベント開催も行っている。

料金プランは無料プラン含め、3種類となっている。

プラン名 料金 特徴
聞き放題プラン
Myうたプラス
月額550円 ・全曲フル再生
聞き放題プラン
オンデマンド
月額980円 ・全曲フル再生
無料プラン 0円 ・全曲30曲試聴再生
・スキップ制限1日5回まで

無料プランだと、30秒しか再生できないので、存分に楽しむには有料プランへ加入した方がいいだろう。

有料プランも、音楽をデバイスに保存したい場合は、聞き放題プランオンデマンドへの加入が必要となる。

特に保存が必要なければ、聞き放題プランMyうたプラスで十分満足できそうだ。

各音楽オンデマンドサービスの違い

上記で挙げた音楽オンデマンドサービスの違いについて、それぞれ比較してみた。

サービス名 料金 特徴 無料プラン有無
Amazon Music 月額980円 ・利用に応じた豊富なプラン
・7,000万曲の楽曲
Spotify 月額980円 ・利用に応じた豊富なプラン
・世界最大級の音楽配信サービス
AWA 月額980円 ・日本を代表するアーティストや若手アーティストの楽曲配信
auうたパス 月額550円 ・アーティストとチャット可能

月額料を比較すると、auうたパスが一番お得だ。

しかし、洋楽はあまり楽曲が豊富でないようだ。

邦楽は豊富なので、洋楽よりも邦楽派の人にはかなりお得なサービスと言えるだろう。

邦楽も洋楽もどちらも充実したサービスがいい場合には、AWAやAmazon Musicが良さそうだ。

新曲も比較的早く配信されるので、新しい曲をいち早く聞きたい場合にもぴったりのサービスだ。

Spotifyも楽曲は、とても充実している。

古い曲なども配信されているので、年代問わずに楽しめそうだ。

無料プランについては、全てのサービスが提供している。

AWAとauうたパスについては、無料で加入できるものの、楽曲再生は30秒程しかできない。

本格的に使っていく場合は、有料登録した方がいいだろう。

Amazon MusicとSpotifyについては、フル再生も可能だ。

しかし、シャッフル再生のみで楽曲の選択はできない。

また、曲のスキップ機能にも制限があるので、制限回数を超えてしまうとスキップができなくなる。

こちらも本格的に楽しみたい場合は、有料登録した方がいいだろう。

ゲームオンデマンドサービス3選

ゲームオンデマンドサービスは、ここ最近急激に進化を遂げている。

日本でサービスが提供されているものはまだ少ないが、今回はその中から日本でも提供されている(提供予定含む)3つのサービスをピックアップした。

① PlayStation Now

PlayStation Now

PlayStation Now

PlayStation nowは、ソニーが提供しているサービスだ。

クラウドサーバーに格納されたゲームを、対応しているデバイスでネット-ワーク経由でプレイすることができる。

PS5やPS4の他、Windows PCでもプレイでき、タイトル数は400以上にも上る。

料金は以下の通りだ。

プラン名 料金
1ヶ月利用権 1,180円
3ヶ月利用権 2,980円
12ヶ月利用権 6,980円

購入はオンライン、もしくはヨドバシカメラやゲオなどの対応店舗でも購入できる。

12ヶ月利用権を購入したとしても、6,980円でだいたいゲームソフト1本分くらいの金額だ。

その金額で400以上のタイトルがプレイできるなら、かなりお得と言えるだろう。

② Project  xCloud

Project  xCloud

Project xCloud

Microsoftのproject xCloudは欧米を中心に、Xbox game pass ultimate会員向けサービスとして既に22ヵ国以上で提供が始まっている。日本でも2021年を目途に配信の予定だ。

通常PCやハイスペックゲーム機などでプレイできるようなゲームが、Androidのスマホやタブレットでプレイできる。

料金はXbox game pass ultimate会員であれば、特に追加料金はかからない。

Xbox game pass ultimateは月額1,100円で加入できる。

③ GeForce  NOW

GeForce  NOW

GeForce NOW

GeForce NOWはアメリカのNVIDIAが開発したクラウドゲーミングサービスだ。

日本ではソフトバンクにより提供されている。

MacやWindowsなどのPCはもちろんのこと、AndroidやiPhoneなどにも対応している。

毎週金曜に新しいゲームが追加され、既に800以上のタイトルに対応している。

料金プランは以下の通りだ。

プラン名 料金 特徴
プレミアムプラン 月額1,980円 ・回線混雑時優先接続
・連続6時間プレイ可能
フリープラン 0円 ・回線混雑時通常接続
・連続1時間プレイ可能

無料のプランもあるが、回線が混雑した際に接続に時間がかかったり、連続プレイは1時間までしかできない。

クラウドゲーミングに加入する人は、普段からゲームをよくプレイする人が多いだろう。

フリープランだと少し物足りない可能性がある。

フリープランで試してみて、有料プランに切り替えるのが良さそうだ。

各ゲームオンデマンドサービスの違い

上記で挙げた各ゲームオンデマンドサービスの違いを比較してみた。

サービス名 料金 特徴
PlayStation NOW 1,180円 ・対応タイトル400以上
・PS5、PS4、Windows PCに対応
Project  xCloud 1,100円 ・2021年日本で対応予定
・Android端末対応
GeForce  NOW 1,980円 ・対応タイトル800以上
・Mac、Windows、Android、iPhone対応

料金的にはProject  xCloudが一番お得だ。

Android端末向けのサービスなので、スマホやタブレットでゲームをプレイしたい人にはおススメと言える。

既にPlayStationを持っている人であれば、やはりPlayStation Nowがいいだろう。

400以上のタイトルがあるので、やりたいゲームがきっと見つかるはずだ。

Geforce NOWは一番料金が高いが、対応タイトルと対応デバイスがとても豊富だ。

これだけのサービス内容で、1,980円ならばかなりお得と言える。

※本記事の表に記載されている金額は全て税込価格

総括:オンデマンド再生とは=各サービスを網羅解説

  • 視聴者が観たいもしくは聴きたい時にすぐに利用できる再生方法
  • オンデマンド再生には、映像、音楽、ゲームの3種類がある
  • オンデマンド再生は各会社によってサービス内容が異なる

オンデマンド再生によって、自分が欲しいサービスがすぐに利用できる。レンタルや購入する必要なく、いつでも利用できるのがオンデマンド再生の最大の魅力だ。

各提供会社によって、サービス内容に違いがあるが、だいたいの会社が無料お試し期間を設けている。

無料お試し期間をうまく使って、自分に合うサービスを見つけるのが良いだろう。

オンデマンド再生

 

スポンサーリンク

© 2021 One Million Labo