35歳男性は結婚に焦る:独身実家暮らしで彼女がいない人は尚更

結婚というのは人生の中でかなり大きな転換点で、誰もが「いつかは結婚するもの」と考えながら生きてきたはずです。

近年では晩婚化といわれる傾向が強まり、2015年の国勢調査を基にしたデータでは平均初婚年齢は男性で31.1歳、女性で29.4歳となり、30代で独身ということも珍しいことではなくなりました。

35歳 男性 結婚 焦る

しかし同時に生涯独身率も上がり、結婚を希望しても結婚できない人が激増しているのです。そして「したくても出来ない」という状況に陥る一つの境目が35歳だという事実が存在します。

そんな境遇になっていたり、そうなりそうだったりの「35歳独身男性の焦り」を、考えられる原因とその対策から解決策を解説していきます。

記事の内容

  • 35歳独身で結婚を焦る男性の現実
  • 該当する人が目にする周囲の変化
  • 35歳で彼女がいない男
  • 今もなお実家暮らしをしている
  • アルバイト生活で独身
  • 35歳独身で無職の男はあり?
  • 医師なら一見羨ましい存在
  • 結婚を諦めるということ
  • 35歳男性が結婚を焦る心理から抜け出す方法
    結局どうするべきなのか
  • 彼女がいない男性の行動
  • 35歳=彼女いない歴の現実
  • 女性と出会う方法を考える
  • 35歳の男性が結婚を焦るのは無理からぬこと
  • 総括

執筆:KOJI
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

35歳独身で結婚を焦る男性の現実

30歳を迎えたくらいなら結婚に焦りを感じることはなかったのが、なぜ35歳を迎えると焦りを感じるのでしょうか。

これにはいくつかの理由が存在していて、一つは自分の周りの独身仲間が減っていくことを実感するからです。

もう一つは相手になる女性の年齢と結婚に対する意識の差が顕著になってくるという点でしょう。

独身男性が35歳を迎えたときの周囲の状況を冷静に分析するとともに、結婚できない原因や、そんな男性の特徴を考えていきます。

35歳独身で結婚を焦る男性の現実

該当する人が目にする周囲の変化

30歳を迎えたとき男性の72.5%、つまり3人に2人以上は独身者です。友人や同僚など自分の身の回りにいる男も、確率的には独身者が多いはずです。ところがそこからの5年間で様子は変わっていき、35歳を迎えたときには独身者の割合は46.5%へ減っています。この5年間で独身仲間の多くが結婚して、既婚者のほうが多数派となります。

全ての人に当てはまりはしませんが、20代後半とそしてその後35歳を迎えるまでに自分の身の回りで、「結婚ブーム」があったり「結婚式への招待」が増えたり、何かしら実感するような事象はあったはずです。

それにともなって、それまであまり感じてこなかった「友人との付き合い方」も変化していきます。独身男性と既婚男性では生活スタイルや時間・お金の自由度が異なることから、だんだんと「付き合いづらい」「誘いづらい」と感じ始め、それまでより疎遠になりがちになるでしょう。

そしてある日に気が付くのです。「35歳になったけど自分は結婚できるのだろうか?」と。それはやがて焦りに変わっていくでしょう。しかし考えようによっては、そのタイミングで気が付けたことはまだマシだったと言えます。35歳から先は1年ごと、いや1か月ごとに結婚の難易度が上がっていくのですから。

35歳で彼女がいない男

自分の周りに既婚者が増えてきて迎えた35歳のとき、彼女がいれば付き合い方や交際年数にもよりますが救いはあるのかもしれません。ところが友達付き合いも気薄になり始めた35歳で彼女もいない身となれば、いろいろと不安を覚え始めるでしょう。

実はこのような30代後半の男性は非常に多く、独身男性の80.3%が「彼女がいない」と回答しています。こうなると焦ったところで事態がすぐに好転するわけもありません。また年齢が上がるほど結婚以前の「彼女をつくる」というハードルが上がってしまいます。

出典:リクルートブライダル総研

出典:リクルートブライダル総研

今も実家暮らしをしている

よく昔から「いい歳をして実家暮らしをしている男は訳あり」と言われ、現在でもネガティブなイメージで語られることの多いことです。

とくに「マザコン」や「自立していない」などという言葉と結びつけられ、女性から否定的な目で見られがちなのは事実でしょう。

もちろん全ての女性が悪い印象を持っているわけではない。なかには「節約志向」「家族仲が良さそう」という肯定意見もありますし、東京など都市部が実家であれば地方出身者から見れば「都会的」に見えなくもありません。

しかし未だに否定的なイメージが強いのが事実なので、「相手にどう思われているか」を意識して行動したほうが良さそうです。

今もなお実家暮らしをしている

アルバイト生活で独身

これもネガティブなイメージというか、彼女ができるできない以前に、「いい歳をして定職にもつかないはんぱ者」と言われるのが、「35歳アルバイト(フリーター)」です。

これには厳しい現実があって、35歳から39歳の男性が非正規雇用者から正社員への転換をされた割合は21.9%というデータがあります。つまり35歳を超えると非正規雇用から抜け出すことが非常に困難になるのです。

中には「ミュージシャンを目指して」とか「役者を志して」といった人もいるでしょう。しかし結婚に焦りを感じるのであれば、まずは自分の生き方・働き方を考えなければなりません。もちろん「逆玉」に乗れる当てがあるのならその限りではありませんが・・・。

35歳独身で無職の男はあり?

「35歳独身無職男性」と聞いてどう思うでしょうか。身内や友人であっても「このままじゃ人間失格だぞ」と言いたくなるような境遇です。

もちろん2020年から続くコロナ禍の影響や親の介護など、やむにやまれぬ事情がある男性もいることでしょう。

しかし事情があっても、そのままで良いとは言えない状況であるのには変わりありません。

若いころの恋愛であれば「お金より愛」などということもあるでしょうが、年齢を重ねるごとに「お金がなければ愛もない」という現実は重くのしかかってくるのです。

35歳独身で無職の男はあり?

医師なら一見羨ましい存在

35歳独身の中でも「医者」となれば、同じ男としても「さぞかし恵まれているのだろうな」などという嫉妬と羨望の眼差しを送りがちです。しかし実際のところはどうなのでしょうか。

男性医師の結婚率は高く、35歳から39歳の未婚率をみても約9%となっており、男性全体の30.9%と比べると違いは明らかです。つまり男性医師の未婚者はかなり少数なのですが、少数なのには訳がありそうです。

これは医師だけに限らないはなしかもしれません。というのも医師以外の職業の男性でも、年収800万円以上のグループでも約10人に1人は未婚だからです。

ずばりいうとこの手の35歳男性医師は次の3つの理由のうち、どれかに当てはまる可能性が非常に高く、明らかに「家婚できない」男性なのです。その3つとは「もてるが故の遊び人」「見た目・性格が生理的に無理」「親が非常に変わり者」です。

かつて言われていた「いい歳をして結婚できないのは何か欠陥がある」を地で行っているのかもしれません。

結婚を諦めるということ

何もせずに焦ってばかりいると、ふとした瞬間「悩むことを止めてしまおうか」といった諦めの境地に達することがあります。しかしそのまま行ってしまうと、諦めるに足る肯定意見ばかり目に止まるようになりがちで、当の自分としてはそれで納得してしまう恐れがあります。

ネットなどを見渡しても、「結婚してしまったら自由にお金が使えない」とか、「誰にも気を使わなくて気楽」など、まるで独身であることのほうが幸せに思える意見が溢れています。しかし独身でい続けるということは、特に男性にとってリスクが大きい選択だという事実をご存じでしょうか。

男性の死亡ピーク年齢を比較すると、未婚男性が約66歳となっており、男性トータルの約81歳と比べ約15年も早死にするのです。興味深いのは女性では未婚でも大きな違いがないことで、むしろ未婚のほうが有配偶者よりも長生きです。

「女性にとっては結婚が負担になっている」とも分析できてしまう不思議なデータです。

35歳男性が結婚を焦る心理から抜け出す方法

当たり前ですが「35歳独身男性」といっていろいろな人がいます。とはいえ「もう結婚なんて諦めた」という方は、先ほど解説したように「良からぬ未来を迎える」可能性が高まってしまいます。

そう、まだ諦めるべきではないのです。

ではどのように行動し「結婚への焦り」から脱出するのでしょうか。その方策について「自分を知る」ということを含めて解説します。

35歳男性が結婚を焦る心理から抜け出す方法

結局どうするべきなのか

国勢調査によるデータでは35歳から39歳の未婚男性が、その後5年間のうちに結婚できる確率は20.9%です。これを少ないと思ってしまうのか、まだ可能性はあると思えるのか、人によって感じ方はそれぞれです。しかし確実に言えることは、その後年齢が上がるほどに結婚できる確率は下がり続けます。

焦るだけでは何も解決しません。自分の置かれた状況を把握し、できることから一つずつ前に進むしかないのです。

彼女がいない男性の行動

35歳になって結婚への焦りを感じ始めたとき彼女がいなかったら、まずは彼女をつくることから始めなければなりません。もし過去に彼女がいた男性の場合、肝に銘じておかなければならないことは「その時とは違う」という事実です。

とくに男性の場合、今の自分には不釣り合いな年下女性を追い求めがちになる傾向があると言われ、そのことによるミスマッチによって出会いを見過ごす事例が多く見られます。とにかく相手のあることなので、相手を尊敬し謙虚に振る舞い、そしてよく言われるように「清潔感」を意識するようにしましょう。

35歳=彼女いない歴の現実

40代未婚男性のおよそ3割は「彼女いない歴=年齢」と言われており、35歳で彼女がいたことがない男性も昔ほどの希少性はなくなったと言えます。とは言うもののこの境遇から結婚を目指すのは容易なことではありません。

まずは彼女を見つけるところから始めなければならないのですが、35歳で彼女がいたことがないというのは2つのハンディキャップを抱えている状態です。

35歳=彼女いない歴の現実

1つは「彼女いない歴=年齢」の独身男性にたいする女性のイメージです。昔ほどではないにせよ「35歳まで結婚していないということは何かあるの?」と思われがちです。こちらが女性に対してあれこれ想像したりするのと同じで、女性側もいろいろ詮索するものです。

もう一つは単純な経験不足による自分自身の問題で、「女性との接し方が分からない」や「自信がない」といった経験不足からくる内面的な問題です。これに関しては「経験する」ことで自分を変えていくしか改善策はありません。

今までサボっていたとまでは言いませんが、何事も後でやることは大変なことなのです。

女性と出会う方法を考える

35歳独身という事実に焦りを感じていて、今は彼女もいないという男性は「女性と出会う」方法を考えなければなりません。35歳にもなると実感することですが、自然な出会いという機会はなくなっているはずです。つまり行動しなければ出会いは訪れません。

では考えられる出会いの機会はどのようなものがあるでしょうか。結果を急ぎたいのなら、「知人・友人の紹介」「結婚相談所の利用」というところです。

悠長に構えられるなら趣味のサークルなど交際範囲を広げて、その中から見つけるというのも手です。しかし当然ながら難易度は高いうえに、確実性という点でははなはだ疑問と言えます。

これらの中間に位置するのが「マッチングサイト」の利用や、「合コン・街コン」への参加となります。利点としては(一部例外を除き)女性側も彼氏を求めていることです。

コミュ力に自信があるなら合コン・街コンの方が手っ取り早いのですが、そんな自信がなければマッチングサイトの方が緊張もせず、なにより気軽に始めることができます。

総括:35歳の男性が結婚を焦るのは無理からぬこと

35歳で独身の男性の置かれている状況と現実をご理解いただけましたか?まず晩婚化の影響から、昔と比べ焦りを感じる年齢も遅くなっていることがわかります。

35歳男性が結婚を焦ることについて

  • 周囲で既婚者が増え独身男性が少数派になるのが35歳
  • 独身と既婚者では生活パターンや考え方が異なるので急に孤独になる
  • 焦ったところで彼女のいない35歳独身が多い
  • 意外と相手は見ている「実家住」「職業」「訳ありなの?」

しかし自分を冷静に把握しどう思われるか、それを考えれば道は開かれます。

  • すぐ行動。後になればなるほど上がるハードル
  • 後悔してはじまらない「彼女いない歴=年齢」
  • どこで彼女をみつけるのか?

焦るなと言われてもそれは無理というものでしょう。しかし35歳で気が付けた方はまだ希望はあります。焦らず急いで頑張ってみましょう。

今の時代、目的の出会いを果たすためにはマッチングサイトを活用するのが一般的です。

かつては「怖い」「信用できない」など不信感が漂っていたものの、現在では多くの企業が参入するクリーンな世界に様変わりしています。その上、流行り病の影響で男女問わず出会いに困る人が多くなり、需要は拡大の一途を辿るようになりました。

幸か不幸か、外見や中身を含め、非常に高スペックな男女が当たり前のごとく活用するようになったわけです。

また、ひと言で「出会いたい」といっても目的は様々です。

  • 彼氏・彼女が欲しい
  • 出会い方がわからない社会人や学生
  • 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
  • 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
  • バツイチやシングルマザーなど事情がある
  • ○○職の人と付き合いたい、お金持ちと結婚したい(目的が明確)
  • 欲望を満たしたい人

こうした様々な思いを抱きつつ、マッチングサイトを利用します。

この中には、必ず自身と同じ「境遇」「思いの人」が存在するため、結果としてマッチングサイトを利用した方が、よりよい出会いを実現できます。ひとりで悩み続け、何の行動も起こさなければ状況は変わらないため、こうしたツールの活用が必須となるのです。

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

このときの注意点として、必ず複数のマッチングサイト(最低2社)は利用するようにしましょう。マッチングサイトによって登録ユーザーの数や質は大きく異なりますし、目的の人が「A社にはいなかったがB社にはいた」ということもあります。機会損失を防ぎつつ、効率的に望みを叶えるためには、複数のマッチングサイトへの登録が必要です。

そうしたうえで、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。そこで、ランキング形式でお勧め順に比較することにしました。

まず、ペアーズ(Pairs)は1年の間に300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイトです。その結果、新興ではあるもののあっという間に1000万人以上の利用者を獲得してしまいました。ユーザー間でのやりとりも非常に活発であり、たった3年で20万人以上のカップルを輩出する一押しのサービスです。

また、ハッピーメールは会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多い企業です。純粋な登録者が大半を占めており、社風としても「真面目な出会い」をテーマとしているためチェックは厳しいです。そのため、悪質ユーザーはすぐに締め出されるという安全性の高さも魅力のひとつです。

PCMAXは「真面目な出会い」「大人の出会い」両方に対応している珍しいマッチングサイトです。比較的「大人色」が強いため、「刺激がほしい」「欲望を満たしたい」といった変化球的な意図がある人に向いています。それにも関わらず、医療情報管理協会・JAPHICの認証をもっている優良企業となります。

① Pairs(ペアーズ)

1年間で300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイト

最も人気、かつ勢いのある優れたマッチングサイトがPairs(ペアーズ)です。先述の通り、1年の間に300万人ずつ会員数は増えており、すでに20万人以上のカップルを世に輩出している実力派サービスです。ほぼすべての用途を満たすことができるオールマイティーなマッチングサイトだと言えるでしょう。

例えば、「彼氏・彼女がほしい」「孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい」「バツイチやシングルマザーなど事情がある」などを含め、出会いに関することであればすべてを満たしてくれるポテンシャルを秘めています。

ただ、出会いはみずものであり、いつ理想の相手が表れるかはわかりません。利用し始めた瞬間かもしれないし、ある程度の時間が必要になることもあります。しかしながら、最もアクティブ性の高いPairs(ペアーズ)を利用すれば、少なくとも全く出会えないという事態だけは避けられるはずです。

「ここで無理ならどこで出会えるのか」というほどアクティブ性は高いため、何らかの理由で出会いや救いを求めている人は必ず利用するようにしてください。

【ペアーズ】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

Pairs(ペアーズ)の公式サイトへ

 

② ハッピーメール

ド定番:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。こうしたことから、Pairs(ペアーズ)と共にお勧めできるマッチングサイトであることは確かです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、Pairs(ペアーズ)ほどのアクティブ性があるかと言えば判断が難しいところです。そのため、利用する際はPairsとの併用が効率を高める可能性がありおすすめです。

【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

ハッピーメールの登録方法:使い方の教科書

 

③ PCMAX

《真面目な出会い・大人の関係》両方に対応したマッチングサイト

真面目で純粋なマッチングだけでなく、「大人の出会いの場」を提供してくれる企業がPCMAXです。明確な目的があったり日常に刺激を求めていたりする場合、登録必須のマッチングサイトです。

「大人の出会いの場」と聞くと、多くの人は安全性や危険性を意識します。ただ、PCMAXに関しては❝特定非営利活動法人日本個人・医療情報管理協会のJAPHIC認証❞を取得しているため、少なくとも周りを見渡して視界に入る企業たちよりも安全であることは確かです。

それでは、純粋な出会いのみ求めている人は登録する必要がないのかというと、そうではありません。PCMAXにも1500万人以上の利用者が存在し、大半は一般的な出会いを求めています。そのため、PCMAXも並行して活用すると、より確実な出会いを実現できます。

特に、「真剣交際」「刺激」の2つを得たい場合、ハッピーメールと並行してPCMAXを利用しましょう。

真面目な出会いだけに限らず、PCMAXには刺激を求めるユーザーが一定数存在します。ひとつの選択肢に捉われず、様々な角度から自身の目的を果たせないか検討する必要があります。

【PCMAX】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

PCMAXの公式サイトへ

PCMAXの登録方法:使い方の教科書

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

利用目的 ペアーズ ハッピーメール PCMAX
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人 ×

 

© 2021 出会いのススメ