実家暮らしの男はモテないし情けない:幼いという低評価もある

実家暮らしの男はモテない

「実家暮らしの男は彼女ができない」「実家暮らしの男はモテない」という言葉をよく耳にするが、なぜ実家暮らしの男がこれほど女性から嫌がられるのだろうか。実家暮らしをしている男にもそれぞれの理由がある。「実家が居心地がいい」という人もいれば「会社に近くて通いやすい」という人もいるだろう。

現在実家暮らしで彼女もいないあなたは、おそらく「実家暮らしだから彼女ができない!」と思っているのではないだろうか。確かに女性は実家暮らしの男よりも一人暮らしの男に好感を抱くものである。しかし実家暮らしでも彼女をつくり、結婚している男はこの世にたくさんいるのだ。

今回は実家暮らしの男がモテないと言われる理由や、実家暮らしでも彼女をつくる方法について解説していこう。

記事の内容

  • 実家暮らしの男はモテない?!その理由とは
    ①自立できていない
    ②生活力がない
    ③経済力がない
    ④マザコン
    ⑤金銭感覚がずれている
  • 実家暮らしの男はモテない:女性が一人暮らしの男性を好む理由4つ
    ①自立している
    ②おうちデートができる
    ③いつでも会える
    ④彼女らしさをアピールできる
  • 男の実家暮らしは何歳から「やばい」と思われるのか
  • 実家暮らしの男はモテない=そんなに情けないことなのか
    幼いと思われている
  • 「実家暮らしだから彼女ができない」から抜け出して彼女をつくろう!
    ①世話をしてくれる家族へ感謝の気持ちを持つ
    ②実家でも自立しよう
    ③出会いをつくろう
    ④フットワークの軽さを手に入れよう
    ⑤お母さんの話は控えめにしよう
  • 実家暮らしでも結婚できる
  • 総括

執筆:HITO
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

実家暮らしの男はモテない?!その理由とは

学生や20代前半の男であれば、実家暮らしをしていても世間からはそれほど悪いイメージは持たれない。しかし30代・40代と年齢が上がるにつれて世間からの目は厳しくなる。「どうして家を出ないのか」「いつまで親のスネをかじっているのか」と噂されることも増えるのだ。

実際に35歳~44歳のアラフォー男女の未婚率が、ここ30年ほどで急増している。その未婚者のなかでも実家暮らしをしている【親元未婚者】が約7割を占めているのだ。特に男性のグラフを見てみると、1980年代までは一人暮らしをしている単身未婚者の割合が多かったにもかかわらず、1990年以降は実家暮らしの未婚者が右肩上がりに伸びている。

東洋経済 単身未婚・親元未婚データ

出典:東洋経済 単身未婚・親元未婚データ

それではどうして実家暮らしだと「モテない」「彼女ができない」と言われるのか、その理由について考えてみよう。女性が抱く「男の実家暮らし」のイメージはこちらである。

男の実家暮らしのイメージ

自立できていない

生活力がない

経済力がない

マザコン

金銭感覚がずれている

①自立できていない

実家にいれば、掃除洗濯などの家事は家族がやってくれているのではないだろうか。あなたが仕事から疲れて帰ってくると、温かいご飯が用意されていて、お風呂も沸いている。そんな暮らしを送っている男が実家暮らしには多いのだ。

「身の周りのことは親がしてくれる」と甘えている姿は、女性には「自立できていない男」と映ってしまうのだ。

②生活力がない

生活力というのは炊事洗濯だけではない。銀行の通帳管理や保険などの大切な手続きを母親任せにしている人が多く、実家の電気・水道・ガスといった光熱費がどれくらいかかっているか分からない、ごみ収集の日も把握できていないことがよくあるのだ。

女性はそんな男性と一緒になるには不安でしかないだろう。

③経済力がない

経済力がない

社会人の男が実家暮らしをしている理由で1番多いのが「家賃がいらないしお金が浮く」である。実家に住めば月々の家賃負担はなく、生活費もかからない。そのため、これといった実家を出る理由がなければ、住み続けてしまうのである。

社会人で仕事をしている男が実家に住み続けていると「一人暮らしをして自立するだけの収入がないから実家に住んでいる」と思われてしまうのだ。

④マザコン

実家暮らしは母親が身の回りのことを何でもやってくれて、何かを決めなければいけないときにも母親が介入してくるといったイメージが強いため、実家暮らしの男=マザコンというイメージが定着しつつある。家族や母親を大事にする男性には好感が持てるものの、あまりにも母親への執着が強くベッタリした関係であれば女性は引いてしまうのだ。

⑤金銭感覚がずれている

一人暮らしの同年代の男よりも、実家暮らしの男は金銭的に余裕がある。生活費や家賃がいらない分、自分の欲しいものに給料を費やせるため、高額な買い物もすんなりとできてしまうのだ。そのため周りからは、節約や貯金もせずに好きなようにお金を使っていると思われるのである。

たとえ実家にいくらかお金を入れていたとしても、月に数万円程度を入れて残りの給料は自分の好きなように使っている男も多い。「家に5万円も入れている!」と思う人もいるかもしれない。しかし一人暮らしをしている人にとっては、家賃料だけでもそれ以上の金額が必要なのだ。

マイナビニュースのアンケートによれば、実家暮らしをしている人のなかで「実家にお金を入れていない」と答えた人が、僅差ではあるが1位という結果であった。マイナビニュース 実家暮らしの人の金銭事情

出典:マイナビニュース 実家暮らしの人の金銭事情

一人暮らしをしている女性がこの結果を見ると「この人とは金銭感覚が合わない」と思ってしまっても仕方がない。一人暮らしをしている人は、毎月の給料の中でやりくりをしなくてはいけないため、金銭感覚がしっかりとしている人が多いのだ。

実家暮らしの男はモテない:女性が一人暮らしの男性を好む理由4つ

実家暮らしの男はモテない:女性が一人暮らしの男性を好む理由4つ

女性に「実家暮らしの男か一人暮らしの男のどちらが魅力的か」と聞くと大体は「一人暮らしの男」と答えるだろう。どうして一人暮らしをしているだけで、それほど女性に好まれるのだろうか。その理由はこちらである。

一人暮らしの男の良いところ

自立している

おうちデートができる

いつでも会える

彼女らしさをアピールできる

①自立している

一人暮らしをしている男は炊事洗濯はもちろん、ゴミ出しや買い出しなどの生活に必要なことをすべて一人でしているのだ。仕事をきちっとこなしながら自分の生活も充実させている、そんな男の姿に女性は頼もしさを感じて惹かれるものである。

さっと料理が作れる生活力のある男は、同性から見てもかっこいいものだ。

②おうちデートができる

実家暮らしの男の家にデートの度に遊びに行くのは、緊張や気を遣ってしまい「しんどい」と感じるだろう。実家に行けば彼氏の家族に会わなければならない。人見知りな女性にとっては彼氏の実家に行くことに苦痛に感じてしまうのだ。

一方で、彼氏が一人暮らしであればいつでも「おうちデート」ができる。毎回どこかでデートをするのは、お金もかかるし大変だ。しかし彼氏の家があるのなら、まったり映画を見たりゴロゴロしたりと2人だけの時間が過ごせる。2人で料理を作って食べることもできるし、お泊だって気兼ねなくできるのは女性にとって嬉しいポイントである。

③いつでも会える

実家暮らしの彼氏は家族の目もあるため24時間いつでも会うことは難しい。あまりにも深夜に帰宅しようものなら「こんな時間まで何をしてたのか」と小言を言われることもあるだろう。

しかし一人暮らしの彼氏なら、例え夜中でも「今から会いに行く」ということができるのだ。女性は男と違って感情で生きているため「会いたい」と思ったら、どうしても会いたくなるのだ。そんなときにいつでも会える彼氏だと、心も満たされ安心できるというわけである。

④彼女らしさをアピールできる

女性がやりたいことの1つに「彼氏の家に行って料理を作ってあげる」という意見がある。女性らしさをアピールできるし、彼氏に喜んでもらいたいという女心だ。

実家暮らしの彼氏では家族がいる手前、手料理をふるまうのはなかなか難しいのだが、一人暮らしの彼氏であれば手料理をふるまえる。

また、彼氏がまだ仕事から帰ってきていないときに「もらった合鍵で家に入って彼氏の帰りを待つ」という行為は、彼女だけが許される特権であり、彼氏ができたらやってみたいと憧れている女性が多いのだ。

彼女らしさをアピールできる

男の実家暮らしは何歳から「やばい」と思われるのか

実家暮らしをしていても、学生や20代前半であればそこまでとやかく言われることはない。では周りから「やばい」と思われるボーダーラインは何歳からなのか。

at home 住まいのターニングポイントは30歳?

出典:at home 住まいのターニングポイントは30歳?

このグラフを見ると26.6%、全体の約1/4の人が「30歳までは実家暮らしをしてもいい」と思っているということである。つまり30代に突入しても実家暮らしを続けている男は、このあたりからは周りからの目が厳しくなるのだ。社会人でそれなりに給料をもらっている男の場合は、30代がボーダーラインと言えるだろう。

しかし地域によってこの考え方にも差がある。こちらの表も見てほしい。

at home 住まいのターニングポイントは30歳?

出典:at home 住まいのターニングポイントは30歳?

このように東京や神奈川では25歳前後で実家を出た方がいいと考える人が多いのだが、岩手や高知などでは40歳前後でも実家暮らしをしてもいいと思っている人が多いのだ。もちろんその土地ならではの事情があるだろう。家業や農業を手伝う若い人が必要な場合もあるだろうし、そのまま実家に嫁いでくれる嫁を希望している家も多いのだ。

ただ、「30歳・40歳以上は実家を出るべき!」というわけではないが、一人暮らしの経験があるのとないのとでは生活力に大きな差が出ることは間違いない。自分ひとりで何でもしなければならない環境だと、責任感も養われるし自立した男への一歩を踏み出せるだろう。

もし金銭的に余裕がある人は、一度は一人暮らしを経験した方がいいかもしれない。

実家暮らしの男はモテない=そんなに情けないことなのか

実家暮らしの男はモテない=そんなに情けないことなのか

今も実家に住み続けているあなたは「俺は情けない男なのか?」と悩んでいるかもしれない。もちろん「給料を自分の好きなものに費やしたいから!」という考えで実家暮らしをしているのなら、問題はある。しかし実家暮らしだからと、全ての男が情けないわけではないので安心してほしい。

実家暮らしの理由

親・親族の介護のため

実家で自立をしながら生活

目標があり貯金を優先

体調不良や病気療養中

実家暮らしをしている人にも色んな事情があるだろう。親や親族の介護をする人が必要で実家から離れられない人もいれば、母親(又は父親)と2人で暮らしているため、親を1人残して実家を出られない人もいる。そのような場合は甘えではないので周りの意見を気にすることはない。

貯金をするという目的があって実家暮らしをしている場合でも、身の回りのことを親に任せっきりにせずに実家でも自立している人はたくさんいる。この場合も、恥ずかしがる必要はない。たまには家族の食事を作ったり家事を手伝ったりしているのなら、一人暮らしの男とそう変わらない。

こういう場合は、女性に正直に事情を話せば理解してくれるだろう。そして実家でもしっかりと自立していることをアピールすれば、実家暮らしが原因で女性に相手にされないことはないと言える。

幼いと思われている

世間一般的なイメージとして、一人暮らしの男よりも実家暮らしの男は「幼い」と思われている。その理由は先ほどから述べている「親への甘え」にあるだろう。

身の周りのことを親にやってもらって他人任せなところが、まるで幼い子供のようなのだ。子供への親の愛情はいくつになって変わらないものなので、たとえ30歳を過ぎた息子であってもあれこれと世話をしてくれる。しかし彼女になる女性はあくまでも他人であり、あなたの母親ではない。

いつまでも「誰かがやってくれる」と自立できていない男の姿は、女性が2人の将来をイメージしたときにマイナスである。そんな悪いイメージを持たれないためにも、たとえ実家暮らしをしていても自分のことは自分でする、自立した男を目指そう。

「実家暮らしだから彼女ができない」から抜け出して彼女をつくろう!

実家暮らしだから彼女ができない

実家暮らしの男の特徴は理解いただけたと思うが、あなたはまだ「実家暮らし=彼女ができない」と思っているだろうか。実家暮らしの男女に恋人がいない割合が高いのは事実だが、実家暮らしでも恋人がいて結婚をする人も大勢いるのだ。つまり「実家暮らしだから彼女ができない」という考えは、正解とも不正解とも言えない。ただ単に、彼女がいない自分がそう思い込みたいのではないだろうか。

では実家暮らしの男が彼女をつくるためには何が必要なのか、詳しく解説していこう。これに沿って自分磨きをすれば、実家暮らしであっても彼女をつくることができるだろう。

彼女をつくるために

  1. 家族へ感謝の気持ちを持つ
  2. 実家でも自立する
  3. 出会いをつくる
  4. フットワークを軽くする
  5. 母親話は控えめに

①世話をしてくれる家族へ感謝の気持ちを持つ

自分の世話をしてくれる家族へ感謝の気持ちを持つようにしよう。「やってくれて当たり前」の考えはいけない。たとえ家族であっても、食事の用意や洗濯などの身の回りの世話をしてくれていることへの感謝は忘れてはいけないのだ。感謝の気持ちがあれば、他人や彼女、奥さんへの感謝もできる男になる。

②実家でも自立しよう

たとえ実家暮らしでも「自分のことは自分でする」というつもりで生活しよう。いつまでも甘えるのではなく自立した1人の男になろう。

③出会いをつくろう

自立したイイ男になっても女性との出会いがなければ彼女はできない。彼女をつくるためには、女性と知り合える場所に足を運ぶ必要がある。

BARや居酒屋、合コンや街コンなどが出会いの定番の場所であるが、今はコロナの影響もあってなかなか足を運びづらい。

そんな時におすすめなのがマッチングサイトやSNSを利用した出会いだ。家にいながら女性と知り合えるのでコロナ禍の今の時代に利用者が急増中である。

出会いをつくろう

ポイントは、プロフィールにきちんと「実家暮らしである」と記載することだ。その上で、アプローチをかけマッチングすればスムーズに話は進むだろう。

実際のところ、ハッピーメールやPCMAXには実家暮らしOKの異性は男女問わず多く登録しているので、自身の目で確認してみてほしい。たとえ、実家暮らしであっても、あなたに合ったパートナーを見つけることはそう難しいことではないのだ。

>>マッチングサイトの出会い:お勧め比較ランキング

④フットワークの軽さを手に入れよう

もし気になる相手がいるのであれば「いつでもどこでも駆けつける」というフットワークの軽さが重要になる。実家暮らしで自宅に招くことができないのなら、自分がいつでも会いに行くという姿勢を見せてあげよう。もしあなたが車を持っているのなら、ドライブデートができるし、二人きりの時間を過ごすこともできる。

女性も「一人暮らしではないけれど、いつでも会える」と分かれば、2人の関係は進展しやすいだろう。

⑤お母さんの話は控えめにしよう

実家暮らしの男が女性と話すときに注意が必要なのが、会話の中に「お母さん」の話題がたくさん出てしまうことである。

もちろん母親と仲がいいのは良いことだが、母親とのエピソードが多い男性のことを女性は「マザコン」と認識してしまう。これでは、せっかくいい感じの雰囲気になっていたとしてもあなたから離れて行ってしまうだろう。

家族や母親の話題は「聞かれたら話す」程度に抑えておくのがいいだろう。

お母さんの話は控えめにしよう

実家暮らしでも結婚できる

MENJOY 実家暮らし男子と結婚できる?

出典:MENJOY 実家暮らし男子と結婚できる?

「実家暮らしの男と結婚ができるか」というアンケートを未婚女性354名に行った結果がこのグラフである。「アリ」と「年齢によってはアリ」という回答がそれぞれ約4割近くを占めている。つまり「実家暮らしの男とは結婚したくない」という女性は一部であることが分かった。

「年齢によってはアリ」の回答をした人は、30代・40代と年齢が上がるにつれて、実家暮らしの男とは結婚したくないと考える人が多いようだ。家事も一人前にできずに、親の介護問題もついてくるとなると、女性は結婚をためらってしまう。

もしこれを読んでいる30代・40代のあなたが結婚を考えているのなら、早めに行動をした方がいい。自分のことは自分でできるようになるべきだし、自立するために努力しよう。

総括:実家暮らしの男はモテないので自立して彼女をみつけよう

今回の記事のポイントをまとめておこう。

実家暮らしの男がモテないと言われる理由

  • 自立できていない
  • 生活力がない
  • 経済力がない
  • マザコン
  • 金銭感覚のずれ

女性が一人暮らしの男に惹かれる理由

  • 自立している
  • おうちデートができる
  • いつでも会える
  • 女らしさをアピールできる

男の実家暮らしは30代以上になると周りの目が厳しい

男の実家暮らしは情けないことではない

実家暮らしでも彼女をつくる方法

  • 家族へ感謝する
  • 実家でも自立する
  • 出会いをつくる
  • フットワークを軽くする
  • 母親の話は控える

実家暮らしでも結婚できる

実家暮らしだから彼女ができないと思っている人は、自分の今の状態を見直してみよう。実家暮らしの男がモテないのではなく、自立できていない甘えた男がモテないのである。

自分気持ちを改めて、素敵な出会いをみつけてほしい。

今の時代、目的の出会いを果たすためにはマッチングサイトを活用するのが一般的です。

かつては「怖い」「信用できない」など不信感が漂っていたものの、現在では多くの企業が参入するクリーンな世界に様変わりしています。その上、流行り病の影響で男女問わず出会いに困る人が多くなり、需要は拡大の一途を辿るようになりました。

幸か不幸か、外見や中身を含め、非常に高スペックな男女が当たり前のごとく活用するようになったわけです。

また、ひと言で「出会いたい」といっても目的は様々です。

  • 彼氏・彼女が欲しい
  • 出会い方がわからない社会人や学生
  • 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
  • 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
  • バツイチやシングルマザーなど事情がある
  • ○○職の人と付き合いたい、お金持ちと結婚したい(目的が明確)
  • 欲望を満たしたい人

こうした様々な思いを抱きつつ、マッチングサイトを利用します。

この中には、必ず自身と同じ「境遇」「思いの人」が存在するため、結果としてマッチングサイトを利用した方が、よりよい出会いを実現できます。ひとりで悩み続け、何の行動も起こさなければ状況は変わらないため、こうしたツールの活用が必須となるのです。

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

このときの注意点として、必ず複数のマッチングサイト(最低2社)は利用するようにしましょう。マッチングサイトによって登録ユーザーの数や質は大きく異なりますし、目的の人が「A社にはいなかったがB社にはいた」ということもあります。機会損失を防ぎつつ、効率的に望みを叶えるためには、複数のマッチングサイトへの登録が必要です。

そうしたうえで、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。そこで、ランキング形式でお勧め順に比較することにしました。

まず、ペアーズ(Pairs)は1年の間に300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイトです。その結果、新興ではあるもののあっという間に1000万人以上の利用者を獲得してしまいました。ユーザー間でのやりとりも非常に活発であり、たった3年で20万人以上のカップルを輩出する一押しのサービスです。

また、ハッピーメールは会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多い企業です。純粋な登録者が大半を占めており、社風としても「真面目な出会い」をテーマとしているためチェックは厳しいです。そのため、悪質ユーザーはすぐに締め出されるという安全性の高さも魅力のひとつです。

PCMAXは「真面目な出会い」「大人の出会い」両方に対応している珍しいマッチングサイトです。比較的「大人色」が強いため、「刺激がほしい」「欲望を満たしたい」といった変化球的な意図がある人に向いています。それにも関わらず、医療情報管理協会・JAPHICの認証をもっている優良企業となります。

① Pairs(ペアーズ)

1年間で300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイト

最も人気、かつ勢いのある優れたマッチングサイトがPairs(ペアーズ)です。先述の通り、1年の間に300万人ずつ会員数は増えており、すでに20万人以上のカップルを世に輩出している実力派サービスです。ほぼすべての用途を満たすことができるオールマイティーなマッチングサイトだと言えるでしょう。

例えば、「彼氏・彼女がほしい」「孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい」「バツイチやシングルマザーなど事情がある」などを含め、出会いに関することであればすべてを満たしてくれるポテンシャルを秘めています。

ただ、出会いはみずものであり、いつ理想の相手が表れるかはわかりません。利用し始めた瞬間かもしれないし、ある程度の時間が必要になることもあります。しかしながら、最もアクティブ性の高いPairs(ペアーズ)を利用すれば、少なくとも全く出会えないという事態だけは避けられるはずです。

「ここで無理ならどこで出会えるのか」というほどアクティブ性は高いため、何らかの理由で出会いや救いを求めている人は必ず利用するようにしてください。

【ペアーズ】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

Pairs(ペアーズ)の公式サイトへ

 

② ハッピーメール

ド定番:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。こうしたことから、Pairs(ペアーズ)と共にお勧めできるマッチングサイトであることは確かです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、Pairs(ペアーズ)ほどのアクティブ性があるかと言えば判断が難しいところです。そのため、利用する際はPairsとの併用が効率を高める可能性がありおすすめです。

【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

ハッピーメールの登録方法:使い方の教科書

 

③ PCMAX

《真面目な出会い・大人の関係》両方に対応したマッチングサイト

真面目で純粋なマッチングだけでなく、「大人の出会いの場」を提供してくれる企業がPCMAXです。明確な目的があったり日常に刺激を求めていたりする場合、登録必須のマッチングサイトです。

「大人の出会いの場」と聞くと、多くの人は安全性や危険性を意識します。ただ、PCMAXに関しては❝特定非営利活動法人日本個人・医療情報管理協会のJAPHIC認証❞を取得しているため、少なくとも周りを見渡して視界に入る企業たちよりも安全であることは確かです。

それでは、純粋な出会いのみ求めている人は登録する必要がないのかというと、そうではありません。PCMAXにも1500万人以上の利用者が存在し、大半は一般的な出会いを求めています。そのため、PCMAXも並行して活用すると、より確実な出会いを実現できます。

特に、「真剣交際」「刺激」の2つを得たい場合、ハッピーメールと並行してPCMAXを利用しましょう。

真面目な出会いだけに限らず、PCMAXには刺激を求めるユーザーが一定数存在します。ひとつの選択肢に捉われず、様々な角度から自身の目的を果たせないか検討する必要があります。

【PCMAX】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

PCMAXの公式サイトへ

PCMAXの登録方法:使い方の教科書

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

利用目的 ペアーズ ハッピーメール PCMAX
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人 ×

 

© 2021 出会いのススメ