アプリ以外の出会いが欲しい!彼氏・彼女作りでアプリが嫌な人

出会い アプリ 以外

恋人がいない人は、「出会いがない!」と感じている人も多いだろう。異性との出会いには様々なものがあるが、マッチングアプリ以外で出会いという人もいる。

マッチングアプリはとても便利だが、犯罪などに巻き込まれる可能性もあるし、相手が嘘をついている可能性もあり信用できないという人もいるだろう。

この記事では、マッチングアプリ以外の出会いの形について解説する。ぜひ、この記事を参考にして良いパートナーと出会って欲しいと願っている。

記事の内容

  • アプリ以外の出会いを求める人
  • 出会いがないけど、マッチングアプリで出会うのは嫌!
  • 社会人は自然に出会いたいと考えている人が多い
  • 自然な出会いとはどのようなものか
  • アプリ以外で出会いが欲しい:その理由
  • アプリ以外の出会いとは?出会う方法や手段
  • 社会人の出会いの場所
  • 出会いがある社会人は、どこで?
  • 出会いがない人必見!意外な場所やきっかけ
  • アプリ以外の彼氏の作り方
  • 街コンやアプリ以外での出会い
  • コロナ禍での出会い方について
  • コロナ禍でのアプリ以外の出会い方
  • 総括

執筆:GR
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

アプリ以外の出会いを求める人

インターネットの発達によって、マッチングアプリを利用した出会いが増えている。ネット環境があり、スマホやパソコンがあれば自宅でも簡単に相手を見つけることができるので、出会いがないと感じている人には人気だ。

しかし、その一方で犯罪などに巻き込まれてしまうリスクもあり、出会いを求めるならマッチングアプリ以外がよいという人が多いのだ。

ここでは、なぜマッチングアプリでの出会いが嫌なのかについて解説していく。

出会いがないけど、マッチングアプリで出会うのは嫌!

最近では、新しい出会いの形として、マッチングアプリが注目されている。女性であれば無料で、使用することができるものも多く、複数のアプリを使って出会いを求めている人も多い。

ただし、すべての人がアプリでの出会い積極的なわけではない。抵抗があるという人もいるのだ。

ベースメントアップス株式会社:「マッチングアプリ」についての調査

ベースメントアップス株式会社「マッチングアプリ」についての調査

この資料をみてほしい。社会人を対象に行われた調査で、マッチングアプリについての調査の結果である。マッチングアプリは多くの社会人が使っているものというイメージが強いが、実際には、約半数の人は利用したことがないことがわかる。

もちろん、利用したことがない人のなかには、それ以外の方法で恋人を作っていて、利用する必要がなかったという人もいるだろう。

ただし、使わない理由としては、マッチングアプリに対して抵抗があるからと考えることができる。女性は、まったく知らない人といきなり会うということにもの凄く抵抗を感じるという人が多い。

マッチングアプリに抵抗があるため、出会いがないけれど、アプリで出会うのは嫌と考えているのだ。

社会人は自然に出会いたいと考えている人が多い

社会人もアプリ以外で出会いたいと考えている人がほとんどだ。社会人の場合には、アプリよりも自然に出会いたいと考えている人が多くなっている。

株式会社オーネット:自然な出会いに関する意識調査

株式会社オーネット:自然な出会いに関する意識調査

この資料は、(未婚・既婚を含む)20 歳~39 歳の男・女を対象に自然な出会いに関する意識調査をおこなったものである。資料は、男女交際を目的とした出会いについて自然な出会いがよいと考えるか聞いたものだ。なんと、66.5%が自然な出会いがよいと考えていることがわかる。

また、同資料のなかでは、なぜ、自然な出会いがよいのかという質問に対して、最も多かった答えは、「生活の中で人柄を知り、自然に惹かれることが理想だから」となっている。このような理由から、アプリで出会うのではなく、自然に出会いたいと考えている社会人が多いということがわかるだろう。

自然な出会いとはどのようなものか

自然な出会いがよいと考えている人が多いと解説してきたが、「自然な出会い」とはどのような出会いのことなのだろうか?

  • 職場、取引先など
  • 学生時代の友人、知人
  • 友人、知人の紹介
  • 趣味を通じた集まり
  • よく行くお店での出会い

自然な出会いについては、人それぞれ考え方が違うだろうが、一般的にはここに挙げたような出会いを自然な出会いと考えている人が多い。その一方で、アプリを使った出会いを自然な出会いととらえている人はかなり少ない。

このような自然な出会いで、知り合い、それをきっかけに交際や結婚へつなげたいという人がほとんどである。

アプリ以外で出会いが欲しい:その理由

マッチングアプリを利用すれば、様々な人に出会える可能性がある。しかし、実際にはマッチングアプリ以外での出会いが欲しいと考えている人がいる。その理由とは、どのようなものなのだろうか?

  • 怖い
  • いくらでも嘘がつける
  • 犯罪に巻き込まれそう
  • 体目的の人がいる
  • 勧誘されそうだから
  • サクラや業者がいるから

などが主な理由となっている。人によって、アプリを避けたい理由は異なるが、大きくまとめると、「恐怖心がある」ということだ。初めて会う人が怖いというのもあるし、犯罪に巻き込まれる、勧誘される、体目的で迫られるなど女性はとくに、恐怖を感じるかもしれないということで、アプリを避けているのだ。

実際にマッチングアプリを利用して、多くの男性と出会ったことがあるという人の話は参考になるだろう。こちらの動画も視聴してみるとよい。

アプリ以外の出会いとは?出会う方法や手段

マッチングアプリで出会うこともできるが、アプリ以外の自然な出会いで出会い、付き合いたい、結婚したいと考えている人が多い。アプリ以外で異性と出会うには、どのような方法があるのかについて解説する。

アプリに抵抗があるという人は参考にしてみるとよいだろう。

社会人の出会いの場所

社会人になると、出会いがないという。だが、実際には恋人がいる人、結婚している人もいる。そのような社会人の人は、どのような場所で異性と出会ったのだろう。

Appliv【870人に調査】社会人出会いの場所ランキング&意外に出会える58スポット

Appliv【870人に調査】社会人出会いの場所ランキング&意外に出会える58スポット

この資料は20代、30代の社会人870人を対象に「恋人と出会ったキッカケ」について聞いたものである。上位に入っているのは、「同じ学校」「同じ職場」「知人・友人の紹介」だ。

同じ学校というのは、社会人になる前から知っていたというケースが多い。同じ大学、同じ高校の同級生、先輩後輩などというものだ。社会人になってから知り合ったというケースでは、同じ職場の同僚、先輩後輩、取引先、上司と部下などのパターンになる。

また、職場に出会いがないという場合には、知人・友人の紹介で交際相手をみつけていることになる。社会人の場合には、アプリ以外で恋人を作っている人が多いことがわかるだろう。

もし、あなたが社会人で出会いがないと感じているのであれば、同じ学校だった人や友人・知人に紹介をしてもらうように頼んでみるとよい。

出会いがある社会人は、どこで?

出会いがないと感じている社会人がいる一方で、出会いがあると感じている社会人もいる。出会いがあると感じている社会人は、どこで出会っているのか解説する。

  • 飲食店
  • バー
  • 婚活パーティー
  • 合コン
  • 職場
  • 知人・友人の紹介
  • イベント
  • ナンパ
  • 学生時代の知り合い
  • SNS
  • マッチングアプリ

社会人の出会いの定番としては、職場や知人・友人の紹介などがあるが、それ以外にも多くの出会いがあることがわかる。出会いがないという人と、出会いがあるという人の大きな違いは、積極性という点である。

出会いがあるという社会人は、自分から出会いのありそうな、場所へ出掛けているケースが多い。いつも同じ行動ばかりでは、出会う人も同じだが、行動範囲を広げてみることで新しい出会いもあるだろう。

社会人の出会いの形は、1つではないので、複数利用して出会いを求めてみるのもオススメだ。

こちらの動画も参考にしてみよう。

出会いがない人必見!意外な場所やきっかけ

「出会いがない!」と嘆いている人に知ってほしいのが、意外な場所での出会いやきっかけというものである。出会いと聞くと、職場、学校、紹介などしかないと思いがちだ。しかし、意外な場所での出会い、きっかけというものもある。

大切なことは、どこに出会いがあるかわからないということだ。自分が新しい出会いを求めれば、意外な場所、意外なきっかけで恋人ができることもある。

例えば、次のような意外な場所での出会い、きっかけというものがある。

  • 居酒屋でのトイレ待ち、エレベーター待ち
  • 友達の職場
  • 喫煙所で一緒になった
  • 花火大会、野外フェスなどのイベント
  • 新幹線や飛行機で隣の席になった
  • 美容室やレンタルショップ

意外な場所での出会い、きっかけというものは、実は結構多い。例えば、新幹線や飛行機で隣の席になったという場合。ちょっとした会話、世間話がきっかけとなって、一気に仲良くなって連絡先を交換して、交際に発展したという人もいる。

他にも、美容室やレンタルショップでの出会いというものもある。これは、店員と客というパターンであるが、何度もカットやカラーをしてもらううちに、親しくなって付き合うという話もよく聞く。美容室では、時間がかかるので、様々な会話をする事が多い。そのため、自然と仲良くなることがあるのだ。

他にもレンタルショップでの出会いというのもある。同じ映画や同じバンドが好きということで仲良くなって付き合うなどのパターンだ。出会いというものは、実はこのように意外な場所に転がっていたりもする。出会いというのは、定番の形だけではなく、意外な場所、意外なきっかけもあるということを知っておこう。

こちらの動画も参考にしてみるとよいだろう。

アプリ以外の彼氏の作り方

アプリ以外で彼氏を作りたいという人もいることだろう。ここでは、アプリ以外で彼氏を作る方法について解説する。アプリ以外で彼氏を作る方法には、次のような方法がある。

  • 社会人サークル、オフ会に参加する
  • ボランティア活動に参加
  • 趣味や習い事を始める
  • 街コンや婚活パーティーに参加する
  • 出会い系居酒屋に行く
  • イベントに参加する
  • 紹介してもらう

アプリ以外で彼氏を作るためには、自分から積極的に動くことが大切だ。アプリの場合には、登録して、簡単なプロフィールを作成すれば、自宅からでも彼氏候補を探すことができる。

マッチングしてしまえば、あとはやりとりを進めて仲良くなればよいだけだ。しかし、アプリ以外となると、自分から動かなければ進展はない。出会いのありそうなところに、参加しなければならない。

また、アプリ以外で出会いを探すのであれば、複数のものを同時に活用することをオススメしたい。一つに限定してしまうと、出会える男性の数が少なくなってしまうからだ。

例えば、趣味や習い事を始めつつ、街コンなどにも参加してみるということである。出会う男性の数が多くなれば、彼氏候補となる人がみつかる可能性が高くなる。

街コンやアプリ以外での出会い

マッチングアプリは、怖いという恐怖心から出会いがなくてもあえて活用していないという女性もいる。他にも、街コンについても苦手という女性が多い。

街コンは、たしかに出会いの場としてよく活用されているものだが、高いコミュニケーション能力が必要となる。また、相手の男性に対して自分自身をアピールしなければならない。

街コンやアプリ以外での出会い

男性に良い顔をしなければならないこと、自己紹介を何度もしなければならないこと、雰囲気が苦手などという理由から街コンが苦手という人もいる。街コンやアプリ以外でオススメの出会いについて解説する。

趣味や習い事を通じた出会いなどで出会いを求めてみるのもよいだろう。趣味や習い事を通じた出会いの良いところは、同じ趣味、同じものに興味を持っているという点だ。例えば料理教室に通っているのなら、料理が好き、あるいは料理に興味があるということがわかる。

ゴルフサークルなどに入れば、ゴルフが好きということがわかるはずだ。このように、同じ趣味、同じものに興味があるという共通点があると、打ち解けるスピードは通常よりも早くなる。共通点があると、親近感がわくし、会話をしているうちに、自然に一緒にいられるようになるということもあるだろう。

他にも、1人参加限定のツアーに参加してみるのもオススメだ。街コンのようなものではないのかと思いがちだが、そうではない。気軽に参加することができるし、他の人も1人で参加しているというものなので、話しやすいという大きなメリットがある。旅行会社やプランによっても異なるが、添乗員が同行してくれるものもあるので安心だ。

国内旅行だけでなく、海外旅行などのプランもあるし、日帰りツアーもある。旅行好きであれば、このような1人参加限定のツアーに参加してみてはどうだろうか。

1人参加限定のツアーの様子については、こちらの動画を参考にしてみるとよいだろう。

コロナ禍での出会い方について

コロナ禍によって、出会いが制限されてしまっていると感じている人もいるだろう。だが、コロナ禍においても出会いを求めて活動している人はいる。コロナ禍でどのような活動をしているのかみてみよう。

タメニー株式会社:「コロナ禍の恋活・婚活と経済状況」に関するアンケート調査

タメニー株式会社「コロナ禍の恋活・婚活と経済状況」に関するアンケート調査

これは、25~39歳の未婚男女380人に対して、「コロナ禍の恋活・婚活と経済状況」に関するアンケートを行ったものだ。コロナ前(2019年度)とコロナ後(2020年度)を比較したものである。

このデータをみると、恋活・婚活をしなかったという人もいるが、マッチングアプリの利用率はそれほど大きく変化していないことがわかる。コロナ禍によって、直接会って恋活・婚活をするのは難しいが、対面じゃなくても活動することができるマッチングアプリは人気が高いことがわかるだろう。

それ以外の対面で活動するものについては、コロナ後はすべて10%以下の数値となっている。

コロナ禍でのアプリ以外の出会い方

コロナ禍では、マッチングアプリを利用して、恋人を探している人が多いと解説したが、それでもマッチングアプリに抵抗がある人もいることだろう。マッチングアプリ以外の出会い方についてみてみよう。

  • 婚活パーティー(オンライン)
  • お見合い(オンライン)
  • 飲み会(オンライン)

コロナ禍では、対面で出会うのはかなり難しい。感染拡大防止のためには、なるべく対面での出会いには注意しなければならないだろう。そこで、活用したいのが、オンラインである。

オンラインであれば、自宅から行うことができるし、対面で行う必要はない。Zoomなどを利用すれば、出会いを求めることができる。最近では、婚活パーティーや結婚相談所などでもオンラインの利用を勧めているケースが多い。

コロナ禍で恋人を作るのなら、オンラインを活用してみるとよいだろう。

出会いがないのにアプリは嫌という人

これまで述べたように、「アプリ以外の出会いが良い」「彼氏は欲しいけどアプリ以外にしたい」という人は意外と多い。しかし、最も重要なことは出会い方ではなく「自身に合ったパートナーを見つけること」だと肝に命じておこう。

例えば、友人の紹介やサークル、お見合いや職場など一見堅い出会いであっても、上手くいく人もいれば別れたり離婚したりする人もいるわけだ。一方で、ナンパやアプリの出会いでも相性が良く結婚に至り幸せになるケースも多い。

結局のところ、パートナーとの相性がポイントであり、出会い方など大きな意味を持たないことを理解しておこう。これを間違えると、運命の人に出会うための機会損失を起こしてしまうので、注意が必要なのだ。

特に、マッチングサイトではプロフィールにスペックや好みが記載されているため、好みの異性を見つけやすいメリットがある。これを無意味に敬遠する理由は本当にあるのか、今一度考えてみてほしい。単なるネガティブイメージでそのような判断をしていないだろうか。

もし、そうであれば思い込みは排除し、改めてマッチングサイトを検討する価値は十分にあると思う。

総括:アプリ以外の出会いについて

記事のポイントをまとめておこう。

マッチングアプリ以外の出会いについて

  • マッチングアプリは怖いと感じている人も多い
  • 犯罪に巻き込まれることや、勧誘されることも多いため否定的な人もいる

マッチングアプリ以外の出会う方法

  • 知人・友人の紹介
  • 趣味や習い事、サークルに入る
  • ボランティア活動
  • 婚活パーティー
  • コロナ禍ではオンラインを活用する方法

マッチングサイトを毛嫌いするのは正しくない

出会い方ではなく「自身に合ったパートナーを見つけること」が重要

こう思ったことはありませんか?

  • なぜ私には彼氏・彼女ができないのだろう
  • なぜ私は結婚できないのだろう
  • なぜ私には出会いがないのだろう
  • なぜこんなに寂しいのだろう

この記事を読んでいる人の中には、今まさにこうした壁にぶち当たっているという方もいるかもしれません。

残念ながらこの問題は「あなたが行動を起こさない限り」永遠に改善されることはなく、どれだけ待っていても現状が変わることはありません。つまり、一生このまま寂しい時間が続くということです。

活字にするとあっさりしていて伝わり辛いかもしれませんが、この状況って本当に辛いことですよね。特に、自分なりに努力してきた人なら「そんなことはわかってる!」と怒れてしまったかもしれません。

でも大丈夫です。あなたが「自分なりに」ではなく「本気で行動できたなら」あっという間にこの問題は解決するし、ここで紹介している3つの出会いサイトいずれかを「本気で活用すれば良いだけ」だからです。このアクションだけで大きく人生が好転するかもしれません。

私も以前は、結婚どころか彼女さえ十数年間いないといった寂しい人生を歩んでいました。あまりの寂しさからか、壁の絵に話しかけている自分に違和感さえ抱かない悲惨なところまでいっていました。しかし、それも今では改善されていて妻と子供2人・4人家族の幸せな家庭をもつことができています。そう、とても幸せな気持ちです。

もちろん、私だけでなくこの記事で紹介している出会いサイトを活用した多くの人たちが幸せな人生を再スタートさせています。

  • これまでの人生ではじめて彼氏・彼女ができた!
  • 結婚を前提にお付き合いをはじめ、その後結婚できた!
  • ひとりぼっちで孤独な人生から解放された!

ときどき感謝のメールをいただくほど、こうした人たちで溢れています。私は「とにかく本気でアクションを起こしてほしい」だけであり、これが人生を変えるキッカケになり得るということなのです。

もし、あなたが今すぐ「あなただけのパートナーに出逢いたい」「幸せな人生をつかみたい」、そう考えているのであれば、これから紹介する3つの出会いサイトいずれかを活用するようにしてください。

このサイトについて

▼当サイト【出会いのススメ】は、月間5万人以上のユーザーに支持されています

出会いのススメ利用者数

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

利用時の注意点として、必ず「自身の目的に合ったマッチングサイト」を利用するようにしましょう。マッチングサイトの運営方針によって登録ユーザーの数や質、特徴などは大きく異なるからです。

真剣な出会いを求めているのに、そうではないユーザーばかりが集まっている出会いサイトに登録してしまえば、当然ながら願いは叶いません。そのため、必ず「自分と似た気持ちをもったユーザーが登録している出会いサイト」を活用するようにしてください。

このことから、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。

まず、“華の会メール”は真剣な出会いを求めている30~85歳までの男女におすすめです。「実際に出会えた」「無料で使いやすい」といった良い意見が多く、出会ってみたらサクラだったというような悪い評判は見当たりません。年齢や目的さえマッチすれば本当に出会える可能性が高い、最もお勧めできる優良サイトだと言えます。

また、“ナレソメ予備校”は成婚率が驚異の71.4%の結婚相談所であることから本気の婚活をしたい男女に向いています。通常の結婚相談所としても登録者数は70,000人以上と多く、入会前に結婚偏差値診断、個別相談を無料で受けられる強力なサービスがあります。その上、出会えなければ全額返金制度もあることが相当な強みです。

“ハッピーメール”はド定番の若者向け王道マッチングサイトなので比較的若い男女の利用が良いでしょう。もちろん、若い層と出会いたい人にも向いています。会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多くかなり有名ですが、純粋な登録者だけでなく「遊びたい男女」も登録しているので、ここは理解しつつ上手に活用したほうが良いです。

①華の会メール

真剣な出会いにオススメ!30~85歳までがメイン

華の会メールは、30代以上の中高年をターゲットにした出会い系サイトであり「30~50代の利用者が多い」といった特徴があります。実際のところ、会員の年齢層は35歳以上が85%を占めており、そのなかでも30~50代の利用者は70%にのぼります。

全体の割合を見てみると、男性ユーザーが7割に対し、女性が3割と男女比率にはかなり差があります。男性会員にとってはやや不利かもしれませんが、女性にとっては出会いのチャンスが多いと言えるでしょう。

華の会メールの公式サイトを見ると「現在のログイン数」を確認できます。どの曜日や時間帯が出会いやすいかログインするたびにチェックすると、出会う確率もグッと上がるはずです。

特徴として、利用目的が幅広い点が挙げられます。「メル友」「共通の趣味友」「恋人」「結婚相手」など、様々な目的で利用可能です。「真剣なユーザーが多い」という特徴もあるので、メル友からじっくりやりとりして、相手と相性が合えばいずれ実際に会うこともできるでしょう。

また、華の会メールでは「実際に出会えた」「無料で使いやすい」といった良い意見が多く、出会ってみたらサクラだったというような悪い評判は見当たりません。年齢や目的さえマッチすれば本当に出会える可能性が高いということです。

華の会メールはもともと30~85歳の人向けの出会い系サイトで、実際の利用者も30~50代が7割を占めています。出会い系サイトの中でもこのような中高年向けのサイトは少なく、該当する年齢の人にとっては貴重な選択肢の1つになるでしょう。

特に、華の会メールは独身のみならず、離婚歴がある人や既婚者も利用できるため、中高年の利用者が多いのかもしれません。

もし「既婚者とのやりとりや会うのには抵抗がある」という場合は、プロフィールや掲示板検索の時に婚姻歴を絞ることができます。再婚希望や離婚後に新しいパートナーが欲しいという人にも華の会メールはおすすめです。

「とにかく真剣に出会いたい人」は、華の会を絶対に利用するようにしましょう。

会員数 非公開
主な年齢層 30代〜50代
主な利用目的 恋愛・婚活
利用料金 女性:無料
男性:ポイント制
オプション 1pt=10円
※女性へのメール送信10pt
運営会社 インターワークス株式会社
【華の会】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

華の会 公式サイトへ

 

②ナレソメ予備校

本気の婚活!成婚率が驚異の71.4%の結婚相談所

ナレソメ予備校は、結婚相談所の重要な指標となる入会者の成婚率が業界トップレベルの71.4%で、恋愛や結婚の知識を豊富に持つプロフェッショナル集団が、結婚の悩みを徹底的にサポートしてくれます。

他にも結婚相談所はたくさんありますが、ただ単に異性と出会えるサービスではなく、成婚に向けて婚活のプロフェッショナル(塾長)から、婚活ノウハウやアドバイスを伝授してもらえることから予備校と名前が付けられています。

通常の結婚相談所としても登録者数は70,000人以上と多く、さらにナレソメ予備校は出会えなければ全額返金制度もあるのです(活動開始から3ヶ月を経過し、申し込みを合計100人以上に申し込みしていることが条件)

また、マッチング前だけでなくマッチング後にも丁寧なフィードバッグを行ってくれるため、同じ失敗を繰り返す心配がなくスピーディーに成果へとつながりやすいことや、入会前に結婚偏差値診断、個別相談を無料で受けられる強みがあります。

結婚偏差値診断について深掘りすると、「現時点で結婚できる可能性はどれくらいあるか」「どんな相手と結婚すべきか」などを判断してもらえます。

自分のことを客観的に見たり異性からどのように見えているか判断したりすることは難しいですが、結婚偏差値診断を受ければプロフィールや希望する条件などから適切に現状把握することができます。これにより「高望みしすぎている」「自分を低く見積もりすぎている」など、自分では気づかなかった意外な可能性に気づけるかもしれません。

さらに、ただ結果を提示するだけでなく自己分析もサポートしてくれるため、自分に足りていない部分や、どこを伸ばしていけば良いなどを把握でき、今後の婚活がよりスムーズになります。プロから客観的なアドバイスを受けられるのは非常に貴重な経験になるでしょう。

さまざまな結婚相談所がある中「どのサービスを選べばいいかわからない」という人は、事前の結婚偏差値診断と個別面談でナレソメ予備校の実績やサポート体制を見極めるもとも可能です。

そして個別カウンセリングでは、恋愛や婚活の知識を持ったプロが悩みの相談に乗ってくれます。結婚や将来に対して抱いている漠然とした不安を解消できるだけでなく、自分の気持ちを明確にし、婚活に向けてどのような準備を進めればいいかがわかります。

課題がはっきりすれば、結婚相談所を利用すべきなのか、ナレソメ予備校が課題解決に適しているのかを見極めやすくなるはずです。

なお、結婚偏差値診断や個別カウンセリングはすべてZOOMによるオンライン形式で行うことができ、その上3か月経過しても出会いがなかった場合は初期費用と月額費用を全額返金してもらえるのでリスクはかなり低いです。

【ナレソメ予備校】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ナレソメ予備校の公式サイトへ

 

③ハッピーメール

ド定番の若者向け:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、利用ユーザーの年齢層は比較的若い傾向にあります。

ユーザ数 2500万人以上(男女比 6:4)
入会金 無料
利用費用 女性:無料 男性:小額のポイント料金のみ
利用年齢層 年代を問わず利用者が多い
知名度 品川・新宿・渋谷などの中心街で大々的に宣伝
【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

行動を起こせば人生が変わります。

利用目的 華の会 ナレソメ予備校 ハッピーメール
◆ 彼氏・彼女が欲しい ×
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
×
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている ×
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある ×
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確) ×
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい ×
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい ×
◆ 欲望を満たしたい人 ×

© 2021 出会いのススメ