大学生の彼女の作り方:欲しいなら積極的に行動すべし

大学生 彼女 作り方

大学生になったら彼女を作ろうと思ったものの、なかなか上手くいかない。想像していたよりも全然出会いがない。そう感じている大学生も多いのではないだろうか。

学生時代は出会いのきっかけが多いため、それを上手く活用して彼女を作ろうと考えている人も多いはずだ。

今回は、なかなか彼女ができない大学生に向けて、どうやれば彼女ができるのか、どこできっかけを見つけるのか、詳しく説明をしていく。「彼女が欲しい!」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてほしい。

記事の内容

  • 大学生の彼女の作り方6つ:欲しい人は必見
    ①大学の授業やゼミ
    ②サークル
    ③アルバイト
    ④合コン
    ⑤同窓会・同級会
    ⑥マッチングサイト
  • コロナ禍で彼女がほしいとき
  • 理系大学生の場合
  • 彼女いない大学生はやばい?
  • 大学生の彼女の作り方=コミュニケーション2つ
    ①意識して相づちを打つ
    ②人を傷つけるような冗談を言わない
  • 大学生の彼女の作り方=積極的に行動すべし
  • 総括

執筆:GOKU
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

大学生の彼女の作り方6つ:欲しい人は必見

彼女を作るために、まず大事なことは異性に会うことだ。女性に会うきっかけがなければ彼女を作りたくても作れないだろう。

では、実際に彼女がいる大学生はどのような場所でであっているのだろうか。

①大学の授業やゼミ

まず誰もが思いつく出会いのきっかけは、授業やゼミだ。男女共学の大学ならば、日常的に授業で女性と話すきっかけはあるはずだ。

特にグループワークなどの課題があると、自然な流れで連絡先などを聞くことができる。授業という共通の話題があれば、話すきっかけもつかみやすい。

ノートやレポートの提出などがあれば、それをきっかけに話しかけることもできるだろう。授業で忘れ物をすれば、それを口実に話しかけることもできる。

いつも出ている授業やゼミに、気になる異性がいる場合は、こうしたことをきっかけに、まずは相手に声を掛けてみよう。

大学の授業やゼミ

②サークル

サークルも大学生の出会いの定番だ。サークル内で話をするきっかけも多いし、サークルが終わってから食事に行ったり、飲みに行ったりという機会も多い。

同じサークルに所属すれば、共通の話題もいろいろあるだろう。

出会いのきっかけをサークルに求める場合は、入る前に必ず男女比を調べておこう。いくら出会いが多いとは言え、まったく女性がいないサークルでは、出会いはやってこない。

また、サークル特有のノリもあるため、事前に体験するなどして、どんな雰囲気なのかをしっかり把握しておこう。

サークル

③アルバイト

アルバイト先で彼女を作る大学生も多い。

居酒屋やカフェなど、女性の店員さんが多いお店だと、出会いのチャンスもかなり多い。大学生に限らず、専門学生やフリーターなど、さまざまな女性と出会えるのも大きなメリットだ。

仕事を通じて、相手に話しかけるチャンスも多い。

ただし、告白に失敗してしまったり、つきあってから別れたりすると、その後、バイトを続けていくのが大変になってしまうため、その点は十分に注意したい。

④合コン

出会いといえば「合コン」を思い浮かべる人も多いだろう。実際に、合コンで彼氏や彼女を作る大学生は多い。

そもそも合コンは、みんな出会いを求めてやってくる。サークルやアルバイトだと、出会いに興味がない人もいるだろうが、合コンならばそういった心配も不要だ。ゲームなどを通して、相手に話す機会も多い。

ただ、合コンに参加するとなると、それなりにお金もかかってくる。

1回あたり何千円とかかる上に、必ずしも好みの女の子と出会えるとは限らない。また、1回に会う人数もほんの数人のため、合コンで理想の相手と巡り会える可能性は、かなり低いといっていいだろう。

もし、好みの女の子がいた場合は、必ず連絡先を聞くようにしよう。

⑤同窓会・同級会

20歳になると成人式がある。そのタイミングで同窓会が行われることが多い。同窓会ならば、相手がどんな人か分かっているため、話もしやすいだろう。昔よりもキレイになっている人がいれば、積極的に話しかけたいところだ。

同窓会で再会して意気投合すれば、それをきっかけに再び数人で集まるようなことも増えてくる。

人がたくさんいると、なかなか話しかける機会もないが、4~5人くらいのグループならば話しやすいし、2人きりで会うよりも気軽に参加することができる。

当時はなかなか話しかけられなかったけれども、時間が経った今ならば話しやすいことも多いため、積極的にこういった機会も活用していきたい。

⑥マッチングサイト

身近なところに出会いがないと感じたならば、マッチングサイトの利用も視野に入れたい。

マッチングサイトと聞くと「怪しい」「トラブルに巻き込まれるのでは?」などと思う人もいるかもしれないが、最近の有料サイトは管理がしっかりしているため、そういった心配は不要だ。

たとえば、大手サイトのハッピーメールでは、24時間365日サポート体制で運営されている。

そのため、万が一、トラブルに遭ったときでもすぐに対応してもらうことができる。分からないことがあれば、すぐに答えてもらえるのも、かなり心強いだろう。

ハッピーメール

また、マッチングサイトならば普段の生活では知り合えないような人ともコミュニケーションが取れる。何より出会いのチャンスがたくさんあるのが大きなメリットだ。

最近ではマッチングサイトを利用して、彼氏や彼女を作る人もとても多い。

相手も出会いを求めてマッチングサイトに登録しているため、積極的に話しかけても、嫌がられる心配もない。

日常生活でなかなか異性との出会いがない場合は、ぜひ利用してみよう。

コロナ禍でも彼女がほしいとき

コロナ禍だと、普段の生活よりも出会いのきっかけが減ってしまう。こういったご時世に頻繁に飲み会や合コンに参加するのは、周りの目も気になるだろう。

そのため、最近活用されているのがオンラインでの飲み会だ。

ZOOMやスカイプといったツールを使い、オンラインで飲み会をしている人が増えてきている。

コロナ禍で彼女がほしいとき

ここ数年でオンライン飲み会を体験したことがある人は、かなり多いはずだ。オンラインならば、感染の心配もないし、住んでいる距離も関係ない。

そのため、遠く離れたところに住んでいる人とも気軽に飲み会を楽しむことができる。自宅で飲んでいれば、そのまま寝てしまえば良いので、帰る手間がいらないのも大きなメリットだ。

居酒屋などで飲み会するより費用も抑えられるため、コスパも良い。

理系大学生の場合

理系の大学に通っていると、女性との出会いが少ないことが多い。大学構内もほとんど男子学生ばかりということもめずらしくない。

理系大学生が彼女を作るために心がけたいのが、まず会話に対する慣れだ。

普段から女子と話をしていないと、いざというときにスムーズに話すことがきない。かといって、いきなりナンパをするわけではなく、日常会話や雑談ができれば十分だ。女性との会話が特別なものではないという意識を持っておこう。

口べたで、上手く話す自信がない場合には、とにかく聞き役に回るのも1つの手段だ。まずは緊張せずに女性と会話ができるようになろう。そのためにも必要なのが積極性だ。

話しかけられるのをただ待っているのではなく、自分から話しかけにいくことが大切だ。勇気を出して、何度も話しかけていけば、だんだんと会話にも慣れてくる。この一歩を踏み出すかどうかが、以降の学生生活を大きく分けるはずだ。

また、身だしなみにもしっかり気を配ろう。

普段、同性とばかりつるんでいると、なかなか身だしなみに気を配らなくなる。いつも髪の毛がボサボサだったり、無精ヒゲを生やしていたり、爪が伸びっぱなしという人もいるかもしれない。

オシャレをしないまでも、清潔感を感じさせる服装を心がけよう。

相手に不潔と思われてしまっては、出会いも遠のいてしまう。人によっては、匂いを気にするあまり香水を振りすぎてしまうこともあるため、慣れない場合は無理に香水に頼らない方が良いだろう。

着るものをしっかり洗濯をして、お風呂に入って清潔にしていれば、相手に不快に思われるようなことはないはずだ。

彼女いない大学生はやばい?

大学に通っていると、カップルが目につくことが多い。では、大学生に彼氏や彼女がいることは当たり前のことなのだろうか。

PR TIMESのアンケート結果によると、「彼氏・彼女がいるのが当たり前だと思う」と答えた人は、男性で20%ほど、女性では9%ほどしかいなかった。

反対に「そう思わない」と答えた人は、男性で64.8%、女性で78.4%と半数以上が当たり前だと思っていないことが分かった。

PR TIMESのアンケート結果

女性の方が、恋人がいないことが普通だと考えていることが多い。そのため、男女問わず、別に恋人がいないことは、やばいことではないと言えるだろう。

また、『リゼクリニック』のアンケート結果によると、現役男子大学生の2人に1人が「付き合った経験がない」と答えている。それに対して女子は半数以上が現在、特定のパートナー(大切な人がいる)と答えている。

『リゼクリニック』のアンケート結果

この結果から、女性の方がより恋愛に対して積極的ということが見て取れるだろう。彼女を作りたいと思うならば、しっかり男性の方からアプローチしていくことが大切だ。

大学生の彼女の作り方=コミュニケーション2つ

彼女を作る上で、大切なのがコミュニケーションの方法だ。

特にどうやって会話するかは相手のイメージを大きく左右する。

相手に好印象を与えるためにも、会話の際には以下の2つを心がけるようにしよう。

大学生の彼女の作り方=コミュニケーション2つ

①意識して相づちを打つ

相手の話を聞いているという態度を示すためにも、必ず相づちをうつようにしよう。コミュニケーション力が高い人は、オーバーに感じるほど相づちを打っていたり、リアクションしていたり、相手の話に大きく反応していることが多い。

自分の話をしっかり聞いていると分かれば、相手もさらに話がしやすくなるはずだ。相手に心地よさを感じさせることができれば、話す機会もぐっと増えてくる。

いきなりオーバーリアクションを取ると相手が驚いてしまうため、まずは相手の目を見て「うんうん」と相づちを打つことから始めよう。慣れないうちは、自然に相づちをうつことは難しいが、経験を積むことでスムーズにできるようになる。

相手に話しやすい相手と思わせることができれば、2人の距離も一気に縮まるはずだ。

②人を傷つけるような冗談を言わない

笑いを取ろうと思って、相手をいじるような冗談をするのは絶対にやめておこう

テレビでお笑い芸人がやるようないじりは、双方に了承があってからこそ面白いのだ。素人がそれをマネしようとすると、ただただ相手を怒らせるだけのことが多い。

そういった冗談はテクニックが要求されるため、会話の上級者以外は使わない方がいいだろう。

昔はよく行われていた外見を揶揄するような言葉も厳禁だ。たとえ、冗談のつもりで言ったとしても、相手を傷つけてしまったり、怒らせてしまう可能性が十分にある。

総括:大学生の彼女の作り方=積極的に行動すべし

記事のポイントをまとめておこう。

大学生の彼女の作り方について

大学生が彼女を作るきっかけは?

  • 授業・ゼミ
  • サークル
  • アルバイト
  • 合コン
  • 同窓会・同級会
  • マッチングサイト

コロナ禍でどうやって彼女を作れば良いか

理系の大学生が彼女を作るために心がけたいこと

  • 会話に慣れる
  • 積極性をもつ
  • 身だしなみに気を配る

彼女がいない大学生は普通?やばい?

彼女を作るためのコミュニケーション方法

  • 相手の話に対して相づちを多く打つ
  • 人を傷つけるような冗談・いじりをしない

人生の中で大学生である期間は時間に余裕があり、出会いの機会も多い。そのため、彼女を作る上での絶好のチャンスでもある。しかし、ただ待っているだけで彼女ができることはまずない。

自分から積極的に動くことで、出会いが生まれやすくなり、異性と親しくなるきっかけが生まれてくる。この記事を参考にして、出会いの機会を上手く活用して欲しい。

こう思ったことはありませんか?

  • なぜ私には彼氏・彼女ができないのだろう
  • なぜ私は結婚できないのだろう
  • なぜ私には出会いがないのだろう
  • なぜこんなに寂しいのだろう

この記事を読んでいる人の中には、今まさにこうした壁にぶち当たっているという方もいるかもしれません。

残念ながらこの問題は「あなたが行動を起こさない限り」永遠に改善されることはなく、どれだけ待っていても現状が変わることはありません。つまり、一生このまま寂しい時間が続くということです。

活字にするとあっさりしていて伝わり辛いかもしれませんが、この状況って本当に辛いことですよね。特に、自分なりに努力してきた人なら「そんなことはわかってる!」と怒れてしまったかもしれません。

でも大丈夫です。あなたが「自分なりに」ではなく「本気で行動できたなら」あっという間にこの問題は解決するし、ここで紹介している3つの出会いサイトいずれかを「本気で活用すれば良いだけ」だからです。このアクションだけで大きく人生が好転するかもしれません。

私も以前は、結婚どころか彼女さえ十数年間いないといった寂しい人生を歩んでいました。あまりの寂しさからか、壁の絵に話しかけている自分に違和感さえ抱かない悲惨なところまでいっていました。しかし、それも今では改善されていて妻と子供2人・4人家族の幸せな家庭をもつことができています。そう、とても幸せな気持ちです。

もちろん、私だけでなくこの記事で紹介している出会いサイトを活用した多くの人たちが幸せな人生を再スタートさせています。

  • これまでの人生ではじめて彼氏・彼女ができた!
  • 結婚を前提にお付き合いをはじめ、その後結婚できた!
  • ひとりぼっちで孤独な人生から解放された!

ときどき感謝のメールをいただくほど、こうした人たちで溢れています。私は「とにかく本気でアクションを起こしてほしい」だけであり、これが人生を変えるキッカケになり得るということなのです。

もし、あなたが今すぐ「あなただけのパートナーに出逢いたい」「幸せな人生をつかみたい」、そう考えているのであれば、これから紹介する3つの出会いサイトいずれかを活用するようにしてください。

このサイトについて

▼当サイト【出会いのススメ】は、月間5万人以上のユーザーに支持されています

出会いのススメ利用者数

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

利用時の注意点として、必ず「自身の目的に合ったマッチングサイト」を利用するようにしましょう。マッチングサイトの運営方針によって登録ユーザーの数や質、特徴などは大きく異なるからです。

真剣な出会いを求めているのに、そうではないユーザーばかりが集まっている出会いサイトに登録してしまえば、当然ながら願いは叶いません。そのため、必ず「自分と似た気持ちをもったユーザーが登録している出会いサイト」を活用するようにしてください。

このことから、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。

まず、“華の会メール”は真剣な出会いを求めている30~85歳までの男女におすすめです。「実際に出会えた」「無料で使いやすい」といった良い意見が多く、出会ってみたらサクラだったというような悪い評判は見当たりません。年齢や目的さえマッチすれば本当に出会える可能性が高い、最もお勧めできる優良サイトだと言えます。

また、“ナレソメ予備校”は成婚率が驚異の71.4%の結婚相談所であることから本気の婚活をしたい男女に向いています。通常の結婚相談所としても登録者数は70,000人以上と多く、入会前に結婚偏差値診断、個別相談を無料で受けられる強力なサービスがあります。その上、出会えなければ全額返金制度もあることが相当な強みです。

“ハッピーメール”はド定番の若者向け王道マッチングサイトなので比較的若い男女の利用が良いでしょう。もちろん、若い層と出会いたい人にも向いています。会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多くかなり有名ですが、純粋な登録者だけでなく「遊びたい男女」も登録しているので、ここは理解しつつ上手に活用したほうが良いです。

①華の会メール

真剣な出会いにオススメ!30~85歳までがメイン

華の会メールは、30代以上の中高年をターゲットにした出会い系サイトであり「30~50代の利用者が多い」といった特徴があります。実際のところ、会員の年齢層は35歳以上が85%を占めており、そのなかでも30~50代の利用者は70%にのぼります。

全体の割合を見てみると、男性ユーザーが7割に対し、女性が3割と男女比率にはかなり差があります。男性会員にとってはやや不利かもしれませんが、女性にとっては出会いのチャンスが多いと言えるでしょう。

華の会メールの公式サイトを見ると「現在のログイン数」を確認できます。どの曜日や時間帯が出会いやすいかログインするたびにチェックすると、出会う確率もグッと上がるはずです。

特徴として、利用目的が幅広い点が挙げられます。「メル友」「共通の趣味友」「恋人」「結婚相手」など、様々な目的で利用可能です。「真剣なユーザーが多い」という特徴もあるので、メル友からじっくりやりとりして、相手と相性が合えばいずれ実際に会うこともできるでしょう。

また、華の会メールでは「実際に出会えた」「無料で使いやすい」といった良い意見が多く、出会ってみたらサクラだったというような悪い評判は見当たりません。年齢や目的さえマッチすれば本当に出会える可能性が高いということです。

華の会メールはもともと30~85歳の人向けの出会い系サイトで、実際の利用者も30~50代が7割を占めています。出会い系サイトの中でもこのような中高年向けのサイトは少なく、該当する年齢の人にとっては貴重な選択肢の1つになるでしょう。

特に、華の会メールは独身のみならず、離婚歴がある人や既婚者も利用できるため、中高年の利用者が多いのかもしれません。

もし「既婚者とのやりとりや会うのには抵抗がある」という場合は、プロフィールや掲示板検索の時に婚姻歴を絞ることができます。再婚希望や離婚後に新しいパートナーが欲しいという人にも華の会メールはおすすめです。

「とにかく真剣に出会いたい人」は、華の会を絶対に利用するようにしましょう。

会員数 非公開
主な年齢層 30代〜50代
主な利用目的 恋愛・婚活
利用料金 女性:無料
男性:ポイント制
オプション 1pt=10円
※女性へのメール送信10pt
運営会社 インターワークス株式会社
【華の会】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

華の会 公式サイトへ

 

②ナレソメ予備校

本気の婚活!成婚率が驚異の71.4%の結婚相談所

ナレソメ予備校は、結婚相談所の重要な指標となる入会者の成婚率が業界トップレベルの71.4%で、恋愛や結婚の知識を豊富に持つプロフェッショナル集団が、結婚の悩みを徹底的にサポートしてくれます。

他にも結婚相談所はたくさんありますが、ただ単に異性と出会えるサービスではなく、成婚に向けて婚活のプロフェッショナル(塾長)から、婚活ノウハウやアドバイスを伝授してもらえることから予備校と名前が付けられています。

通常の結婚相談所としても登録者数は70,000人以上と多く、さらにナレソメ予備校は出会えなければ全額返金制度もあるのです(活動開始から3ヶ月を経過し、申し込みを合計100人以上に申し込みしていることが条件)

また、マッチング前だけでなくマッチング後にも丁寧なフィードバッグを行ってくれるため、同じ失敗を繰り返す心配がなくスピーディーに成果へとつながりやすいことや、入会前に結婚偏差値診断、個別相談を無料で受けられる強みがあります。

結婚偏差値診断について深掘りすると、「現時点で結婚できる可能性はどれくらいあるか」「どんな相手と結婚すべきか」などを判断してもらえます。

自分のことを客観的に見たり異性からどのように見えているか判断したりすることは難しいですが、結婚偏差値診断を受ければプロフィールや希望する条件などから適切に現状把握することができます。これにより「高望みしすぎている」「自分を低く見積もりすぎている」など、自分では気づかなかった意外な可能性に気づけるかもしれません。

さらに、ただ結果を提示するだけでなく自己分析もサポートしてくれるため、自分に足りていない部分や、どこを伸ばしていけば良いなどを把握でき、今後の婚活がよりスムーズになります。プロから客観的なアドバイスを受けられるのは非常に貴重な経験になるでしょう。

さまざまな結婚相談所がある中「どのサービスを選べばいいかわからない」という人は、事前の結婚偏差値診断と個別面談でナレソメ予備校の実績やサポート体制を見極めるもとも可能です。

そして個別カウンセリングでは、恋愛や婚活の知識を持ったプロが悩みの相談に乗ってくれます。結婚や将来に対して抱いている漠然とした不安を解消できるだけでなく、自分の気持ちを明確にし、婚活に向けてどのような準備を進めればいいかがわかります。

課題がはっきりすれば、結婚相談所を利用すべきなのか、ナレソメ予備校が課題解決に適しているのかを見極めやすくなるはずです。

なお、結婚偏差値診断や個別カウンセリングはすべてZOOMによるオンライン形式で行うことができ、その上3か月経過しても出会いがなかった場合は初期費用と月額費用を全額返金してもらえるのでリスクはかなり低いです。

【ナレソメ予備校】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ナレソメ予備校の公式サイトへ

 

③ハッピーメール

ド定番の若者向け:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、利用ユーザーの年齢層は比較的若い傾向にあります。

ユーザ数 2500万人以上(男女比 6:4)
入会金 無料
利用費用 女性:無料 男性:小額のポイント料金のみ
利用年齢層 年代を問わず利用者が多い
知名度 品川・新宿・渋谷などの中心街で大々的に宣伝
【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

行動を起こせば人生が変わります。

利用目的 華の会 ナレソメ予備校 ハッピーメール
◆ 彼氏・彼女が欲しい ×
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
×
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている ×
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある ×
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確) ×
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい ×
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい ×
◆ 欲望を満たしたい人 ×

© 2021 出会いのススメ