夫が死別して寂しい:亡くなりひとりぼっちで話し相手がいないとき

夫 死別 寂しい

長年一緒に連れ添ってきた夫や強い愛情で結ばれていた夫と死別するショックは、はかりしれないものがある。

いつまでも立ち直ることができず、深い暗闇の中にいるような気持ちでもがいている人も多い。また、夫を失ったという喪失感に加えて、これからの人生をどう生きていけばいいのかの不安もある。

この記事では、夫と死別するとどんな時に寂しさや悲しさを感じるのか、夫と死別するとしなければならないこと、
夫の死のショックからの立ち直り方を解説する。

記事の内容

  • 夫と死別:寂しい、悲しい、辛いとき
  • 旦那が急死して生きるのがつらい
  • ひとりぼっちで寂しい
  • 夫が亡くなり話し相手がいない
  • 夫と死別・寂しいと感じてもやるべきことがある
  • 夫が亡くなった時にしなければならないこと
    14日以内にするべきこと
    1年以内にすること
    5年以内にやること
  • できない時は代行サービスを
  • 夫と死別して寂しい人の立ち直り方5つ
    ①しっかり悲しむ
    ②1人で抱え込まない
    ③自分を責めない
    ④孤立しないよう注意する
    ⑤同じような体験をした人と話す
  • 時間がかかって当たり前だと思う
  • 子どもがいる場合は周囲の助けを快く受ける
  • 夫が死別して寂しい=少しずつ前に進もう
  • 総括

執筆:YUMI
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

夫と死別:寂しい、悲しい、辛いとき

夫と死別すると、寂しい、つらい、悲しい、苦しいなどさまざまな気持ちに襲われる。どのような時にとくに寂しい、悲しいと思うのだろうか?

旦那が急死して生きるのがつらい

夫との死別はどんな形でもつらいが、夫が急死した時は心の準備ができていないため、ショックも倍増する。昨日まで元気に一緒に暮らしてきただけに現実を受け入れることが難しく、なかなか夫のいない人生を踏み出すことができないことも多い。

夫がまだ若く、子育てが終わっていない場合は、悲しみにひたるひまもなく、これから子どもをどうやって育てていいのかという大きな問題がのしかかる。

頼れる実家がある場合はまだいいが、両親がいない、いても病気、なんらかの理由で音信不通、などで頼れずに、最悪の場合は親子で後追い心中するケースもある。生きるのがつらく感じ「頭痛」「腹痛」「不眠」「食欲不振」などの体調不良を訴えることも多い。

ひとりぼっちで寂しい

夫と死別して孤独を感じるのは、普段の日常生活をしている時が多い。例えば、買い物をいつも2人で行っていた人は、買い物に行くたびにそこに夫がいないことを実感し、孤独感を感じる。

いつも2人で楽しく食事をしていた人は食事のたびにひとりぼっちであることを意識させられるので、孤独感を強く感じる。反対に食事を一緒に食べる機会が少なかった人は、食事をすることで孤独を感じることはあまりない。

夫と仲が良かった人ほど、夫と一緒に過ごす時間も長かったため、孤独感も強く感じるのだ。

ひとりぼっちで寂しい

夫が亡くなり話し相手がいない

どちらかというと大人しい性格の人や、友だちがあまり多くない人、夫以外の人とおしゃべりする機会がなかった人は、夫が亡くなると話し相手がいなくなりやすい。気がついたら何日も誰とも話していなかった、と気づいた時に、「夫はもういないんだ・・・寂しい」と改めて実感する。

夫が唯一の話し相手だった、というタイプの人は人と話すことがなくなって、滑舌が悪くなってしまうこともあるほどだ。

また、このタイプの人は、話し相手を求めるあまり、たちの悪い訪問販売にひっかかってしまうこともある。活動的で友人が多くいるタイプの人は、友だちと話すことで悲しみを和らげることもできるが、そうでないタイプの人は一層孤独を感じてしまい、立ち直るのにも時間がかかることが多い。

夫と死別・寂しいと感じてもやるべきことがある

夫と死別すると悲しい気持ちや寂しい気持ちでいっぱいになるが、現実にはしなければならないことが実や山のように待ち構えている。

どんなことなのか、見てみよう。

夫と死別・寂しいと感じてもやるべきことがある

夫が亡くなった時にしなければならないこと

夫が亡くなると、さまざまな手続きが必要となる。ショックがひどくてそんなことを考える余裕はない、と思う人も多いだろうが、手続きの期限が過ぎてしまうと、もらえるはずの給付金や手当がもらえなかったり、借金を負っててしまったりすることがある。

余計な税金を払うはめになることもあるため、しなければならない手続きは期限以内に終わらせる必要がある。必要な手続きには以下のものがある。期限期間別に紹介しよう。

14日以内にするべきこと

死亡届出の提出

死亡後7日以内

死体火葬埋葬許可申請

死亡届と同時

世帯主の変更

死亡後14日以内

健康保険の資格喪失届出

死亡後14日以内

国民健康保険加入手続き

死亡後14日以内

児童扶養手当の認定請求

世帯主の変更届と同時に行う

国民年金・厚生年金の資格喪失届出

死亡後14日以内

1年以内にすること

相続放棄・限定承認の申立

相続開始があったことを知ってから3ヶ月以内

故人の所得税の準確定申告

相続開始があったことを知った人の翌日から4ヶ月以内

相続税の申告

相続の開始があったことを知った翌日から10ヶ月以内

遺留分侵害額請求

相続開始または遺留分の侵害があることを知ってから1年以内
相続開始から10年以内

この中では、とくに相続放棄と故人の所得税の準確定申告には注意しておきたい。

相続はプラスのものだけではない。借金も相続対象になるため、夫に多額の借金があった場合は放棄しないと自分が払わなければならなくなる。夫の事業を引き継いでやっていく場合はいいが、そうでない場合は注意して欲しい。

故人の所得税の準確定申告も申告期間を過ぎてしまうと延滞税などが発生してしまうので、忘れずに深刻する必要がある。

5年以内にやること

「1年以内にすることがたくさんある・・・」と感じたと思うが、5年以内にしなければならないことは実に26項目もある。

これらの手続きはすべてしなければならないわけではなく、人によっては必要ない場合もある。よく確認して自分が必要なものの手続きを取ろう。

復氏届(旧姓に戻すための手続き)

期限なし

姻族関係終了届

期限なし

シルバーパスの返還

早めに行う

子の氏変更許可申請

期限なし

運転免許証の返納

早めに行う

死亡退職届

早めに行う

死亡退職金

早めに行う

最終給与

早めに行う

クレジットカード利用停止

早めに行う

借金(負債の確認)

早めに行う

生命保険・入院保険

原則として支払事由発生から3年以内

埋葬料の請求(社会保険)

死亡した日の翌日から2年以内

賃貸住宅の解約

方針決まり次第

電話加入権

早めに行う

光熱費

早めに行う

各種名義変更

できるだけ早く行う

遺産分割協議書の作成

期限はない。目安は2~6ヶ月以内

不動産の名義変更登記(相続登記)

遺産分割の協議が成立後、相続税申告までに申請

葬祭費の請求(国民健康保険)

葬儀を行った日の翌日から2年以内

埋葬料の請求(社会保険)

死亡した日の翌日から2年以内

高額療養費の請求(健康保険)

治療の翌月1日から2年以内

死亡一時金の請求(国民年金)

支給の原因が発生した日の翌日から2年以内

遺族基礎年金の請求(国民年金)

支給の原因が発生した日の翌日から5年以内

寡婦年金の請求(国民年金)

支給の原因が発生した日の翌日から5年以内

遺族厚生年金の請求(厚生年金)

支給の原因が発生した日の翌日から5年以内

遺族補償年金・一時金の請求

死亡した日の翌日から5年以内

できない時は代行サービスを

夫の死に絶望している時に、大量の手続きは大変な負担だ。親戚などが積極的に声をかけて手伝ってくれる場合はいいが、そうでない場合で「何をしたらいいのかわからない」「とても手続きができる状態ではない」という場合は、「行政書士」に依頼すると手続きを代行してくれたり、サポートしてくれたりするので上手に利用しよう。

夫が亡くなると、自分がするにしろ、人に依頼するにしろ期限以内に行う必要があることがたくさんある、ということを覚えておいて欲しい。

夫と死別して寂しい人の立ち直り方5つ

夫を亡くして悲しみのどん底に突き落とされても、生きていかなければならない。

夫を亡くした人が立ち直るためには、どのような方法があるのだろうか?夫を亡くした人の立ち直り方を解説する。

夫と死別して寂しい人の立ち直り方5つ

①しっかり悲しむ

この世で一番愛していた人が亡くなって、悲しくないわけがない。愛情が強かった人や長い年月を共に歩んできた人は一層悲しみが深い。

なのに「周りにいつまでも心配をかけてはいけない」「いつまでも泣いていてはいけない」と無理に気持ちを抑えこむと、かえっていつまでも悲しい気持ちから脱出できないことがある。

悲しみを乗り越えるためには、しっかりと悲しむことが必要なのだ。

②1人で抱え込まない

悲しみを1人で抱え込まないようにすることも重要だ。仲の良い友だちがいるのならその人に聞いてもらおう。そういう人がいない場合は、日記をつけたりブログを作ったりして自分の気持ちを書き表すと気持ちが軽くなるものだ。

人は、喪失感を何度も何度も話すことで、少しずつ現実を受け入れていくことができる場合が多い。ブログの場合は、同じような経験をした人からの励ましや共感のコメントが入り、心の支えになることもある。

③自分を責めない

人によっては、悲しみと一緒に自責の念にかられることもある。自分のせいで死んだわけではなくても「もっと何とかできたのではないか」「あの選択肢は間違っていたのだろうか」という気持ちが沸いてくるのだ。

このような感情が生まれるのはきわめて自然なことだが、自分を責めても苦しみが増すだけだ。自分を責めずに「悲しい」「つらい」という感情をそのまま表に出そう。上述のように日記やブログに書いたり、友人に聞いてもらったりして支えてもらうことも必要なことだ。

④孤立しないよう注意する

夫を亡くすと、悲しみやショックで何もする気がおきなくなったり、誰とも会いたくない、と思ってしまったりすることもある。

夫がまだ若い場合は、友だちの夫で亡くなった人などいないことがほとんどなので、なぜ自分だけが・・・と思ったり、うらやましい気持ちが湧いたりして距離を取ってしまうこともある。

しかし、周囲との関わりを断って殻にこもってしまうと、日常生活にも支障がでたり、体調を崩しやすくなったりする。

ある程度の時間が経ったら、近所の集まりや仕事、習い事などにできるだけ顔を出して周囲との関わりを持ちながら、悲しみにひたらない時間を作るよう心がけることが大切だ。

⑤同じような体験をした人と話す

自分と同じような体験をした人と話して、その時の気持ちを共有できると、気持ちが楽になりやすいものだ。

「こんな気持ちになるのは自分だけではないんだ」と思うだけでも気持ちはずっと軽くなる。インターネットなどで知り合った同じような経験をした他人だからこそ、話せることもある。

また、夫の両親や兄弟、夫の友だちなど、夫との思い出を共有できる人と話すのもいいだろう。同じ思い出を共有することで、心が癒やされることがあるのだ。

時間がかかって当たり前だと思う

そもそも、大切な人を亡くした悲しみは、短期間で癒えるものではない。悲しみは、あっという間に消えることはないが、永遠に続くこともないのだ。

自然のままに悲しんでいるうちに、少しずつ今を受け入れて前を向いて歩いていくことができるようになる。これを「時間薬」という。悲しみが全く消えることはないが、悲しみが和らぐ日はいつか必ずくる。その日が来ることを信じて、無理せずゆっくりと前に進もう。

子どもがいる場合は周囲の助けを快く受ける

年を取って子どもが独立している場合や子どもがいない場合は、上記のプロセスをゆっくりと踏んでいくことをおすすめするが、子どもがいる場合はそうもいかない。

子どもを育てていかなければならないし、父親を亡くした子どもの気持ちのケアも必要だ。何もかもを1人でこなすことはできないので、周囲に助けを求め、助けの手は快く借りよう。

子どもがいる場合は周囲の助けを快く受ける

助けが足りない時は自治体のサポートを受けることもできるので、問い合わせてみるとよい。自治体のサポートには、金銭的なサポートや精神面のサポートなどがある。

大阪府役所ホームページ

大阪府役所ホームページ

総括:夫が死別して寂しい=少しずつ前に進もう

記事のポイントをまとめておこう。

夫と死別すると寂しい、悲しい、つらい気持ちになるのは当たり前

  • 急死は心の準備ができていないので現実を受け入れるのに時間がかかることもある
  • 夫と仲良く暮らしていた人ほど孤独を感じる
  • 一番会話するのが夫だった人は、話し相手がいなくなってつらく感じる

死別したあと、やらなければならないことはたくさんある

  • 夫の死後7日以内、14日以内、3ヶ月以内、10ヶ月以内、1年以内、3年以内、など期限つきでしなければならないことが山積みである
  • 手続きをしないと不利になることが多いので、期限を確認して忘れずに行うことが大事
  • 手続きができない場合は、行政書士に代行を頼むことができる

夫と死別した人が立ち直る方法

  • 悲しみを乗り越えるにはしっかりと悲しむことが必要
  • 1人で抱え込まない
  • 何度も人に話すことで少しずつ現実を受け入れていくことができる
  • 自分を責めない
  • 孤立しないよう心がける
  • 同じような体験をした人と話して気持ちを共有する
  • あせらず時間がかかっても当たり前だと理解する
  • 子どもがいる場合は周囲のサポートを受けて乗り切る
  • 助けが足りない場合は自治体のサポートを受けることをおすすめ

今の時代、目的の出会いを果たすためにはマッチングサイトを活用するのが一般的です。

かつては「怖い」「信用できない」など不信感が漂っていたものの、現在では多くの企業が参入するクリーンな世界に様変わりしています。その上、流行り病の影響で男女問わず出会いに困る人が多くなり、需要は拡大の一途を辿るようになりました。

幸か不幸か、外見や中身を含め、非常に高スペックな男女が当たり前のごとく活用するようになったわけです。

また、ひと言で「出会いたい」といっても目的は様々です。

  • 彼氏・彼女が欲しい
  • 出会い方がわからない社会人や学生
  • 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
  • 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
  • バツイチやシングルマザーなど事情がある
  • ○○職の人と付き合いたい、お金持ちと結婚したい(目的が明確)
  • 欲望を満たしたい人

こうした様々な思いを抱きつつ、マッチングサイトを利用します。

この中には、必ず自身と同じ「境遇」「思いの人」が存在するため、結果としてマッチングサイトを利用した方が、よりよい出会いを実現できます。ひとりで悩み続け、何の行動も起こさなければ状況は変わらないため、こうしたツールの活用が必須となるのです。

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

このときの注意点として、必ず複数のマッチングサイト(最低2社)は利用するようにしましょう。マッチングサイトによって登録ユーザーの数や質は大きく異なりますし、目的の人が「A社にはいなかったがB社にはいた」ということもあります。機会損失を防ぎつつ、効率的に望みを叶えるためには、複数のマッチングサイトへの登録が必要です。

そうしたうえで、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。そこで、ランキング形式でお勧め順に比較することにしました。

まず、ペアーズ(Pairs)は1年の間に300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイトです。その結果、新興ではあるもののあっという間に1000万人以上の利用者を獲得してしまいました。ユーザー間でのやりとりも非常に活発であり、たった3年で20万人以上のカップルを輩出する一押しのサービスです。

また、ハッピーメールは会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多い企業です。純粋な登録者が大半を占めており、社風としても「真面目な出会い」をテーマとしているためチェックは厳しいです。そのため、悪質ユーザーはすぐに締め出されるという安全性の高さも魅力のひとつです。

PCMAXは「真面目な出会い」「大人の出会い」両方に対応している珍しいマッチングサイトです。比較的「大人色」が強いため、「刺激がほしい」「欲望を満たしたい」といった変化球的な意図がある人に向いています。それにも関わらず、医療情報管理協会・JAPHICの認証をもっている優良企業となります。

① Pairs(ペアーズ)

1年間で300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイト

最も人気、かつ勢いのある優れたマッチングサイトがPairs(ペアーズ)です。先述の通り、1年の間に300万人ずつ会員数は増えており、すでに20万人以上のカップルを世に輩出している実力派サービスです。ほぼすべての用途を満たすことができるオールマイティーなマッチングサイトだと言えるでしょう。

例えば、「彼氏・彼女がほしい」「孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい」「バツイチやシングルマザーなど事情がある」などを含め、出会いに関することであればすべてを満たしてくれるポテンシャルを秘めています。

ただ、出会いはみずものであり、いつ理想の相手が表れるかはわかりません。利用し始めた瞬間かもしれないし、ある程度の時間が必要になることもあります。しかしながら、最もアクティブ性の高いPairs(ペアーズ)を利用すれば、少なくとも全く出会えないという事態だけは避けられるはずです。

「ここで無理ならどこで出会えるのか」というほどアクティブ性は高いため、何らかの理由で出会いや救いを求めている人は必ず利用するようにしてください。

【ペアーズ】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

Pairs(ペアーズ)の公式サイトへ

 

② ハッピーメール

ド定番:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。こうしたことから、Pairs(ペアーズ)と共にお勧めできるマッチングサイトであることは確かです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、Pairs(ペアーズ)ほどのアクティブ性があるかと言えば判断が難しいところです。そのため、利用する際はPairsとの併用が効率を高める可能性がありおすすめです。

【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

ハッピーメールの登録方法:使い方の教科書

 

③ PCMAX

《真面目な出会い・大人の関係》両方に対応したマッチングサイト

真面目で純粋なマッチングだけでなく、「大人の出会いの場」を提供してくれる企業がPCMAXです。明確な目的があったり日常に刺激を求めていたりする場合、登録必須のマッチングサイトです。

「大人の出会いの場」と聞くと、多くの人は安全性や危険性を意識します。ただ、PCMAXに関しては❝特定非営利活動法人日本個人・医療情報管理協会のJAPHIC認証❞を取得しているため、少なくとも周りを見渡して視界に入る企業たちよりも安全であることは確かです。

それでは、純粋な出会いのみ求めている人は登録する必要がないのかというと、そうではありません。PCMAXにも1500万人以上の利用者が存在し、大半は一般的な出会いを求めています。そのため、PCMAXも並行して活用すると、より確実な出会いを実現できます。

特に、「真剣交際」「刺激」の2つを得たい場合、ハッピーメールと並行してPCMAXを利用しましょう。

真面目な出会いだけに限らず、PCMAXには刺激を求めるユーザーが一定数存在します。ひとつの選択肢に捉われず、様々な角度から自身の目的を果たせないか検討する必要があります。

【PCMAX】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

PCMAXの公式サイトへ

PCMAXの登録方法:使い方の教科書

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

利用目的 ペアーズ ハッピーメール PCMAX
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人 ×

 

© 2021 出会いのススメ