ウエディングプランナーは結婚できない!出会いは行動の先にある

ウエディングプランナー 結婚できない

「ウエディングプランナー」という職業を聞いたことのある人は多いだろう。

「ウエディング」という響きを聞くだけで、結婚適齢期の男性も女性もちょっと幸せな気分になるものである。

20代後半にもなると、友人や親戚の結婚式や披露宴に何回か出席しており「自分の結婚式はこんなふうにしたい」「披露宴はこんなふうにしたい」などと夢が膨らんでくる。

ウエディングプランナーは、その膨らんだ夢や希望に沿って結婚式や披露宴をプロデュースしてくれる。「幸せのお手伝い」とは何と素敵な職業なのだろう。

一昔前は、ウエディングプランナーという職業が認知されておらず、結婚する自分達自身で企画、準備等をしていた為、負担も大きかった。

結婚式を迎えるまでに、結婚相手や親族まで含めた揉め事に発展する事もあり、最悪の場合婚約破棄などという事態を引き起こしていたが、今はウエディングをプランニングし、プロデュースしてもらえるので、主役の二人は結婚式に向けて気持ちを存分に高揚させる事が出来るようになっている。何よりである。

厚生労働省の発表によると、ウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)は全国で70万人ほどいるようである、

参照:職業情報提供サイト(日本版O-NET)

 

「幸せのお手伝い」をしてくれるウエディングプランナーであるが、ウエディングプランナー自身は「結婚できない」という妙なジンクスがあるらしい。本当だろうか。

他人の幸せのお手伝いはするが自分自身の幸せを掴むことが出来ない、とは何とも理不尽な話ではないか。

もちろん結婚が幸せの全てではない。幸せの形はさまざまである。しかし日々幸せな結婚を迎えているカップルを目の当たりにしていれば、結婚が幸せの形だと思って当然である。結婚が幸せなものであり、その幸せの手伝いをしたいと思うからウエディングプランナーという職に就いているのだろう。

というわけで今回は「ウエディングプランナーは結婚ができない」というジンクスに迫ってみたい。

記事の内容

  • ウエディングプランナーが結婚できない理由4つ
    ①ブライダル業の婚期の遅れは土日が休めない事にあり
    ②他人の幸せで満足してしまう
    ③挙式までの揉め事も間近に見る=「幸せの裏」も見えてしまう
    ④そもそも出会いの機会がない
  • ウエディングプランナーが結婚できない現状を打破!
  • 結婚できないというが、本当はモテる!
  • 婚活サイトに登録し、効率の良い出会いをする
  • マッチした人と平日にのんびりデートを
  • 自分の結婚式を自分でプロデュース
  • 結婚後の働き方
  • 「ウエディングプランナーが結婚できない」では先細りになる
  • 総括

執筆:TANO
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

ウエディングプランナーが結婚できない理由4つ

ウエディングプランナーが結婚できない、と言われる理由はその業務内容や就業条件によるところが大きいだろう。

考えられる理由をいくつか挙げてみる。

ウエディングプランナーが結婚できない理由4つ

①ブライダル業の婚期の遅れは土日が休めない事にあり

新郎新婦との打ち合わせや挙式が土日に集中する傾向にあり、土日に休みが取れない職業である。土日休みの男性とはすれ違いが生じ、付き合いが続かなくなってしまう。

また、平日に休みがあっても、挙式の近いカップルに自分がひいた風邪などをうつさないよう、家にこもりきりになる事もある為、デートが難しい時もある。

②他人の幸せで満足してしまう

ウエディングプランナーは充実感と達成感を味わえる仕事である。最近は結婚式場の選び方も、情報誌や知名度が高いといったステレオタイプなものではなく、ネットから探す人も多い。「式場を利用したお客様の声」などから、ウエディングプランナーとしての自分自身の評判が集客を左右する事も考えられる。

自分が良い仕事をする事で、そのプロデュースで式を挙げたいというカップルが増えるかもしれないのだ。大変やりがいのある仕事であるが、心を込めて務めるほどに、そのカップルの幸せそうな様子で我が身のプライベートがプラマイゼロになってしまう。

③挙式までの揉め事も間近に見る=「幸せの裏」も見えてしまう

スムーズに挙式までの運びとなれば問題ないが、多かれ少なかれ挙式までに揉め事というのはあるものだ。「両家の親の意見が合わない」「当人同士の意見が合わない」「ご意見番のような親戚がしゃしゃり出てきて、考えているプラン通りに進まない」など、日頃の生活とは全く違うジャンルの問題に直面する。

これを乗り越えるのが、ケーキ入刀などよりもっと前の「初めての共同作業」なのではないかと思う。そして、ウエディングプランナーはこのいざこざも共に味わう事になる。何しろ新郎新婦のオブザーバーなのだ。若い2人の苦しさに寄り添ってこそ信頼関係も生まれるというものだろう。

このように、真面目に仕事に取り組むウエディングプランナーほど、こうした現実を知るたびに、自分自身の結婚についてはかなり冷静になってしまう為、「結婚できない」というよりは「結婚はしなくていいかも」と思いがちになる。

ウエディングプランナーという仕事は、「自分自身の幸せはお預け」にしないと務まらない仕事なのかも知れない。

④そもそも出会いの機会がない

休みと業務内容のハードさから、ウエディングプランナーには、普段の生活の中で異性と知り合うような機会がなく、デートを重ね結婚に至るといったステップを踏む事が難しいといった現状がある。

ウエディングプランナーが結婚できない現状を打破!

他人の幸せのお手伝いばかりで自らの幸せをつかみ損ねるというのは非常に残念な話である。ともするとウエディングプランナーの担い手がいなくなる可能性もある。

結婚式を行わないカップルも多い昨今、ウエディングプランナーの手腕で集客をはかる事は、ブライダル業界においても重要なポイントである。

ウエディングプランナーが結婚できない現状を打破!

ウエディングプランナー自らが幸せを掴んでいる事が、仕事のモチベーションを上げる事に繋がるかもしれない。是非、「ウエディングプランナーが結婚できない」という現状を打破する為に行動してみる事をお勧めする。

結婚できないというが、本当はモテる!

ウエディングプランナーは社会的な常識やマナーや品格を兼ね備え、両家とのやりとりもスムーズに行い、結婚式という一大イベントをプロデュースするという大役を業務にしている為、一般男性からの人気は非常に高い。

お見合いパーティー主催「オミカレ」の調査によると、ウエディングプランナーは「ブライダルコーディネーター」として結婚したい女性の職業の9位にランクインしている。

結婚できないというが、本当はモテる!

参照:「オミカレ」調べ 結婚したいと思う人気職業ランキングBEST10

 

結婚相手として、信頼の厚い職業がウエディングプランナーなのである。

日頃のハードな業務で、自らの幸せを後回しにしがちなウエディングプランナーであるが、周りの友人がどんどん結婚をしていき、そのプロデュースを自分自身が行う事もあるだろう。そんな時ふと自分自身の幸せについて考える時が来るのではないか。

ウエディングプランナーは、普通のOLの様な出会い方をする事は非常に難しいし、そもそも結婚について考える余裕もなかなかない。「ふと自分の幸せについて考えてみた」という機会を逃してはいけない。さっそく恋活を始める事をお勧めする。

ここで、ウエディングプランナーの恋活をプランニングしてみよう。

婚活サイトに登録し、効率の良い出会いをする

何しろ職場に男性が少なく、土日に休みがとれないウエディングプランナーは、趣味でもない限り出会いの場がほとんどないので、ここは手っ取り早く婚活サイトに登録しておくのが良いだろう。

リクルートマーケティングパートナーズの調査によると、婚活サイトを通じて知り合い結婚した人の割合は2018年で7.4%。その前の年に比べると飛躍的に伸びている。

リクルートマーケティングパートナーズ 婚活実態調査2019

リクルートマーケティングパートナーズ 婚活実態調査2019

婚活サイトを通じて結婚するカップルが増えている事をウエディングプランナーは肌で感じていると思う。婚活サイトは市民権を得つつあるのだ。婚活サイトを利用する事にはさほど抵抗はないであろう。

マッチした人と平日にのんびりデートを

多くの人で込み合わない平日にのんびりデート出来るのは、ウエディングプランナーの特権である。流通業や不動産業や接客業、フリーランスの男性や自営業の男性など、平日のデートの方が望ましい男性は多くいるはずである。デートの時は自分が今ある幸せに浸るのも良いだろう。

自分の結婚式を自分でプロデュース

これぞウエディングプランナーの真骨頂である。ウエディングプランナーで自らの結婚式をプロデュースした人は、やはり一味違った結婚式を執り行っているようである。

乾杯の準備中にケーキバイトを済ませてしまうとか、誓いの言葉は尊敬する先輩夫婦にお願いする、など出席してくれる方たちが飽きずに満足してくれるような式や披露宴にしているようである。

参照:ゼクシィネット 「プランナーさん自身のウエディングが見たい!」

結婚後の働き方

ウエディングプランナーは土日に休めない職業なので、出産前までは問題ないとしても、出産後の復職にはハードルがありそうだ。

日曜日には保育園に預けられないので、夫の充分な理解と協力が欠かせないであろう。

実際には、子供が小さいうちは土日に休める部署で、そしてある程度子供が大きくなってからウエディングプランナーとして復職、という事になるのではないか。

実際に自分が結婚した経験は、後のウエディングプランナーとしての仕事に有益である事は間違いない。体力的にも大変な事だろうが、せっかく身につけた職であるから、続けていける事が望ましい。

総括:ウエディングプランナーは結婚できない!出会いは行動の先にある

記事のポイントをまとめておこう。

ウエディングプランナーが結婚できないことについて

  • 土日に休めない
  • 他人の幸せで満足
  • 親族の揉め事など、裏も分かってしまう
  • そもそも出会いの場がない

ウエディングプランナーが結婚できない現状を打破する必要がある

  • ウエディングプランナーは結婚したい職業だと思われている
  • 恋活を始めてみる
  • 自身の結婚式のプロデュースはこれまでの集大成
  • 結婚後は自身の経験をプラスに働いていく事ができる

「ウエディングプランナーが結婚できない」では先細りになる

「他人の幸せ」というのは本来、自分の心に余裕がある人ができる事である。自分の生活が逼迫しているのに、人の幸せを願う事は難しいだろう。職業として他人の幸せをお手伝いするというのは素晴らしい事である。

ただ、他人の幸せを願ってばかりで自分自身の幸せが遠のくというのは残念である。結婚しないまま50代に突入し、他人の幸せをプロデュースし続けるというのも複雑な気持ちになってしまうかもしれない。

それを良し、とするウエディングプランナーであれば何の問題もないが、「自分の幸せは後回しにした結果、婚期を逃した」では他人の幸せを心からお手伝いする事は出来なくなるだろう。

ハードな職業ではあるが、「幸せのお手伝い」という職業はそう多くはないので、自身の幸せをつかみつつ、重ねていく年齢をプラスにして、これから結婚していく若いカップルの憧れとして仕事を続けてもらいたいものである。

今の時代、目的の出会いを果たすためにはマッチングサイトを活用するのが一般的です。

かつては「怖い」「信用できない」など不信感が漂っていたものの、現在では多くの企業が参入するクリーンな世界に様変わりしています。その上、流行り病の影響で男女問わず出会いに困る人が多くなり、需要は拡大の一途を辿るようになりました。

幸か不幸か、外見や中身を含め、非常に高スペックな男女が当たり前のごとく活用するようになったわけです。

また、ひと言で「出会いたい」といっても目的は様々です。

  • 彼氏・彼女が欲しい
  • 出会い方がわからない社会人や学生
  • 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
  • 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
  • バツイチやシングルマザーなど事情がある
  • ○○職の人と付き合いたい、お金持ちと結婚したい(目的が明確)
  • 欲望を満たしたい人

こうした様々な思いを抱きつつ、マッチングサイトを利用します。

この中には、必ず自身と同じ「境遇」「思いの人」が存在するため、結果としてマッチングサイトを利用した方が、よりよい出会いを実現できます。ひとりで悩み続け、何の行動も起こさなければ状況は変わらないため、こうしたツールの活用が必須となるのです。

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

このときの注意点として、必ず複数のマッチングサイト(最低2社)は利用するようにしましょう。マッチングサイトによって登録ユーザーの数や質は大きく異なりますし、目的の人が「A社にはいなかったがB社にはいた」ということもあります。機会損失を防ぎつつ、効率的に望みを叶えるためには、複数のマッチングサイトへの登録が必要です。

そうしたうえで、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。そこで、ランキング形式でお勧め順に比較することにしました。

まず、ペアーズ(Pairs)は1年の間に300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイトです。その結果、新興ではあるもののあっという間に1000万人以上の利用者を獲得してしまいました。ユーザー間でのやりとりも非常に活発であり、たった3年で20万人以上のカップルを輩出する一押しのサービスです。

また、ハッピーメールは会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多い企業です。純粋な登録者が大半を占めており、社風としても「真面目な出会い」をテーマとしているためチェックは厳しいです。そのため、悪質ユーザーはすぐに締め出されるという安全性の高さも魅力のひとつです。

PCMAXは「真面目な出会い」「大人の出会い」両方に対応している珍しいマッチングサイトです。比較的「大人色」が強いため、「刺激がほしい」「欲望を満たしたい」といった変化球的な意図がある人に向いています。それにも関わらず、医療情報管理協会・JAPHICの認証をもっている優良企業となります。

① Pairs(ペアーズ)

1年間で300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイト

最も人気、かつ勢いのある優れたマッチングサイトがPairs(ペアーズ)です。先述の通り、1年の間に300万人ずつ会員数は増えており、すでに20万人以上のカップルを世に輩出している実力派サービスです。ほぼすべての用途を満たすことができるオールマイティーなマッチングサイトだと言えるでしょう。

例えば、「彼氏・彼女がほしい」「孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい」「バツイチやシングルマザーなど事情がある」などを含め、出会いに関することであればすべてを満たしてくれるポテンシャルを秘めています。

ただ、出会いはみずものであり、いつ理想の相手が表れるかはわかりません。利用し始めた瞬間かもしれないし、ある程度の時間が必要になることもあります。しかしながら、最もアクティブ性の高いPairs(ペアーズ)を利用すれば、少なくとも全く出会えないという事態だけは避けられるはずです。

「ここで無理ならどこで出会えるのか」というほどアクティブ性は高いため、何らかの理由で出会いや救いを求めている人は必ず利用するようにしてください。

【ペアーズ】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

Pairs(ペアーズ)の公式サイトへ

 

② ハッピーメール

ド定番:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。こうしたことから、Pairs(ペアーズ)と共にお勧めできるマッチングサイトであることは確かです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、Pairs(ペアーズ)ほどのアクティブ性があるかと言えば判断が難しいところです。そのため、利用する際はPairsとの併用が効率を高める可能性がありおすすめです。

【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

ハッピーメールの登録方法:使い方の教科書

 

③ PCMAX

《真面目な出会い・大人の関係》両方に対応したマッチングサイト

真面目で純粋なマッチングだけでなく、「大人の出会いの場」を提供してくれる企業がPCMAXです。明確な目的があったり日常に刺激を求めていたりする場合、登録必須のマッチングサイトです。

「大人の出会いの場」と聞くと、多くの人は安全性や危険性を意識します。ただ、PCMAXに関しては❝特定非営利活動法人日本個人・医療情報管理協会のJAPHIC認証❞を取得しているため、少なくとも周りを見渡して視界に入る企業たちよりも安全であることは確かです。

それでは、純粋な出会いのみ求めている人は登録する必要がないのかというと、そうではありません。PCMAXにも1500万人以上の利用者が存在し、大半は一般的な出会いを求めています。そのため、PCMAXも並行して活用すると、より確実な出会いを実現できます。

特に、「真剣交際」「刺激」の2つを得たい場合、ハッピーメールと並行してPCMAXを利用しましょう。

真面目な出会いだけに限らず、PCMAXには刺激を求めるユーザーが一定数存在します。ひとつの選択肢に捉われず、様々な角度から自身の目的を果たせないか検討する必要があります。

【PCMAX】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

PCMAXの公式サイトへ

PCMAXの登録方法:使い方の教科書

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

利用目的 ペアーズ ハッピーメール PCMAX
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人 ×

 

© 2021 出会いのススメ