50代の独身女性は孤独:悲惨なきつい現状、貧困が追い打ちをかける

50代 独身女性 孤独

50代独身の女性は、孤独感を感じている人が多い。周りの友人、知り合いはみんな結婚していて、自分の家庭を持ち、子供もいる。それなのに、自分は独身のまま。「このまま、ずっと孤独感を抱えたまま過ごさなければいけないの?」と不安を感じていることだろう。

この記事では、50代独身の女性がどのような点で、「きつい」「孤独」と感じるのかを解説する。そして、50代独身の女性が、きついという気持ちや孤独感から解放されるためには、何ができるのかを紹介する。50代独身の女性がこれからの人生を明るく生きられる手助けとなれば幸いだ。

記事の内容

  • 50代独身女性が孤独、きついと感じる理由
  • 孤独を感じるのはどんなとき?
  • なぜ「きつい」と感じるのか
    貧困に悩みやすい
  • 50代独身女性が孤独を乗り越えるためにできること4つ
    ①趣味に時間を使う
    ②ボランティア活動
    ③独身女性の会に入るのも良い
    ④婚活をする
  • 本当に悲惨なのか
  • 50代の独身女性は孤独:悲惨な人生を送らないために
  • 総括

執筆:GR
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

50代独身女性が孤独、きついと感じる理由

50代独身女性は、「孤独感」「きつさ」を感じている人が多い。なぜ、50代の独身女性は孤独感やきつさを感じるのか、その理由について解説する。

孤独を感じるのはどんなとき?

50代独身女性の多くは、「孤独」を感じている。では、どのような場面で孤独を感じるのだろうか。

  • 病気や怪我で入院したとき
  • 思い出やその日の出来事などを共有できる相手がいないと感じたとき
  • 友人や知人から子供の話や孫の話を聞いたとき

このようなときに、孤独を感じることが多い。50代になると、どうしても健康面、体力面での不安が大きくなる。もちろん、ずっと健康でいたいものであるが、病気や怪我などで入院することも十分考えられる。結婚して家族がいれば、入院中に看病やお見舞いに来てくれることだろう。しかし、独身であれば、そのような期待はできない。

親に頼ろうと思っても、一般的に考えると70~80代になっている親に頼る、世話を頼むのは難しい、兄弟、姉妹などがいれば助かるがそうでない場合には、自分が孤独であるということを痛感することになるだろう。

他にも、本当に孤独であると感じるのは、思い出やその日の出来事などを共有できる相手がいないと感じたときである。例えば、一緒に旅行に出掛ける、仕事であったことやプライベートで起きた出来事を共有できる相手がいないのは、想像以上に寂しいものだ。自分が孤独であると感じる大きな瞬間は誕生である。

あなたの誕生日を心から祝ってくれる人は何人いるだろうか?もちろん、友人や知人、会社の同僚が祝ってくれることもある。だが、1人も自分の誕生日を祝ってくれないということもあるのだ。そのようなときには、自分が孤独であると感じるだろう。

そして、友人や知人から子供の話や孫の話を聞いたときにも、孤独を感じる人が多い。20代や30代であれば、そういった話をされても孤独を感じることは少ないだろうが、50代になると、友人や知人と自分の状況を比較してしまい、孤独を感じる人が多い。

また、仲のよかった友人でも、子供の話や孫の話が多くなり、孤独を感じるようになり疎遠になってしまったという人もいる。

こちらの動画をみてみるのもよいだろう。50代独身女性の実状を知ることができる。

なぜ「きつい」と感じるのか

50代独身女性の多くは、「きつい」と感じることが多いと言われている。なぜ、そのように感じるのか、主な理由は次の3つだ。

  1. 老後も1人で過ごさなければいけないという現実
  2. 経済面での不安
  3. 信頼できる、頼れるパートナーがいないということ

もちろん、「きつい」と感じる理由は人によって異なる。ただし、主な理由はこの3つといえるだろう。

老後も1人で過ごさなければいけない、病気や怪我などで入院や手術をしても世話をしてくれる人がいない、信頼できる、頼れるパートナーがいないという精神的な不安が大きい。他にも、最も多くの人が不安を抱えているのが、経済面である。

厚生労働省:令和2年賃金構造基本統計調査

厚生労働省:令和2年賃金構造基本統計調査

この資料は厚生労働省の資料である。この資料をみてみると、女性の場合、年齢が上がるにつれて賃金もアップしている。

ただし、注目しなければならないのが、50代の女性の賃金だ。50~54歳の女性の賃金をみると、大企業が285.7、中企業が282.2、小企業が252.2であるが、55~59歳の女性になると、大企業で283.8、中企業で274.9、小企業で252.4となるのだ。

小企業では、若干のアップとなっているものの、大企業と中企業では、50代前半よりも50代後半の方が収入は少なくなるということになる。

さらに、60代になるとどの規模の企業でも収入は一気に下がってしまう。50代~60代ではあなたの健康面での不安も大きくなり、医療費の負担も大きくなりやすい、そのため経済的な面からきついと感じる人が多いのだ。

もちろん、企業の規模、地域などによっても賃金は異なるため一概には言えないが、経済面での不安はぬぐえないものである。

貧困に悩みやすい

50代独身女性が、きついと感じる原因のひとつが、経済的な理由である。50代独身女性は、貧困に悩みやすいといえる。

内閣府男女共同参画局:平成24年版男女共同参画白書

内閣府男女共同参画局:平成24年版男女共同参画白書

少し古い資料ではあるが、これは男女別・年齢階層別相対的貧困率を表したものである。

50代女性の数値に注目してほしい。50~54歳では、約12%、55~59歳では約17%であるが年齢が高くなるにつれて数値が上がっていることに気づくだろう。また、男性と女性では、女性の方が貧困率は高いということがわかる。80歳以上では、男性と女性で非常に大きな差ができるのだ。

50代独身女性が貧困になってしまう原因は複数ある。主に、次のような原因が考えられる。

  1. 自分のみの収入しかないから
  2. 親の介護や親戚の介護などにより出費が増えるから
  3. 自身の怪我や病気などによる医療費の支払いが増えるため

50代独身女性は、同じ50代と比較すると貧困になりやすい。それは、このような理由からである。

独身の場合には、当然だが収入が自分の収入のみになってします。既婚者の女性であれば、夫の収入、子供がいれば子供の収入で暮らすこともできる。しかし、独身の場合には、自信の収入のみで生活しなければならないのだ。

また、50代になると親の介護や親戚の介護などの問題が出てくる。50代女性の親となると、80代以上が想定される。そのような高齢者の介護をするとなると、かなりの負担が増える。金銭的な負担はもちろん、肉体的、精神的な負担も増す。

例えば、介護施設に入れる、ヘルパーなどにきてもらうとなると、かなりの高額な出費となるのだ。

他にも、介護施設は費用がかかるということから、自分で世話をするという人もいる。ただし、介護には、時間が必要となるため、仕事との両立が非常に難しくなり、仕事を辞めて介護に専念する人も多い。そうなると、唯一の収入が途絶えるということになる。そのため、貧困に陥りやすいのだ。

出費が増えるというのは、何も親や親戚の世話だけではない。50代になれば、病気や怪我などのリスクが高まる。女性であれば、乳癌のリスク、あるいは更年期障害などになる可能性があるのだ。そのような、病気や怪我の治療に出費がかさんだ結果として貧困になるというケースは珍しくない。

このようないくつかの理由によって、貧困になってしまう可能性があるのだ。

50代独身女性が孤独を乗り越えるためにできること4つ

50代独身女性は、どうしても孤独感やきつさを感じやすい。しかし、孤独感やきつさをずっと感じたまま生きるのはとても悲しいし、苦しいものである。

そこで、孤独やきつさを乗り越えるために何ができるのかについて解説する。

①趣味に時間を使う

50代独身女性が、孤独やきつさを乗り越えるためにできることは、趣味に時間を使うことだ。平日は、仕事があり仕事のことで、孤独やつらさを感じることは少ないだろう。しかし、休日はその反対に一気に孤独感、つらさを感じやすい。

そこで、オススメなのが「趣味に時間を使う」ということだ。趣味に時間を使うことで、孤独、きつさを和らげることができる。

ただ、趣味を持っている人であればよいが、趣味がないという人にとっては、いきなり趣味に時間を使えと言われても何をしたらよいのかわからないだろう。そこで、この資料をみてほしい。

総務省:社会生活基本調査

総務省:社会生活基本調査

こちらは、総務省が発表した資料である。この資料は、行動者率が上昇した主な「趣味・娯楽」の種類を調べたものだ。この資料の数値をみると、平成23年と平成28年では、「映画館以外での映画鑑賞」は、50歳以上の年齢で上昇していることがわかる。

これらの理由から、50歳以上には、「映画館以外での映画鑑賞」が人気と言える。何も趣味がないという人は、まずは映画館以外での映画鑑賞を趣味にしてはどうだろうか。映画は映画館でみるものと考えている人も多い。もちろん、映画館でみるのもよいだろう。

ただし、休日に映画館に行くと、カップルや夫婦、家族連れで訪れる人も多い。そのため、余計に孤独やきつさを味わうことになりかねないので、注意が必要だ。

インターネットの普及によって、インターネットを通じて有料で映画鑑賞ができるサービスも普及している。休日を自分の好きな映画をみて楽しむのも良い気分転換になるだろうし、孤独やきつさを和らげてくれるはずだ。

その他にも、ガーデニング、カラオケ、読書、美術鑑賞などの趣味に時間を使っている人も多い。

②ボランティア活動

孤独やつらさを感じる、50代独身女性にオススメなのが、ボランティア活動に参加するという方法だ。ボランティア活動と聞くと、どうしてそのようなものに時間を使わなければならないのかという人もいるだろうが、簡単に言えばメリットがあるからだ。

ボランティア活動にも様々なものがあるが、地域で行われている活動に参加するのがよいだろう。そのメリットとしては、知り合いが増えるということだ。あなたは自分の近所の人の顔や名前をどのくらい知っているだろうか?

田舎であれば、みんなが顔見知りということも珍しくないが、そうでない場合には、意外と地域の人の顔や名前を知らないということも多い。

ボランティア活動をすることで、様々な知り合いが増えるし、同年代の人と仲良くなる可能性もある。その中の一つには、ボランティアを通じて知り合い交際、結婚したという例もあるのだ。時間に余裕があれば、ボランティア活動に参加してみよう。

総務省:社会生活基本調査

同上:総務省・社会生活基本調査

この資料は、ボランティア活動のなかの、「まちづくりのための活動」の行動者率を表したものである。この数値をみると、女性では、55~59歳が最も数値が高いことがわかるだろう。このような理由から、50代後半の女性はボランティア活動に力を入れているということがわかるのだ。

③独身女性の会に入るのも良い

50代独身女性が、孤独を解消するのに最も良いのが、同じ独身女性と仲良くなることである。そのためには、独身女性の会に入るのがオススメだ。独身女性同士で集まり、近況報告をする、あるいは新しい仲間を作る、同じ趣味を楽しむなど様々な形のものがあるのだ。

こういった会に入ることで、同じ境遇の女性と出会える。孤独やきつさについて相談をすることもできるので、孤独やきつさが和らぐだろう。

独身女性の会には、様々なものがあるが代表的なものには、次のようなものがある。

  • お茶会
  • 飲み会
  • お食事会
  • 勉強会

また、独身の人限定で、男性と女性が集まる交流会などもよく行われている。参加してみるとよいだろう。

④婚活をする

孤独やきついという気持ちをわかってくれるパートナーを見つけるなら、婚活をするのが最適だ。50代になってから婚活なんてと思ってしまう人もいるだろうが、老後の不安、寂しさから、パートナーを求めている人も多いのだ。

株式会社パートナーエージェント:「シニア婚活」に関するアンケート調査

株式会社パートナーエージェント:「シニア婚活」に関するアンケート調査

この資料は、株式会社パートナーエージェントが50~69歳の未婚男女2000名を対象に行ったシニア婚活に関する調査である。

そのなかで、パートナーと家庭を築きたいという人にその理由を尋ねたものだ。

株式会社パートナーエージェント:「シニア婚活」に関するアンケート調査

同上:株式会社パートナーエージェント・「シニア婚活」に関するアンケート調査

50代女性が、パートナーを求める理由で最も多いのは、この調査結果によると、「安心・信頼できるパートナーが欲しいから 75.5%」となっている。また、「1人では寂しいから 49.0%」「経済的に不安だから 52.9%」である。老後への不安、寂しさ、経済的な不安ということで、50代独身女性はパートナーを求めているのだ。

50代女性が婚活を行うのであれば、結婚相談所への入会、婚活パーティーへの参加、マッチングサイトへの登録などがよいだろう。50代の独身女性で孤独感やつらさを感じているのは、あなただけではないのだ。孤独感やきつさを抜け出すためには、婚活に力を入れるということも非常に重要となる。

本当に悲惨なのか

50代の独身女性は悲惨だと言われることがある。しかし、本当に悲惨なのだろうか?たしかに、健康面、経済面などで悲惨な人生となってしまうこともあるだろう。しかし、必ずしも悲惨な人生になるとは限らない。この記事のなかでも紹介してきたように、自分の行動で充実した人生に変えることも可能だ。

もしも、あなたが老後のことや健康面、経済面で大きな不安を感じているのなら、その不安を解消するために行動をしよう。行動をすることで結果は変わる。50代独身女性の人生は必ずしも悲惨ではないということを理解しておくべきだ。

大逆転劇も可能

これまで述べたように、50代の独身女性は決して楽ではなく様々な観点から「悲惨」「きつい」といった現実に直面することが多々あるだろう。そして、自身の境遇を悲観してじっと耐えているだけでも状況は変わらないだろう。

しかし、ほんの少しの勇気や努力で周りの環境を変えることができることを覚えておこう。

例えば、マッチングサイトを活用し、自身を支えてくれるパートナーを見つけることで今の状況を打開することも可能なのだ。実は、マッチングサイトを利用している年齢層は幅広く、40~70代の男女はかなり多い。

この中には、あなたと同じ境遇の人もいれば「経済的余裕はあるが独り身で寂しい」「パートナーがほしい」といった異性も多く存在するわけだ。こうした人と接点を持つことで、寂しく悲惨な世界から幸福の道へと大逆転劇を遂げることもできるのだ。

今の時代、たとえ50代であっても多くの人にマッチングサイトは当たり前のように使われている。そのため、年齢を気にして足踏みをする必要は全くない。むしろ、無駄な不安を抱き、アクションを起こさないことのほうが良くないと言えるだろう。

こうしたことを理解し、今すぐにでも現状を打破する努力を開始してほしいと思う。そうすれば、数か月以内にあなたの身の回りの環境を好転させることも可能なのだ。

もし、マッチングサイトの活用を検討するなら次の記事を参考にしてほしい。

>>マッチングサイトの出会い:お勧め比較ランキング

総括:50代の独身女性は孤独:悲惨な人生を送らないために

50代独身女性の孤独について

  • 老後への不安、経済面、健康面の不安を抱えている
  • 孤独感やきつさを感じている人が多い

50代独身女性が孤独感やきつさを解消するためには

  • 趣味に力をいれる
  • ボランティアに参加する
  • 独身者同士で集まる
  • 婚活をする

50代の独身女性は、老後への不安、健康面、経済面の不安から、孤独感やきつさを感じている人が多い。そのような孤独感やきつさから抜け出すためには、積極的な行動をすることが大切だ。趣味に力をいれる、ボランティアに参加する、独身者同士で集まる、婚活をするなどがよいだろう。

ただ、本気で身の回りの世界を変えたいなら、新たなパートナー探しが最も重要になることを覚えておこう。

今の時代、目的の出会いを果たすためにはマッチングサイトを活用するのが一般的です。

かつては「怖い」「信用できない」など不信感が漂っていたものの、現在では多くの企業が参入するクリーンな世界に様変わりしています。その上、流行り病の影響で男女問わず出会いに困る人が多くなり、需要は拡大の一途を辿るようになりました。

幸か不幸か、外見や中身を含め、非常に高スペックな男女が当たり前のごとく活用するようになったわけです。

また、ひと言で「出会いたい」といっても目的は様々です。

  • 彼氏・彼女が欲しい
  • 出会い方がわからない社会人や学生
  • 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
  • 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
  • バツイチやシングルマザーなど事情がある
  • ○○職の人と付き合いたい、お金持ちと結婚したい(目的が明確)
  • 欲望を満たしたい人

こうした様々な思いを抱きつつ、マッチングサイトを利用します。

この中には、必ず自身と同じ「境遇」「思いの人」が存在するため、結果としてマッチングサイトを利用した方が、よりよい出会いを実現できます。ひとりで悩み続け、何の行動も起こさなければ状況は変わらないため、こうしたツールの活用が必須となるのです。

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

このときの注意点として、必ず複数のマッチングサイト(最低2社)は利用するようにしましょう。マッチングサイトによって登録ユーザーの数や質は大きく異なりますし、目的の人が「A社にはいなかったがB社にはいた」ということもあります。機会損失を防ぎつつ、効率的に望みを叶えるためには、複数のマッチングサイトへの登録が必要です。

そうしたうえで、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。そこで、ランキング形式でお勧め順に比較することにしました。

まず、ペアーズ(Pairs)は1年の間に300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイトです。その結果、新興ではあるもののあっという間に1000万人以上の利用者を獲得してしまいました。ユーザー間でのやりとりも非常に活発であり、たった3年で20万人以上のカップルを輩出する一押しのサービスです。

また、ハッピーメールは会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多い企業です。純粋な登録者が大半を占めており、社風としても「真面目な出会い」をテーマとしているためチェックは厳しいです。そのため、悪質ユーザーはすぐに締め出されるという安全性の高さも魅力のひとつです。

PCMAXは「真面目な出会い」「大人の出会い」両方に対応している珍しいマッチングサイトです。比較的「大人色」が強いため、「刺激がほしい」「欲望を満たしたい」といった変化球的な意図がある人に向いています。それにも関わらず、医療情報管理協会・JAPHICの認証をもっている優良企業となります。

① Pairs(ペアーズ)

1年間で300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイト

最も人気、かつ勢いのある優れたマッチングサイトがPairs(ペアーズ)です。先述の通り、1年の間に300万人ずつ会員数は増えており、すでに20万人以上のカップルを世に輩出している実力派サービスです。ほぼすべての用途を満たすことができるオールマイティーなマッチングサイトだと言えるでしょう。

例えば、「彼氏・彼女がほしい」「孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい」「バツイチやシングルマザーなど事情がある」などを含め、出会いに関することであればすべてを満たしてくれるポテンシャルを秘めています。

ただ、出会いはみずものであり、いつ理想の相手が表れるかはわかりません。利用し始めた瞬間かもしれないし、ある程度の時間が必要になることもあります。しかしながら、最もアクティブ性の高いPairs(ペアーズ)を利用すれば、少なくとも全く出会えないという事態だけは避けられるはずです。

「ここで無理ならどこで出会えるのか」というほどアクティブ性は高いため、何らかの理由で出会いや救いを求めている人は必ず利用するようにしてください。

【ペアーズ】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

Pairs(ペアーズ)の公式サイトへ

 

② ハッピーメール

ド定番:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。こうしたことから、Pairs(ペアーズ)と共にお勧めできるマッチングサイトであることは確かです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、Pairs(ペアーズ)ほどのアクティブ性があるかと言えば判断が難しいところです。そのため、利用する際はPairsとの併用が効率を高める可能性がありおすすめです。

【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

ハッピーメールの登録方法:使い方の教科書

 

③ PCMAX

《真面目な出会い・大人の関係》両方に対応したマッチングサイト

真面目で純粋なマッチングだけでなく、「大人の出会いの場」を提供してくれる企業がPCMAXです。明確な目的があったり日常に刺激を求めていたりする場合、登録必須のマッチングサイトです。

「大人の出会いの場」と聞くと、多くの人は安全性や危険性を意識します。ただ、PCMAXに関しては❝特定非営利活動法人日本個人・医療情報管理協会のJAPHIC認証❞を取得しているため、少なくとも周りを見渡して視界に入る企業たちよりも安全であることは確かです。

それでは、純粋な出会いのみ求めている人は登録する必要がないのかというと、そうではありません。PCMAXにも1500万人以上の利用者が存在し、大半は一般的な出会いを求めています。そのため、PCMAXも並行して活用すると、より確実な出会いを実現できます。

特に、「真剣交際」「刺激」の2つを得たい場合、ハッピーメールと並行してPCMAXを利用しましょう。

真面目な出会いだけに限らず、PCMAXには刺激を求めるユーザーが一定数存在します。ひとつの選択肢に捉われず、様々な角度から自身の目的を果たせないか検討する必要があります。

【PCMAX】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

PCMAXの公式サイトへ

PCMAXの登録方法:使い方の教科書

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

利用目的 ペアーズ ハッピーメール PCMAX
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人 ×

 

© 2021 出会いのススメ