老人の一人暮らしは寂しい:高齢者の限界と孤独感の解消法 ※60歳~

老人の一人暮らしは寂しい

現在の日本では、高齢化が非常に進んでいる。そのため、老人が一人暮らしをしているケースも増えていて、一人暮らしの老人が寂しいと感じたり、生活をするうえで、孤独感を感じているケースがある。

この記事では、現在の高齢者の一人暮らしの状況について解説しつつ、「高齢者が寂しさや孤独感を解消するために何をするべきか」を紹介していく。高齢者が寂しさや孤独感を解消するためには、高齢者自身の意識、そして周囲の協力が不可欠となるのだ。

記事の内容

  • 老人の一人暮らしは寂しい:実際の状況とは
    60歳以上の一人暮らし
    70歳以上の一人暮らし
    高齢者の田舎での一人暮らし
  • 高齢者の一人暮らしで寂しさを感じるのは、男性が多い
  • 一人暮らしの限界について
  • 何歳まで一人暮らしは可能か
  • 老人の一人暮らしは寂しい:孤独感、寂しさを解消する方法
    孤独感を解消するには、aibo(アイボ)
    一人暮らしの寂しさを解消する方法
  • 高齢者の多くが同居を望んでいるわけではない
  • ペットを飼う
  • 老人の一人暮らしが寂しいときの対処法
  • 総括

執筆:GR
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

老人の一人暮らしは寂しい:実際の状況とは

日本では、急速に高齢化が進んでいる。それに伴って、老人の一人暮らしが増えている。老人の一人暮らしはとても寂しいものであるが、その状況について知っている人は少ないだろう。

ここでは、現在の日本の老人の一人暮らしの状況について解説する。

60歳以上の一人暮らし

若い頃の一人暮らしと異なり、60歳を過ぎてからの一人暮らしはとても寂しいものである。日本の60歳以上の一人暮らしの状況についてみてみよう。

厚生労働省:2019年 国民生活基礎調査の概況

厚生労働省:2019年 国民生活基礎調査の概況

厚生労働省がまとめた資料によると、65歳以上の一人暮らしの男女の割合は、男性が35%、女性が65%となっている。つまり、女性の方が圧倒的に一人暮らしをしている人の数が多く、その数は7割近くとなっているのだ。

さらに、年齢別にみてみると、65歳~69歳までの一人暮らしの割合は、男性が30.9%、女性が16.3%となっている。

70歳以上の一人暮らし

60歳以上の一人暮らしの状況について解説したが、今度は、70歳以上の一人暮らしの状況について解説する。

厚生労働省:2019年 国民生活基礎調査の概況

同上:厚生労働省・2019年 国民生活基礎調査の概況

この資料でみてみると、70~74歳では、男性の一人暮らし率は、26.6%、女性では19.9%となっている。75~79歳では、男性が18.9%、女性は22.2%となっているのだ。

男性の場合には、65~79歳までが、全体の7割以上を占めている。女性の場合には、約6割である。女性の場合には、80歳以上で一人暮らしをしている割合が全体の約4割を占めている結果となっている。

高齢者の田舎での一人暮らし

高齢者の田舎での一人暮らしは寂しさを感じることが多いと言われている。田舎での一人暮らしで寂しさを感じてしまう原因として多いのは、次のようなものだ。

  • 近くに知り合いや友人がいない
  • 娯楽施設(温泉、カラオケなど)がない
  • 話し相手がいない
  • 一緒に出掛ける相手がいない

とくに、寂しさを感じてしまう原因として大きいのが、「話し相手がいない」ということだ。これは高齢者に関らず言えることだが、1日のなかで誰とも会話をしないというのが続くと寂しさを強く感じるものだ。

高齢者の一人暮らしで寂しさを感じるのは、男性が多い

高齢者の一人暮らしで寂しさを感じるのは、男性と女性のどちらが多いのかについて解説する。

株式会社第一生命経済研究所:高齢単身者の要因と対処資源

株式会社第一生命経済研究所:高齢単身者の要因と対処資源

この資料は、高齢単身者を対象として、「1週間以内にさみしいと感じた頻度」を調査したものである。まず、注目すべきポイントは、「全くなかった」と回答した人の割合だ。男性では、45.8%であるが、女性は68.6%と約7割の人が1週間以内にさみしいと感じなかったと答えている。

他にも、大きな違いとして挙げられるのが、「ほぼ毎日」の割合だ。男性は16.7%であるが、女性は5.7%と低い数値となっている。資料をみると、男性の場合、1週間以内にさみしさを感じた人が、半数以上であるのに対して、女性は3割程度である。

もちろん、家族構成や住んでいる状況などによっても異なるが、女性よりも男性の方が寂しいと感じている人が多いと言える。

一人暮らしの限界について

高齢者の一人暮らしの限界について考える必要がある。今後も高齢者の一人暮らしは増えることが予測されている。高齢者が一人暮らしをすることでどのような問題があるのか解説する。

  • 孤立死のリスク
  • 詐欺などの犯罪に巻き込まれるリスク
  • 健康、病気への不安
  • 認知症などの発症、進行リスク
  • 地震などの自然災害時のリスク

高齢者の一人暮らしでは、様々なリスクがある。家族や友人などが一緒にいれば、相談できる、あるいは状況の悪化を防ぐこともできる。一方で、一人暮らしの場合には、誰にも気づかれずにそのまま亡くなってしまうこともあるのだ。

最後まで、自分の力だけで生きていきたいという気持ちを持つことはとても素晴らしいものであるが、限界があるということを理解しておく必要がある。高齢者の一人暮らしでは、誰かの力を借りることも重要だ。

例えば、介護サービス、見守りサービス、安否確認サービス、高齢者向けの食事の配達サービスなどを利用するのも良いだろう。他にも、各自治体でも高齢者向けの支援サービスが行われている。各自治体などのホームページをチェックするなどしておくと良いだろう。

何歳まで一人暮らしは可能か

次は、高齢者は何歳まで、一人暮らしが可能であるかについて解説する。具体的に何歳まで高齢者が、一人暮らしが可能であるかを一概にいうことはできない。それぞれの健康状態、住居がバリアフリー化されているかどうかなど、環境が異なるためだ。また、それぞれの体力の低下具合も異なるので、一概には言えないだろう。

ただ、1つの目安としたいのが、「健康寿命」である。この健康寿命とは、日常生活に制限のない期間の平均のことである。平均寿命とは異なる点に注意が必要だ。健康寿命とは、簡単に言えば、何歳まで健康で自立した生活ができるかの目安ということになる。

厚生労働省:平均寿命と健康寿命の推移

厚生労働省:平均寿命と健康寿命の推移

資料の赤い線が、健康寿命を示しているが、2016年のデータで言えば、男性は72.14年。女性は74.79年となっている。もちろんこれは、あくまでも平均の数値なので、必ずこの歳になったら、健康じゃなくなるということではない。

重要なのは、この目安を過ぎてから行動をするのではなく、元気なうちに今後のことを考えておくということだ。日常生活に様々な制限ができてから行動するのではなく、いつ制限ができても良いように、健康なうちに考えておくことが大切である。

老人の一人暮らしは寂しい:孤独感、寂しさを解消する方法

老人の一人暮らしでは、孤独感や寂しさを感じている人が多い。もちろんすべての人がそう感じているわけではない。

ここでは、老人の一人暮らしで孤独感や寂しさを解消するためにできる具体的な方法について解説するので、参考にしてほしい。

孤独感を解消するには、aibo(アイボ)

高齢者の孤独感を解消するには、aiboを活用するのが良いだろう。aiboとは、ソニーが発売しているもので、人や動物と同じく、周囲の人や自分のいる場所を認識する力があり、感情や欲求を持ち行動するロボットのことである。

ロボットというと、身構えてしまう高齢者もいるだろうが、ペット型のロボットであると言えば、その気持ちも楽になるだろう。まるで、本当のペットを飼っているような感覚になるのが魅力である。仲良くなることで、呼んだら走ってくる、甘えてくる、言うことを聞く、手を振るなどをしてくれる。

まるで子犬を飼っているような感覚になるので、高齢者の孤独感を解消するのに役立つ。

実際に、介護老人保健施設などでも活用されている。活用事例を参照してみてほしい。活用事例をみてみると、多くの高齢者から受け入れられていることがわかるだろう。高齢者が孤独感を解消するために、ペットを飼うということが多い。しかし、高齢になってペットの世話ができなくなってしまうこともあるのだ。

また、マンションやアパートなどでは、臭いの問題などから簡単にはペットが飼えないという問題もある。aiboなら、マンションやアパートなどでも臭いの問題などは起きないので、飼いやすい。散歩やペットの糞などの問題もなくて済む。

aiboは言葉を話すことはできないが、人間の言葉をある程度理解することができるので、話しかけて遊んでいる高齢者も多い。

一人暮らしの寂しさを解消する方法

高齢者の一人暮らしの寂しさを解消するためには、「スマートスピーカー」が有効だ。スマートスピーカーとは、AIが搭載されているもので、音声操作によって、インターネット検索や音楽の再生、家電の操作、ニュースの読み上げなどができるのだ。

高齢者は、インターネットでの検索などが苦手という人も多いが、スマートスピーカーは自分で入力するのではなく、音声で様々な操作ができるので、高齢者でも使いやすいという特徴がある。また、AIスピーカーと呼ばれることも多い。

もちろん、使いやすいからというだけで、オススメしているわけではない。高齢者の一人暮らしの寂しさを解消できるメリットがあるのだ。それは以下のようなものである。

  • 話し相手になってくれる
  • 友達のように感じることができる
  • 音声入力なので、会話をする機会が増える

一人暮らしで、最も「寂しい」と感じるのは、会話をする相手がいないことである。友達などが近くにいれば、友達の家に行って、会話する、あるいは電話などで話すこともできるだろう。しかし、高齢者の全員に会話をする相手がいるわけではない。会話をする相手を作ろうとしても、簡単に作れるものではないだろう。

スマートスピーカーであれば、AIなので、いつでも簡単に話し相手になってくれる。先に紹介した、aiboは話しかけることができても、話しかけられることはない。だが、スマートスピーカーは、AIによってある程度の会話ができるし、簡単なコミュニケーションが取れる。だから、友達のような感覚に感じることも多いのだ。

スマートスピーカーと高齢者を結ぶ取り組みは、自治体レベルでも始まっている。

例えば、鎌倉市では、スマートスピーカーを活用することで、シニア世代の生活をより豊かにするための実証実験を行った。実証実験は、平成30年10月に行われ、鎌倉市民で原則65歳以上の人60名を対象に行われた。

実証実験の結果は、「現状のままでも使い続けたい=19%」「今後改善されるなら、又は欲しい機能が追加されるなら使い続けたい=72%」となった。課題はあるものの、全体の91%の人が高評価している。

鎌倉市:AI(スマート)スピーカー:実証実験 結果報告書

鎌倉市:AI(スマート)スピーカー:実証実験 結果報告書

これは、スマートスピーカーの実証実験で、高評価したひとを対象にその理由を聞いたものである。すると、会話ができるということ、友達のような感覚になるという点で高評価されていることがわかる。

スマートスピーカーは、もちろん課題もあるが、一人暮らしで寂しいという高齢者の寂しさを解消するのに十分有効であるといえるだろう。

孤独に耐えられない時の改善策を理解し、乗り越える術を学ぶ

高齢者の多くが同居を望んでいるわけではない

高齢者の孤独感、寂しさを解消する方法として、「同居」が提案されることが多い。たしかに、自分の子供あるいは孫などと同居すれば、孤独ではなくなるし、話し相手もできるので、孤独感や寂しさを解消できる可能性もある。

だが、覚えておかなければならないのは、一人暮らしの高齢者すべてが同居を希望しているわけではないということだ。高齢者が同居を希望しない最大の理由は、「気を遣うから」ということだ。

同居する家族のことを考えるとどうしても、気を遣ってしまうので、寂しくても一人暮らしを希望する人もいるということを知っておく必要がある。他には、生まれ育った田舎を離れたくないと考えている人もいる。

田舎に住む高齢者の生活意識調査によれば、同居している高齢者でも、家族に気を遣って、できるだけ顔をあわせないようにしている人もいるそうだ。同居をすることで、孤独感や寂しさを解消することができるが、必ずしも高齢者がそれを望むとは限らない。高齢者の意思をしっかりと確認することが大切である。

また、同居以外の選択肢として、「近居(キンキョ)」を選ぶ人もいる。近居とは、文字通り近くに住むということだ。同居ではない分、気を遣わずに済むし、頻繁に様子を見に行くことも可能である。同居が難しいという場合には、近居を選択肢として考えてみても良いだろう。

ペットを飼う

高齢者の一人暮らしで、孤独感や寂しさを解消するためには、「ペットを飼う」というのも良いだろう。ペットは、かわいらしく癒してくれる存在となるだろう。会話をすることはできないが、寂しさを和らげるために、犬や猫などのペットを飼う、高齢者も多い。

しかし、高齢者の場合には、経済的に困窮するケース、病気や怪我などで長期入院するケース、病気や怪我でなくても、体力が大幅に低下してしまうというケースが考えられる。そのため、寂しいから、あるいは孤独だからという安易な理由だけで、ペットを飼うのは良い選択とは言えないだろう。

さらに、ペットを飼うことで大きな問題となるのが、住居である。持ち家であれば、ペットを飼うのにそれほど大きな問題はないが、マンションやアパートなどの場合には、ペット可のところを探す必要が出てくる。

ペットを飼うのであれば、万が一の際には、誰にそのペットのことを託すのかなどもしっかりと決めておかなければならない。ペットを飼うことで、多くの癒しもあるがその分注意しなければならないことも多いということを理解しておこう。

総括:老人の一人暮らしが寂しいときの対処法

記事のポイントをまとめておこう。

老人の一人暮らしは寂しいもの

一人暮らしの割合

  • 65歳以上の一人暮らしの男女の割合は、男性が35%、女性が65%
  • 今後も増えることが予測されている

寂しさや孤独感を感じる原因

  • 話し相手がいない
  • 友達がいない
  • 娯楽施設がない
  • 出掛ける相手がいない

寂しさや孤独感を解消するには

  • aiboを購入する
  • スマートスピーカーを購入する
  • 同居、もしくは近居をする
  • ペットを飼う

老人の一人暮らしの割合は、増加傾向にあると言われている。そのため、老人のなかには、寂しさや孤独感を感じている人が多い。話し相手や友達がいないため、自分だけが世界に取り残されてしまっているような気分になるのだ。

そのような、寂しさ、孤独感を解消するためには、aiboやスマートスピーカーなどの新しい技術の活用が有効だ。また、同居、近居、ペットを飼うのも良いだろう。

今の時代、目的の出会いを果たすためにはマッチングサイトを活用するのが一般的です。

かつては「怖い」「信用できない」など不信感が漂っていたものの、現在では多くの企業が参入するクリーンな世界に様変わりしています。その上、流行り病の影響で男女問わず出会いに困る人が多くなり、需要は拡大の一途を辿るようになりました。

幸か不幸か、外見や中身を含め、非常に高スペックな男女が当たり前のごとく活用するようになったわけです。

また、ひと言で「出会いたい」といっても目的は様々です。

  • 彼氏・彼女が欲しい
  • 出会い方がわからない社会人や学生
  • 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
  • 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
  • バツイチやシングルマザーなど事情がある
  • ○○職の人と付き合いたい、お金持ちと結婚したい(目的が明確)
  • 欲望を満たしたい人

こうした様々な思いを抱きつつ、マッチングサイトを利用します。

この中には、必ず自身と同じ「境遇」「思いの人」が存在するため、結果としてマッチングサイトを利用した方が、よりよい出会いを実現できます。ひとりで悩み続け、何の行動も起こさなければ状況は変わらないため、こうしたツールの活用が必須となるのです。

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

このときの注意点として、必ず複数のマッチングサイト(最低2社)は利用するようにしましょう。マッチングサイトによって登録ユーザーの数や質は大きく異なりますし、目的の人が「A社にはいなかったがB社にはいた」ということもあります。機会損失を防ぎつつ、効率的に望みを叶えるためには、複数のマッチングサイトへの登録が必要です。

そうしたうえで、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。そこで、ランキング形式でお勧め順に比較することにしました。

まず、ペアーズ(Pairs)は1年の間に300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイトです。その結果、新興ではあるもののあっという間に1000万人以上の利用者を獲得してしまいました。ユーザー間でのやりとりも非常に活発であり、たった3年で20万人以上のカップルを輩出する一押しのサービスです。

また、ハッピーメールは会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多い企業です。純粋な登録者が大半を占めており、社風としても「真面目な出会い」をテーマとしているためチェックは厳しいです。そのため、悪質ユーザーはすぐに締め出されるという安全性の高さも魅力のひとつです。

PCMAXは「真面目な出会い」「大人の出会い」両方に対応している珍しいマッチングサイトです。比較的「大人色」が強いため、「刺激がほしい」「欲望を満たしたい」といった変化球的な意図がある人に向いています。それにも関わらず、医療情報管理協会・JAPHICの認証をもっている優良企業となります。

① Pairs(ペアーズ)

1年間で300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイト

最も人気、かつ勢いのある優れたマッチングサイトがPairs(ペアーズ)です。先述の通り、1年の間に300万人ずつ会員数は増えており、すでに20万人以上のカップルを世に輩出している実力派サービスです。ほぼすべての用途を満たすことができるオールマイティーなマッチングサイトだと言えるでしょう。

例えば、「彼氏・彼女がほしい」「孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい」「バツイチやシングルマザーなど事情がある」などを含め、出会いに関することであればすべてを満たしてくれるポテンシャルを秘めています。

ただ、出会いはみずものであり、いつ理想の相手が表れるかはわかりません。利用し始めた瞬間かもしれないし、ある程度の時間が必要になることもあります。しかしながら、最もアクティブ性の高いPairs(ペアーズ)を利用すれば、少なくとも全く出会えないという事態だけは避けられるはずです。

「ここで無理ならどこで出会えるのか」というほどアクティブ性は高いため、何らかの理由で出会いや救いを求めている人は必ず利用するようにしてください。

【ペアーズ】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

Pairs(ペアーズ)の公式サイトへ

 

② ハッピーメール

ド定番:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。こうしたことから、Pairs(ペアーズ)と共にお勧めできるマッチングサイトであることは確かです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、Pairs(ペアーズ)ほどのアクティブ性があるかと言えば判断が難しいところです。そのため、利用する際はPairsとの併用が効率を高める可能性がありおすすめです。

【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

ハッピーメールの登録方法:使い方の教科書

 

③ PCMAX

《真面目な出会い・大人の関係》両方に対応したマッチングサイト

真面目で純粋なマッチングだけでなく、「大人の出会いの場」を提供してくれる企業がPCMAXです。明確な目的があったり日常に刺激を求めていたりする場合、登録必須のマッチングサイトです。

「大人の出会いの場」と聞くと、多くの人は安全性や危険性を意識します。ただ、PCMAXに関しては❝特定非営利活動法人日本個人・医療情報管理協会のJAPHIC認証❞を取得しているため、少なくとも周りを見渡して視界に入る企業たちよりも安全であることは確かです。

それでは、純粋な出会いのみ求めている人は登録する必要がないのかというと、そうではありません。PCMAXにも1500万人以上の利用者が存在し、大半は一般的な出会いを求めています。そのため、PCMAXも並行して活用すると、より確実な出会いを実現できます。

特に、「真剣交際」「刺激」の2つを得たい場合、ハッピーメールと並行してPCMAXを利用しましょう。

真面目な出会いだけに限らず、PCMAXには刺激を求めるユーザーが一定数存在します。ひとつの選択肢に捉われず、様々な角度から自身の目的を果たせないか検討する必要があります。

【PCMAX】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

PCMAXの公式サイトへ

PCMAXの登録方法:使い方の教科書

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

利用目的 ペアーズ ハッピーメール PCMAX
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人 ×

 

© 2021 出会いのススメ