出会いをジムに求めてもない?トレーニング、キック、ボクシングなど

出会い ジム

出会いの場としてジムを視野に入れているという方の中には、爽やかなスポーツマンとの出会い、あるいはモデルのような美しいスタイルのストイック美女との出会いを思い描いているという方も多いのではないだろうか。

筋トレブームやボディメイクブームの盛り上がりが目覚ましい昨今、健康的な肉体美の輝く美男美女がテレビや各種SNSを賑わせているのは事実だ。こうした点から、ジムに通えば魅力的なスター候補との出会いがあるかもと淡い期待を抱くのは、ある意味自然な発想であるといえよう。

ジムという場で恋愛や結婚に発展する相手と出会える可能性がゼロではないのは事実だ。しかしながら、確率や効率という観点で検討するうえでは、あまり期待は持てないと言わざるを得ない部分が多い。

本記事では、ジムで実りある出会いに恵まれる可能性を現実的に分析し、かつジムでの出会いを求める人にとって本当にベストな選択肢を検討していく。ジムへの入会とあわせて、この記事にて示す選択肢も検討してみてはいかがだろうか。

記事の内容

  • ジムでの出会いで結婚できる?系統別に考えてみよう
  • トレーニングジムでの出会いの傾向
  • ボクシングジムでの出会いの傾向
  • キックボクシングジムでの出会いの傾向
  • ボルダリングジムでの出会いの傾向
  • それぞれの長所・短所
  • ジムでは出会いも発展のきっかけも望み薄
    短所をカバーするマッチングサイト利用のポイント
  • ジムでの出会いは時間帯次第?どんな人を求めるか
  • 大学生と出会いたい!ベストな時間帯とは
  • 社会人は期待できる?
  • 40代の大人の恋愛を期待するのは難しい
    令和2年版:厚生労働白書-令和時代の社会保障と働き方を考える-本文掲載図表
  • ジムで恋愛や結婚につながる出会いは期待できないと心得ておこう
  • バイトスタッフやトレーナーとの出会いに潜む落とし穴
    ジムのトレーナー、バイトスタッフとの出会いにおける落とし穴
  • 総括:出会いをジムに求めるのはおすすめできない

執筆:SUBARU
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

ジムでの出会いで結婚できる?系統別に考えてみよう

ジムでの出会いが恋愛や結婚に繋がれば、体を動かすことが趣味という人にとってはこれ以上ないほどの良縁であるといえよう。

スポーツマンシップに溢れる清らかな精神性、鍛え抜かれた肉体美、向上心や自己管理能力に優れる聡明な人柄といった具合に、ジムで汗を流す人に対して抱く印象は男女問わず好ましいイメージが先行しがちである。無論、こうした好人物とのご縁を、「自然な出会い」と呼べる形で実現することができれば御の字であろう。

しかし実際のところ、すでにパートナーがいて出会いを目的とせずにジムに通う既婚者層、あるいは健康増進のために通う高齢者といった具合に、「ジムに通っている人との良縁を」と考える方が求めている要件とマッチしない客層が多いというのが実態だ。

例えば「爽やかでストイックなアスリート系、なおかつ恋愛に発展しうる人物」との出会いに強く憧れている方にとっては、その成功確率を検討する分母として「対象外」のジム会員が極めて多いということを理解しておかなければならない。

また、ジムと一口に言ってもその方向性は様々だ。そのため、ジムでの出会いという漠然とした方向性ではなく、「どのような人物と出会いたいか」というある程度の具体像を持って検討を進める必要もある。

そこで、ジムという枠組みの中でもメジャーな分類によっていくつか系統を分析し、そこに集まる会員の方向性と出会いの確率を検討してみよう。

トレーニングジムでの出会いの傾向

トレーニングジムは、一般的にフィットネスジムやスポーツクラブと呼ばれるタイプのものであり、多くの人が漠然と持つ「ジム」のイメージそのものの施設である。

特殊な技術や特定のスポーツにおける知識などが必要ではないため、間口が広く、多くの人が集まる場所であるという特徴がある。しかしながら、恋愛に主眼を置いた出会いの場としては、やや厳しい側面があると言わざるを得ない。

特に、高齢者優遇の料金プランを打ち出す施設が多く、結婚適齢期における出会いとしてのチャンスは低確率となりやすい。

料金プラン:コナミスポーツクラブ

料金プラン:コナミスポーツクラブ

また、企業経営としての色合いが強い大型トレーニングジムなどでは、基本的に施設内での人的トラブルに厳しい制裁が課される傾向にある。
トレーニングジムでの出会いの長所と短所をまとめると、下記のとおりである。

長所

・間口が広く、年齢層や社会的ポジションが多彩な人が集まるため、単なる「出会い」に限って言えば様々な可能性がある
・難易度や特殊性が低いため、自分自身が入会するうえでもハードルが低い

短所

・高齢者が多く集まりやすいため、恋愛や結婚を見据えた出会いを追求するうえでは効率が悪い
・会員同士の交流やトラブルを厳しく禁止する傾向が強い

クラブ会員会則|コナミスポーツクラブ

クラブ会員会則|コナミスポーツクラブ

ボクシングジムでの出会いの傾向

ボクシングジムは、ボクシングという特殊な競技に特化した環境であるため、そこに集う会員にも偏りが出やすく、会員の男女比でいえば男性が多いというイメージが先行しがちである。

しかし昨今では、ダイエット効果を強調したフィットネス要素の強いプログラムを取り入れたボクシングジムが多く、女性歓迎、さらには女性専用レッスンを設けているといった具合に、女性顧客獲得に意欲的な施設が数多く登場している。

こうした流れを踏まえ、どのようなタイプのボクシングジムを選ぶかによって男女比や出会いの確率に大きく差が出る傾向にあるが、総じて異性に対し一線を引いた環境に陥りやすい。

対人練習がメインのジムであれば、肉体が至近距離で接触するという競技の特性上、男性と女性が入り混じってレッスンに励むという状況は生まれにくい傾向が顕著である。これは、力加減や技の危険度への理解が不十分な素人レベルにおいて、男性と女性がぶつかり合うことが極めて危険であるという格闘技ならではの特徴だ。

一方で、ボクササイズと呼称されるようなフィットネス色の強いダイエット系レッスンであれば、参加者が極端に女性メインになる傾向がある。レッスン枠そのものが「女性限定」となることもあり、こちらもやはり異性間の交流における難易度は高い。

こうした難点はあるものの、ボクシングを取り扱うジムそのもの環境についていえば、その多くが個人経営の体裁となっており、各経営者の自由な運営方針のもと、比較的少人数のサークル活動のようなカジュアルさがある。このため、会員同士が親しくなることに対してはどちらかと言うと肯定的であり、これを厳しく禁止する傾向はあまり見られない。

総合的な傾向として、ボクシングジムに通う客層は「競技者としての精進を志す本格派」と「ダイエット目的派」に二分化される。ストイックなアスリート系のお相手との出会いを求めるのであれば前者に照準を合わせることになるだろう。

とはいえ、本格的に打ち込むとなれば負傷のリスクや体重管理の負担が大きく、仕事に支障をきたすようなリスクを好まない「働き盛り世代」の社会人は集まりづらいのが難点だ。

しかしこれと同時に、そのハードさゆえに極端な高齢者も集まりづらい傾向にあるため、会員の年齢層がある程度適齢期に絞られやすいという特徴がある。

こうした点を踏まえ、経済性や安定性を度外視して、選手候補となるようなアスリートと付き合いたいならばボクシングジムは「アリ」だ。しかしながら、特段そうした希望がないのであれば、出会いの場としてはあまりお勧めできない。

よほどの熱意と行動力がない限り男女間の接触は難しく、更にいえば、ストイックに練習に打ち込む会員に下心をベースに近づくことでかえってマイナスのイメージを持たれてしまうリスクがある。

総じて、ボクシングジムで出会いを求めることについての長所と短所は下記のとおりとなる。

長所

  • 男女ともに、ある程度ハードな運動に耐えうる年齢層の会員が集まる
  • 大手スポーツクラブのような企業色の無いジムがほとんどであるため、規則にガチガチに縛られず、ある程度自由なコミュニケーションが可能
  • ボクシングに特段の思い入れがあり、趣味が一致する人をピンポイントで狙いたいという人にとっては効率が良い

短所

  • 競技の特性上、集まる客層やその意識性に偏りが生じやすい(例:プロ志向で邪な気持ちが無い・怪我などのリスクがあるため、仕事に穴を開けられない働き盛りの若者は避けがち など)
  • 安全面への配慮から、プロ向け、女性向けといった形での線引きのもとレッスン時間などを区切られることが多く、ジム内でのレッスン中に異性との交流の機会を持つことが難しい
  • 専門性の高い種目に特化した環境であるため、自分自身が入会するうえでのハードルがやや高い

キックボクシングジムでの出会いの傾向

キックボクシングジムを出会いの場として検討するのであれば、その傾向は上記のボクシングジムとほぼ同様である。

補足事項として、競技のルール上「足技」が加わるため、これに近い型を有する空手や総合格闘技といった他の種目からの転向希望や経験者が多い傾向にある。

特に総合格闘技ジムなどに所属する競技者が出稽古といった形でキックボクシングジムを出入りすることが多いため、より多くの分野の競技者と交流できる可能性がやや高い。

キックボクシングジムでの出会いの傾向

また、タイ式のキックボクシングとも呼ぶべきムエタイの流れをくむジムも多く、タイ人コーチを擁する施設が多い傾向にあるため、こうした傾向にことさら好みが合うようであれば一考の価値はある。

長所(ボクシングジムとの重複は割愛)

  • 取り扱う技のバリエーションが多いことから、類似する他の競技との交流の機会が盛ん
  • ムエタイスタイルに明るいキックボクシングジムであれば、東南アジア系の競技者との交流に期待が持てるケースがある

短所

  • 威力の高い足技が入るため、特に大きな怪我につながりやすい
  • 空手などの「経験者」が流入してくる傾向があるため、全くの競技初心者はレッスンを続けていくうえでの劣等感に苛まれやすい

ボルダリングジムでの出会いの傾向

ボルダリングジムは、比較的男女の出会いや交際発展の確率が高い場所であるといえるが、その背景として、ボルダリングという競技の特徴が挙げられる。

男女問わず1つの課題に取り組むという方向性から、共感やコミュニケーションが生まれやすいのである。

「女性限定」などの特殊な枠を利用しない限りは、男女間の交流は比較的スムーズに行える。

ボルダリングジムでの出会いの傾向

また、こちらも比較的ハードなスポーツであるため、体力がある程度充実している年代、いわゆる適齢期の会員が集まりやすい。

一方で、その競技の方向性がなかなかに特殊なものであるため、そもそも運動が苦手な人やこの競技にあまり興味がない人が出会い目的だけで利用するのは難しい。

また、課題に取り組む際には、不特定多数というよりは特定少数のグループ単位でのコミュニケーションがメインとなるため、人見知りをする方にとってはやや苦しい環境となりがちである。

加えて、他の会員に比べて自身の競技の実力が大きく劣る場合、それがはっきりと衆目に晒されることになるため、劣等感や羞恥心を感じやすいというリスクが大きい。

更に言うと、ボルダリングは知名度こそ高まりつつあるもののその競技内容やシステム、施設利用のルールなどがそれほど広く認知されているわけではないため、入会に先立ってのハードルは高いものである。

こうしたことから、友人同士やカップルで誘い合わせて参加するグループ客が集まりやすい傾向にあり、出会いを求めて単身で乗り込めば「すでに人間関係が出来上がっている集団の中に放り込まれてハードなスポーツに挑む」という大変に気まずい事態にも陥りやすい。

総じて、出会いの確率を客層の年代だけで検討すれば、ボルダリングジムは比較的有利である。しかし、恋愛や結婚への進展を求めるのであれば、自身のコミュニケーション能力や大恥をかかない程度の身体能力、もしくはそれをカバーする愛嬌など、なかなかの器量が必要になるというシビアな面が目立ってしまう。

出会いに主眼を置くのであれば、ボルダリングジムへの入会よりも、ボルダリング体験を取り入れたコンパなどのイベントを利用する方が望ましいといえるだろう。

ここまで冷静に考えてみれば、交流サービスやマッチングサイトの方が手っ取り早いといえるが、まとめとしてボルダリングジムの長所と短所をおさらいしておこう。

長所

  • ジムに集まる会員の年齢層は適齢期が多い傾向にあり、効率が良い
  • 自身がボルダリング好き、同志と交流したいという意向が強いなら大いに期待が持てる
  • 競技の特性上、基本的に男女問わず交流が発生しやすい

短所

  • 競技そのものの特殊性が強く、入会や継続にあたってのハードルが高い
  • 男女間で交流する機会があっても、ボルダリング課題をある程度こなせる身体能力あるいはこれを補えるコミュニケーション能力が無ければ、居心地の悪い状況に陥り恋愛どころではなくなる
  • ボルダリングジムに入会した時点で、すでに他の会員同士の人間関係が出来上がっている可能性がある

ジムでは出会いも発展のきっかけも望み薄

総じて、「ジムでの出会い」を検討する前提としては、「自分にとっての結婚適齢期の人の中で、スポーツ好きな人・肉体美が魅力的な人を探したい」という心理があることを自身で認知しておこう。

これを実現する可能性とその効率を天秤にかける必要があるが、会費や時間、これまでに見てきた傾向等を考えれば、なかなかに厳しいものがあると理解できるだろう。

自身が運動することを第一の目的としているのであれば何の問題もないが、出会いが第一の目的なのであればジムに入会するよりもマッチングサイトなどを活用した方が早い。

ジムでは出会いも発展のきっかけも望み薄

これまでに見てきたジムの短所をカバーしつつ、ジム入会にかかる費用よりも安価で利用できるサービスが多数存在するため、その金銭的なコスパの良さも大きな魅力である。

下記を参考に、ジムでの出会いにおける総合的なマイナス面をどのようにカバーすることができるか、マッチングサイトの利用のイメージを膨らませてみよう。

短所をカバーするマッチングサイト利用のポイント

  • 集まる会員の年齢層や意識性に偏りがあるせいで効率が悪い
    →スポーツが好きな人、年齢、就業状態などの条件を絞った上で希望に沿う人物をピックアップできる
  • 前提として、会員同士が交流することや異性との出会いを求める姿勢そのものが批判される可能性が高い
    →そもそもマッチングサイトの利用者は「出会いを求めている人」であるため、異性と出会いたいという願望を全面に打ち出すことが一切咎められない
  • ジムに入会し継続するという金銭的、時間的コストや、その他大勢の会員との人間関係がネックとなる
    →マッチングサイトは、ジムの入会金や月会費よりもはるかに安い料金で利用できるものがほとんどである。また、気になる相手だけと交流すれば良いため、人間関係において必要以上のストレスが生じることがない

ジムでの出会いは時間帯次第?どんな人を求めるか

ここで別の観点として、時間帯や社会的属性を限定して出会いの確率を上げる方法を考えてみる。会員同士の出会いであれば、特定の年齢層の会員の利用が集中する時間帯にある程度目星をつけることが可能であるため、うまくいけば効率を上げることは可能だ。

しかしながら、万が一お目当ての会員が見つかったとしても、その相手の行動パターンに合わせてジムを出入りするような挙動は、度が過ぎれば迷惑行為として批判を受けることになるため難しい部分がある。

また、逆に自分自身が思わぬ相手から一方的に好意を寄せられ、ジムを利用する時間帯や生活リズムを把握され付き纏われるといった事態も起こり得る。

これに留意しつつ、どんな人との出会いを求めるかという点を具体的に検討していこう。

大学生と出会いたい!ベストな時間帯とは

ジムで大学生との出会いを求める場合、大学生同士での出会いであれば学内のスポーツ施設を利用するのが手っ取り早いため、学外のジムをあえて利用するメリットは乏しい。

社会人が大学生との出会いを求める場合も、やはりジムは望み薄だ。学生にとって、ジムの会費の負担は非常に大きなものとなる。筋トレが趣味、本格的なジムに通ってボディビル大会を目指したいというレベルの大学生でない限り、わざわざ学外のジムに高額な会費を支払って足繁く通うという人はそもそも数が少ない。

また、学生がジムを利用できる時間帯と社会人がジムを利用できる時間帯が一致しているかという点を考慮すれば、ますます厳しい部分がある。

大学生が平日にジムに足を運ぶタイミングとしては、授業の空き時間や夜間がメインとなるが、これが社会人の仕事終わりの時間帯と一致する幅は少ない。

授業、課題、サークル活動やゼミの飲み会、そしてバイトといった不規則な生活リズムの合間を縫ってジムを利用することが前提となるため、出会える時間帯の範囲が狭いということは想像に難くないだろう。

土日の利用であればやや可能性は広がるかもしれないが、よほどジム通いが好きでない限り、貴重な休日の時間を大幅にジムで消費する大学生はそう多くはいないものである。

社会人は期待できる?

社会人との出会いに特化した場として考えるのであれば、ジムはある程度の効率に期待が持てる。夜勤などの特殊なケースを除き、およそ一般的な「会社員の仕事」が終わる時刻は共通しているため、タイミングよくジムを利用すれば悪手とはならないだろう。

しかしながら、心身ともに疲れ切った仕事終わりや休日にジムを利用する人は、そもそも非常にストイックである可能性が高い。これは長所でもあり短所でもある部分だが、そうした人を相手に「出会い」だけを目的にしつこく声をかけるなどすれば、当然のことながら反感を買う可能性が高い。

限られた時間の中でジムで鍛錬を、と考える人の場合は特に、一定の時間内でトレーニングメニューをこなすというノルマを己に課しているものである。

こうした意識性の問題も、「出会うことはできても交際につながるコミュニケーションを展開することが難しい」という状態に陥りやすい要因の一つである。

40代の大人の恋愛を期待するのは難しい

最後に、社会人の中でもミドル世代の一例として「40代」のオトナ同士という条件でジムでの出会いを検討してみよう。

晩婚化が進む昨今、40代からの恋愛、結婚は増加傾向にあるため、「40代が集まる場」に狙いを定めれば実りのある展開も多いに期待できる。ジムにおいて40代の会員が集まりやすい時間帯は、上記の一般的な社会人のパターンとほぼ同様であるため、まずは「仕事終わり」という時間帯で利用してみると良いだろう。

健康への意識が特に高まる世代であるため、よほどハードな競技に特化したジムでない限り、お目当ての年代の会員と遭遇する可能性にある程度は期待できるといえる。

また、経済面・生活面・対人スキルにおける成熟などの面で総じて「余裕がある」という傾向が見られる世代であるため、顔見知りになればちょっとした挨拶や世間話もスムーズに展開しやすいのが特徴だ。

しかしながら、どのようなジムであれスポーツを行う場であるという前提上、体型がわかる運動着、化粧や髪型が崩れるといった不可抗力のマイナス要素が付きまとうというのは度外視できないポイントだ。

結論として、40代という年齢層の方が「魅力的な自分」をアピールするのは、やや難しくなってしまうという難点がある。

現実的な着眼点として、40代という世代における異性へのアピールポイントは、「単なる見た目」や「運動能力が高い」といった若年層の基準とは異なる。これまでの人生経験で培ったセンス、人柄や教養なども含めた広義での「財産」などが重視されてくる傾向が顕著になる世代だ。

このように円熟した魅力ともいうべき要素は、品格や常識を感じさせる服装やメイクなどによってある程度着飾ること、そしてそれらと掛け合わせたTPOに相応しい所作といった総合的な外観に滲み出るものである。

これを踏まえると残念ながら、激しく汗をかいて黙々と運動に励むことが前提であるジムという環境では、アピールしづらい部分が大きい。よほど目を引くほどの身体能力や素材の良さといった武器がない限り、そもそも自分の魅力をアピールする機会がないという難点があるのだ。

また、運動に先駆けて結婚指輪をはじめとするアクセサリー一式を外す会員も多く、「良いなと思った相手が実は既婚者だった」というケースが大いに想定されるのも、40代の特徴として挙げられる。

既婚率が比較的高い世代であるため、「ハズレ」を引いてしまう可能性があるということである。こうしたリスクからも、やはりジムでの出会いには効率面に懸案事項が残ると言わざるを得ない。

令和2年版:厚生労働白書-令和時代の社会保障と働き方を考える-本文掲載図表

令和2年版:厚生労働白書-令和時代の社会保障と働き方を考える-本文掲載図表

ジムで恋愛や結婚につながる出会いは期待できないと心得ておこう

ここまでに見てきた通り、ジムはその系統や会員の属性、時間帯などにより出会いの内容に偏りが出やすい。そのため、特に趣味が合う人と運よく巡り会うことができればこれ以上ないほどの良縁となる可能性はある。

しかしながら確率は低いと言わざるを得ず、ジムに支払う諸会費や、良縁が実るまでに要する時間などを加味して考えれば、「出会いのコスパ」は低いものである。

ここで番外編として、極めてピンポイントに出会いを求める手段の一つとして、「ジムで働くスタッフとの出会い」を検討してみよう。

ここまでは会員同士の出会いを検討してきたが、そこで浮上した諸々の難点をカバーするうえで、ジムに常駐していて行動パターンやプロフィールを確認しやすいスタッフはうってつけである。

加えて、その職業柄から肉体美やトレーニング知識が仕上がっているため、マッチョが好き、スレンダーが好き、運動が得意な人が好きという条件は自然に満たしている可能性が高く、初めから条件が絞られているという点で効率が良い。

「結婚するなら絶対スポーツマン!」といった明確な目標があるのであれば、ジムのスタッフに狙いを定めるのも悪手ではないといえよう。

しかしながら、会員という立場でジムに通ってジムスタッフとの恋愛を繰り広げることには、ジム会員同士の恋愛とは大きく異なる注意点がある。

バイトスタッフやトレーナーとの出会いに潜む落とし穴

前提として、スタッフとしてジムで働く彼らには生活かかっている。

勤務先で出会った会員との誠実な恋愛、結婚に至ればドラマチックに祝福されるかもしれないが、一方で「会員に手を出したトレーナー」というレッテルを貼られてしまうというリスクが極めて大きい。

どれほど誠実な恋愛を繰り広げたとしても、「会員を恋愛対象として見ていた」という悪評は避けられないものである。

バイトスタッフやトレーナーとの出会いに潜む落とし穴

このため、フィットネス業界でのキャリア形成に支障をきたすと考えて会員との恋愛にことさら慎重になるトレーナーが多いのだ。

系列店内の支店異動やヘルプ勤務、各種トレーナー協会や複数店舗の掛け持ちといった形での「横のつながり」も強い業界であるため、マイナスの人事評価が一度でもついてしまうと、その業界で生きていくことが難しくなるという可能性が高い。

一方で、バイトクラスのスタッフであれば、正社員スタッフと比べればもちろんある程度の融通はきくが、こちらもリスクとしては上記同様である。

また、完全に一時的なアルバイトとして身を置き、すぐに業界を去るという前提で会員との「遊び」を楽しもうとするバイトスタッフと運悪く遭遇してしまうリスクがあることも、認識しておくべき落とし穴だ。

最大の注意点として心得ておきたいポイントとして、ジムスタッフの給与体系が挙げられる。

多くのジムにおいて、担当客を受け持つパーソナルトレーニング制度、プロテインやサプリメントなどの販売ノルマ、自分のレッスンへの参加率などを評価して給料や昇進に反映させる制度があるため、スタッフは基本的に「良いお客さん」の獲得に前のめりである。

もちろん全てのスタッフがそうだと言い切ることはできず、誠実であるがゆえに熱心に会員に声をかけるスタッフも多数いるものの、やはり前提として「自分の固定客獲得」を目的にコミュニケーションが始まるという点は理解しておこう。

素敵なトレーナーを見つけてお近づきになりたいとなれば、まずはそのトレーナーのグループレッスンなどに顔を出し、顔馴染みになってきたところで指名して個人トレーニングメニューの契約を行うといった流れで容易に距離を縮めることができる。

このように、仲良くなるためのプロセスが簡便であるという点は大きな魅力であるものの、前提にあるのは金銭の授受であるという点は度外視できないマイナス要素だ。

スタッフとのコミュニケーションを試みるうえでは、会員側がそれほど積極的になる必要はない。数回挨拶を交わしてお互いに顔を覚えるくらいの頃合いになれば、基本的にスタッフ側から好意的に声をかけてくるのが一般的だ。

しかしこれは基本的に、パーソナルトレーニング契約や商品販売を見据えた「営業」なのである。もちろんこれに同意すれば2人きりで過ごす時間が一気に増えて距離が縮まるものの、契約継続や商品購入を断ればそれまでという展開となる。

逆に言えば、好意と営業を履き違えてしまうと、脈なしの恋に延々とお金を払い続けることになり、さながら「そういうお店」の様相を呈してしまうのだ。ジムでのパーソナルトレーニング指名などは実際にホストクラブの業態に例えて揶揄されることもあり、このあたりには特段の注意が必要であると言わざるを得ない。

もちろん、100パーセントこうした事態に陥るとは限らないが、ジムスタッフとの出会いや交際を視野に入れている方には、自身の「貢ぎ具合」を随時チェックするという姿勢が求められる。

ジムのトレーナー、バイトスタッフとの出会いにおける落とし穴

  • ジムスタッフにとっては「会員との恋愛」にデメリットが多いため、交際への発展は険しい道のりとなる
  • 会員にとっては、スタッフ側の売り上げ獲得を目的とした「疑似恋愛営業」から抜け出せなくなる可能性がある

結論として、ジムのトレーナーという存在は、「ジムでの出会い」を求める人にとっての理想が凝縮された人物像に一致する可能性が非常に高いが、「ジム会員とスタッフ」という立場で関わるうえでは上記のとおりリスクが非常に大きい。出会いの場がジムであるからこそ恋愛や結婚に発展しづらいという、シビアな課題が付きまとうのである。

ここから得られる教訓として、「ジムで出会いを求める」のではなく「真剣に出会いを求めている人に的を絞り、特段の希望があればその中からスポーツ愛好家を探す」という方が望ましいとわかるだろう。

「ジムのスタッフとの出会い」を模索するのは、「ジムでの出会い」から「前提として、交際を視野に入れた出会いを求める人の中から自分好みの相手を探す」という形への再考が求められる際たる例なのである。

総括:出会いをジムに求めるのはおすすめできない

ここまでに分析してきたとおり、ジムに通うことによって出会いを求めることには、下記のリスクがある。

  • 対象外となるジム会員の数が多く、時間や会費といったコストに対して十分な結果が伴わない可能性が高い
  • ジム内で候補となる相手が見つかったとしても、その相手が出会いを求めていない、既婚者である、営利目的で接近してくるといったリスクがつきまとう
  • そもそもジムは出会いのための場所ではないため、出会いを求める挙動が目立てば周囲から反感を買ったり退会を求められたりといったトラブルに発展する可能性がある

厳しい現実ではあるが、これらを効率よくカバーするには、初めから「出会いを求める人」の輪の中に身を置くというのがベストであると気づくだろう。マッチングサイトなどを活用すれば、遭遇するのは「出会いを求める人」のみに絞られるうえに、実際にジムに通うという時間的・金銭的ロスが無い。

また、「ジムに通うことそのものに対して魅力を感じているので、ついでにそこでご縁があれば」と考えている場合も、マッチングサイト等を利用しておいて損はないだろう。

「スポーツ好きと出会いたい」という意向が特段に強いのであれば、自分自身もジムでの運動に励むことで、マッチングで出会った相手との会話も弾みやすく、実りのある展開に一段と期待が持てることになる。

結論として、ジムに通うことと出会いを求めることを同列に考えてしまうと、総合的にコスパが悪く、他者に迷惑をかけてトラブルに発展するリスクもある。むしろ、ジムの中で出会いを探すのではなく、出会いを探す人の輪の中で理想にマッチした相手を探す方が圧倒的にコスパが良い。

「ジムで出会えるかもしれない相手」にどのような理想を持っているかは人それぞれであるが、「ジムでの出会い」という発想を一度逆転させてみよう。「出会いを求めている人の中からジムで出会えそうな系統の相手を探す」というのが、理想の出会いを引き寄せるコツである。

今の時代、目的の出会いを果たすためにはマッチングサイトを活用するのが一般的です。

かつては「怖い」「信用できない」など不信感が漂っていたものの、現在では多くの企業が参入するクリーンな世界に様変わりしています。その上、流行り病の影響で男女問わず出会いに困る人が多くなり、需要は拡大の一途を辿るようになりました。

幸か不幸か、外見や中身を含め、非常に高スペックな男女が当たり前のごとく活用するようになったわけです。

また、ひと言で「出会いたい」といっても目的は様々です。

  • 彼氏・彼女が欲しい
  • 出会い方がわからない社会人や学生
  • 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
  • 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
  • バツイチやシングルマザーなど事情がある
  • ○○職の人と付き合いたい、お金持ちと結婚したい(目的が明確)
  • 欲望を満たしたい人

こうした様々な思いを抱きつつ、マッチングサイトを利用します。

この中には、必ず自身と同じ「境遇」「思いの人」が存在するため、結果としてマッチングサイトを利用した方が、よりよい出会いを実現できます。ひとりで悩み続け、何の行動も起こさなければ状況は変わらないため、こうしたツールの活用が必須となるのです。

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

このときの注意点として、必ず複数のマッチングサイト(最低2社)は利用するようにしましょう。マッチングサイトによって登録ユーザーの数や質は大きく異なりますし、目的の人が「A社にはいなかったがB社にはいた」ということもあります。機会損失を防ぎつつ、効率的に望みを叶えるためには、複数のマッチングサイトへの登録が必要です。

そうしたうえで、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。そこで、ランキング形式でお勧め順に比較することにしました。

まず、ペアーズ(Pairs)は1年の間に300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイトです。その結果、新興ではあるもののあっという間に1000万人以上の利用者を獲得してしまいました。ユーザー間でのやりとりも非常に活発であり、たった3年で20万人以上のカップルを輩出する一押しのサービスです。

また、ハッピーメールは会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多い企業です。純粋な登録者が大半を占めており、社風としても「真面目な出会い」をテーマとしているためチェックは厳しいです。そのため、悪質ユーザーはすぐに締め出されるという安全性の高さも魅力のひとつです。

PCMAXは「真面目な出会い」「大人の出会い」両方に対応している珍しいマッチングサイトです。比較的「大人色」が強いため、「刺激がほしい」「欲望を満たしたい」といった変化球的な意図がある人に向いています。それにも関わらず、医療情報管理協会・JAPHICの認証をもっている優良企業となります。

① Pairs(ペアーズ)

1年間で300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイト

最も人気、かつ勢いのある優れたマッチングサイトがPairs(ペアーズ)です。先述の通り、1年の間に300万人ずつ会員数は増えており、すでに20万人以上のカップルを世に輩出している実力派サービスです。ほぼすべての用途を満たすことができるオールマイティーなマッチングサイトだと言えるでしょう。

例えば、「彼氏・彼女がほしい」「孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい」「バツイチやシングルマザーなど事情がある」などを含め、出会いに関することであればすべてを満たしてくれるポテンシャルを秘めています。

ただ、出会いはみずものであり、いつ理想の相手が表れるかはわかりません。利用し始めた瞬間かもしれないし、ある程度の時間が必要になることもあります。しかしながら、最もアクティブ性の高いPairs(ペアーズ)を利用すれば、少なくとも全く出会えないという事態だけは避けられるはずです。

「ここで無理ならどこで出会えるのか」というほどアクティブ性は高いため、何らかの理由で出会いや救いを求めている人は必ず利用するようにしてください。

【ペアーズ】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

Pairs(ペアーズ)の公式サイトへ

 

② ハッピーメール

ド定番:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。こうしたことから、Pairs(ペアーズ)と共にお勧めできるマッチングサイトであることは確かです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、Pairs(ペアーズ)ほどのアクティブ性があるかと言えば判断が難しいところです。そのため、利用する際はPairsとの併用が効率を高める可能性がありおすすめです。

【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

ハッピーメールの登録方法:使い方の教科書

 

③ PCMAX

《真面目な出会い・大人の関係》両方に対応したマッチングサイト

真面目で純粋なマッチングだけでなく、「大人の出会いの場」を提供してくれる企業がPCMAXです。明確な目的があったり日常に刺激を求めていたりする場合、登録必須のマッチングサイトです。

「大人の出会いの場」と聞くと、多くの人は安全性や危険性を意識します。ただ、PCMAXに関しては❝特定非営利活動法人日本個人・医療情報管理協会のJAPHIC認証❞を取得しているため、少なくとも周りを見渡して視界に入る企業たちよりも安全であることは確かです。

それでは、純粋な出会いのみ求めている人は登録する必要がないのかというと、そうではありません。PCMAXにも1500万人以上の利用者が存在し、大半は一般的な出会いを求めています。そのため、PCMAXも並行して活用すると、より確実な出会いを実現できます。

特に、「真剣交際」「刺激」の2つを得たい場合、ハッピーメールと並行してPCMAXを利用しましょう。

真面目な出会いだけに限らず、PCMAXには刺激を求めるユーザーが一定数存在します。ひとつの選択肢に捉われず、様々な角度から自身の目的を果たせないか検討する必要があります。

【PCMAX】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

PCMAXの公式サイトへ

PCMAXの登録方法:使い方の教科書

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

利用目的 ペアーズ ハッピーメール PCMAX
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人 ×

 

© 2021 出会いのススメ