シングルファーザーの出会い:40代や未婚女性との恋愛

シングルファーザー 出会い

「シングルファーザー」の家庭は、あなたの周りにあるだろうか。「シングルマザー」の家庭は最近ぐっと増えてきている。離婚後、子供は母親に引き取られる事が多いため、ひとり親家庭の中ではシングルマザーの数が多くなる。

シングルマザーの一番の問題と言えば収入であろう。元の夫並みに稼ぐ事は非常に難しい。子育てもあるし家事もある。「元夫は、私が子育てを頑張っていたから存分に外で働けていたのだ」と働き始めて実感するシングルマザーは多い。

離婚後の仕事と子育ての両立の辛さは、常に問題になっていて、メディアでもよく取り上げられるし、ネットでは、その辛さを吐露するサイトがたくさんある。

では、シングルファーザーはどうなのだろうか。さまざまな事情により、妻が子供を引き取らずに父親が子供を育てる場合もある。最近では俳優の市村正親もそうである。

父親が子供を育てるとなると、収入面では心配ないかもしれないが、今度は子育てに苦労する事になる。これまで妻がこなしていた事を、これからは自分でやらなければならないのだ。

学校の保護者会も、ママ友の繫がりなどはないので、自分で参加しなければ学校の情報を得る事が出来ない。保育園で避難訓練があれば、防災頭巾をかぶって待っている我が子を迎えに行かなければならない。

仕事をして帰宅した後、慣れない料理をして洗濯をし、休みの日には掃除をして…こんな生活を続けていると、男性はやはり「再婚」が頭をかすめるだろう。

しかし、仕事と家事で精いっぱいの毎日に、ふたたび誰かと恋愛をするような時間を作れるのか?そして、シングルファーザーである自分は誰かと知り合えるのか?

今回はそんなシングルファーザーに向けて記事を書いてみたいと思う。

記事の内容

  • シングルファーザーでも、できれば未婚女性と出会いたい
    日本におけるひとり親世帯の実情:アップル信用保証機構
    平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告
  • 40代の出会い方は婚活サイトが主流
  • 未婚女性と再婚するのは至難の業である
  • シングルファーザーと出会いたい未婚女性たちも存在する
  • シングルファーザーと結婚したい未婚女性
  • 付き合っていることを隠す傾向にある
  • シングルファーザーの性の問題
  • 恋愛に疲れた・・
  • シングルファーザーは出会いから再婚までじっくり時間をかけよう
  • 覚悟を決めればシングルファーザーとの結婚には後悔なし!
  • シングルファーザーと未婚女性との出会いは運命かも知れない
  • 総括

執筆:TANO
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

シングルファーザーでも、できれば未婚女性と出会いたい

下の図は、厚生労働省が発表した「平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告」をアップル信用保証機構がグラフにしたものである。

父子家庭の割合は、母子家庭の約15%である。18.7万世帯が父子家庭という事は、18.7万人のシングルファーザーがいるという事である。

日本におけるひとり親世帯の実情:アップル信用保証機構

日本におけるひとり親世帯の実情:アップル信用保証機構

そして、この18.7万人のシングルファーザーの年齢別の割合を示した表が下のものである。

平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告

平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告

シングルファーザーの平均年齢は45.7歳となっている。そこで、40代のシングルファーザーの恋愛事情について述べてみよう。

40代の出会い方は婚活サイトが主流

先の表によれば、シングルファーザーの平均年齢が45.7歳であり、末子の平均年齢は12.8歳である。ということは40代も半ばになると、一番下の子供が中学校入学し、少し自分の事を考えられる時間が出来てくる、という事である。まさに恋愛を始めるのにふさわしい年代である。

しかし、10代20代の恋愛とはわけが違う。自分の事だけ考え、その時だけ充実していれば良いというものではない。最初から結婚を視野にいれ、子供の母親としても信頼できる女性と知り合わなければならないのだ。結婚となれば、子供が懐くような女性でなければ困る。

若かりし頃の恋愛の基準である「ルックス重視」などと言っていたら、まさに「一生」知り合う事は出来ないかもしれない。そこでまず婚活サイトを利用し、紹介された人と恋愛をしてみましょうか、という流れになる。

40代は婚活サイトに抵抗がある世代かも知れないが、効率的に彼女を見つける事ができる手段の1つである。

妻との別れを経験し「運命の人」のような概念は崩れ去っているので、ドラマみたいな出会いは必要ないし、「趣味のサークルに入会してみたら素敵な人がいたので、どうやってデートに誘おうかと頭を悩ませ…」などとやっている時間もない。

かつてのように仕事に集中したい。そこで、家事や育児をメインとして任せられるような女性の条件を婚活サイトで登録する。趣味でも合えば上等だ。そうして紹介された人とフィーリングがあえばお付き合いを続けていく、という事になる。

有料ではあるが、条件を堂々と提示する事ができるし、数ある候補者の中から吟味することも出来る。「この人の事が好きだから」という事で我慢しなければならないたくさんの事を、最初の段階で減らすことが出来る。

現在婚活サイトが賑わっているのも、こうした事が一因にあるだろう。

こうした事が「マッチングアプリ大学」に詳しく載っているので、興味のある人は覗いてみるのも良いだろう。

未婚女性と再婚するのは至難の業である

再婚相手の条件として、「未婚の女性」というのは向いているかというと、なかなか難しい。

現在仕事、家事、育児の全てを担っているシングルファーザーにとって、未婚女性はキラキラとまぶしい存在だろう。お給料の全てを自分の為に注ぎ込めるなんて、羨ましすぎる。

それだけでも、今の自分の環境と全く違うという事が分かる。

未婚女性と再婚するのは至難の業である

男たるもの、遠くにある存在を手に入れたいという野望もあるだろう。しかし、未婚女性を再婚相手として考える事は、お互いを不幸にする可能性が高い。再婚すれば、その未婚女性が育児を担当する事になるのだ。

育児どころか結婚・出産もした事がない未婚女性に、育児のイメージなどあるはずもなく、実の親である自分でも手を焼く育児を、未婚女性に担当してもらうのはリスクが高い。「子供が懐いている」だけを判断基準にしてはいけない。

例外的に、保育士や、児童福祉関係など、子供を相手にする職業に就いている人は、子供の扱いを心得ている人もいるかもしれないが、あくまで「扱い方」でしかない。

親が子供に虐待を加えるという暗いニュースが連日報道されているこのご時世である。本腰を入れて子育てをしてみた事で分かるだろうが、どんなに子供がかわいくても、いらいらする瞬間はよくある。

お尻をたたいて叱るくらいはどの家でもあるだろう。しかしそれは子供と過ごした年月と信頼感が大前提にあっての事である。接して間もない未婚女性が、育てたことのない子供に対して叱る度合いをコントロールして、「叱る事で教育になる叱り方」が出来るとはとても思えない。

再婚を視野に入れ未婚女性と尽きあうという事は、相手の女性がよほど人間的に成熟していて子供の扱いに慣れており、大人だけでなく子供の心理を汲み取る事に長けていて、自分の感情をコントロール出来る場合でないと難しいだろう。

シングルファーザーと出会いたい未婚女性たちも存在する

先に「未婚女性と再婚するのは至難の業」と述べたが、未婚の女性側がシングルファーザーと出会い、結婚したいと思う場合もある。

未婚の女性からアプローチを受け、お付き合いに至る事もあるだろうが、未婚の女性を選んだ場合は多方面の気遣いを必要とすることになるだろう。

シングルファーザーと出会いたい未婚女性たちも存在する

シングルファーザーと結婚したい未婚女性

未婚の女性がなぜシングルファーザーと知り合いたいのかと言うと

  • 不妊症で子供が望めないが、子供のいる家庭は持ちたい
  • 一人で子育てを頑張っている姿が好ましい
  • 責任感が強いように思う

こういった理由が挙げられる。不妊症で子供が望めないという理由は切実であるが、その他の理由はシングルファーザーからすると「いや、そうでもないし…」と謙遜したくなるような理由である。

しかし、実際に未婚女性がシングルファーザーと結婚を前提にお付き合いをしたら、どういう気持ちになる事が予想されるのだろうか。未婚女性側の気持ちになって考えてみたい。

付き合っていることを隠す傾向にある

自ら望んでシングルファーザーとお付き合いをしているとしても、周囲にはその事を言いづらい。特に家族には言えない。

自分の彼氏がシングルファーザーと知ったら母親は「なんでわざわざ子供がいる男性を選ぶの?自分が産んでもいない子供を育てるなんて無理。

付き合っていることを隠す傾向にある

あなたの部屋ひとつも自分できれいに出来ていないじゃないの。自分自身の子供が生まれたらどうするの?同じように愛情をかけるなんて無理よ。

子育てはそんなに甘いものじゃない」と言われる事だろう。そしてその母心から出る言葉は、確かに正論なのだ。

友達にも「なんでわざわざ年上のシングルファーザー?もうおじさんじゃないの。同じくらいの年の彼氏を見つけるチャンスなんてたくさんあるじゃない。信じられない」くらいの事は言われるだろう。これもまた正論だ。

シングルファーザーと付き合うのであれば、最初から結婚が視野に入る。それくらいの覚悟をしてもらわなくては少なくとも子供には会わせられない。こうした外野の声もいずれは納得してもらうよう、二人で乗り越えていかなければならないのだ。

再婚同士であれば、ここのハードルはかなり低くなる。彼女側の説得は彼女が前面に立ってすることになるだろう。あえて未婚女性を選び、結婚も結婚生活も子育てもした事のない女性に、周りを説得させ自分と自分の子供の未来を託す事ができるだろうか。負担をかけすぎる事にならないだろうか。

シングルファーザー側はそこの所をよくよく考えなければならない。

シングルファーザーの性の問題

こちらも避けては通れない問題である。相手女性とどれくらい年齢の差があるかわからないが、こちらは仕事、家事、子育てで毎日くたくたなのである。

ふと、別れた妻と性の頻度について揉めたことを思い出すシングルファーザーもいるだろう。

シングルファーザーの性の問題

家事と子育てはこんなにも性欲を奪うものなのだ。自分が求めても応じなかった妻の気持ちが今、わかるという人も多いだろう。

さて、今回の彼女は未婚である。しかも自分と歳が離れていれば離れているほど、歳なりの正当な欲求があるだろう。しかも自分よりは経験が浅いため、自分と付き合った事で新たな境地を見出してしまい、会うたびに求められる事もあるかも知れない。

しかし、女性側は女性側で、そういった側面もありながら、実は複雑な気持ちであったりする。それは「前の妻」を思い起こしてしまう事にある。

「奥さんともこんなふうだったのか…」や「私は奥さんに比べて物足りないのではないか」など、もやもやした悩みがつきまとう。そういった事で妬いてしまったり、そんな気持ちを払拭したくてついついシングルファーザー側にぶつけてきたりする事もあるだろう。

未婚女性とつきあうのであれば、そういった事を面倒くさがってはいけない。

恋愛に疲れた・・

まだ若く恋愛経験の浅い未婚女性に、40代シングルファーザーの男性はとても大人に映り、自分が未熟であることを思い知らされる事が多いのではないだろうか。

シングルファーザー側も、決して自分が成熟しているとは思っていないだろうが、相手の女性に対して「子供じゃないんだから…」と思ってしまう場面もあるだろう。

恋愛に疲れた・・

無意識のうちに、しっかりしていた前の妻と比べてしまっているかも知れない。

女性はそういった事に鋭いアンテナを張っているものである。そして不安になり、その不安を直接口にする。相手に否定してもらわないと安心できないのが女性である。いや、否定してもらってもなお「口では否定していても…」などと、疑いが晴れなかったりする。

こうなってくるともう、お互いの負担でしかなくなる。会っていてもちっとも楽しくなくなってしまう。双方が自分の事しか考えなくなり、子供も含めた未来のイメージなど沸かなくなってくる。

こうして未婚女性との恋愛は終わりを迎えてしまうのである。

シングルファーザーは出会いから再婚までじっくり時間をかけよう

再婚した事を後悔しないために、再婚するまでにはじっくり時間をかけ、相手を見極める事が大切である。

結婚は勢いでするもの、と言われたりするが、特に子供がいる場合の再婚は、決して勢いでしてはならない。

お互いに信頼と絆を深め、その上で子供と良好な関係が築けるかどうかをジャッジしなければならない。子連れ再婚は「子供ファースト」が必須である。

シングルファーザーは出会いから再婚までじっくり時間をかけよう

覚悟を決めればシングルファーザーとの結婚には後悔なし!

未婚女性とのお付き合いがもし順調に進んで、お互いが再婚を現実的に考え出したら、子供との関係性を考えなければならない。どんなに本人同士が好き合っていても、子供が受け入れないのであれば再婚は出来ない。

特に子供が女の子の場合は、まだ幼くても女性の事をライバル視したりする。シングルファーザーと手をつないで歩いていると、真ん中に割って入って手を引き離し、自分が父親と手を繋いだりする。「パパは私のものよ」と言わんばかりである。

逆に男の子の場合は素直に甘えてきてくれたりする。息子は父親と同性なので、シングルファーザーも息子に「強い男に育ってほしい」という思いがあり、過剰に甘える事を許さない傾向がある。しかし男の子でも女の子でも、子供はみな甘えたいのだ。

再婚を真剣に考え始めたのであれば、こうした性差に加え、個人差のある子供の「母親」としてやっていける自信をもてるような、「プレママ期間」をしっかり設けてあげなければならない。

厳しいようだが「どうしよう…彼の事は好きだけど、子供のママとしてやっていけるのかな…」という状態では、とても母親は務まらない。

シングルファーザーが陰になり日向になり女性を助け、また子供にとって女性が必要な存在なのだ、と子供自身が思うまで待つことが出来れば、再婚した後の生活も順調になり、女性側がシングルファーザーと結婚した事を後悔する事はないだろう。

総括:シングルファーザーと未婚女性との出会いは運命かも知れない

記事のポイントをまとめておこう。

シングルファーザーの出会いについて

シングルファーザーはシングルマザーより再婚を望む傾向あり

  • ママ友同士のような繋がりがないので、情報収集に困る
  • 仕事しながらの家事育児はシングルマザー以上に大変
  • 子供にとっての母親の必要性を感じる

シングルファーザーの平均は45歳

  • 出会い方は婚活サイトが主流
  • 未婚女性は再婚相手には不向き

シングルファーザーと結婚したい未婚女性もいる

  • つきあっている事は周りには言いづらい
  • 性の感覚がかみ合わないかもしれない
  • 前の妻との事を気にしすぎて交際が破綻

未婚女性との再婚には時間をかけるべし

  • 女性が母親としてやっていける自信が持てるまで待つ

真剣な交際相手として、一生に出会える人数はそう多くない。その中で、シングルファーザーが未婚の女性を再婚相手として考えるほど信頼関係を築けている、というのはとても素晴らしい事である。女性側もそのように深い信頼を得ている事を誇りに思って良いだろう。

しかし、信頼関係を築けているとはいえ、未婚女性は常に「私は子供の為に一生懸命だけれど、子供は前のママそっくり」など、ささいな事も含めれば気になる事は山ほどある。

未婚女性がしっかりした「ママ」になる為に努力をしている気持ちを大切に、女性をまるごと支えるような気持ちを持たなければならない。それに加えて子供たちの支えにもならなければならない。

シングルファーザーにとって再婚は決して「楽になれるための手段」でない事は肝に銘じておきたいものである。

今の時代、目的の出会いを果たすためにはマッチングサイトを活用するのが一般的です。

かつては「怖い」「信用できない」など不信感が漂っていたものの、現在では多くの企業が参入するクリーンな世界に様変わりしています。その上、流行り病の影響で男女問わず出会いに困る人が多くなり、需要は拡大の一途を辿るようになりました。

幸か不幸か、外見や中身を含め、非常に高スペックな男女が当たり前のごとく活用するようになったわけです。

また、ひと言で「出会いたい」といっても目的は様々です。

  • 彼氏・彼女が欲しい
  • 出会い方がわからない社会人や学生
  • 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
  • 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
  • バツイチやシングルマザーなど事情がある
  • ○○職の人と付き合いたい、お金持ちと結婚したい(目的が明確)
  • 欲望を満たしたい人

こうした様々な思いを抱きつつ、マッチングサイトを利用します。

この中には、必ず自身と同じ「境遇」「思いの人」が存在するため、結果としてマッチングサイトを利用した方が、よりよい出会いを実現できます。ひとりで悩み続け、何の行動も起こさなければ状況は変わらないため、こうしたツールの活用が必須となるのです。

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

このときの注意点として、必ず複数のマッチングサイト(最低2社)は利用するようにしましょう。マッチングサイトによって登録ユーザーの数や質は大きく異なりますし、目的の人が「A社にはいなかったがB社にはいた」ということもあります。機会損失を防ぎつつ、効率的に望みを叶えるためには、複数のマッチングサイトへの登録が必要です。

そうしたうえで、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。そこで、ランキング形式でお勧め順に比較することにしました。

まず、ペアーズ(Pairs)は1年の間に300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイトです。その結果、新興ではあるもののあっという間に1000万人以上の利用者を獲得してしまいました。ユーザー間でのやりとりも非常に活発であり、たった3年で20万人以上のカップルを輩出する一押しのサービスです。

また、ハッピーメールは会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多い企業です。純粋な登録者が大半を占めており、社風としても「真面目な出会い」をテーマとしているためチェックは厳しいです。そのため、悪質ユーザーはすぐに締め出されるという安全性の高さも魅力のひとつです。

PCMAXは「真面目な出会い」「大人の出会い」両方に対応している珍しいマッチングサイトです。比較的「大人色」が強いため、「刺激がほしい」「欲望を満たしたい」といった変化球的な意図がある人に向いています。それにも関わらず、医療情報管理協会・JAPHICの認証をもっている優良企業となります。

① Pairs(ペアーズ)

1年間で300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイト

最も人気、かつ勢いのある優れたマッチングサイトがPairs(ペアーズ)です。先述の通り、1年の間に300万人ずつ会員数は増えており、すでに20万人以上のカップルを世に輩出している実力派サービスです。ほぼすべての用途を満たすことができるオールマイティーなマッチングサイトだと言えるでしょう。

例えば、「彼氏・彼女がほしい」「孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい」「バツイチやシングルマザーなど事情がある」などを含め、出会いに関することであればすべてを満たしてくれるポテンシャルを秘めています。

ただ、出会いはみずものであり、いつ理想の相手が表れるかはわかりません。利用し始めた瞬間かもしれないし、ある程度の時間が必要になることもあります。しかしながら、最もアクティブ性の高いPairs(ペアーズ)を利用すれば、少なくとも全く出会えないという事態だけは避けられるはずです。

「ここで無理ならどこで出会えるのか」というほどアクティブ性は高いため、何らかの理由で出会いや救いを求めている人は必ず利用するようにしてください。

【ペアーズ】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

Pairs(ペアーズ)の公式サイトへ

 

② ハッピーメール

ド定番:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。こうしたことから、Pairs(ペアーズ)と共にお勧めできるマッチングサイトであることは確かです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、Pairs(ペアーズ)ほどのアクティブ性があるかと言えば判断が難しいところです。そのため、利用する際はPairsとの併用が効率を高める可能性がありおすすめです。

【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

ハッピーメールの登録方法:使い方の教科書

 

③ PCMAX

《真面目な出会い・大人の関係》両方に対応したマッチングサイト

真面目で純粋なマッチングだけでなく、「大人の出会いの場」を提供してくれる企業がPCMAXです。明確な目的があったり日常に刺激を求めていたりする場合、登録必須のマッチングサイトです。

「大人の出会いの場」と聞くと、多くの人は安全性や危険性を意識します。ただ、PCMAXに関しては❝特定非営利活動法人日本個人・医療情報管理協会のJAPHIC認証❞を取得しているため、少なくとも周りを見渡して視界に入る企業たちよりも安全であることは確かです。

それでは、純粋な出会いのみ求めている人は登録する必要がないのかというと、そうではありません。PCMAXにも1500万人以上の利用者が存在し、大半は一般的な出会いを求めています。そのため、PCMAXも並行して活用すると、より確実な出会いを実現できます。

特に、「真剣交際」「刺激」の2つを得たい場合、ハッピーメールと並行してPCMAXを利用しましょう。

真面目な出会いだけに限らず、PCMAXには刺激を求めるユーザーが一定数存在します。ひとつの選択肢に捉われず、様々な角度から自身の目的を果たせないか検討する必要があります。

【PCMAX】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

PCMAXの公式サイトへ

PCMAXの登録方法:使い方の教科書

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

利用目的 ペアーズ ハッピーメール PCMAX
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人 ×

 

© 2021 出会いのススメ