孤独で寂しい友達がいない人:本当に一人もいない50代や独身者の末路

あなたには友達は何人いるでしょうか?

そう聞かれて「LINEのフォロワー500人いるぜ」という人もいるでしょうし、「友達!どこからが友達なの?」という反応を示す人もいるでしょう。

実際に友達という定義はあいまいなもので、もしかしたら自分は友達だと思っていても、相手はそう思っていないかもしれません。

孤独 寂しい 友達 いない

それにしても友達がいれば孤独を感じる要素は減る一方、世の中には常に孤独を感じ、「友達もいないので寂しい」と思っている人もいるのです。そのように「孤独や寂しさ」を感じ、友達のいない状況についての問題点や解決法などを考えていきましょう。

記事の内容

  • 孤独で寂しい友達がいない人
  • 友達とはどのような相手なのか?
  • どうして友達がいないのか
  • 友達がいない女性の特徴
  • 友達がいないことで感じる孤独や寂しさ
  • 孤独で寂しい:友達がいないことによる問題点とは
    社会構造の変化による孤独の加速化
    独身者のリスク
  • 友達がいない40代の現実
  • 50代になるとどうなるか
  • 友達がいない人の末路
  • 孤独と寂しさと意外な話
  • あえて友達を作らない人が感じる孤独と寂しさ
  • 友達いない人あるある
  • 総括

執筆:KOJI
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

孤独で寂しい友達がいない人

冒頭に書いたように「友達」の定義は明確な基準というよりは、人それぞれの感じ方によることが大きいものです。楽観的考え方の人と悲観的考え方の人の違いとも言えます。

それでは「友達のいない(と思っている)人」とはどのような人なのでしょうか。またそもそも「友達」とはどのような存在なのでしょうか。まずはそこから考えましょう。

孤独で寂しい友達がいない人

友達とはどのような相手なのか?

そもそも人にとって「友達」とはどのような存在なのでしょうか。辞書には「互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人」とあります。

オリコンが行った世代ごとの友達の人数に関する調査によると、専門・大学生で44.8人なのに対し、20代社会人21.4人、30代社会人15.1人となり、世代が上になるほど減少するという結果になります。

また友達の中でも「とくに心を許しあった存在」を「親友」といいます。友達と親友との間の壁は高いようで、先ほどの調査結果で44.8人の友達がいると回答していた専門・大学生でも、親友となると平均4.9人と1/9以下になってしまいます。

面白いことに親友の数に関しては、20代社会人3.3人、30代社会人2.9人と、友達の数ほど世代間の差がないという結果になっています。

つまり「親友」とよべる友達は長い付き合いになっているということで、ある意味では「友達がいない」という問題のカギになる存在が「親友」なのかもしれません。

どうして友達がいないのか

友達がいないことで「寂しさ」や「孤独」を感じているあなたであれば、なぜ友達がいないのか、あるいは友達を作ろうとしていないのか、冷静に考える必要があります。これが寂しさなど感じることなく、あえて「友達なんていらない」と思う方なら考えるだけ無駄というものです。

そもそも会った人と(ないわけではありませんが)その瞬間友達になるわけではありません。何度か会っている中で「対等に交わっている人」になります。この友達になっていくプロセスの中で考えられる問題が何点かあります。

一つには「ネガティブな発言ばかりしている」「人の悪口ばかり言っている」など、一緒にいて相手に「疲れ」を感じさせるや行動です。

これ以外にも「自己中心的」「自分をさらけだせない」「プライドが高すぎる」「自意識過剰」「細かいことにこだわる」など、相手に「この人と親しくなりたくない」と思わせてしまう何らかのポイントがあるのです。

また性格以外では、「不潔」「時間やお金にルーズ」「連絡がマメにできない」といった、ついついしがちな問題行動も人を遠ざける原因となってしまいます。

そして”そもそも”なことなのですが、年齢を重ねるごとに人との出会いは減っていくもので、出会いの機会を自分で作らないことには友達もできなくなってしまいます。そう待っていても友達がいないという状況は変わらないのです。

調べてみると人と出会う機会は多いもので、「友達がいないことで孤独を感じる」くらいなら、思い切って外へ出てみるべきです。

友達がいない女性の特徴

男女を問わず友達がいない人は一定数存在しているのですが、女性の方に多くみられる特徴も存在しています。

これらの特徴は同性から見ても分かることであるとともに、男性から見ると一層「ダメな特徴」というネガティブな印象を持たれがちです。

友達がいない女性の特徴

特に「彼氏中心の生活になってしまう」や「男性がいる場面では性格が変わってしまう」といった異性が絡む意見が多く聞かれます。これと同じように「男にだらしない」なども、とくに同性から嫌われやすい特徴です。

また「約束や時間にルーズ」や「わがまま」「空気を読めない」といったことも、どちらかというと女性に多い特徴と言えます。これらは総じて自分のことを分かっていない状態なのです。

友達がいないことで感じる孤独や寂しさ

人が孤独や寂しさを感じる理由の多くは、自分の気持ちを話せなかったり、自分が認められていないと感じたりしたときに起こる感情です。つまり友達がいないということで、このような場面に陥りやすくなるのです。

また友達がいないことで孤独や寂しさを感じる機会もあり、休日などで出かけた先で楽しそうにしている友達グループを見かけると、「なぜ自分には友達がいないのだろう」といったネガティブな感情が生まれがちです。

そんなことを繰り返していると、休日に家から出なくなっていくという悪循環に陥ります。

孤独で寂しい:友達がいないことによる問題点とは

友達が全くいない、もしくはほとんどいない人には、そのことによって何か問題はあるのでしょうか。

すべての人に必ずしも当てはまることではりませんが、近年の家族関係や社会の変化によって将来的に思わぬ落とし穴に落ちることが考えられます。

また孤独や寂しさにまつわる現実をふくめて、考えられるリスクについて解説します。

孤独で寂しい:友達がいないことによる問題点とは

社会構造の変化による孤独の加速化

かつての日本であれば家族の絆や地域のコミュニティが確かに存在して、たとえ他人であっても社会的に孤立しづらい環境でした。

しかしそれらの繋がりが気薄になった現代では、「人と関わりを持たない」ことが一般的となり、友達がいない人は孤独になりやすく、簡単に社会的孤立状態になりやすくなっています。

まだ仕事をして業務上の人付き合いがあれば良いのですが、それすら失ってしまうと誰にも知られない存在になってしまう危険性があるのが現代の特徴なのです。

独身者のリスク

独身者でなおかつパートナーもいない人で、さらに友達がいないとなると生活上の大きなリスクにさらされる可能性があります。近年社会問題化している「孤独死」ですが、その多くは独身であり、相談できる友達もいない境遇の方たちです。

孤独死と聞くと高齢者が多いイメージですが、仮に若くても病気になりそのような状況になってしまう可能性も否定できません。孤独や寂しさを感じるような境遇はリスクでもあることを理解しましょう。

友達がいない40代の現実

友達がいないという状況は年代によっても違いがあり、40代を迎えた場合にもその特徴があります。日本では晩婚化が進んでおり、平均初婚年齢は2017年の統計では男性31.1歳、女性で29.4歳であり、さらに平均出産時年齢は男性33.7歳、女性32.6歳となっています。

参照:内閣府少子化対策の現状

つまり現代では結婚した家庭では40代というのは「子育て真っただ中」であり、そのような方が友達だった場合、だんだん連絡が取りづらくなり疎遠になりやすい年代と言えます。未婚率もあがっていることから、今後も友達がいない状況になる40代は増えていく可能性があります。

また晩婚化の影響で30代までは「お一人様」でも感じなかった違和感も、40代ともなれば気になってくるものです。あまり気にし過ぎることも良くありませんが、どうしても周囲の目線は気になります。そんな思いを共有できる友達というのは貴重な存在です。

50代になるとどうなるか

歳を重ねていき50代になったとき「友達がいない」という方は増えています。40代でも当てはまることですが、学生から社会に出てからそれぞれが違った道を歩みはじめ、先に行けば行くほど大きく違う環境で生きているものです。

若い頃には多かった友達も減りつづけ、「友達がいない」という事実にふと気が付く年代なのです。

この年代になると体力的な衰えも顕著になってくるので、将来的な不安も感じやすくなります。特に結婚し子育てもひと段落し、やがて子供が離れていくと急に寂しさが襲ってくるものです。そんな時に友達がいないという現実が重なり孤独感に耐えられなくなる50代は多いのです。

この年代から友達を作るということは精神的にはエネルギーを使うことかもしれませんが、ある意味「同じ悩みを抱えている同年代」は多いので、会う機会さえ作り出せるのなら友達を作りやすいとも言えます。

友達がいない人の末路

ストレスに対する耐性は人によって大きく違うもので、友達がいないことによる孤独や寂しさも平気な人がいる一方、そんな状況に耐えられない人もいます。そのような人にとっては地獄のように感じるのかもしれません。

しかし多くの場合友達がいないことに悩みながら、実はそれを変えようと行動していない人が多く、しまいには友達をつくることが目的なのか、孤独や寂しさから逃れることが目的なのか、本当の自分の気持ちすら分からなくなってしまっています。

孤独と寂しさと意外な話

孤独や寂しさを伴う「友達がいない」ということですが、世の中少数派ながら「友達がいない」ということを楽しむ人がいたり、むしろそれを笑い話にしていたりする人も存在しています。

また「友達がいない」という状況で起こりがちなことも考えてみましょう。

孤独と寂しさと意外な話

あえて友達を作らない人が感じる孤独と寂しさ

ある意味強い人と言えますが、一部には「あえて友達をつくらない」「一人の方が気楽」という人も存在しています。そのような人が孤独や寂しさを感じないかといえば、決してそんなことはありません。

しかし、そう感じる理由が変わっていて、友達がいないから寂しいと感じるのではなく、「いま自分で楽しめていない」ということで、そんな自分に寂しさを感じるというのです。

つまり人によっては孤独や寂しさという感情の性質は違うということであり、そう思えるメンタルがあるのなら、孤独死などのリスクを除けば「友達がいない」状況も苦にならないのです。

友達いない人あるある

どんな境遇にも「あるある」と共感できる出来事があるものです。それに共感できるということは「友達がいない」という現実を望んではいないからで、どちらかというと自虐的な内容が多くなります。

例えばコミュニケーションにまつわる話では「メールは迷惑メールしかこない」「年賀状は郵便局からしかこない」「久しぶりに話そうと思ったら声が出なかった」など、どれも独り感が滲むものばかりです。

また「結婚式に呼ばれたことがない」「知らない間に同窓会があった」という話も寂しさが溢れます。

自覚がなくてもこれらに当てはまったのなら、友達がいないかそれに近い環境にいる可能性が高いので、何らかのアクションを起こすべきでしょう。

大逆転劇も可能

これまで述べたように、50代の独身者は決して楽ではなく様々な観点から「孤独で寂しい」といった現実に直面することが多々あるでしょう。そして、自身の境遇を悲観してじっと耐えているだけでは状況は変わりません。

しかし、ほんの少しの勇気や努力で周りの環境を変えることができることを覚えておいてほしいです。

例えば、マッチングサイトを活用し、自身を支えてくれるパートナーや友達を見つけることで今の状況を打開することも可能です。実は、マッチングサイトを利用している年齢層は幅広く、40~70代の男女はかなり多いのです。

この中には、あなたと同じ境遇の人もいれば「経済的余裕はあるが独り身で寂しい」「パートナーがほしい」といった異性も多く存在するわけです。こうした人と接点を持つことで、寂しく悲惨な世界から幸福の道へと大逆転劇を遂げることもできるのです。

今の時代、たとえ50代であっても多くの人にマッチングサイトは当たり前のように使われています。そのため、年齢を気にして足踏みをする必要は全くないし、むしろ無駄な不安を抱き、アクションを起こさないことのほうが良くないと言えるでしょう。

こうしたことを理解し、今すぐにでも現状を打破する努力を開始してほしいと思います。そうすれば、数か月以内にあなたの身の回りの環境を好転させることも可能になるはずです。

もし、マッチングサイトの活用を検討するなら次の記事を参考にしてください。

>>マッチングサイトの出会い:お勧め比較ランキング

総括:孤独で寂しい友達がいない人について

孤独や寂しさを感じることの多くは「独り」であることが大きな要因です。家族やパートナーの存在も重要ですが、友達がいないという状況は好ましいものではありません。

これは独身者だけに限った話ではなく、誰にでもあり得ることなのです。「友達をつくる」ことは最終目的ではありませんが、自分の現状や過去を振り返ってみて、ここまで解説してきたような問題点があるのかないのか、ちょっと考えてみることをお勧めします。

とにかく、勇気を出してアクションを起こすことが大切です。

今の時代、目的の出会いを果たすためにはマッチングサイトを活用するのが一般的です。

かつては「怖い」「信用できない」など不信感が漂っていたものの、現在では多くの企業が参入するクリーンな世界に様変わりしています。その上、流行り病の影響で男女問わず出会いに困る人が多くなり、需要は拡大の一途を辿るようになりました。

幸か不幸か、外見や中身を含め、非常に高スペックな男女が当たり前のごとく活用するようになったわけです。

また、ひと言で「出会いたい」といっても目的は様々です。

  • 彼氏・彼女が欲しい
  • 出会い方がわからない社会人や学生
  • 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
  • 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
  • バツイチやシングルマザーなど事情がある
  • ○○職の人と付き合いたい、お金持ちと結婚したい(目的が明確)
  • 欲望を満たしたい人

こうした様々な思いを抱きつつ、マッチングサイトを利用します。

この中には、必ず自身と同じ「境遇」「思いの人」が存在するため、結果としてマッチングサイトを利用した方が、よりよい出会いを実現できます。ひとりで悩み続け、何の行動も起こさなければ状況は変わらないため、こうしたツールの活用が必須となるのです。

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

このときの注意点として、必ず複数のマッチングサイト(最低2社)は利用するようにしましょう。マッチングサイトによって登録ユーザーの数や質は大きく異なりますし、目的の人が「A社にはいなかったがB社にはいた」ということもあります。機会損失を防ぎつつ、効率的に望みを叶えるためには、複数のマッチングサイトへの登録が必要です。

そうしたうえで、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。そこで、ランキング形式でお勧め順に比較することにしました。

まず、ペアーズ(Pairs)は1年の間に300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイトです。その結果、新興ではあるもののあっという間に1000万人以上の利用者を獲得してしまいました。ユーザー間でのやりとりも非常に活発であり、たった3年で20万人以上のカップルを輩出する一押しのサービスです。

また、ハッピーメールは会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多い企業です。純粋な登録者が大半を占めており、社風としても「真面目な出会い」をテーマとしているためチェックは厳しいです。そのため、悪質ユーザーはすぐに締め出されるという安全性の高さも魅力のひとつです。

PCMAXは「真面目な出会い」「大人の出会い」両方に対応している珍しいマッチングサイトです。比較的「大人色」が強いため、「刺激がほしい」「欲望を満たしたい」といった変化球的な意図がある人に向いています。それにも関わらず、医療情報管理協会・JAPHICの認証をもっている優良企業となります。

① Pairs(ペアーズ)

1年間で300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイト

最も人気、かつ勢いのある優れたマッチングサイトがPairs(ペアーズ)です。先述の通り、1年の間に300万人ずつ会員数は増えており、すでに20万人以上のカップルを世に輩出している実力派サービスです。ほぼすべての用途を満たすことができるオールマイティーなマッチングサイトだと言えるでしょう。

例えば、「彼氏・彼女がほしい」「孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい」「バツイチやシングルマザーなど事情がある」などを含め、出会いに関することであればすべてを満たしてくれるポテンシャルを秘めています。

ただ、出会いはみずものであり、いつ理想の相手が表れるかはわかりません。利用し始めた瞬間かもしれないし、ある程度の時間が必要になることもあります。しかしながら、最もアクティブ性の高いPairs(ペアーズ)を利用すれば、少なくとも全く出会えないという事態だけは避けられるはずです。

「ここで無理ならどこで出会えるのか」というほどアクティブ性は高いため、何らかの理由で出会いや救いを求めている人は必ず利用するようにしてください。

【ペアーズ】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

Pairs(ペアーズ)の公式サイトへ

 

② ハッピーメール

ド定番:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。こうしたことから、Pairs(ペアーズ)と共にお勧めできるマッチングサイトであることは確かです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、Pairs(ペアーズ)ほどのアクティブ性があるかと言えば判断が難しいところです。そのため、利用する際はPairsとの併用が効率を高める可能性がありおすすめです。

【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

ハッピーメールの登録方法:使い方の教科書

 

③ PCMAX

《真面目な出会い・大人の関係》両方に対応したマッチングサイト

真面目で純粋なマッチングだけでなく、「大人の出会いの場」を提供してくれる企業がPCMAXです。明確な目的があったり日常に刺激を求めていたりする場合、登録必須のマッチングサイトです。

「大人の出会いの場」と聞くと、多くの人は安全性や危険性を意識します。ただ、PCMAXに関しては❝特定非営利活動法人日本個人・医療情報管理協会のJAPHIC認証❞を取得しているため、少なくとも周りを見渡して視界に入る企業たちよりも安全であることは確かです。

それでは、純粋な出会いのみ求めている人は登録する必要がないのかというと、そうではありません。PCMAXにも1500万人以上の利用者が存在し、大半は一般的な出会いを求めています。そのため、PCMAXも並行して活用すると、より確実な出会いを実現できます。

特に、「真剣交際」「刺激」の2つを得たい場合、ハッピーメールと並行してPCMAXを利用しましょう。

真面目な出会いだけに限らず、PCMAXには刺激を求めるユーザーが一定数存在します。ひとつの選択肢に捉われず、様々な角度から自身の目的を果たせないか検討する必要があります。

【PCMAX】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

PCMAXアプリをダウンロードする

PCMAXの登録方法:使い方の教科書

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

利用目的 ペアーズ ハッピーメール PCMAX
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人 ×

© 2021 出会いのススメ