結婚できない焦り「できなかったら」と不安で焦る男女の特徴と対処法

結婚できない 焦り

晩婚化が進み、将来独身という方も増えている今日、年齢を重ねるにつれて『結婚できないかもしれない』という焦りや不安を抱える方も多くなっている。

今回は、『周りの友人が結婚をしていき、結婚できるのか焦りを感じてきた』『このままで結婚できづらくなるのではないか不安』『30歳までに女性は結婚できないと結婚できなくなってしまうのでは・・・』という悩みにお応えしていく。

現状、厚生労働省による「人口動態統計特殊報告」でも初婚年齢は男女ともに年々上昇していることは明らかだ。また、未婚率も年々着実に増加傾向にある。

参照:厚生労働省による「人口動態統計特殊報告」
参照:厚生労働白書・令和時代の社会保障と働き方を考える「年齢階級別未婚率の推移」

結婚に焦りを感じ、積極的に出会いを求めることも良いだろう。しかし、結婚を焦って相手を探し冷静にパートナーを見極めることができなければ、後悔することになりかねない。

この記事を読めば、焦る気持ちを今一度整理し、自分自身を見直すことができる様になるだろう。

記事の内容

  • 結婚できない焦りを感じた時の対処法【男性編】
  • 30歳男性:焦りは禁物
  • 家庭を持つことへの自覚を育てる
  • 結婚に焦る必要はないが【行動はすべき】
  • 結婚できない焦りを感じた時の対処法【女性編】
  • 結婚を焦って後悔する女性の特徴
  • 29歳独身女性、結婚できるか不安になる必要はない
  • 29歳女性は売れ残りではない!
  • 30歳までに結婚できなかったら積極的に行動してみる
  • 結婚できない焦りは行動すれば和らぐ
  • 総括

執筆:HIKARI
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

結婚できない焦りを感じた時の対処法【男性編】

結婚できない焦りを感じた時の対処法【男性編】

総務省統計局が5年ごとに実施している国勢調査「未婚率の割合」によると、平成27年度の調査では30〜34歳男性の未婚率は47.1%、35〜39歳では35.0%であった。この未婚率は年々増加傾向にあり、「結婚できない」もしくは「生涯未婚を希望する」という男性が今後も増加していくだろう。

結婚願望があるにも関わらず、結婚できないと焦りを感じている方はこの記事を読むことでその対処法を知ることができる。そして、良縁を引き寄せ最高のパートナーと出会うチャンスを引き寄せることができるようになる。それでは、結婚できないと焦りを感じた時の対処法について解説していこう。

30歳男性:焦りは禁物

「30歳になって結婚できるのか不安になってきた」「もしかしたら結婚できないかもしれない」という焦りは要注意だ。焦らずに行動していくことが大切である。事実、結婚をしても3組に1組が離婚する時代である。

焦って結婚をして後悔する要因に以下の点が挙げられる。

  • 価値観や性格の不一致
  • 結婚や生活の価値観の不一致
  • 結婚に期待しすぎて幻滅してしまう
  • 相手に対してどこか妥協があった
  • 焦っていた為、相手の内面をしっかり知る努力を怠った

このように、相手を理解しようとする前の結婚への焦りは、後々後悔する原因にもなる。

家庭を持つことへの自覚を育てる

女性からパートナーとして見てもらうためには、まず家庭を持つことへの責任感や自覚を持つことが重要だ。多くの女性が求める家庭を持つことへの責任感とは、「経済的に安定している」「養うことへの責任感を持っている」ということである。

女性は男性よりも結婚相手に「経済的な安定や信頼、安心感」を求める傾向がある。

内閣府による「平成26年度 結婚・家族形成に関する意識調査−結婚相手に求める条件」(下記グラフ参照)によると、やはり価値観や一緒にいることへの充実感、安心感に続き、男性に経済力があることを重要視していることが明らかだ。

平成26年度 結婚・家族形成に関する意識調査−結婚相手に求める条件

そして経済面以外にも家庭を持つことへの自覚を育てることができる。

  1. 自分の趣味やプライベートよりパートナーや家族を大切に考えられる価値観を育てる
  2. 将来のことやビジョンについて相手としっかり話し合う姿勢を持てる
  3. 相手の人生にも責任を持つという考えを持ち行動することができる

しかし「相手のことばかりでなく、自分のことをまず大切にできなければ他人を大切にすることなんてできない」と思う方もいるかもしれない。確かにその通りであるが、家庭を持つということは相手の人生にも責任を持ち、共生していくことであり、相手の幸せを第一考えて行動できるということである。

相手の条件や、いい人が見つからないから結婚できないと嘆く前に、自分自信に目を向けて家庭を持つことへの自覚を育てることで結婚へ近づくことができるのだ。

結婚に焦る必要はないが【行動はすべき】

結婚に焦ってパートナーを見つける必要はないが、行動することは結婚へ近づくために最も重要なことである。行動しなければ良きパートナーに出会えるチャンスも失っていく。

具体的には、次のように行動すれば良いだろう。

  • 婚活していることを恥ずかしがらず結婚したいという意思をアピールする
  • 婚活アプリに登録して活動する
  • 結婚相談所で活動する
  • 社会人サークルやイベントに参加し、出会いのチャンスを広げる

「本当に結婚できるのかな」と感じるかもしれないが、諦めずに行動し続けることができれば必ず良きパートナーに出会える。結婚したいという強い意思を持ってコツコツ行動していくことが結婚へつながる大切なポイントなのだ。

結婚できない焦りを感じた時の対処法【女性編】

総務省統計局が5年ごとに実施している国勢調査の「未婚率の割合」によと、25〜29歳女性の未婚率は61.3%、30〜34歳では34.6%、35〜39歳では23.9%であった。

この結果から30代前半では約3人に1人、 30代後半では約5人に1人女性が未婚であることが分かる。今後さらに晩婚化は進むだろう。

しかし、女性の場合、出産を視野に入れて考えると年齢を重ねるにつれて母体や胎児にリスクを伴いやすくなることや、不妊につながることなど避けられない問題がある。その為、結婚できないという焦りや悩みを抱えやすい。

では、焦りを感じた時にどの様に行動すれば良いか女性向けに対処法を解説していく。

結婚できない焦りを感じた時の対処法【女性編】

結婚を焦って後悔する女性の特徴

結婚に焦り、懸命に行動を起こして結婚できたものの、いざ結婚生活が始まると現実に愕然としてしまう女性も少なくない。現状3人に1人の割合で離婚している現実がある中、条件ばかりに目がいってしまい相手をしっかり知ろうとする姿勢を怠ってはならない。

例えば、結婚に焦って後悔する原因に以下の特徴があげられる。

  1. 結婚の条件を重視した
  2. 性格や価値観の不一致を感じていたが妥協した
  3. 女性問題や人間性に問題があることに気づかなかった
  4. 相手をしっかり知ることよりも焦りの方が強かった
  5. 家庭や生活に対する価値観が違うことに気づかなかった

冷静さを失うことなく、相手をしっかりと見極めることで後悔しない結婚ができる。ある程度、時間をかけることも大切なのだ。

29歳独身女性、結婚できるか不安になる必要はない

29歳独身だからと言って、不安になる必要はない。なぜなら、晩婚化が進み男性も初婚年齢は上昇しているからである。

そして30代は20代にはない魅力があることを忘れてはいけない。「30代で落ち着きのある女性がいい」とう男性がいる様に、年齢を理由にして出会いを諦めないで欲しい。しかし、「出産のことを考えると、不安になってしまう」という悩みもあるだろう。

確かに、年齢を重ねる程妊娠しづらくなることは事実である。子どもを授かりたい場合は、焦って結婚相手を探して後々後悔するのではなく、なるべく早めに真剣に行動に移せば問題はない。

29歳女性は売れ残りではない!

「29歳はもう売れ残り…男性と縁遠いのは年齢のせい!」という考えをお持ちなら、すぐにその考え方を改めるべきである。年齢が原因だと考えているうちは、良縁はやってこない。結婚したいのにできないのであれば、年齢ではなく他のところに原因があるからである。

これからご紹介する4つのポイントをチェックしてみよう。

  1. 条件にこだわりすぎていないか
  2. 理想が高すぎていないか
  3. 自分にお金をかけすぎていないか
  4. 結婚願望があるという意思をアピールできているか

けれど「男性からすると年齢が若い方がいいのでは?」と感じる方もいるだろう。しかし、20代だからと言って結婚相手に選ばれるわけではない。結婚に大切なのは年齢よりも人間性なのだ。

「29歳は売れ残りだ」と年齢を理由にするのではなく、自分自身に目を向けることで自らを輝かせることができ、良きパートナーに出会うチャンスを掴むことができる。

30歳までに結婚できなかったら積極的に行動してみる

もし結婚願望があるにも関わらず30歳を迎えるまで良縁に恵まれていないのであれば、積極的に出会いを求めて行動しよう。ここで注意して欲しいことは、「積極的に行動する」=「焦る」ではないということ。出会いを求めることによって、自分自身の意識を高め、出会いを引き寄せることができる。

良縁を引き寄せるポイントを4つご紹介する。

  1. 結婚願望があることを口に出す
  2. 婚活を恥ずかしがらない
  3. 諦めず行動し続ける
  4. 相手の条件に目を向けるのではなく、自分自身に常に目を向ける

出会いを求めて躊躇せず行動し続ければ、結婚につながる出会いを掴むことができる。

総括:結婚できない焦りは行動すれば和らぐ

記事のポイントをまとめよう。

結婚できないと焦りを感じた時の対処法【男性】

  • 焦らず行動に移す
  • 年齢に囚われず、自分自身と向き合う
  • 家庭を持つことへの自覚を育てる
  • 出会いを求めて積極的に行動する

結婚できないと焦りを感じた時の対処法【女性】

  • 焦って決断した結婚は後悔につながる
  • 29歳独身女性だからといって不安になる必要はない
  • 30代になって結婚願望があるならば積極的に行動する
  • 年齢は結婚できない理由にはならない
  • 相手の条件や希望に目を向けすぎず、常に自分自身に目を向ける

今の時代、目的の出会いを果たすためにはマッチングサイトを活用するのが一般的です。

かつては「怖い」「信用できない」など不信感が漂っていたものの、現在では多くの企業が参入するクリーンな世界に様変わりしています。その上、流行り病の影響で男女問わず出会いに困る人が多くなり、需要は拡大の一途を辿るようになりました。

幸か不幸か、外見や中身を含め、非常に高スペックな男女が当たり前のごとく活用するようになったわけです。

また、ひと言で「出会いたい」といっても目的は様々です。

  • 彼氏・彼女が欲しい
  • 出会い方がわからない社会人や学生
  • 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
  • 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
  • バツイチやシングルマザーなど事情がある
  • ○○職の人と付き合いたい、お金持ちと結婚したい(目的が明確)
  • 欲望を満たしたい人

こうした様々な思いを抱きつつ、マッチングサイトを利用します。

この中には、必ず自身と同じ「境遇」「思いの人」が存在するため、結果としてマッチングサイトを利用した方が、よりよい出会いを実現できます。ひとりで悩み続け、何の行動も起こさなければ状況は変わらないため、こうしたツールの活用が必須となるのです。

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

このときの注意点として、必ず複数のマッチングサイト(最低2社)は利用するようにしましょう。マッチングサイトによって登録ユーザーの数や質は大きく異なりますし、目的の人が「A社にはいなかったがB社にはいた」ということもあります。機会損失を防ぎつつ、効率的に望みを叶えるためには、複数のマッチングサイトへの登録が必要です。

そうしたうえで、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。そこで、ランキング形式でお勧め順に比較することにしました。

まず、ペアーズ(Pairs)は1年の間に300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイトです。その結果、新興ではあるもののあっという間に1000万人以上の利用者を獲得してしまいました。ユーザー間でのやりとりも非常に活発であり、たった3年で20万人以上のカップルを輩出する一押しのサービスです。

また、ハッピーメールは会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多い企業です。純粋な登録者が大半を占めており、社風としても「真面目な出会い」をテーマとしているためチェックは厳しいです。そのため、悪質ユーザーはすぐに締め出されるという安全性の高さも魅力のひとつです。

PCMAXは「真面目な出会い」「大人の出会い」両方に対応している珍しいマッチングサイトです。比較的「大人色」が強いため、「刺激がほしい」「欲望を満たしたい」といった変化球的な意図がある人に向いています。それにも関わらず、医療情報管理協会・JAPHICの認証をもっている優良企業となります。

① Pairs(ペアーズ)

1年間で300万人ずつ会員数が増えている驚異のマッチングサイト

最も人気、かつ勢いのある優れたマッチングサイトがPairs(ペアーズ)です。先述の通り、1年の間に300万人ずつ会員数は増えており、すでに20万人以上のカップルを世に輩出している実力派サービスです。ほぼすべての用途を満たすことができるオールマイティーなマッチングサイトだと言えるでしょう。

例えば、「彼氏・彼女がほしい」「孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい」「バツイチやシングルマザーなど事情がある」などを含め、出会いに関することであればすべてを満たしてくれるポテンシャルを秘めています。

ただ、出会いはみずものであり、いつ理想の相手が表れるかはわかりません。利用し始めた瞬間かもしれないし、ある程度の時間が必要になることもあります。しかしながら、最もアクティブ性の高いPairs(ペアーズ)を利用すれば、少なくとも全く出会えないという事態だけは避けられるはずです。

「ここで無理ならどこで出会えるのか」というほどアクティブ性は高いため、何らかの理由で出会いや救いを求めている人は必ず利用するようにしてください。

【ペアーズ】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

Pairs(ペアーズ)の公式サイトへ

 

② ハッピーメール

ド定番:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。こうしたことから、Pairs(ペアーズ)と共にお勧めできるマッチングサイトであることは確かです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、Pairs(ペアーズ)ほどのアクティブ性があるかと言えば判断が難しいところです。そのため、利用する際はPairsとの併用が効率を高める可能性がありおすすめです。

【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

ハッピーメールの登録方法:使い方の教科書

 

③ PCMAX

《真面目な出会い・大人の関係》両方に対応したマッチングサイト

真面目で純粋なマッチングだけでなく、「大人の出会いの場」を提供してくれる企業がPCMAXです。明確な目的があったり日常に刺激を求めていたりする場合、登録必須のマッチングサイトです。

「大人の出会いの場」と聞くと、多くの人は安全性や危険性を意識します。ただ、PCMAXに関しては❝特定非営利活動法人日本個人・医療情報管理協会のJAPHIC認証❞を取得しているため、少なくとも周りを見渡して視界に入る企業たちよりも安全であることは確かです。

それでは、純粋な出会いのみ求めている人は登録する必要がないのかというと、そうではありません。PCMAXにも1500万人以上の利用者が存在し、大半は一般的な出会いを求めています。そのため、PCMAXも並行して活用すると、より確実な出会いを実現できます。

特に、「真剣交際」「刺激」の2つを得たい場合、ハッピーメールと並行してPCMAXを利用しましょう。

真面目な出会いだけに限らず、PCMAXには刺激を求めるユーザーが一定数存在します。ひとつの選択肢に捉われず、様々な角度から自身の目的を果たせないか検討する必要があります。

【PCMAX】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

PCMAXの公式サイトへ

PCMAXの登録方法:使い方の教科書

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

利用目的 ペアーズ ハッピーメール PCMAX
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人 ×

 

© 2021 出会いのススメ