彼女ができない欠陥:いたことない、恋愛経験なしは異常な人間か

人間誰しも自分を肯定して欲しいが故に、ついつい都合の良い情報ばかり探してしまうものです。

男性で「彼女いない歴=年齢」なんて人も、ネットを探せばそれを肯定した情報はたくさん存在しています。

しかしそんな情報の多くは、それを見る人のことを心配して書いているわけではなく、どちらかというと「彼女いない歴=年齢」の悩みなど考えず、感情もなしに書いてある「ただの文字」なのです。

彼女ができない欠陥

はっきり言いますが彼女が出来ないということは、何かしらの「欠陥」があります。それがどのような欠陥で、どうしたら解決できるのかを解説します。

記事の内容

  • 彼女ができない欠陥:恋愛経験なしは異常なのか
  • 男性でも女性でも持っている性欲という本能
  • 異性を好きになるという感情
  • 彼女がいない男性に見られがちな欠陥
  • 彼氏ができない女性の欠陥とは
  • 彼女がいたことないまま30代になるとどうなる
  • 彼女ができないことで鬱に?
  • 彼女ができない欠陥:いたことがない異常状態からの脱出
  • 彼女ができないのはどんな「欠陥人間」か
  • 異常を認識する
  • できたことがない経験不足をどう埋めるか
  • 出会いを求める方法
  • 精神的にタフになる方法
  • 彼女ができない欠陥とは現代病の一つ
  • 総括

執筆:KOJI
出会いのススメ:行動すれば世界は変わる!

彼女ができない欠陥:恋愛経験なしは異常なのか

人間には本能がありなすが、それだけで生きていたら野生動物と何ら変わりがありません。その本能を理性によってコントロールするからこそ「人間」と言えます。

しかし理性も生まれてから成長していく過程の中で変化をしていくもので、過度に本能的感情を抑えすぎることは「正常ではない=異常」なことなのです。

彼女ができない欠陥:恋愛経験なしは異常なのか

では恋愛に関して、なでそのような状態が生まれてしまうのでしょうか。また自身が望まない状態を生み出してしまう「欠陥」について見ていきます。

男性でも女性でも持っている性欲という本能

恋愛をするためには「人を好きになる」ということからスタートすることが普通なのですが、この感情を司っているのは大脳の古い部分(大脳辺縁系)です。

ここが「食欲」「性欲」「好き嫌い」「恐怖」など、古代から人間が持っている本能的な感情を左右し、種としての生存本能から異性にたいし「好きになる=性欲を満たす=子孫を残す」という感情を抱きます。

人を好きになるという現象の中で、もっとも動物的かつ本能的なものです。なにも「一目惚れ」のような直感的なものだけではなく、それまで恋愛対象外だと思っていた異性がふとしたきっかけで「好き」に変わることもあります。

例えば「相手の意外な一面を見た」や「優しくされた」など、急に恋愛のスイッチが入ることが聞かれますが、こんな時もその感情を根源にあるのは、子孫を残すという本能(性欲)なのです。

異性を好きになるという感情

ごくまれに「人を好きになったことがない」という方はいないではありません。しかしほとんどの男女は「初恋」というものを経験しているはずです。

LINEが15歳から59歳までの男女にアンケートを行った結果、初恋をしたときの平均年齢は男性で10.3歳、女性は9.7歳となっており、約半数は10歳以下で初恋を経験しているということが分りました。

リサートノートbyLINE

出典:リサートノートbyLINE

子供のころ抱く「好き」という感情は、まさに本能的なものであり、子供が故に交際まで至ることがなく、「初恋」という思いでのまま終わるのでしょう。

つまりはほぼ全ての人が、人を好きになる感情をもっており、それがごく普通のことだという事実が分かります。しかし問題はここからで、その感情から恋愛経験へ進めない阻害要因、すなわち何かしらの欠陥を持つ人が一定数いて、それに悩む現実が存在しています。

その欠陥とは外面的なものと内面的なものに分かれますが、いずれにしても言えることは「その欠陥の解決」を先延ばしにすればするほど、取り返しのつかない状況になっていくということです。

彼女がいない男性に見られがちな欠陥

年齢にもよりますが、彼女がいない男性には多くの特徴(欠陥)が見られます。

外見的なことから言うと、生まれつきの容姿については仕方ないにせよ何より清潔感の欠如という欠陥が見られます。これは言いかえると「たんなる努力不足」です。

このようなタイプにかぎって「恋愛出来ないのは容姿が悪いからだ」と、すぐに恋愛を諦める傾向があります。体形にせよ洋服にせよ、その気になりさえすれば変えることはできます。

彼女がいない男性に見られがちな欠陥

内面的なことでは「自分に自信が持てない」といった消極的な男性が多く、それに加え「告白して振られたくない」「傷つきたくない」という臆病さが特徴です。とくに年齢を重ねるごとにその傾向が強くなり、変われることが難しくなっていきます。

また「理想が高すぎる」という周囲から見れば「自分のことを理解できていない」という欠陥も見られがちです。この理想が高いタイプは女性に対する敬意もないことが多く、そこまで至ると「人間的な欠陥」とさえ言えるような欠陥です。

彼氏ができない女性の欠陥とは

彼氏のいない女性には、彼女がいない男性とは違った欠陥が見られます。

男性のように清潔感がない女性はあまり見られないのですが、逆に身綺麗にして化粧もバッチリで「異常にプライドが高い」という欠点が多いのは特徴的です。

自身があり過ぎて周囲を寄せ付けないオーラを放っています。隙を見せるくらいじゃないと男性が近寄れないのです。

彼氏ができない女性の欠陥とは

これも女性特有なことですが、とにかくお喋りが好きで、特に「人の悪口が大好物」といった欠陥も多く見られます。このタイプは男性から好かれないばかりか、同性からも敬遠されがちになる欠陥人間です。

これらの欠陥も男性同様、歳を重ねるごとに変えづらく、周囲から見ても痛い人なので、気を付けなければなりません。

彼女がいたことないまま30代になるとどうなる

一度も彼女がいないまま30代になってしまうと、実際のところどのような現実が待ち構えているのでしょうか。

晩婚化が進んでいる日本ですが、平均初婚年齢は男性で31.1歳、女性で29.4歳となっていて、結婚までの平均交際期間が3.3年であることを考えると、男性でも20代のうちに交際をスタートさせていることが分ります。

彼女がいたことないまま30代になるとどうなる

しかも男性の平均交際経験人数は4.5人となっているので、30代まで一度も彼女がいなかったということは、他の男性に恋愛経験を奪われている状態のまま生きてきたと言えます。(出典:リクルートブライダル総研

そう考えると悠長なことを言っている暇はないのですが、恋愛経験なしの男性が簡単に彼女を作れるほど世の中は甘くないのが現実です。未婚率が上がったとはいえ、未だにそれは少数派であることには変わりはなく、椅子取りゲームで出遅れた状態であるという事実をわきまえる必要があるのです。

彼女ができないことで鬱に?

彼女ができないことを悩み過ぎると最悪「鬱」になることもあります。なぜ彼らがそこまで悩むのでしょうか。人は比較するものがあるから、それと比べた自分の不遇を嘆き悲しむのですが、興味深いことに多くのケースでは「人と比べる」だけで、彼女をつくる積極的行動を伴っていません。

逆に行動に移し彼女をつくる努力をすることで、鬱から回復したという事例が多数報告されています。

「案ずるより産むがやすし」という言葉は本当で、行動せず結果も出さないまま悩んでいても、何一つ解決しないばかりか、精神的にダメージを受けるという悪い結果しか得られないのです。

彼女ができない欠陥:いたことがない異常状態からの脱出

彼女(彼氏)がいない・できないということが、本来持っている気持ちを歪んだ理性で押さえつけているケースが多く、場合によっては精神に変調をきたす可能性があります。

「それでも彼女なんかいらない」と思うのならそれまでですが、自分を変えたいと思うのなら自己分析と、そこからの行動が必要になってきます。

ここからは「普通じゃない=異常」を冷静に考え、それを変えていく方法を解説していきます。

彼女ができない欠陥:いたことがない異常状態からの脱出

彼女ができないのはどんな「欠陥人間」か

彼女のいない男性の多くは、本心では彼女が欲しいと思っています。しかし思うだけで行動しなければ、それこそが一番大きな「欠陥」です。

とくに情報が溢れる現代では、そんな彼女がいない異常なことや欠陥を「優しく擁護(肯定)」してくれる情報もあります。しかしそんな情報を鵜呑みにして満足しているようでは、欠陥人間から変わることなど出来ないと断言します。

つまり自分でも不遇で異常だと思っている状況や環境を、自分に都合の良い情報で肯定し満足している状態が「欠陥人間」ということの正体なのです。

異常を認識する

先に「初恋」はほぼ全ての人が経験していることを紹介しました。つまり「人を好きになる能力」は持っているのに、いままで彼女がいないということは「自分の気持ちに嘘をついている」か、単なる努力不足・行動不足の結果の異常状態です。

彼女は突如天から降ってくるものではありませんし、福引で引き当てるものでもありません。全ては行動の結果であり、それをしてこなかったという事実はしっかりと把握しておくべきです。

できたことがない経験不足をどう埋めるか

ここまで「異常」だの「欠陥」だの言われて気持ちの良いものではないでしょうが、現実に気が付き自分を変えようと思ったとき、不安になるのは経験不足かもしれません。

「どう女性と話をしたら良いのか」や「女性と会うと緊張する」などです。しかしこれはほとんどの男性が経験したことで、そんな先輩よりちょっとだけ遅れて経験するのだという割り切りが必要です。

とくに年齢が上がるほど「恥をかきたくない」という思いは強くなるものです。しかしそんなプライドは自分のための役には立たないばかりか、むしろ幸せを妨害する邪魔な存在だと知りましょう。経験不足を補うにはとにかく行動だけなのです。

出会いを求める方法

彼女がいないことから抜け出すためには、まずは女性と出会わなければ始まりません。女性と会う機会を増やせば、女性免疫のなさからくる「ネガティブ」「気が利かない」「会話がつまらない」といったことは少なくなってきます。それも修業のようなものです。

ではどう女性と出会うかといえば「友達からの紹介」「合コン・街コン」「婚活パーティー」「マッチングアプリ」といったところが一般的です。

出会いを求める方法

このようなある意味”直球勝負”なところ以外にも、サークルなど趣味を生かした社交という手もあります。

しかし女性慣れしていない最初のころであれば合コンや婚活パーティーなどは、上手くいかずにトラウマになる恐れもあるので、自信がない男性であればマッチングアプリは文字からスタートなので一番気軽に始められます。

いずれにせよ女性と接点を多くもち、自分を変えられることを実感することで、これまで感じたことがない自信を得られることは間違いありません。

精神的にタフになる方法

いざ行動を起こし、好きな異性に告白したものの不幸にして振られることはあるものです。とくに初めて経験したときは辛いものですが、そんなときどう行動すれば良いのでしょうか。どちらかというと男性の方が一度振られてしまうと諦めてしまう傾向が強く、「タイミングが悪かっただけ」とは考えられないようです。

しかし振られたからといってその子と縁を切る必要はありませんし、むだに平気ぶる行動もいただけません。落ち込むなというのは無理がありますが、その後に支障が出ない範囲で自然に振舞ってこそ、もてる男の第一歩なのです。

総括:彼女ができない欠陥とは現代病の一つ

彼女ができないということは、ある意味欠陥であり異常なことです。それというのも気づくのが遅くなればなるほど、そこから抜け出ることが難しくなり、後悔後に立たずという境遇になってしまうからです。

しかし晩婚化が進み、30代の未婚男女の8割近くが「恋人がいない」と答える日本では、その「彼女がいない異常・欠陥」に気が付きづらい環境にあり、ある意味「日本の現代病」とも言えます。

しかしそれに気が付くことで現状を打開する方法は存在しており、決して悲観し悩むことなく、行動を起こすことで彼女ができない欠陥を直すことは出来るのです。そのためには自分の現状をよく理解し、出来るところから一歩ずつ前へ進んで行きましょう。

こう思ったことはありませんか?

  • なぜ私には彼氏・彼女ができないのだろう
  • なぜ私は結婚できないのだろう
  • なぜ私には出会いがないのだろう
  • なぜこんなに寂しいのだろう

この記事を読んでいる人の中には、今まさにこうした壁にぶち当たっているという方もいるかもしれません。

残念ながらこの問題は「あなたが行動を起こさない限り」永遠に改善されることはなく、どれだけ待っていても現状が変わることはありません。つまり、一生このまま寂しい時間が続くということです。

活字にするとあっさりしていて伝わり辛いかもしれませんが、この状況って本当に辛いことですよね。特に、自分なりに努力してきた人なら「そんなことはわかってる!」と怒れてしまったかもしれません。

でも大丈夫です。あなたが「自分なりに」ではなく「本気で行動できたなら」あっという間にこの問題は解決するし、ここで紹介している3つの出会いサイトいずれかを「本気で活用すれば良いだけ」だからです。このアクションだけで大きく人生が好転するかもしれません。

私も以前は、結婚どころか彼女さえ十数年間いないといった寂しい人生を歩んでいました。あまりの寂しさからか、壁の絵に話しかけている自分に違和感さえ抱かない悲惨なところまでいっていました。しかし、それも今では改善されていて妻と子供2人・4人家族の幸せな家庭をもつことができています。そう、とても幸せな気持ちです。

もちろん、私だけでなくこの記事で紹介している出会いサイトを活用した多くの人たちが幸せな人生を再スタートさせています。

  • これまでの人生ではじめて彼氏・彼女ができた!
  • 結婚を前提にお付き合いをはじめ、その後結婚できた!
  • ひとりぼっちで孤独な人生から解放された!

ときどき感謝のメールをいただくほど、こうした人たちで溢れています。私は「とにかく本気でアクションを起こしてほしい」だけであり、これが人生を変えるキッカケになり得るということなのです。

もし、あなたが今すぐ「あなただけのパートナーに出逢いたい」「幸せな人生をつかみたい」、そう考えているのであれば、これから紹介する3つの出会いサイトいずれかを活用するようにしてください。

このサイトについて

▼当サイト【出会いのススメ】は、月間5万人以上のユーザーに支持されています

出会いのススメ利用者数

マッチングサイト・アプリの出会い注意点

利用時の注意点として、必ず「自身の目的に合ったマッチングサイト」を利用するようにしましょう。マッチングサイトの運営方針によって登録ユーザーの数や質、特徴などは大きく異なるからです。

真剣な出会いを求めているのに、そうではないユーザーばかりが集まっている出会いサイトに登録してしまえば、当然ながら願いは叶いません。そのため、必ず「自分と似た気持ちをもったユーザーが登録している出会いサイト」を活用するようにしてください。

このことから、マッチングサイトごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。

まず、“華の会メール”は真剣な出会いを求めている30~85歳までの男女におすすめです。「実際に出会えた」「無料で使いやすい」といった良い意見が多く、出会ってみたらサクラだったというような悪い評判は見当たりません。年齢や目的さえマッチすれば本当に出会える可能性が高い、最もお勧めできる優良サイトだと言えます。

また、“ナレソメ予備校”は成婚率が驚異の71.4%の結婚相談所であることから本気の婚活をしたい男女に向いています。通常の結婚相談所としても登録者数は70,000人以上と多く、入会前に結婚偏差値診断、個別相談を無料で受けられる強力なサービスがあります。その上、出会えなければ全額返金制度もあることが相当な強みです。

“ハッピーメール”はド定番の若者向け王道マッチングサイトなので比較的若い男女の利用が良いでしょう。もちろん、若い層と出会いたい人にも向いています。会員数2,500万人のマッチングサイトで最も利用者が多くかなり有名ですが、純粋な登録者だけでなく「遊びたい男女」も登録しているので、ここは理解しつつ上手に活用したほうが良いです。

①華の会メール

真剣な出会いにオススメ!30~85歳までがメイン

華の会メールは、30代以上の中高年をターゲットにした出会い系サイトであり「30~50代の利用者が多い」といった特徴があります。実際のところ、会員の年齢層は35歳以上が85%を占めており、そのなかでも30~50代の利用者は70%にのぼります。

全体の割合を見てみると、男性ユーザーが7割に対し、女性が3割と男女比率にはかなり差があります。男性会員にとってはやや不利かもしれませんが、女性にとっては出会いのチャンスが多いと言えるでしょう。

華の会メールの公式サイトを見ると「現在のログイン数」を確認できます。どの曜日や時間帯が出会いやすいかログインするたびにチェックすると、出会う確率もグッと上がるはずです。

特徴として、利用目的が幅広い点が挙げられます。「メル友」「共通の趣味友」「恋人」「結婚相手」など、様々な目的で利用可能です。「真剣なユーザーが多い」という特徴もあるので、メル友からじっくりやりとりして、相手と相性が合えばいずれ実際に会うこともできるでしょう。

また、華の会メールでは「実際に出会えた」「無料で使いやすい」といった良い意見が多く、出会ってみたらサクラだったというような悪い評判は見当たりません。年齢や目的さえマッチすれば本当に出会える可能性が高いということです。

華の会メールはもともと30~85歳の人向けの出会い系サイトで、実際の利用者も30~50代が7割を占めています。出会い系サイトの中でもこのような中高年向けのサイトは少なく、該当する年齢の人にとっては貴重な選択肢の1つになるでしょう。

特に、華の会メールは独身のみならず、離婚歴がある人や既婚者も利用できるため、中高年の利用者が多いのかもしれません。

もし「既婚者とのやりとりや会うのには抵抗がある」という場合は、プロフィールや掲示板検索の時に婚姻歴を絞ることができます。再婚希望や離婚後に新しいパートナーが欲しいという人にも華の会メールはおすすめです。

「とにかく真剣に出会いたい人」は、華の会を絶対に利用するようにしましょう。

会員数 非公開
主な年齢層 30代〜50代
主な利用目的 恋愛・婚活
利用料金 女性:無料
男性:ポイント制
オプション 1pt=10円
※女性へのメール送信10pt
運営会社 インターワークス株式会社
【華の会】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

華の会 公式サイトへ

 

②ナレソメ予備校

本気の婚活!成婚率が驚異の71.4%の結婚相談所

ナレソメ予備校は、結婚相談所の重要な指標となる入会者の成婚率が業界トップレベルの71.4%で、恋愛や結婚の知識を豊富に持つプロフェッショナル集団が、結婚の悩みを徹底的にサポートしてくれます。

他にも結婚相談所はたくさんありますが、ただ単に異性と出会えるサービスではなく、成婚に向けて婚活のプロフェッショナル(塾長)から、婚活ノウハウやアドバイスを伝授してもらえることから予備校と名前が付けられています。

通常の結婚相談所としても登録者数は70,000人以上と多く、さらにナレソメ予備校は出会えなければ全額返金制度もあるのです(活動開始から3ヶ月を経過し、申し込みを合計100人以上に申し込みしていることが条件)

また、マッチング前だけでなくマッチング後にも丁寧なフィードバッグを行ってくれるため、同じ失敗を繰り返す心配がなくスピーディーに成果へとつながりやすいことや、入会前に結婚偏差値診断、個別相談を無料で受けられる強みがあります。

結婚偏差値診断について深掘りすると、「現時点で結婚できる可能性はどれくらいあるか」「どんな相手と結婚すべきか」などを判断してもらえます。

自分のことを客観的に見たり異性からどのように見えているか判断したりすることは難しいですが、結婚偏差値診断を受ければプロフィールや希望する条件などから適切に現状把握することができます。これにより「高望みしすぎている」「自分を低く見積もりすぎている」など、自分では気づかなかった意外な可能性に気づけるかもしれません。

さらに、ただ結果を提示するだけでなく自己分析もサポートしてくれるため、自分に足りていない部分や、どこを伸ばしていけば良いなどを把握でき、今後の婚活がよりスムーズになります。プロから客観的なアドバイスを受けられるのは非常に貴重な経験になるでしょう。

さまざまな結婚相談所がある中「どのサービスを選べばいいかわからない」という人は、事前の結婚偏差値診断と個別面談でナレソメ予備校の実績やサポート体制を見極めるもとも可能です。

そして個別カウンセリングでは、恋愛や婚活の知識を持ったプロが悩みの相談に乗ってくれます。結婚や将来に対して抱いている漠然とした不安を解消できるだけでなく、自分の気持ちを明確にし、婚活に向けてどのような準備を進めればいいかがわかります。

課題がはっきりすれば、結婚相談所を利用すべきなのか、ナレソメ予備校が課題解決に適しているのかを見極めやすくなるはずです。

なお、結婚偏差値診断や個別カウンセリングはすべてZOOMによるオンライン形式で行うことができ、その上3か月経過しても出会いがなかった場合は初期費用と月額費用を全額返金してもらえるのでリスクはかなり低いです。

【ナレソメ予備校】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ナレソメ予備校の公式サイトへ

 

③ハッピーメール

ド定番の若者向け:王道マッチングサイト

誰しもが一度は利用したことがあるのでは?というほど定番のマッチングサイトがハッピーメールです。登録ユーザーは2500万人以上で最も多く、5人に1人が利用していることから自身の目的に合った出会いを実現しやすいです。

また、セキュリティーに力を入れている特徴があり、万が一悪質な会員がいた場合は利用停止や強制退会などクイックに厳格な措置をとることで有名です。徹底した安全性の担保が、利用者と共に20年以上の歴史を作れた理由のひとつでもあるわけです。

ただ、あまりにもド定番でほんの少し飽きられている感があり、利用ユーザーの年齢層は比較的若い傾向にあります。

ユーザ数 2500万人以上(男女比 6:4)
入会金 無料
利用費用 女性:無料 男性:小額のポイント料金のみ
利用年齢層 年代を問わず利用者が多い
知名度 品川・新宿・渋谷などの中心街で大々的に宣伝
【ハッピーメール】利用目的 評価/5段階
◆ 彼氏・彼女が欲しい
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい・話し相手や友達が欲しい
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確)
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい
◆ 欲望を満たしたい人

ハッピーメールの公式サイトへ

 

出会いに活用すべきマッチングサイト比較

それでは、結局のところどのマッチングサイトを活用すればいいのでしょうか。

これについては、人によって目的が異なります。用途が違えば最適なマッチングサイトも異なるため、以下で利用すべきマッチングサイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り目的の出会いを果たすコツは複数のマッチングサイト(最低2社)は活用することなので、ランキングをもとにいくつかのマッチングサイトを用いて理想の出会いを実現するようにしましょう。

行動を起こせば人生が変わります。

利用目的 華の会 ナレソメ予備校 ハッピーメール
◆ 彼氏・彼女が欲しい ×
◆ 出会い方がわからない社会人や学生
◆ 孤独で寂しく辛い心を癒したい
話し相手や友達が欲しい
×
◆ 結婚できない不安や焦り、悩みを抱えている ×
◆ バツイチやシングルマザーなど事情がある ×
◆ ○○職の人と付き合いたい(目的が明確) ×
◆ お金持ちと出会いたい・結婚したい ×
◆ 20歳前後の若い層と出会いたい ×
◆ 欲望を満たしたい人 ×

© 2021 出会いのススメ